一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:雑感( 557 )


$804


ようやく落ち着いた日々が戻ってきた。

父は、歩行車が届くや否や、毎日それを押して外を歩きを楽しんでいると言う。デイ・サービスにも1回行ってみたそうだが、これはお風呂に入れてくれるのはいいが、一日退屈だとか・・・。
訪問看護もたいしてすることが無いとかで、「お風呂に入れてあげましょうか?」とおっしゃってくださったそうだが、昼間にお風呂に入ると湯冷めすると断り、風呂リフトを使って、今まで通り、夜入っていると言う。6月にはショート・ステイも2回ほど計画されている。まだ介護の認定は届かないが、要介護2か3というところだろうか。。。。

GWに田舎に帰っていた時に、父の服を整理してあげた。その時に、タンスの奥から古い旅行カバンが見つかった。父に聞くと、「トルコ旅行に行った時に買った革の鞄だ」と言う。「もう旅行には行けないから、お前にやる」と言ってくれるが、重い鞄なので断った。そうすると、「もう処分してくれ」というので、ごみのところに持っていこうとしたが、捨てる前に何気なく中を見ると、何か入っている。

古い封筒が出てきて、中に804ドル入っていた。100ドル札が8枚と1ドル札が4枚。聞くと、最後の海外旅行の際の外貨の残りで、もう忘れていたお金だと言う。

旅行好きの父は退職してから、母を連れて、海外をあちこち旅行して回った。最後の海外旅行はスペインだったと言う。鞄の中の804ドルは、スペインの銀行で円をドルに両替した残りで、帰国後、田舎のK銀行で円に戻そうとしたら、偽札だから円には両替できないと手元に戻されたドルだと父は言うのだ。

「偽札」って、まさか銀行で両替してもらったお金でしょう?何かの間違いと違う?って聞いたけれど、父は確かにそう言われたと言う。

じゃ、お父さん、これ私に頂戴。私が大阪で調べてみるから。どうせ、私が気がつかなかったら、鞄ごと捨ててしまっていたお金でしょう?というと、「紙切れも同然だから、お前にやる」と言った。

大阪へ帰り、ネットでいろいろ調べてみたら、どうやら、ドルの旧札のようだ。1ドル札の旧札はそのまま持っていても使用できるそうだが、100ドル札の旧札は使用できないかもしれないとわかり、新札に交換してもらおうと思ったが、手数料が1ドルに付き3円かかると言われて、結局円に両替することにした。

804ドルが8万2000円ぐらいになった!
思わぬ棚ぼた!これで、来月、台湾へ故宮博物院を見に行くつもり!

夫と2人では804ドルを超えてしまうが、世界4大博物館の一つと言われる台湾の故宮博物院を見られるようになるとは、まさに神様のお恵み!感謝、感謝。

ステロイド6mg/dayでエンストを起こしていたポンコツ身体も、ようやく私自身の副腎が目覚めてくれたのか、元気が出てきて、3日前から3カ月ぶりにマシン・ジムに復帰したが、ジムを休んでいる間に、コレステロールを低下させる薬「クレストール」で「筋肉痛・脱力感・CPK上昇」の副作用が出て、服用が中止になった。以前のメバロチンと同じく、スタチン系のコレステロール低下薬は服用を始めてだいたい3か月~4か月で、「横紋筋融解症」の副作用が現れて、服用が中止になる。だから今はコレステロール低下薬は服用していないが、クレストールで筋肉がやられたのがまだ回復していないのか、全身の筋肉がまだ何となく変な感じ。まあ、これもボチボチというところ。。。指も痛みが治まり、曲ったままだが、こうしてキーボードが打てるようになった。(^-^)
[PR]
by dande550213 | 2008-05-24 19:06 | 雑感 | Comments(8)

まな板


息子は、大学卒業後2年で自立して家を出た。

お金を貯めて、実家から電車で20分足らずの距離の阿倍野のマンションに引っ越し、憧れの一人暮らしを始めた。そのまま実家に居てたら独身貴族暮らしができるのに、ワンルームで7万円の家賃を払って、ギリギリの生活を送っていた。

自立して初めての2006年、彼は初めて、母の日と父の日にプレゼントを贈ってくれた。
私にはカーネーション、夫には日本酒だった。
お誕生日にはメールが届いた。

次の年の母の日と父の日は、私にはカードが届き、夫には「ハンカチ」が届いた。
お誕生日にはメールが届いた。
そして、彼は11月に博多へ転勤して行った。

博多に半年居て、今年4月に、彼は札幌に転勤になった。
その札幌から、今年は母の日にこんなプレゼントが届いた。 ↓
f0096508_1561544.jpg

何だろうと思って開けてみると ↓
f0096508_1571330.jpg

何と、「まな板」だった!

