一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2018年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧



ニコニコ動画「【歌付きFull】藤井聡太が倒せない 」
http://nico.ms/sm33281118 が楽しい。(^_-)-☆

f0096508_22241866.jpg

二段ロケットのようなオチ (((^^;)





[PR]
by dande550213 | 2018-05-31 22:27 | 藤井聡太 | Comments(0)

つい2週間前に、腹をくくって、雑誌のオンライン書店で今まで購読していた『ministry』 を中止して『将棋世界』を予約購読することに決めたばかり。だから、今日、早くも「将棋世界2018年7月号」が送られてきた。(((^^;)

すぐに、カラー12ページロングインタビュー 藤井聡太7段「隘路を抜けて」―ルーキーイヤー回顧― を読んだが、もう中身の濃さに圧倒させられる!

これが15歳のインタビューかい?と、ため息をつく。

まるで、32歳年上の羽生さんのインタビューを読んでいるような錯覚に陥るほど、語られる内容のレベルが高く、感性豊か。

悲しいかな、将棋の内容に関する言及は私にはわからないが、聡太くんの言葉遣いの細やかさ、豊かさ、思慮深さはもう見事の一言!

質問に答える時、直線的で単純な断定表現を避けて、「基本的には・・・。」「現時点では・・・。」「今の段階では・・・。」「・・・という思いが(or は)ある。」「・・・(の)かなと思う。」「・・・とは思う。」など、少し輪郭をぼかしたような余韻?余情を含ませたような表現を選んで、返答に幅と含みを持たせている、という感がする。


例の「隘路」はこういう文脈で登場していた。

指し手決定に至る思考の過程について尋ねた時、藤井はいつもの笑顔のまま言った。
「読んでいるうちに隘路に嵌っている、おかしな方向へ行ってしまっているという時もあります。計算力との兼ね合いもありますが、力の許す限り(選択肢を)拾えるように、とは思っています。」
隘路とは、通行困難な狭い道を指す。今時、大人でもあまり用いることのない言葉である。だからこそ彼らしい、彼ならではの言語でもあった。

「拘泥」は
最初から勝ち負けに拘泥することは避けたいといつも思っています。



彼の勝利に一喜一憂している私は、常々、「どうして聡太くんは他の棋士のように、勝ちに直結する指し方を選ばないのか?」と短絡的に思っているが、どうも皆、同じことを考えるらしく、そのような質問に対しても、慎重に言葉を選びながら、揺るがない信念を語っている。

「もちろん深い序盤研究を否定するということではないのですが、基本的には、初めて見る局面でどれだけ最善に近づけるか、未知の局面でどのように対応出来るかが実力だと思っているからなのかもしれません。有力な手について考えを深めることはもちろんありますけれど、対局において、決め打ちはしたくないという思いがあります。スタイル、こだわりというほどではありませんが、自分で考えることはすごく大切なことですし、序盤研究ではないところにある自分の余地を磨いていけたらと思います。どのような局面でも通用するものを身に付けていないといけない、と常に思っています。

これを読んで、正直、大橋4段?など研究手にハマっている棋士の方々はどう感じるだろうと思ってしまった。(((^^;)


―勝負師か、表現者か、自分はどちらだと?
「何かを表現しようと思って指しているわけではないですけれど、結果的に何かが伝わるものがあれば嬉しいと思っています。」

―ならば「勝ちたいか」「強くなりたいか」を選ぶと?
「強くなれば勝てる、ということになると思います。」

―今、藤井さんにとって「夢」とは何でしょう?
「強くなることです。」


彼のこのインタビューを読めただけで、十分に800円の価値はあったと思っている。(((^^;)









[PR]
by dande550213 | 2018-05-31 21:11 | 藤井聡太 | Comments(0)

