一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:雑感( 557 )



今の家に越してきて13年が過ぎる。

西日のあたる2階の居間と3階の自室に新調したレースのカーテン。

2階のは普通のカーテン、3階のは紫外線がSLEの増悪要因なので、紫外線カットのカーテンにした。



同じように西日に晒され続けて13年。

普通のレースのカーテンは紫外線による繊維の劣化が激しくて、数年前からうっかりカーテンをつよく引っ張った際に破れることが多くなった。

その破れを繕いながら、使い続けてきたが、今日、出入りの際にタッセルを掛ける金具にカーテンが引っかかっているのに気がつかず、うっかり強く引っ張ってしまって、ボロボロに破れてしまった。(-_-;)
f0096508_15230217.jpg
もう買い換えようかとも思ったが、サイズが既製品にはなくて別注しなければならず、新年には間に合いそうにないので、破れを1時間ほどかけて繕い、3階のカーテンと交換した。
f0096508_15255903.jpg
カーテンのデザインや材質の違いにもよるのだろうが、紫外線カットのカーテンは同じように13年間西日に晒され続けても繊維は劣化していない。

孫たちが来て遊びまわる居間のカーテンがしっかりして、心配事が減ったから、コレで良し。


劣化しても繕いつつ使い続けるカーテンは、老化した私の姿そのものだなあ。

同じ部屋でこれからは仲良く過ごすつもり。

人生の最後の日までよろしくね。




[PR]
by dande550213 | 2017-12-20 15:34 | 雑感 | Comments(0)

昨日の朝日新聞の記事「終末期の飲食拒否 緩和医3割直面」を読んで、母の死を思い出した。
f0096508_13371321.jpg


2014年4月に亡くなった母がそうだった。


病気がわかってから2か月半後の死だった。

病名がわかった時に主治医からは「余命は週単位で、後3~4週間と宣告」されていたから、母の選択した行為で格段死が早まったわけではなかったが、自殺と同じとも考えられるその行為は、子どもである私たちに少なからず影響を与えたと思っている。

私は母の死から3年ほどは、母の死を振り返える暇を与えないように、ひたすら海外旅行に突っ走って、母の死から目をそらせて生きてきた。

今年も半ばを過ぎて、ようやく母の思い出を振り返る心境になり、母が夢の中に現れてくれるようになった。

母の行為については、母は平穏死を選んだのだと、当時は理解しようとしたが、本当のところは今もよくわからない。

私が母の年齢になり、死に直面するようになった時、初めて当時の母の気持ちが理解できるようになるのだろうと思っている。


今回の新聞記事を収録したのは、緩和医にも大きな影響を与えていたことを知ったからだ。

当時は、緩和病棟ではふつうに起こり得る選択で、死を看取る緩和医に強い葛藤が生じるものとは認識していなかったからだ。


最近、「母が亡くなった歳まで自分は後何年」と思うようになった。

残された歳の多くないことに愕然とするとともに、ただただ今生かされていることを感謝して、最後まで自分らしく生きたいと思わされている。


同じ日の新聞の天声人語で、スケートの1000メートルで世界新記録を出した小平奈緒選手が語ったガンジーの言葉を紹介していた。

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」



[PR]
by dande550213 | 2017-12-18 14:23 | 雑感 | Comments(2)

絵はがきで年賀状


「暮れの忙しい時に年賀状で時間を取られるのはもうイヤだから、私は年賀状はもう卒業するつもり」と、今年は夫の分しか年賀はがきを買わなかった。(夫婦別々)

でも、まあ、やっぱり今年も出すことに考え直して、今年は絵はがきに年賀切手を貼って年賀状にすることにした。
f0096508_14564498.jpg
決められた期間に年賀状として出すなら52円でOKという年賀切手を購入して。

手書きだから悪筆がバレルが、昨今の印刷年賀状とは違い、かえって新鮮かも。

昨日は藤井聡太4段の対局を観ながらシコシコと作業。
今日は昨日の勝利の余韻に浸りながら、最後の追い上げ。


彼は年内あと2局対局があるから、暮れの観戦時間を確保するためにがんばらなくっちゃ!(((^^;)

23日に叡王戦本戦1回戦で深浦康市九段と対局。
これを観るためには月額540円払って「ニコ生」プレミアム登録する他ない。(-_-;)

28日の王座戦予選(豊川孝弘七段対村田顕弘六段の勝者と対局)は、AbemaTVで無料中継してくれないかなあ。

夫は28日ともなれば、もう年末年始の休暇に入っているが、私は午前中に年内最終の仕事が入っているので、夕方まで観戦できないが、持ち時間5時間の棋戦だから、イザ決戦が始まる中終盤には十分間に合うはず。

最近、こっそりアプリで将棋の勉強をしてるので、昨日の松尾8段戦での最後の詰み方が少しわかって嬉しかった。

BS1スペシャル「密着 藤井聡太四段 ~デビュー1年の記録~」12月24日(日) [BS1] 後9:00は、娘に録画DVD焼きを依頼済み。




[PR]
by dande550213 | 2017-12-16 15:30 | 雑感 | Comments(0)