今年のお誕生日は、始終コーヒーを飲んでいる私には「マグカップ」が届き、
娘の誕生日には、彼女の名前にちなんだ「桜の花びらを焼き付けたお茶碗」が届いた。

兄弟でもプレゼントのやり取りなどしたことなかった彼女もよほど嬉しかったのだろう、
その日のうちに自分のお茶碗をこのプレゼントに替えた。

いずれも高い品物ではないが、相手のことをよく考えて品物を選んでくれていると感心している。

自立して家を出たとたんに、家族のものにささやかなプレゼントを贈ってくれるようになった彼の気持ちを時々推測してみる。

今でもそうだが、ほんとうに会話の無い家庭だった。普通のアットホームな家庭ではなかった。そういう意味で、彼には親として申し訳なく思うばかりだったが、家を出て、彼は何を感じるようになったのだろうか・・・。

至らない家庭で親として負い目を感じていたが、息子のおかげで、少しは自信を持っても良いのだろうか・・・とも思えるようになった。

「今年の父の日が楽しみだねえ!」と夫に声をかけている。
[PR]
by dande550213 | 2008-05-19 15:26 | 雑感 | Comments(10)

博多から札幌


昨年11月に博多に転勤になったばかりの息子が、今度は札幌に転勤になった。

本人は若いうちに全国を回りたいと思っているから、願ってもないだろうが、それにしても半年で九州から北海道なんて、府職員の夫の生活からは想像もつかない世界だ。(^-^;)

息子は飛行機で札幌へ移るのだろうが、荷物は関門海峡と津軽海峡の海底トンネルを地続きで移動していくのだろうか?明日出した荷物は、その日のうちに札幌に着くのだろうか?

最近、博多は中国大陸からの大気汚染の影響で光化学スモッグが頻発していると聞いていたから、そういう意味では、空気のきれいな北海道へ移れて良かったと思うが、果てさて、仕事は博多より厳しいだろうなあ・・・。

会社のマンションは北大植物園のそばだと言う。博多の時は行きそびれたから、札幌はどんなところに住んでいるのか、ぜひ訪れてみたい。

早く行かないと、また転勤でどっかへ飛んでいってしまうかもしれない。

それにしても、北海道の夏は梅雨と湿気がなくて、過ごしやすいのがうらやましい!
[PR]
by dande550213 | 2008-04-18 12:27 | 雑感 | Comments(2)

根気が無い


「短期決戦型」といえば、聞こえは良いが、要は「根気が無い」ということだろう。

このブログは、もともと"落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」"が主たる目的のはずだった。

ここで宣言することで自分にプレッシャーをかけて、御言葉の学びをなんとか継続したいと思ったのだが、いつしか、また以前と同じような"日曜だけのクリスチャン"に成り果てている。

この1年は、教会の婦人会会長を務めさせていただいて、本当に忙しかった。日曜日のお昼は、家で食事を取ったことはほとんど無かった。夫は用意しておいた昼食を一人で食べることが多かったことも胸が痛む。

自分が知らなかっただけで、たぶん歴代の会長さんは皆さん、こうだったのだろうと、改めて思わされた。これは経験して初めてわかることだった。特に今年度は、牧師館の建替えがあり、その上、年度末になって牧師先生御夫妻の転任が決まり、右往左往した1年だった。幸いにも、皆さんに助け、導いていただいて、何とか滞りなく、任期を終えることができそうだ。そのことは感謝なのだが、霊的に成長していない自分を思うと、情けない思いでいっぱいになるのだ。

