人気ブログランキング | 話題のタグを見る

卒業証書をいただく

4月の終わりから、勉強し始めた囲碁アプリ「世界で一番やさしい囲碁問題集」、昨日無事全課程を修了した。

40級から始まったコースは25級に昇級して、卒業証書をいただき、\(^o^)/
卒業証書をいただく_f0096508_20545317.jpg


アプリの表紙にも、卒業証書が表示されるようになった。(^_-)-☆
卒業証書をいただく_f0096508_20553727.jpg


アタリ、着手禁止点、死に石、ダメ、危険なナナメ、キズなど、進度に応じた問題の解説を読み、全部で400問解いた最終の問題がこれ。
卒業証書をいただく_f0096508_21010987.jpg
囲碁は、どうなれば終局かがわかりにくい。

将棋と同じように、どちらかが降参した場合は「投了」となるので、そこで終局なのはわかるが、お互いがパスをした場合も「終局」になると言われる。両者でこれ以上陣地を増やしたり、減らしたりできないと判断し、同時にパスすると終局になるそうだ。

上の問題は、終局するには、白には後2手、黒には後1手打てる場所があるので、その場合の「白の最初の1手を打ちなさい」という問題。

答えの盤面はこれだが、この後の整地の仕方をまだ習っていないから、白と黒の互いの陣地が何目になり、結局、どちらが勝ったのか、悲しいかな、私にはわからないのだ。(;´Д`)
卒業証書をいただく_f0096508_21225476.jpg


この終局のわかり難さが、囲碁が将棋に比べると大衆性がない原因ではないだろうか?(?_?)


私が将棋の他に囲碁もアプリで学び始めたのは、1つには囲碁ってどんなゲームなのか知りたかったこと。源氏物語にも登場して、平安時代の昔から、男も女も等しく楽しんだという囲碁を経験せずして、死ぬのはもったいないという気持ちと、もう1つは認知症予防の脳トレのつもりで。(-_-;)


実は、最近、数独にも取り組んでいて、「Hard」レベルを30分ぐらいで解けるようになり、うれしくてたまらない。

眠っていた10年近く前の古いスマホを、1台はゲーム専用機に、もう1台はネット音声再生専用機にして、有効活用している。






# by dande550213 | 2021-06-16 21:33 | 藤井聡太
囲碁の「女流立葵杯」準決勝2局の対局が、今日、福島で行われている
平均年齢18歳の囲碁「女流立葵杯」準決勝_f0096508_16135522.jpg

ベスト4入りを果たしたのは、上野愛咲美女流棋聖(19)、牛栄子3段(22)、加藤千笑2段(19)、仲邑菫2段(12)で、平均年齢は18歳だという。タイトル保持者の藤沢里菜女流立葵杯(22)を加えても18.8歳という若さ。おまけにこの5人は日本棋院所属の全棋士を対象にした今月11日現在の「勝ち星ランキング」で、全員がベスト10に名を連ねているというから、すごいと思う。

囲碁界は、将棋界のように男女が別の制度で運用されておらず、ほとんどの棋戦において女性は男性の棋士と同じ扱いを受ける一方、「立葵杯」のように女性棋士のみが出場できる 女流棋戦 も5棋戦ほど存在するから、男性よりも女性棋士の方が出場できる棋戦の数が多く、必然的に勝ち星も多く拾えるという事情があるにしても、男女が伍して争えているのは最近の女性棋士の活躍の賜物と思う。

囲碁界は、将棋界よりも男女差が無く、若い年齢層が活躍している。
平均年齢18歳の囲碁「女流立葵杯」準決勝_f0096508_16133376.jpg



つい先日、将棋の女流順位戦(白玲戦)の準決勝進出を決める対局があったが、ベスト4に名乗りをあげたのは、加藤圭女流2段(29)、里見香奈女流4冠(29)、西山朋佳女流3冠(25)、渡部愛菜女流3段(27)で、平均年齢は27.5歳になる。

男女差が明確なスポーツ種目の大半は、男女別枠で勝負を競っている。将棋も囲碁も頭脳スポーツと言われるが、囲碁は将棋とは異なり、男女競合で行われているから、女性にとっては長年男性は越えがたい壁だった。

囲碁のプロ制度ができて400年経ち、昨年秋にようやく藤沢里菜女流本因坊(22)がその壁を越えた。男女競合の公式棋戦(若手棋戦の「若鯉戦」)で史上初の女性覇者となったのだ。彼女はその時言った。「壁はない。自分で勝手につくっていた」と。


 「うーん……。難しい問題ですね。女性のほうが囲碁を打つ割合が少ないというのもあるし、男性との体力差の影響もゼロではないと思います。碁盤を前に何時間も打つのは体力勝負のところがあるし。でも最近人間より強いAIが出てきて、AIを研究することで、男性との差はけっこう縮まっていると思います」

ここに、将棋界の女流棋士がもっと強くなるヒントがあるのではないだろうか?

