一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

カテゴリ:雑感( 566 )


ツバメのヒナ!


6/13に夫が踏み台に乗ってツバメの巣を覗いた時、巣の中に卵は見えないと言っていたから、今年はもう諦めていたら、一昨日ぐらいから、「ピヨ!ピヨ!」と賑やかな鳴き声が聞こえてきた。*\(^o^)/*

どうも今年は2羽のようだ。
f0096508_16062131.jpg

[PR]
by dande550213 | 2018-06-24 16:07 | 雑感 | Comments(0)

一昨日の地震の時、我が家は朝食後のひとときだった。

私は3階の自室ベッドの上で、登録したマイビデオ「第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 6/17」を観ながら、低周波治療器で痛む右腰をマッサージしていた。夫はすぐ横のベランダでプランターの水やり。

8時前に突然ガタガタと縦揺れ?が始まった時、本箱や整理棚の前面空きスペースに並べていた小物類がバラバラと落ちだした。スマホからは緊急地震速報の警報が鳴り響いていたが、そのスマホがどこにあるやらわからず(-_-;)、低周波治療器を握りしめたまま、「神さま!神さま!」と大きな声で叫んでいた。

揺れが収まったら、家の前の道路に人々が集まり、近所の小学校では校内放送が鳴り響き、そのうち、救急車の走り回るサイレンが聴こえだした。

震源地は大阪北部とわかり、この辺(大阪南東部)は大きな被害はなかった。

しかし、教会が外壁塗装のため、足場を組んでいたのを思い出して、もしかして足場が揺れで崩れていないかと心配になり、教会へ電話した。
f0096508_16565052.jpg
幸い、教会、堺の息子宅、奈良の娘宅、箕面近くの妹宅でも被害はなかった。堺の孫のYちゃんは地震が起きた時は通園バスの中だったと聞いた。(-_-;)

その後、テレビで被害の状況を知り、胸が痛んだ。

震源は有馬高槻活断層の上に位置すると報じられていたが、我が家は生駒活断層の上に位置するので、一歩間違えば、この辺が震源になっていたかもしれない。

交通機関がマヒして帰宅困難者が多数発生したと報じていたが、夫は幸い仕事休み日だったので助かった。朝8時と言えば、いつもなら電車に乗っている時間だったので、列車内で足止めをくい、ほとんどの公共交通機関が停止状態になったから、帰るにも帰れない、身動きのとれない状態に陥っていたはずだった。

昨夜は余震が怖くて眠れそうになかったので、睡眠薬を飲んで寝た。

ベッドの周りを片づけて、久ロックスサンダル、お茶、懐中電灯をベッド横に置き、ドアを開けて寝た。避難時のリュックサック2つはいつもは2階踊り場に置いているが、しばらく玄関に置くことにした。


今、雨が激しく降り出した。

二次災害が起こらないことを願いつつ、もうこれ以上の死亡者が出ないことを祈るばかり。





[PR]
by dande550213 | 2018-06-19 17:24 | 雑感 | Comments(0)

初めて我が家にツバメが巣作りしたのは3年前だった。
f0096508_14201183.jpg

別の少し見えにくい場所に巣作り用の板を設置していたのに、そこには巣を作らず、玄関の戸の上の幅2、3㎝のスペースに巣を作ったのだった。


f0096508_14242130.jpg


だから、今年はもうやってこないのかな~と思っていたら、今年もやってきて、夫が用意した別のところで巣作りしている。
f0096508_14262493.jpg

写真を撮ろうと思うのだが、用心深くて、玄関を出るとすぐに飛んで行ってしまう。

だから、今日は少し離れた場所から、こっそりとズームで撮ってみた。(((^^;)
f0096508_14285732.jpg


これが我が家のツバメのご夫婦さん。
私が立ち去るまで、お向かいの家の前の電線の上で、心配そうに巣をながめている。
f0096508_14293472.jpg


[PR]
by dande550213 | 2018-06-08 14:31 | 雑感 | Comments(0)

