一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:藤井聡太 ( 193 ) タグの人気記事



by dande550213 | 2019-03-05 12:29 | 藤井聡太 | Comments(0)

いよいよこの日がやってきた。
f0096508_09461714.jpg


f0096508_09462843.jpg

”あかんたれ”の私は、先週ぐらいから不眠に悩まされるようになった。

明け方4時近くまで眠れず、そこから何回も短い夢を見る眠りに陥るのだが、見る夢がなんと将棋の対局の夢なのだ。

聡太くんが対局している夢だ。短い夢だから、勝ち負けはわからない。これを何度も繰り返し、ああ夢か、ああ夢か・・と思いながら、朝の6時になる。

今朝もそうだった。

睡眠薬を飲んでも眠れないので、昨晩はもう飲まなかった。

情けない。(-_-;)

睡眠不足で、午後からの仕事が心配だ。(((^^;)

個人的には、聡太くんは昇級云々よりも、中原名人の年度最高勝率の更新のためにも負けられない一局になるのではないかと思っている。

さあ、いよいよ対局開始だ。

by dande550213 | 2019-03-05 09:57 | 藤井聡太 | Comments(0)

by dande550213 | 2019-03-03 21:23 | 藤井聡太 | Comments(0)

by dande550213 | 2019-03-01 21:17 | 藤井聡太 | Comments(0)

明日が待ち遠しい


藤井聡太7段の対局が2週間以上空いて、淋しいが、明日はコレが届くはず。(((^^;)
f0096508_15050849.jpg


聡太くんは、例によって名古屋会場での参加だろう。

毎年、試験時のブログ速報が楽しみなのだが、今年は3/24-4/5までインドのラージャスターン地方へ旅行に出かけるから、ブログ速報も見られない。(-_-;)

久保利明9段(先日、王将を失冠)との「第90期棋聖戦 二次予選 決勝」が3/11にあるが、これは観れそう。(((^^;)何とか、本戦に勝ち上がってほしい。

私はコツコツと「スマホ詰パラ」に挑戦し続けている。160作品を解いて、詰LVがようやく11にグレードアップした。
f0096508_15175248.jpg

いったい何Lまであるのだろう。

今、解いているのは、L1~2の作品群。

聡太くんはきっと最高Lの作品を解いているのだろうと思いながら、毎日、少しずつ、コツコツと。



by dande550213 | 2019-02-27 15:21 | 藤井聡太 | Comments(0)

「詰パラ」詰LV6になる


スマホ「詰パラ」、51作品解いて、ようやく「詰LV6」になる。*\(^o^)/*
f0096508_21390379.jpg


「詰コイン」とか「光速」はなんのことやら?(>_<)

解いているのは、まだLV:1の作品。
f0096508_21402704.jpg

教会の予算総会で疲れて、お菓子のストレス食いと詰将棋三昧。(-_-;)

帳尻合わせにこれからウォーキングへ。(((^^;)





by dande550213 | 2019-02-24 21:32 | 藤井聡太 | Comments(0)

聡太くんの将棋の素晴らしさを、私もリアルタイムで共有できるようになれたら・・・と思ったのが、ちょうど1年前だった

以後、体系立てないで、自分勝手に、手探り、やみくも、適当に、独学で、将棋を学ぶ真似事を始めた。

1年前は棋譜の先手と後手の記号も覚えられないから、忘れないようにとPCにメモを貼りつけていたが、もうそのメモに目を走らせることもなくなった。
f0096508_15480039.jpg
※0.8545という数字は、中原名人の年間勝率歴代1位記録。(((^^;)

しかし、”老化防止の頭の体操”という言い訳をして、真剣に向き合ってこなかったことを最近、少し悔いている。(-_-;)

詰将棋は、少しは解けるようになったが、如何せん、対局は基礎を押えていない(-_-;)から、自分の戦型すら意識したこともなかった。

どうも居飛車棒銀戦法を真似ようとしていたようだったが、やはり初心者は高野6段が言われるように振り飛車の方が良いのだろうか?と悩み始めた。(-_-;)

今日、振り飛車の序盤の駒の動かし方を真似てみたら、頭の中で今までの感覚を簡単に切り替えられなくて、混乱してしまったので、しばらく今までどおりで指してみようと思い直した。


言い訳するわけではないが、歳を取ると、馴染んだ感覚を、若い時のようにすぐに入れ替えできないような気がする。(((^^;)

例えば、仕事の曜日が変更になったりすると、すぐに感覚が馴染めない。毎週、間違えないか不安で、何度もカレンダーを見て確かめる。特に、土日出勤に変更になると、今までの1週間の身体の感覚のリズムが狂うのか、今日が何曜日かわからなくなる。

そして、身体の感覚のリズムが狂うと、心も落ち着かなくなる。


そういう理由で、振り飛車に変更するより、何かしら私も具体的な目標を持とうと思った。(((^^;)

例えば、今、第16回詰将棋解答選手権の初級戦と一般戦が全国各地で開催されているが、来年は大阪会場の初級戦に出場を目指すとか。

【初級戦スケジュール】
1手詰~5手詰6題
13:00 初級戦受付+競技説明
13:30~14:00 初級戦競技
14:00 初級戦採点+解説+表彰式
【参加費】
・初級戦:一般1000円、女性高校生以下500円
<*詰将棋解答選手権 速報ブログ 第16回詰将棋解答選手権 大阪会場 (初級戦・一般戦)より引用>

また、「将棋世界」の「昇段コース問題(級位コース問題)」に応募して、取りあえず、級位者(8 10級ぐらい)を目指そう、とか。(((^^;)
f0096508_16355576.jpg



by dande550213 | 2019-02-23 16:39 | 藤井聡太 | Comments(0)