33年前、30歳の時にSLEを発病し、腎生検でループス腎炎WHO分類V型と診断され、ステロイド60mg/dayで治療が開始された。


一般にSLEでは80%以上の症例に腎病変が認められ、そのうち25~30%が難治性で、10~15%程度が腎不全に移行する。この予後の相違には腎炎の病型が関与し、WHO分類のⅣおよびⅤ型の腎炎が難治性の経過をたどることが多い。これに対し、Ⅴ型では80%以上がネフローゼ症候群の状態となるが、抗dsDNA抗体価や血清補体価は正常で、著明な蛋白尿のわりには尿円柱の異常も軽度で腎機能が低下しないとされている。しかし、高度な蛋白尿が10年以上持続すると、Ⅲ型やⅣ型の腎炎と同様に腎機能が低下する。(*順天堂大学医学部付属順天堂病院 膠原病・リウマチ内科)


紆余曲折もあったが、33年目を迎えた私のループス腎炎WHO分類V型の腎機能をクレアチニン値と年齢(63歳)・性別(女性)で調べると以下のような結果になった

f0096508_16004619.jpg

私の5/21のクレアチニン検査値(0.63)の結果は、CKDのG2。

f0096508_15592780.jpg
クレアチニン値はだいたい0.63~0.71の間で推移していて、33年たったが、変わらず腎機能G2を維持できているのがうれしい。



[PR]
by dande550213 | 2018-05-30 16:11 | SLE・健康 | Comments(0)

6/1発売予定の『将棋世界 2018年7月号』の目玉は、(((^^;)

●巻頭カラー
・藤井聡太七段ロングインタビュー
 「隘路を抜けて」―ルーキーイヤー回顧― 構成/北野新太

まだ発売前だから読んでいないけれど、どうして高1の彼が「隘路」のような格調高い漢文調非日常語を、自分の思考内容を表す「自分の言葉として使いこなす」ことができるのだろうかと、不思議でたまらない。



今は学業とプロ棋士の両立に忙しくてその時間もないのだろうが、彼は新聞や本を読むのが大好きだと言うのは有名な話だ。

彼は5歳の頃から将棋が大好きで将棋一筋だから、彼の音楽や本の好みは、結局は家にあった物を手に取って読んだり聴いたりした結果だろうと想像している。


将棋情報局の『藤井六段に「藤井聡太全局集 愛蔵版」の見本を届ける旅』によれば、「隘路」の他に「拘泥」も口頭会話で飛び出したという。

インタビューが将棋の内容や考え方の段になると、その言葉遣いや思考内容はとても高校1年生のものとは思えず。特にコンピュータ将棋についてなどは私も久しぶりにアツく語ってしまいました。お前が語ってどーする!という批判、甘んじて受けます。とはいえこれまでの藤井六段のインタビューでは語られなかったような深いところまで聞けたと思いますので、将棋年鑑の島田渾身のインタビューをどうぞ楽しみにしてください。
ちなみに、今回の藤井聡太語録は「拘泥」と「隘路」でした。会話の中で使う人を初めて見ました。


「隘路」や「拘泥」なんて言葉は、ふつう新聞ではお目にかからない。格調が高すぎるから。

このような漢文調の格調の高い言葉を自由自在に使いこなしていた文筆家は、将棋情報局の『ドキュメント藤井聡太四段』―史上最年少棋士はいかにして生まれたか― などの聡太くんの読書歴から考えると「司馬遼太郎」ではないかと思うのだが。(((^^;)


小学4年生のときの記念色紙に、聡太はいちばん関心のあることに「将棋」と書いたあと、そのほかの関心事として、「読書、電王戦の結果、尖閣諸島問題、南海トラフ地震、名人戦の結果、原発」と書いている。当時から新聞を隅々まで読んでいたという。長い小説を読むのも好きで、小学校5年で司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み切っていたというから、ここでも並みの子どもではない。


小学校5年で司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み切っていたと書かれているが、おそらく家族の誰かが司馬遼太郎を好きだったのだろう。だから、司馬遼太郎の他の本も家にあって、聡太くんは読んでいたのではないだろうかと想像している。(((^^;)


実は私も司馬遼太郎が好きだが、「竜馬がゆく」は読んでいない。もっぱら彼の旅行記『街道をゆく』シリーズや対談集のファン。物語で読んだのは「坂の上の雲」だけだが、司馬遼太郎は南方熊楠のような「知の巨人」だと思う。

