一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:写真・画像 ( 84 ) タグの人気記事


幻のレア物


藤井聡太6段の「5段グッズのレア物」ではない。(((^^;)

画家グスタフ・クリムトのオーストリアギャラリー製ポストカード「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」を手元に残していたら、きっとレア物になっていただろうに・・・というお話。(-_-;)

つい先日、アマゾンプライムビデオで映画『黄金のアデーレ 名画の帰還(字幕版)2015』 を見て、
f0096508_21001407.jpg

初めて知った。グスタフ・クリムトの「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」が、2006年以後、オーストリアのベルベデーレ宮殿美術館から、ニューヨークのノイエ・ガレリエに移動したということを。(((^^;)

1998年5月にウィーンへ行った時、この絵をベルベデーレ宮殿の「(当時は上宮?)オーストリアギャラリー」で観た。

この時、初めてグスタフ・クリムトを知って、魅了された。

オーストリアギャラリーのミュージアムショップで販売されていたクリムトの作品のポストカードを自分用のお土産に買って帰った。当然、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」のポストカードもあった。

しかし、今、私の手元に残っているのは、左から「接吻1901/02」、「アダムとエバ」、「接吻1907/08」のキーホルダーだけ。
f0096508_17314471.jpg

後はみんな友だちや家族への便りに使ってしまった。そのために買って帰ったのだから、悔いはないが、今となってはせめて「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」だけでも残しておいたら良かった・・・という気持ちが無いでもない。(((^^;)


映画の方は、史実に即していない描き方をしているとかの批判もあったようだが、返還の是非を問うているのではなく、戦争やレイシストによって「普通の幸せを奪われた人々の深い悲しみ、喪失」を訴えたかったのではないかと感じた。


アメリカ政府がオーストリア政府を裁判で訴える形になることを懸念するアメリカ政府の高官が、裁判の冒頭陳述で次のように述べた言葉が気になった。

高官「この法が時代を遡って適用されると多くの国に同様の訴訟が提起され、国際関係がさらに悪化します。」
裁判官長「例えば?」
高官「例えば、現に対日本、対フランスの事例があります。」
裁判官長「つまり、原告が絵の返還を求めると日本との関係が悪化すると?」
高官「そういうことがあり得ます」

これは具体的に、どのようなことを指すのだろうか?
日本もナチスのように、どこかの国から戦争に紛れて美術品を収奪したのだろうか?


[PR]
by dande550213 | 2018-02-27 20:58 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

母に見せるために


何気なくスマホのアルバムの写真を見ていた。

この機種を買った2013年6月から撮った写真が全部入っている。

2014年2月の写真を見ていた。

ちょうど母が悪性リンパ腫とわかり、南丹病院に入院した頃だ。

その頃のアルバムにこんな写真が入っていた。
f0096508_21064453.jpg

あれ? これは父がまだ生きていた頃の写真だ。

写真の番号をみると、2011年7月頃の写真だとわかった。

そこで、このブログを2011年7月で検索してみると、あった。

「父、初めての帰宅」に同じ写真がある。

ああ、それで思い出した。

大阪の老人ホームに引き取って看ていた父が初めて帰宅した日の写真だった。

しかし、これは2011年の写真で、それがどうして2014年のアルバムに入っているのだろうかと、最初、不思議だった。

しばらく考えて、思い出した。

入院した母に亡き父との思い出の写真を見せてあげたいと思って、スマホに入れて持って行った写真だったことを。

もうすぐ、母が亡くなった4月22日。

母と会えなくなって3年目の春が巡ってきた。

まだ3年目だったの? 

何だか、もう10年ほど年月が過ぎ去ったような気がするのはどうしてだろう?


