一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

切れ目が入っているのに、指で割れない薬


SLEの治療でステロイド剤を服用するようになってから、不眠に悩むようになった。

数年前から「ロヒプロール1㎎」を、年に30回ぐらい服用している。

長期連用すると中止した時の反動が大きい薬だと聞いているので、不眠による体力消耗を避けるために、主に海外旅行時に服用している。

だから、年に28日分の処方をもらっているだけ。

先日の主治医の診察で次年度分の処方をお願いしたら、ジェネリックに変わった。

それは良いのだが、昨夜、効き目は同じかな?と、試し服用しようと薬を取りだし、2つに割ろうとしたら、人力ではどうしても割ることができないので驚いた。

どちらも1錠が2㎎だから、1㎎のときは、薬に入っている切れ目に爪を入れて半分に割って服用する。

f0096508_12153028.jpg
ロヒプノール2㎎


f0096508_12205213.jpg
ジェネリックのフルニトラゼパム2㎎アメル

どちらも同じように薬に切れ目が入っているのに、ジェネリックの薬は、どんなに指に力を入れても半分に割れないのだ!

いったい、どういうこと!!!(-_-;)

「半分に割って服用」も前提にしている薬が、人力では半分に割れないなんて。

しかたがないから、ナイフを探して、薬の切れ目に上から押し当てて、半分に割った。
f0096508_12254816.jpg
指で割ったロヒプノールと、ナイフで割らざるを得なかったフルニトラゼパム2㎎アメルの割れ目



服用するたびにナイフを散りだして、半分に割らなければならないなんて、ジェネリックの製薬会社は、患者の利便、服用実態を考慮した上で製造したのだろうか?と、腹が立っている。




[PR]
by dande550213 | 2017-12-14 12:35 | SLE・健康 | Comments(0)