歴史文学と自然科学の違いはあっても、どちらも語学に長けていて、漢文の読解力が高くて、古今東西の文献を渉猟したと言われている。

私たちのような戦後に教育を受けた世代と司馬遼太郎のような戦前世代との間には「漢文素養」の面で、決定的な違いがある。


論理構造を必要とする文脈では、「和語」だけで思考内容を完全に言語化して表現することは難しいと思う。どうしても「漢語の熟語」が必要になってくるが、漢文の素養に乏しいと、その語彙が乏しいから、微妙なニュアンスの違いを表現しにくいように感じる。

司馬遼太郎の本を読むと、いつも自分の語彙力の無さ、乏しさを思い知らされ、それが思考力の根底的な差につながっているのではないかと感じさせられることが多い。

そういう意味で、聡太くんの漢語語彙力の豊富さは驚異的で、それが彼の思考能力の高さに直結しているのではないかと思う。



しかし、「隘路」も「拘泥」も漢語だから、単語だけを取り出して読みを耳で聴いても、どんな字をかくのか、どういう意味なのかはすぐにはわからない。だから、聞き手側からすれば、文脈の中にその字面を置いてみない限り文意が理解できないという不便さがある。現代では、書き手・使い手側には利点の大きい言葉だが、聞き手には不便を強いる言葉とも言えよう。(-_-;)


最近では、和語の語彙不足を漢語熟語ではなく、外来語(カタカナ語)が補っているともいえる。

外国語の新しい概念を和語で説明すれば長くなる。また漢語に置き換えるにも漢語にはその概念が無い場合があって、そんな時はカナカナのままで表記し、使用されることが多いので、年寄りは本を読んでもニュースを聴いてもチンプンカンプンが多くなって、不便極まりない。(-_-;)




[PR]
by dande550213 | 2018-05-30 14:43 | 藤井聡太 | Comments(3)

2018/05/29 :「ソレン・ソーレンセンを称えて」
f0096508_20170482.jpg
f0096508_20164374.jpg
ソレン・ソーレンセンはデンマークの化学者で、酸性度の指標として水素イオン指数(pH)の概念を導入した。




[PR]
by dande550213 | 2018-05-29 20:19 | PC・IT | Comments(0)

今日は2か月に1回のSLE診察日。

先日来の耳の聴こえの障害を主治医に報告。

聴力が回復しているからしばらく様子見となったが、今後は定期的に耳鼻科で聴力検査を受けるように言われた。

続いて、血圧について気になっていることを相談した。

5/18の聡太くんの対局を観ていた時に、何気なく血圧を測ったら(手首式血圧計)、上が220、下が190、脈拍が99でびっくりしたこと。何度測り直してもこの値になったことを報告した。

私は血圧が高く、降圧剤を服用して日頃から血圧管理しているが、200越えだなんて生まれて初めて(通常は手首式血圧計で150-95ぐらい)。おまけにずっと机に座って観戦していただけなのに脈拍が99だなんて、信じられない思いだった。

血圧を測ったのは、もう聡太くんの勝利が見えていて手持ち無沙汰になった時だったから、手に汗握る展開の場面ではなかったのにこの血圧とは!

ちなみに対局が終わって感想戦のときはいつもの血圧に戻っていた。(-_-;)



聡太くんの対局をPCで観戦するようになって半年ですが、知らなかっただけで、もしかしたら観戦時、私はずっとこんな高血圧だったということでしょうか?さらに、手に汗握る展開の時は、もっと血圧が上がっていたかもしれないということなのでしょうか?
こんなことが続いたら命を縮めると思うので、今後、私はもう聡太くんの対局は観ない方が良いのでしょうか?
今度6/1に対局があるのですが、私は観ても大丈夫なんでしょうか?