[PR]
by dande550213 | 2017-04-05 21:17 | 両親介護 | Comments(0)

ヒョンビンの新しいCF動画があがっている。

「KT」とは何の会社か知らなかったけど、日本語字幕に設定すれば、何となくわかってくる。(((^^;)

You Tube JS Wonさんの「크트 새광고」を共有させていただきます。
こういう少し少年ぽいヒョンビン、好きです。(^_-)-☆

[PR]
by dande550213 | 2017-04-04 20:12 | ヒョンビン | Comments(0)

「クラナッハ展」へ


昨日、主治医のクリニックで検査を済ませた後、突然思い立って「クラナッハ展」に行ってきた。

と言っても、初めて行く「国立国際美術館」、下調べして行かなかったので、地下鉄四つ橋線の「淀屋橋」駅から右往左往。スマホのチャージャーを持っていかなかったので、地図アプリでGPSをONにしなかったら、現在位置マークが右往左往して、方向音痴は今どこにいるのかわからなくなった。(((^^;)

やっとたどり着いた「国立国際美術館」にびっくり!
何だぁ・・・こりゃ?
f0096508_17290273.jpg
 
地上にはこんな造形がチョロリと見えて、展示室はすべて地下にある。

「クラナッハ展」の展示室は地下3階。チケット売り場横のこの看板だけが写真撮影可。(((^^;)
f0096508_17290722.jpg

しかたがないから、高い図録を買って帰った。
f0096508_17291101.jpg
入場料が1,600円、図録は2,600円だったような記憶。ケチな私には大散財。(((^^;)



また、定型化された主題とそのバリエーションの多さ、主題の寓意にも興味を掻き立てられた。


私が昨年春「ゲルマン国立博物館」で見た絵は、「不釣り合いなカップル」だと思うが
f0096508_17474445.jpg

今回来ていたのは、構図はよく似ているが、少し異なる2枚の絵。
f0096508_17562380.jpg

f0096508_17562650.jpg


そのバリエーションと何故こんなに多いのかについては「REMOVE 時々に思う」さんに詳しい。

クラナッハの絵は、色の重ね塗りが極端に少ない。

そのことは、生前制作の迅速さを称賛された言葉「誰よりもはやく描く画家」と関係があるだろうが、彼の絵にどんな効果をもたらしているのかな?



[PR]
by dande550213 | 2017-02-04 18:15 | 音楽・美術 | Comments(0)

日本語で読める(((^^;)韓国エンタメ情報をチェックしていたら、こんな記事が。

------------------------------------------------------------------------
2017年01月30日15時58分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版] comment1 sharemixi

映画『共助』が韓国を越えて海外へ向かう。

旧正月連休ボックスオフィス1位となり観客400万人を突破した映画『共助』(キム・ソンフン監督)は、42カ国に販売されたのに続き、2月のベルリン国際映画祭マーケットを通じて欧州市場に初めてデビューする。

ハリウッドリポートは『共助』(Confidential Assignment)について報道し、「『共助』は現在まで米国・中東・インド・フィリピン・モンゴルなどを含む42カ国に販売され、米国ではCJエンターテインメントが配給する形で27日に公開された」と伝えた。続いて「豪州・ニュージーランドでは2月9日、香港・マカオでは2月16日、ベトナムで3月3日に公開予定」とし「特にインドネシアで劇場チェーンを運営中のCJエンターテインメントは、アジア諸国の上映を管理・運営する計画だ」と明らかにした。

またハリウッドリポートは「俳優ヒョンビンの韓流人気のためアジアおよび中東などで人気を期待している」とし「欧州では2月にベルリン国際映画祭で公式的に紹介される」と伝えた。

一方、今回のベルリン国際映画祭では『共助』だけでなくCJエンターテインメントの別の配給作品『操作された都市』(Fabricated city)も紹介される。
---------------------------------------------------------------------------

ベルリン映画祭って、三大映画祭のあのベルリン国際映画祭?

ヒョンビンは確か、映画「愛してる 愛してない」がノミネートされて、一度ベルリン国際映画祭へ行ってるよね。

「共助」はノミネートじゃなくて、紹介ってこと?

