一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

インド旅行:1/6の藤井聡太4段の敗戦


絶対に大橋4段戦に勝って、谷川名人との対局を実現させてねと書いて日本を出国したが、何となく胸騒ぎを感じていた。

1/6には、日本とインドの時差を考えて、対局が終わるであろう時刻に、現地で観光中だったが(((^^;)、そっと対局結果を調べた。

敗戦を知って、思わず「えぇー?!、やっぱりね。。。。(-_-;)」と声を上げてしまったので、同行していた日本語ガイドのプリンスさんが何事かと尋ねてきた。

ネットで検索して将棋の藤井聡太4段が負けたことがわかったので、ショックを受けたのだと答えた。

そうしたら、将棋とは何か?と聞いてきたので、確か古代インドがルーツだという2人で行うボードゲームだと教えてあげて、画像で見せてあげた。

将棋の画像を見ていた彼はしばらく考えて、もしかしたらチャトランガかな?と言った。


2018年最初の対局の敗戦を知った後は、もう観光も上の空になり、こっそり「りんごちゃん」さんの『藤井聡太 2018 飛翔 BGM「魔女旅に出る」』を聴いて慰めようと思ったが、モバイル接続の中国製のタブレットではなぜか再生されなくて、がっくり。(-_-;)

wifiで日本製のスマホから再生させようと思ったら、ホテルのwifiは有料で、またがっくり。(-_-;)



昨日の中田7段戦は勝って良かった。

家事を終えて、ようやく昼前にネット中継を見たら、今までのパターンとは違って藤井4段の持ち時間の消費が少なくてびっくり。
f0096508_11431251.jpg

解説では「研究してきた手のようだ」と言っていたから、彼も大橋戦の敗戦を機に、今までのスタンスを少し変えたのかなと感じた。

タモリとのインタビュー動画の時も思ったが、太ももが太くなっているような気がした。(((^^;)

後ろ髪を引かれるようにして午後からは仕事に出かけ、7時ごろに帰宅したら、終局間際だったが、彼の勝利を見れて良かった。

インタビューの時に斉藤慎太郎7段が部屋に入ってきて、感想戦もずっとそばにいた。さらに、感想戦が終わって、皆が退出し、藤井4段だけになった時にも、斉藤7段は退出しないで座っていたので、藤井4段と声を交わすのかな?と思って、目を凝らしてみていたら、CM場面にかわって、思わず「こらー!」とブーイングした。

昨日の対局は関西であったのだろうか?

将棋世界2月号で、斉藤7段が藤井4段のことをいろいろサポートしてくださっていることを読んでいたので、最後まで居残ってくださった場面が見れて嬉しかった。

[PR]
by dande550213 | 2018-01-12 11:45 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)