私のような霊的に貧しい者が1年後に会長役を担わなければならなくなったことが決まった2006年3月に、少しでも会長役にふさわしく霊的に成長できたらと願って、御言葉の学びを始めたのだったが、ご覧の通り、挫折してしまった。

何故だろう?と反省してみる。

原因はいろいろある。自分でも気がついている。

聖書を「頭で読んでいる」ので、読むたびごとに解決できない疑問点がいっぱい出てきて、継続することがイヤになってしまうのだ。人間の知識や知識にとらわれて聖書を読んでいるから、どうしても懐疑的になってしまうのだと思う。

また私は「根気が無い」という欠点を併せ持っている。コツコツ努力することは厭わないが、その成果を早く知りたいのだ。だから、三日坊主なのではなく、短期決戦型なのだと思う。

目標を決めたら、それにまい進するけれど、目標が無くなれば空中分解するタイプのような気がする。

その目標は、せいぜい半年ぐらいの短期の目標で、それも結果がはっきり出るような目標でないと悲しいかな、根気が続かない。

「問題を一つ一つ解決して、積み木のように積み上げていって前へ進む」ことを、どうも理想としているようだ。だから、すぐ白黒を付けたがる。正か邪か、イエスかノーかの二者選択の世界しか、私に中にはないのかもしれない。灰色の世界が続くと我慢できなくて、すぐに撤退したくなる。

聖書購読は私にとっては、わからないことだらけの灰色の世界の連続なのだ。

「今はわからなくても、いつかわからせてくださる」と信じて、根気よく、忍耐強く継続することができなかった。

一番根底にあるのは「信じること」なのに、もしかしたら私は自分以外の何物をも信じられないのかもしれない。

「信じる」ことは自分の力で出来るものではない。
神様がそうさせてくださるのだ。

そして、神様がそうさせてくださらない限り、信仰は人間的なものであるのにとどまり、魂の救いのためには無益であるというパスカルの言葉が胸に痛い。
[PR]
by dande550213 | 2008-02-26 10:58 | 雑感 | Comments(4)

涙腺緩む春


寒さはあいかわらず厳しいが、
一足お先とばかりに私の涙腺が緩んでしまって、
涙があふれる日が続いていた。

嬉しくて、嬉しくて・・・。

ただただ主に感謝します。
[PR]
by dande550213 | 2008-02-20 23:24 | 雑感 | Comments(0)

焦った挙句


いつながらの考え無しの猪突猛進で、短期決戦願望の私。

焦った挙句、「運動」に関して、どうも間違ったことをしていたような気がする。『(^-^;)

減量が思ったほど進まず、基礎代謝量・筋肉率も減少するので、運動の強度を少しアップしたら、少しのアップのつもりが、いつのまにかかなりのアップになり、有酸素運動ではなく、無酸素運動状態に陥ってしまっていたのではないかと反省している。

運動中に急死する人のニュースを時々聞くが、それは運動していると一種の中毒状態になって、疲れているのに疲れを感じにくくなることがあるからだろう。

また個人の性格にもよるが、そういうトランス状態に陥りやすい人は、うっかり自分の限界を超えてしまうことになりやすいと思う。

一年半ぶりにスカイウォーカーに挑戦した私は、全然しんどくなくなっていたから、欲が出て、運動強度を必要以上にエスカレートさせてしまっていたようだ。

ほんの5分ほど走っているつもりが、いつの間にか40分のウォーキングの中で7分×4回も走っていたり、土曜日など、うっかり20分も連続で走ってしまった。

走らなければならないという気持ちからではなく、走れることがうれしかったのだ。

私は子どもの頃から持久走が大の苦手で、冬場の校内マラソンや1500メートル走などで完走できなかった苦い思い出がいっぱいある。

ランニングマシンで走っていると、どうしてもそのときをことを思い出し、走れる今の自分が嬉しくて、つい今の自分の限界はどれぐらいなのか、もしかしたら、子供のころより持久力がアップしているのではないかと、ついがんばってしまっていた。

2、3日前から体調に何となく変な兆候が見えていたが、昨日は身体が久しぶりにガス欠状態になった。

ガス欠状態とは、私が勝手に名前をつけた症状で、身体の背面が鉄板を背負ったような重い疲れ果てた感じになること。背面の血流が悪くて、流れていないような状態で、寝ても起きても背面がコリコリに固まったような感じになり、アンメルツを塗り捲るが、全然改善されない状態。