と、主治医に尋ねた。(((^^;)

主治医は「藤井くんの対局はどのくらいの頻度であるんや?」と聞かれるので、「今のとこ、週1ぐらいです。」と答えたら、「血圧200越えはヤバイなあ・・・。漢方の精神安定剤を処方しておくから、藤井くんの対局を観る前に飲んでみたらどうや?」と言われ、「抑肝散エキス」が20回分処方された。(-_-;)


ちなみに、これを書いている今の血圧は

上腕式では、血圧129-84、脈拍79
手首式では、140-90、脈拍79。

今後、聡太くんを応援するのは、やっぱり命懸けになるのかなぁ・・・。


[PR]
by dande550213 | 2018-05-29 16:30 | SLE・健康 | Comments(0)

5/15の聴力検査データからわかったことは、
f0096508_16480574.jpg

1.鼓膜は異常なし
2.平均聴力レベルは、3分法・4分法・6分法の左右聴力レベルが26.3dB~38.3dBで「軽度難聴」に相当。
f0096508_16540515.jpg
*上記分類表画像はhttp://l-s-b.org/2014/11/bone-hearing-loss/さんより借用させていただきました。

3.気導聴力と骨導聴力のグラフ波形が一致するので、伝音性難聴(外耳、中耳に何かしらの障害が起こると発症する難聴)ではなくて感音性難聴(内耳に何かしらの障害が起こると発症する難聴)である。
f0096508_17074703.jpg

f0096508_16582199.jpg
*上記2種の画像は、http://l-s-b.org/2014/10/summary-hearing-loss/さんより借用させていただきました。

4.意外だったのは、よく詰まった感の生じる左耳よりも右耳の低音部聴力が低下していたことだ。

5/12の段階では左耳だけが詰まっていたが、耳鼻科に行った5/15の朝には右耳にも詰まり感が生じていて、検査した日は両耳で詰まった感があった。

低音部が聴こえにくい状態というのは、階段を昇り降りする自分の足音がよく聞こえない。だから足を踏み外さないかと階段の昇り降りが怖かった。また、電気ポットの湯の沸く音や換気扇の音なども聴こえにくかった。

耳鼻科では耳の血流をよくする薬などが処方され、4日後の土曜日に再診を受けるように言われた。その時点で回復していなければ、大病院を紹介するからそちらで診てもらうようにと。(-_-;)

金曜日ぐらいから、何となく聴こえがもどってきたような気がしていたが、土曜日の検査では
f0096508_17204255.jpg
平均聴力レベルは、3分法・4分法・6分法の左右聴力レベルが18.8dB~25.0dBにまで回復していて、難聴度分類では「正常」と判定された。*\(^o^)/*


が、全くの無罪放免ではなく、その後も時々詰まったような感にもなるが、ここ2、3日は以前と同じ状況を維持している。

聴力検査は正常値に戻ったが、同年齢の人の聴力に比べると、低音部の聴こえが悪いのが気になっている。

長年人間ドックで聴力検査をしていて「異常なし」だったが、もしかしたら当時から低音部の聴こえが悪かったのか、それとも最近急激に進んだのか、その辺がよくわからないが、仕事場で生徒の小声がよく聴き取れない場面のあったことを思い出すと、もしかしたら、ここ数年で低音部の聴こえが悪くなっていたのかもしれないと思う。


一番恐れていたのは「SLEに関連した内耳疾患」ではないかということだった。
f0096508_17334157.jpg

*画像は「耳鼻免疫アレルギー(JJIAO) 35(1): 11―15, 2017」より借用

これだと、ほぼ治療法が無く、最悪の場合「聾」になる恐れがある。(-_-;)


耳の件は、明日の主治医の診察で報告して、しばらく様子見。




[PR]
by dande550213 | 2018-05-28 17:36 | SLE・健康 | Comments(0)

ひたすら藤井聡太7段の将棋の強さがわかるようになりたい「聡太くん観る将ニワカ」。

ただ今「詰将棋3手詰め」を勉強中。

朝日新聞の「大志 藤井聡太のいる時代 成長篇4」に聡太くん8歳の「焦点の▲7二銀」の局面が掲載されたので、
f0096508_16161374.jpg

さっそくピヨ将棋に落としてみた。
f0096508_16171260.jpg

将棋対戦はしたことがないので、形勢判断がよくわからなかったが、▲7二銀を打つ前に、すでに形勢は先手の聡太くんがだいぶ悪かったようだ。

ピヨ将棋をコンピュータ(レベル1)同士に設定して、以後、どうなるか見ていると、互いに入玉して「持将棋」で終わった。(((^^;)
f0096508_16222430.jpg