将棋の高野秀行6段が『初段を目指す人が「藤井聡太の将棋を真似ないほうがいい」』とおっしゃっていることは、記事で読んで知っていた。

聡太くんの将棋は現代将棋の最先端だから、初段を目指すような級位者は真似をしない方が良いとのことには納得です。

いわゆる、「怖いよ~、危ないよ~、良い子は真似をしてはいけません!」という将棋だからね、聡太くんは。(((^^;)


この級位者という言葉を、初めて耳にしたのは、聡太くんの初解説デビューの時だった。

この時、聡太くんは自作PCのCPUの話をして、自分のPCレベルを問われて「きゅういしゃです」と答えたのだ。


私は「きゅういしゃ」とは何か、当時は全くわからなかった。(-_-;)

後でいろいろ調べて、ようやく将棋の「級位者」だということがわかった。

つまり、まだ「段」レベルには達していない「級」レベルの棋力の持ち主ということ。

前述の高野秀行6段×岡部敬史×さくらはな。さんが先月出版された『「将棋「初段になれるかな」会議」』は、将棋の級位者レベルの人が初段を目指す際に必読の一冊というのが遠山6段の評
f0096508_19552929.jpg


級位者レベルにもたどり着いていない単なる”観る将&超初心者おばちゃん”に過ぎないが、要は、今までの将棋本(羽生善治の「みるみる強くなる将棋入門」&「みるみる強くなる将棋序盤の指し方入門」など)ではレベルがあまりにも高すぎてよくわからないので、別段、初段を目指していないけれど、買って読んでみた。

”初心者は居飛車よりも振り飛車”、”戦型はひとつ覚えれば十分”など、とにかくポイントを絞って、シンプルにスッキリ上達を目指す本。

特に、自陣は「攻め」と「守り」に分けよ、とか、敵陣に成った「龍」は無駄に動くべからず、とか、常に「と金」を考えよ、などは”なるほど”と思ったところ。(((^^;)



この本に、2013年5月3日から将棋を始めて、すっかり将棋の魅力に取りつかれた漫画家「さくらはな。」さんが登場する。この本が書かれた当時は1級だったが、つい最近、初段になられたとか。

彼女のブログ「将棋好きに成りまして」を読んだが、これがまた楽しい。私も指導対局を受けてみたくなってきた。

f0096508_20332462.jpg

彼女紹介の「スマホ詰将棋パラダイス」を私も入れて、さっそく詰将棋に挑戦してみた。

f0096508_20374526.png






by dande550213 | 2019-02-22 20:41 | 藤井聡太 | Comments(0)

昨日の藤井聡太7段の大阪王将杯王将戦(VS池永天志4段)、仕事日と重なって散々な目にあった。

某局の独占中継だったので、例によって1day会員¥500を払って観戦していたが、一番肝心なところを仕事で観れなかった。何でも10年に1回あるかないかの大逆転だったとか。(-_-;)

1day会員は生中継しか観れないから、月¥2,000のゴールド会員か月¥1,000のシルバー会員になる以外、あの対局を観る方法が無いのが悔しい。

しかし、先ずは薄氷の勝利のお祝いの花束を聡太くんに!*\(^o^)/*
f0096508_13195728.jpg

実は、昨日、娘が仕事帰りにお米を取りに寄って、私にくれた誕生日プレゼントの花束。(((^^;)

誕生日は今日なんだけれど、娘が毎年変わらず覚えていて、花束をくれるのがうれしい。

結局、娘は今日が仕事休みなので泊まっていって、昼食も一緒に食べてさっき帰っていった。



聡太くんに話を戻すと、どの局面から、もし相手の飛車が走ったら、自分に勝ちの可能性があると読んでいたのだろうか?

叡王戦7段予選C組準決勝(VS小林7段戦) を思い出すという声がネットには寄せられていた。


聡太くんは敗色濃厚な局面でも、しっかり最後まで指す。

それを「棋譜を汚す」とか言って非難する心無い人もいるが、人間が指している将棋は最後までわからないから、心折られても、最後の最後まで指すことの大切さを学んだ棋士が多かったのではないだろうか?

昨日の解説は増田6段で、私は午後3時頃までしか観られなかったが、簡潔な言葉のなかに本音もこめて、素直な良い解説だったと感じた。

特に印象に残った言葉。

藤井7段は戦型が固定しているから、研究で狙い撃ちされている。
池永4段は大橋4段と仲が良いようだが、指し方もよく似ているような気がする。大橋4段がこの方法(研究で狙い撃ちして、時間攻め ?)で高勝率をあげているから、最近はみんなこういう指し方を真似するようになった。

増田6段の口調は、こういう指し方に賛成しているようには感じなかったが、「自分もこの方法で藤井さんに勝った(竜王戦本線2回戦)」と、素直に告白するところが増田6段らしいと感じた。(^_^)






by dande550213 | 2019-02-13 13:55 | 藤井聡太 | Comments(0)

f0096508_18325530.jpg

解答応募に間に合うか?

▲2二銀打→△同玉→▲1二金打→△3一玉→▲2一と

追記1
今日は解答書き取れた。また間違い(-_-;)
夕食後の勉強し直し。(>_<)

追記2
豊島2冠が指摘していた間違いをしている。最後に相手方の「桂」を取ってしまっているではないか。(-_-;)

正解は「2二銀打→同飛→4一金打→3二玉→4二馬」でした。


by dande550213 | 2019-02-11 18:36 | 藤井聡太 | Comments(0)