今年、10数年目にして初めて、アジサイが一輪だけ咲いた。(((^^;)
f0096508_22311815.jpg

今の家に越してきてから買ったアジサイの鉢植え。夫が、毎年手入れしているのに、一度も花をつけなかった。(-_-;)

アジサイをきれいに咲かせる人に尋ねると、アジサイは日当たりを好むので、日当たりの良い場所に鉢を移してあげたらどうかと言われたから、今年、咲いたのは、1年間ほど、息子宅に車を貸し出していたため、偶然、アジサイの鉢の前に車を駐車していなかったからではないかと思っている。(((^^;)

貧弱なアジサイの花だけど、忍耐強く日当たりを待ち続けて咲いてくれてうれしい!

車が我が家に帰ってきて、またアジサイの鉢には日が当たらなくなった。

花の季節が終わったら、日当たりの良い場所を探して、鉢を移動してもらうからね。

だから、来年はもっとたくさんの花を咲かせてね。



[PR]
by dande550213 | 2018-06-06 23:30 | 雑感 | Comments(0)

変な一日


変な一日だった。

①今月は私が入力担当だから、土曜日には、明日の礼拝のプロジェクタファイルをPCにセットして置かなければならない。
②おまけに教会堂の掃除当番もあたっている。
③明日の役員会の資料準備もある。

この3つが目的で朝から教会へ行ったのに、見事にいちばん大事な①を忘れて昼過ぎに帰宅した。最近、どうも物忘れが多くなったようだ。(-_-;)

昼食食べて、やれやれと、昨日の聡太くんの対局をベッドで観ているうちに眠ってしまった。

で、4時半に目が覚めて、①を忘れているのに気がついた。
というより、①を忘れているのに気がついて、目が覚めたのかもしれない。(+_+)

忘れていることに気がつかなければ、エライことになっていたから、
思い出させてくださった神様に感謝して、すぐに教会へ向かうことにした。

どうせまた外出するなら、一挙両得を目指して、教会トラクトも配ることにした。梅雨が始まる前にやっておかなアカンからなあ・・・。

トラクトのえんどう豆のみずみずしい緑色もきれいだが、側に置かれた口を開けた人形2つ、これ何なんだろう?
f0096508_22152103.jpg

教会の礼拝堂にはいつもの枯れかかった観葉植物の代わりに、クジャクサボテンが飾ってあった。きっとKさんが持って来てくださったのだろう。いつもありがとう!
f0096508_22194500.jpg

一日に2回教会へ往復して、近所にトラクトを配布して回ったから、今日はもう運動は十分だろうから、今夜のウォーキングは中止だ。

明日のことはまた明日考えることにして、とりあえず、今日はもう終わりにしよう。



[PR]
by dande550213 | 2018-06-02 22:24 | 雑感 | Comments(0)

藤井聡太6段の詰将棋問題の解答を見るためだけに買った(((^^;)「サライ2018年5月号」に、五木寛之氏の『「老い」の先にあるもの』という一文があった。

少し長いけれど、一部を引用する。

 小学校の児童の命が、不慮の交通事故などで失われると、校長や教師たちが口をそろえて同じ言葉を吐く。
 「天国にいるダレダレ君が、きみたちの幸せと安全を願ってくれていると思います。」
 天国とは、いったいどこのことか。それはどういう思想にもとづく発言なのか、というようなことは、常に問題にされることはない。
 テレビや新聞なども、その言葉を何に疑いもなく報道する。
 これは「死」と「死後」の問題について、私たちがほとんど不用意であることのあかしだろう。
 そもそも学校の教師が口にする「天国」とは何か。どのような思想にもとづく発言なのか。校長先生は自分が死んだ後、人はみな天国とやらにいくと信じているのだろうか。
 「ダレダレちゃんの行った天国とは、どこにあって、どんな場所なんですか」と、もし生徒の一人が正直に思ったとおりをたずねたとしたら、校長先生ははたしてどのような説明をするのだろうか。
 「老い」については、私たちはかなり時間をかけて考えてきた。だが、「老い」の後に必ず続く「死」と、そのさらに先の「死後」について、はたしてどれほどの思索や覚悟ができているのだろう。