杉本師匠が、自分の棋士人生で一番心に残る手だと将棋世界で言っていたが、8歳の子どもが考える手として衝撃だったのか、それとも当時はこのような手は珍しかったのか、将棋のわからない私には不明だが、感想戦で変化手順として聡太くんが指摘した手だというから、実際には指さなかった手なのだろう。

将棋は未経験でまったくわからないけれど、少しでも聡太くんの将棋の良さ、強さがわかるようになりたいものだと願っている。

扇子や切手などのグッズ収集には興味がないが、机の横の本箱に聡太くん温度計を貼りつけて
f0096508_16372225.jpg

室内熱中症予防に、毎日彼の笑顔を眺めている。(((^^;)



[PR]
by dande550213 | 2018-05-28 16:37 | 藤井聡太 | Comments(0)

日記として書き留めておきたいことは山ほどあれど、いったん途切れると気力がおいつかない。(((^^;)

途切れた一番の原因は、闘病されていた方のブログ更新が途絶え、しばらくして亡くなられたことを知った時のショック。

闘病生活も長いから、今までにそういった経験は何度もしているが、自分自身が歳をとったせいか、さすがに今回は精神的に堪えた。

と同時に、自分はいつまで記録し続けるかで悩み始めた。

自分の生きてきた紆余曲折を書き留めているだけだから、非公開にする方が気が楽なようにも思えてきた。

私のSLE発病以後の人生は「生きてるだけで丸儲け」だったが、いつの間にかその感謝の気持ちを忘れかけて、ステロイド剤を飲みながらもそれなりの余生が送れるのだろうと安心しきっていたところに、突然の耳の不調で、「見える・聞こえる・話せる」とあたり前のように思っていた世界がもろくも崩れ去りそうな不安に突き落とされた。

亡き父母が歳をとってから「耳が聴こえにくい、テレビがよく見えない」などと苦情をもらしていた姿が目に浮かんでくる。あの時はその辛さをわかってあげられなくて、冷たく突き放してしまった自分を悔やむ。

老化は誰もが避けて通れない道だとはいえ、私の場合は老化にSLEという全身の病気がからむので、一筋縄ではいかないことを思い知らされた。

そのことは知識としては頭で理解していたが、まさか現実に63歳という若さで突きつけられるのだろうか?と、少し気分的に落ち込んでいた。(((^^;)


[PR]
by dande550213 | 2018-05-28 12:51 | SLE・健康 | Comments(0)

5/12、起床して左耳が詰まって聴こえにくくなっているのに気がついた。

私の耳垢は湿型で、飴のようにネバネバしている。若い頃はほとんど耳掃除をしなくても耳垢が詰まることはなかったが、歳を取って飛行機の離着陸時によく耳が詰まるようになった。鼓膜の奥が痛いこともあって、急性中耳炎になっていたのかもしれないが、数時間のうちに元通りに回復していたから、耳鼻科で診てもらったことはなかった。

数年前にまた左耳が詰まる症状が出たので、耳鼻科で耳垢掃除をしてもらい、聴力検査もした。その時は、すぐに左耳の詰まりは回復したので、聴力検査は異常なしだった。

で、今回もまた左耳が詰まったような感じになったので、また耳垢が原因だろうと5/15に耳鼻科で耳垢を取ってもらったが、詰まり感が回復しないので聴力検査をしたら、難聴になっていると言われて驚いた。その時には既に両耳が詰まっているような感になっていたが。(-_-;)

その時の聴力検査データ。
f0096508_18050004.jpg

いきなりこのデータを見せられて、「軽度の難聴になっています」といわれてもよくわからないので、家に少し帰って調べてみた。

*続く


[PR]
by dande550213 | 2018-05-23 22:09 | SLE・健康 | Comments(0)