自分ではSLEの症状の一種だと思っている。以前は安静にしていてもよくなっていた。こういう状態が1~2週間ほど続くが、そういう時は夜も寝返りを打つばかりで、よく眠れない。しかし、最近はほとんど出なくて、アンメルツとはここ半年ほど、縁が切れていた。

ところが運動量をアップした後から、手術した左膝に痛みを感じたり、左小指が原因不明で痛くなったり、なんか変だなあ・・・と思っていたら、やっぱり・・・ね!(笑)

昨日は、さすがにマシンジムで運動する気力がなくて、背面のマッサージばかりしていた。

そのマッサージの最中に妙に胃が重くて、むかつきすら感じるようになったので、コリャやばいかなあ・・・と思ったが、ホントある瞬間から、急にすぅーと血が流れるような感じが戻ってきて、一気に楽になった。胃も体も軽くなって、いつもの身体の感じが戻ってきた。

今日もまだ背面がこっているが、昨日ほどではないし、左小指の痛みも不思議なことに無くなっている。夜もよく眠れた。

例によって、入試が明日なのに数学の受験勉強を全然していなくて半泣きになっている夢を見た(苦笑)。入試シーズンのせいか、最近、またこの手の夢をよく見るようになった。精神的に何か追い詰められている心境になっているのだろうか・・・?

もし、精神的に追い詰められているような心境になるとしたら、来週の婦人会主催の牧師夫人送別会と、熊本旅行の準備かもしれない・・・と思い当たる。
[PR]
by dande550213 | 2008-02-12 10:56 | 雑感 | Comments(4)

わたしたちの大和川物語


1月26日のH兄記念会で、亡きH兄のプロダクションの従業員だった方にお会いした。

その方が先日、こんなビデオを私に届けてくれた。↓

f0096508_11364485.jpgf0096508_11371362.jpg
















今から12、3年前、当時中学3年生だった息子は、柏原市の広報ビデオ「わたしたちの大和川物語」に出演した。このビデオの製作を受け持たれたのが、前述のH兄の会社だった。

私は一度だけ、このビデオを息子から見せてもらったような記憶がある。
娘は、大学の視聴覚室の郷土資料ビデオの中から探して見たと言っていた。

今年、私は「大和川の堤防を上流から下流まで走破したい」と思い、もう一度、あのビデオを見てみたいものだと願ったが、そのビデオを今は博多にいる息子が今も持っているのか、聞いてみたいような・・・聞きにくいような・・・と、迷っていた。

そんな折、ちょうどあの記念会にH兄の会社の従業員だった方が、あの当時、会社で製作したビデオを持って来られたので、私は、『この「わたしたちの大和川物語」に息子が出演しているので、記念にぜひ購入したいんですが・・・』と、申し出た。

その方は、息子のことは覚えているとおっしゃり、「1900円ぐらいかかりますが、それでも良かったら、家に配送します。」と約束してくださった。

つい先日、玄関のインターフォンが鳴って出てみると、その方が立っておられ、「柏原市に話したら、ビデオはプレゼントするということでした」と言って、無料でくださった。

うれしい!!!

息子は中学生になって急に親離れしたので、あの頃の息子の写真は私の手元には全然無い。このビデオの中では、中学3年生だった息子が息づいているのだ。

一刻も早く見てみたいが、我が家はVHSのビデオを再生する機器がないので、DVDにダビングしてもらわなければ、見ることができない。近くの書店でダビングしてもらうつもり。

それにしても、これはまさに「天国のH兄からのプレゼント」のような気がする。

H兄、ありがとう! 従業員の方、ありがとう!柏原市の関係者の方、ありがとう!
[PR]
by dande550213 | 2008-02-07 12:12 | 雑感 | Comments(6)

タマネギの皮のむき方


小学校の家庭科(って、あったかな?)で、初めてカレーライスを作ったとき以来、タマネギの皮をむくときは、ピタッと引っ付いたあの薄い茶色の皮を、爪を立てて、「むきにくいなあ。。むきにくいなあ。。」と思いながら、一枚一枚、むいていた。
結構時間がかかり、忙しいときなどイライラする。