粋な計らい


今年3月に近所に公園ができた

6月には孫のYちゃん&I くんと一緒に遊んだ公園の木がクリスマス・イルミネーションで飾られている。
f0096508_21034805.jpg

夜には灯りが灯されるけど、何だか一人で淋しそう。
f0096508_21044258.jpg

公園の使用が夜は8時までだから、8時には灯りが消える。

[PR]
by dande550213 | 2017-12-14 21:06 | 雑感 | Comments(0)

2017年 12月 06日 「夫の軽度難聴と認知症の不安」から1週間、夫が珍しく自分で耳鼻科を探し、今日、診察を受けてきた。

「認知症の引き金になりやすい」という脅し文句が効いたようだ。(((^^;)



聴力の検査結果は「補聴器ギリギリライン」だったそうだが、目の前の医師(聴き取りやすいはずの低音だが、早口だった)の言葉が聴き取れなかったから、「先生の声がよく聴き取れません」と正直(出かける前に「見栄はらないで、正直に答えなアカンよ~」とよぉ~く言い聞かせておいた)に答えて、「補聴器装着」と相成り、来年から「補聴器外来」に通うことになった。(((^^;)

先ずは良かった、良かった。

軽度の難聴でも、早口でしゃべられると、脳が聴き取れない部分を前後の文脈から類推して補うことができないから、致命的なのね。

[PR]
by dande550213 | 2017-12-12 13:26 | 雑感 | Comments(0)

You Tube にあがった「2017 Nobel Peace Prize Ceremony」

サーロウ節子さんは1:11:37ぐらいから講演を始める。
f0096508_16152547.jpg
事前のニュースでは、「演説に与えられた時間は10分で、短い時間でどうまとめるか、サーロウ節子さんが苦心している」と報じられていたが、実際はやはり20分近くの講演になっていた。

彼女の講演スピーチ全文(英語)が下記のサイトで配信されている。

また、彼女の講演スピーチを日本語に翻訳したものは下記のサイトで配信されている。

[PR]
by dande550213 | 2017-12-11 16:28 | 雑感 | Comments(0)

3人目の孫


午前中は、昨日の藤井聡太4段の順位戦勝利の余韻に浸り、午後から2か月振りに息子宅へ行き、ひととき孫守りをして、その後、インド総領事館へビザとパスポートを受け取りにいった。

インドビザは「2か所に顔写真入り」に変わっていた。

孫も2人目、3人目となると、なかなか写真を送ってこない。(-_-;)

今日は夕方から家族総出のインフルエンザ予防接種とか。

桃ちゃん、2か月を過ぎたのに、まだ首がしっかりすわっていないから、お嫁さんも子連れのお出かけがたいへん。
f0096508_18090300.jpg



[PR]
by dande550213 | 2017-12-08 18:16 | 雑感 | Comments(0)

お久しぶりの石屋の犬ちゃん

10月は、メイド喫茶のハローウィン?
f0096508_13545855.jpg


11月は、大阪国際女子マラソン。
f0096508_13553717.jpg

そして、12月はやっぱりコレね。
f0096508_13561650.jpg

[PR]
by dande550213 | 2017-12-02 13:58 | 雑感 | Comments(2)

最後のクリスマスカード


ルワンダの女の子の里親になり、支援を始めたのは2014年7月から

きっかけはその年の4月に母を亡くしたことだった。

母から相続した遺産の一部を毎月支援にあてて、「亡き母の代わりに、再び母になろう」と思った。

あれから3年が過ぎ、毎年、里親会を通じて、クリスマスカードのやり取りをしていたが、来年度から支援のあり方が変わり、個人に対する支援は終わりになった。

彼女が成人になるまで、里親としての関係が続くものだと思っていたので、ショックだったが、長期間の支援は依存体質を生みやすく、人々に備わっているはずの力を弱めてしまう危険があるということで、今後は学校支援に切り替わるという連絡を受けた。

だから、今年のクリスマスが彼女への最後のカードになった。

支援を始めた3年前は小学校1年生だった彼女も、今年は4年生。

身長も150㎝になり、私と変わらないぐらいにまで成長した。

勉強が大好きで、3年生の時は成績1番を獲得した。

そんな彼女と突然のお別れだなんて、何だか腑に落ちないが、しかたがない。

アフリカは政情が不安定だから、今後も神の加護を祈るのみ。


[PR]
by dande550213 | 2017-11-30 11:24 | 雑感 | Comments(0)

奨学金返済完了証


学生時代に借りた奨学金の返済完了証が届いた。
f0096508_15260246.jpg


返済完了までに12年間かかった。(((^^;)

でも、あと一つの奨学金が残っていて、これはたぶん返済完了は70歳ぐらいになるだろう。

70歳まで、頑張らなければ!





[PR]
by dande550213 | 2017-11-02 15:28 | 雑感 | Comments(2)