氏のような疑問を、私もいつも感じていた。

東日本大震災などの災害でも、事件などでも、残されたご家族のほとんどは「死んだけれど、天国から見守ってくれている」というコメントを発することが多いが、その度に、呟いていた。「どうして(仏教徒で)天国を信じるの?天国はキリスト教やイスラム教の概念で、仏教や神道では天国は無いのではないかしら?」と。(((^^;)

氏は書いている。

近代以前には「死後」の世界について、ある種の合意があった。日本仏教の流れの中では庶民は「後生(ごしょう)」という世界に生きることを信じていたのだ。いま、すでに「後生」という言葉は死語同然である。

この「後生」が宗教的裏付けも無く、キリスト教やイスラム教の「天国」に置き換わっただけなのだと思う。


それは、そもそも、宗教的裏付けなど無くても、「死後の世界」を信じられる人が日本人には多いからなのだろうと思う。




死の問題という視覚から、現代人を眺めてみると、死に対する態度が、人によって異なる。大きくは二つの類型にわけて考えられる。その一つは、死を忘れて生活する人間類型に属する人々である。現代社会では、大多数はこの類型に属する。他の一つは、死に脅えて生きている人々の人間類型である。これは、前者に比べるとはるかに少数ではある。しかし、それは、前者に対立する、現代人の生死観を考える場合には、見落としてはならない重要なものである。この類型に属する人々は、数は少ないかもしれないけれど、その人生観は深刻である。暗い、淋しい気持ちで、自分に迫って来る死というものを見つめている。脅えている。死を忘れて生活している人々も、実はいつ、この類型に陥ることになるかもしれないのである。

氏の言う「死を忘れて生活する人間」とは、宗教的裏付けが無くても本能的に「死後の世界」→「天国のある」ことを信じられる人々だろうと思う。一方、「死に脅えて生きている人々」とは、「死後の世界」が有るか無いかわからないので、「死後の世界」や「天国」の存在を説く何らかの宗教を信じない限り、「死後の世界はない」「天国は無い」人々ではないかと思う。

日本人の多くが「仏教徒」なのに、仏教の教理を知らなくても何ら不都合がないのは、本能的に「死後の世界」を信じられる人が多いからだと思う。

その本能的に信じている「死後の世界」が、近代以前の「後生(ごしょう)」から「天国」に名前が変わっただけのことで、そのような「死を忘れて生活する人間」のタイプの人にとっては、五木氏の言われる「老い」の先にある「死」と「死後の世界」も、別段、論じ合うような問題にはならないのではないかと思った。

つまり、論じ合う「需要」は少ないような気がする。(((^^;)







[PR]
by dande550213 | 2018-05-03 17:48 | 雑感 | Comments(0)

今日、固定資産税と自動車税の納税通知書が届いた。

固定資産税が1.2万円減額になっていて喜んだのもつかの間、自動車税が5千円ほど増税になっていて大蔵大臣はガックリ。(-_-;)

車が「13年超えで15%重課」なのだ!

市民税・府民税は今年はたぶん昨年と同額だろうが、来年、完全年金生活になったら、減額されるのだろうか?

夫が確定申告して、毎年4月にさらに税額を口座から引き落とされているが、こんなことも来年からは無くなるのだろうか?

いずれにせよ、この季節は私の心臓に良くない。

[PR]
by dande550213 | 2018-05-02 17:56 | 雑感 | Comments(0)

自転車が盗まれた?