母もお風呂の焚口でそんな風にしてむき、そのむいた皮は焚口で燃やしていたし、学校の家庭科で、先生もそんな風にしてむいていたから、タマネギの皮はそんな風にしてむくものだとばかり思っていたら、先日、スペインのアラゴンテレビの料理番組Entre platos ↓ を見て、ビックリした。

f0096508_22191783.jpg


彼、Víctor Martaは、まな板の上にタマネギを横向きに置き、頭と尻尾をナイフで切り取り、それを縦半分に切る。そうすると、茶色の皮は指をかけるだけで、ポロリと簡単にむけてしまうのだ。

それを見て以来、早速実践しているが、すぐにむけるので、全然イライラしなくなった。

その発見を娘に言うと、彼女は料理好きで、厨房に入るようなバイトをアチコチでしているせいか、自分もタマネギの頭と尻尾を切り取ってからむくと言う。でも、縦半分には切らないので、切ってからむくのよりか、たぶん時間はかかっていると思うと言う。

私は料理人の厨房姿を現場で見たことはないし、料理学校へ料理を習いに行ったこともないから、プロがどんなむき方をするのかは知らない。

日本のテレビの料理番組では、タマネギは皮をむいた状態で登場するので、料理人がタマネギをむく場面は見たことがないような気がする。

そもそも日本人には、まだ皮をむいていないタマネギをまな板の上にのせるのには抵抗があるような気がする。皮をむいていないタマネギは汚れてきたないイメージがあって、清潔を要求されるまな板の上にはのせるのが憚られるうような気がするのだ。だから、皮をむいて(洗って)からまな板の上にのせ、頭と尻尾を後で切り取るのが、日本人の普通のタマネギのむき方なのではないだろうか?

でも、先に頭と尻尾を切り取って縦半分に切ると、驚くほど早く皮がむける。
Víctor Martaは、ニンニクの皮もそんな風にしてむいている。

とても合理的だと思い、まねをしている。(^-^)
[PR]
by dande550213 | 2008-01-12 22:50 | 雑感 | Comments(4)

今日、牧師先生とお話をしていて、
先日の記事は2月末頃まで非公開にした方が良いことに気がつきました。

たいへん申し訳ありませんが、削除したわけではありませんので、
その旨、御連絡します。

本当にいつもながらの考え無しで、申し訳ありません。m(_._)m
[PR]
by dande550213 | 2008-01-11 18:45 | 雑感 | Comments(0)

f0096508_1155315.jpg


御無沙汰しています。
昨年末は柄にも無く、大掃除をがんばって、更新さぼってました。

なのに、更新している時よりもアクセス数が多く、でも、ページビューは少なくて・・・。

ということは、
私の身体を心配して、お忙しい中をアクセスしてくださっていたのだと、心より感謝します。

お陰さまで、年末年始、とても元気でした。

28日まで仕事をし、
そこから一気に「今年は何としても大掃除完遂!!」モードに突入しました。

毎年、計画を立てるのですが、元来が掃除嫌いなので毎年時間切れになり、
「まあ・・いいか!お正月が終わったら、またボチボチやったらええやんか~」と、
冷蔵庫・ガス台・浴室・トイレ・玄関ぐらいまでで、年末大掃除はお終いにしていました。

今の家に越してきて4年間これを繰り返し、
さすがに主婦として「いくら何でもコレではいけない!」と、猛反省し、
昨年末は窓ガラスや網戸など、早めに少しずつ大掃除を始めたのですが、
途中息切れして、
また「もう・・いいか・・・なあ・・」モードに退却しそうな誘惑にかられました。

でも、がんばり抜きましたよー!!!

好きなPCも制限して、
流し台下から戸袋・天袋・天井・壁・外回りなど、
大掃除リスト表にあげた項目は全部やり遂げて、
久しぶりにすがすがしい気持ちで新年を迎えました。

そのために、皆様に不義理をしてしまい、申し訳ありませんでした。

このような自己中ですが、どうか、今年もよろしくお願いします。m(_._)m
[PR]
by dande550213 | 2008-01-02 12:26 | 雑感 | Comments(4)