よくわからないけれど、ヒョンビンの映画が大ヒットして、世界中の人々に俳優「ヒョンビン」の魅力を知ってほしい。

[PR]
by dande550213 | 2017-01-30 22:47 | ヒョンビン | Comments(0)

昨日出た「共助」の未公開エンディングに、さっそく日本語字幕をつけてアップしてくださった「☆ヒョンビンシンドローム」様、ありがとうございます。

これで、少しこの映画のヒョンビン(リム・チョリョン)とユナ(ミニョン)の絡みが推測できます。(^o^)丿

わたしたち、またいつ会えます? 
統一になったら・・・
その時までどれくらい待つの?
統一するかどうかもわからないのに・・・


このセリフには、国土を南北に分断されてから70年近くが過ぎ去ろうとしているこの国の市井の人々の悲哀が込められているような気がした。


[PR]
by dande550213 | 2017-01-30 08:56 | ヒョンビン | Comments(0)

これもブログ「ヒョンビンとお気に入り」様から教えていただきました。<m(__)m>

映画「共助」のカットされた未公開映像。

余韻を残す別れだけれど、これがカットされたとなると、公開された映画のエンディングはどんな場面なのだろうか?




[PR]
by dande550213 | 2017-01-29 20:44 | ヒョンビン | Comments(0)

渡韓して、ヒョンビンの舞台挨拶をはしごして回っていらっしゃる韓国語堪能のファンの方々のブログを読むのは楽しい。

完全受け身の私は、動画で雰囲気を味わうだけ。(((^^;)

過去の映画やドラマのヒョンビンと「共助:リム・チョルヨン」が同時に見れる動画を探していたら、こんなのがあった。

インタビューでしゃべっているヒョンビンの話の内容がわからないのが辛いが、過去にヒョンビンが演じた役柄とリム・チョルヨンを同時に見比べることができるのが楽しい。

ヒョンビンはよく「Hyun Bin~an actor with a thousand faces」と言われるが、役柄によって全く別人のように変身する演技力がすごいと思っている。私がヒョンビンに惹かれるのはこの部分。ハジナのロビンとリム・チョルヨンが同じ俳優だとは思えないのは老眼のせいだけではない。


「まわし蹴り」のミンギョ、「レイト・オータム」のフン、「愛してる愛してない」のジソク、「キムサム」のジノン、「王の涙 イ・サンの決断」のイ・サンなど、懐かしい。

デコだしリーゼントヘアー(?)のフンがインタビューを受けているヒョンビンに似ているので、もしかしたら、彼はこのヘアースタイルにするとイメージが固定化されるのかもしれないなぁ・・・なんて勝手なこと思いながら、見ていた。


[PR]
by dande550213 | 2017-01-29 16:43 | ヒョンビン | Comments(0)

情報収集力がないので、例によって、ブログ「ヒョンビンとお気に入り」様の記事から、この動画を知った。ありがとうございます。<m(__)m>

ヒョンビンは、徴兵時に海兵隊を志願して話題になったぐらいの「運動マニア?・運動オタク?」とも聞く。

「チング」の時にも、念入りにアクション準備していたが、計算されたアクションを自然に見せるのはたいへんなんだなあ・・・と、改めてこの動画を見て思った。



まだ「共助」を観ていないけれど、トム・クルーズやダニエル・グレイグのアクションが頭の隅にチラチラ浮かんでくる。

彼らと比較するつもりはないけれど、ヒョンビンのアクション開眼と新たな一面を切り開いた「俳優としての多様性」を早くこの目で確認したいなぁ。




[PR]
by dande550213 | 2017-01-29 08:38 | ヒョンビン | Comments(0)

一昨日の続き。

同じく、ブログ「나의일상속에행복더하기~♥」の「인터뷰.행사[현빈] 영화 '공조' 개봉을 앞두고 인터뷰 행진~(기사 사진 모음)」から、収録させていただいている。

もう追いつかないから、これで終わり。(^^;)
f0096508_19481045.jpg


f0096508_19503427.jpg



f0096508_19513781.jpg


f0096508_19523673.jpg



f0096508_19533243.jpg

f0096508_19534999.jpg

ヒョンビン、アクションにかなり興味があるようだけれど、個人的には、アクションに転身してほしくない。(((^^;)


[PR]
by dande550213 | 2017-01-18 19:48 | ヒョンビン | Comments(0)