朝起きて見たら、自転車が無くなっていた。\(◎o◎)/!

1年前に買ったばかりの中古自転車。いつもは1年前の写真のように駐車している。

それが、夫が今朝新聞を取りに行ったら、夫趣味の部品用ボロ自転車はあるが、その横に停めていた乗れる赤い自転車が無くなっているではないか!(-_-;)
f0096508_08312724.jpg
家に自転車を停める時は、もう14年鍵はかけていなかったが、そのためか?

ちなみにお向かいさんやご近所の自転車をこっそり調べてみたら、皆さん、やはり鍵はかけていないが、無くなっていない。
f0096508_08350104.jpg

歳だから、もしかしてどこかに乗り忘れたのだろうかと、2人で昨日の記憶をたどった。

夫が精米のお米10kgを自転車に積んで出かけた。まさか、精米所で自転車に乗って来たのを忘れて、10kgのお米を担いで家に帰ってきたとは考えられない。(-_-;) 夫はその後すぐに出かけて、夜帰宅。

私はふだんから自転車には乗らない主義で、基本、歩ける距離なら、どこへでも歩く。

昨日は農協ATM→郵便局ATM→美容院→銀行ATM→買い物のコースを30分以上歩き回ったので、昨夜のウォーキングは省略したぐらい。(((^^;)

我が家は路地奥にあり、通りすがりでは目にしない場所にある自転車をどうして盗んで?いったのか理解に苦しむが、そういう輩が夜に近辺をウロウロしているのかと思うと、不気味で不安になる。

付属の傘立ても日よけカバーも無くなってしまったから、新しい自転車を購入するとしたら、またこれらも買わなければならない。

今後、片道徒歩30分かかる隣市の図書館通いをどうするか?

ここだけは自転車を使っていたけど、「健康のために今後はここも歩きなさい!」と神様がおっしゃっているのだろうか?(((^^;)




[PR]
by dande550213 | 2018-05-02 08:58 | 雑感 | Comments(0)

大蔵大臣、一息つく


別に几帳面な性格だからというわけではなく、ただ単にエクセルが使えるからという理由で、教会でも家でも大蔵大臣をしている。(((^^;)

先輩に助けて頂きながら、つい先日、教会会計決算報告の準備を終わった。
で、昨日は出張で不在の収入役に代わり、4月収入状況入力の〆をした。

そして、今日は「我が家の預貯金額一覧」と「へそくり」の年度末更新を済ませたばかり。(((^^;)


「退職金が満期になって、それをその後どうしたか?」を中々思い出せなくて、焦った。(-_-;)

その時点ですぐ処理・更新をしないと、もう当時の処理が思い出せなくなるのだから、怖い。

虎の子の退職金が、帳簿上、煙のように消えてしまって、一瞬、血の気が引いた。心臓に悪い。(>_<)

夫は夏に満65歳を迎えるから、老齢基礎年金を受給することができるそうだが、65歳到達前と到達後とでは受け取る年金額にどれぐらいの変化があるのだろう。

来年3月には再雇用も退職だから、我が家はいよいよ年金だけが頼りの生活に突入する。(-_-;)

そして、夫の再退職にあわせて私も仕事を辞めるから、私も無収入になる。

今後の我が家の経済情勢が不安だが、お金よりも健康問題の方が大きい。

できるだけ長く健康年齢を維持して、後10年は自由に動き回りたいのだが、果たして・・・。




[PR]
by dande550213 | 2018-05-01 11:17 | 雑感 | Comments(0)

薬局へ薬をもらいにいこうと玄関を出たら、ハナモモが満開でびっくりした。

えっ、昨日は花咲いてたっけ?(((^^;)
f0096508_14423733.jpg

f0096508_14425130.jpg


急に暖かくなったから、桜も花々も大慌てなのね、今春は。

[PR]
by dande550213 | 2018-03-29 14:46 | 雑感 | Comments(0)