「AIを研究し、活用すること」

聡太くんが3段時代に急激に強くなったのも「AIを研究し、自分に合う形で取り入れた」ことが一因ではないかと言われている。

女流順位戦(白玲戦)の準決勝に進出した加藤圭女流2段以外の3名は、男性棋戦で女流枠がある棋戦に出場しているが、編入試験を受けることのできるほどの成績をあげるには至っていない。

本来ならば、もっと若い野原未蘭女流初段(18)や内山あや女流2級(17)が女流のタイトル戦に登場するぐらいにまで成長してほしいものだと願っているのだが。。。。








# by dande550213 | 2021-06-15 17:52 | 藤井聡太
昨日の順位戦第3戦(VS屋敷伸之9段)で、終盤、聡太くんは自分の読み抜けに気がついた (*会員記事)と報じられていたので、それがどの局面なのか気になっていたら、具体的にどの場面かを説明してくれた記事『鮮やかな23手詰の裏にあった予定変更 藤井聡太二冠がギリギリの方針転換で屋敷伸之九段に勝利!』があがった。

その記事を読むと、屋敷9段が97手目に「6六銀」と上がって聡太くんの「6六馬」を取った局面のようだったので、そこをビデオでもう一度観てみた。


そういえばその局面で、聡太くんや解説棋士が次の指し手と想定している「6七銀打」がAIの候補手に上がっていなくて、解説の中川大輔8段と八代弥7段が「奇妙ですねぇ。6七銀がAIの候補手に出て来ていません。候補手に全く現れないのは怖いですね。何かあるんでしょうか?6七銀は全く普通の手にみえますが・・・」というような話をされていたのを思い出した。その時、2人は「聡太くんが踏み込んだということは、聡太くんの玉には詰みはないということを聡太くんが読み切ったからだと思われるが・・・。」という前提のような話もされていた。

が、その”まさか”だったのだ。

そのまさかに気がついた時の聡太くん。(-_-;)
藤井聡太2冠、読み抜けに気がついた局面_f0096508_21102293.jpg

聡太くんがこの局面で、最初の予定通り「6七銀打」をしていれば、AIの評価値はジェットコースターのように急降下して逆転し、聡太くんが負けていたかもしれないのか。。。

幸いにも、聡太くんはここで約5分使って、寄せ方を変更し、事なきを得た。(^^)

と、これは得た情報を書き連ねただけ。



私が知りたいのは、聡太くんの玉に詰みの変化が生じたのは、それまで盤上で攻めと受けの両方で働いていた「6六馬」を切って捨てたことが原因かということと、「6七銀打」は王手ではなくて、必死(一手空き?)の攻めだから、もし自玉に詰みがあれば、相手に手番を渡すことになるからなのか?ということ。

本当はこういう初歩的なことから、解説で教えてほしいのだが、無理だろうか?(>_<)

ABEMAさんには、マルチアングルではなくて、将棋初心者向け「解説副音声」を希望したい。(((^^;)


感想戦で、自玉の詰み方を教えている聡太くん。屋敷9段自身は、具体的な詰み筋はわかっていなかったようだった。

藤井聡太2冠、読み抜けに気がついた局面_f0096508_21222597.jpg


# by dande550213 | 2021-06-14 21:27 | 藤井聡太
藤井聡太2冠が順位戦でB1組に昇級してから、対局の終局が遅くなった。

B1組から、持ち時間が今までのチェスクロック方式からストップウォッチ方式に変わったため、1分未満の消費時間が切り捨てられることになったので、今までより終局時間が1時間ほど遅くなりがちだという。


昨日の順位戦第3戦(VS屋敷伸之9段)も、朝10時に対局が始まり、
日付が変わる対局は、私には鬼門_f0096508_12375044.jpg


終局したのは、日付が変わった午前40分過ぎだった。(-_-;)
日付が変わる対局は、私には鬼門_f0096508_12375542.jpg


途中、昼食・夕食休憩を各40分ずつ挟んで、延々15時間近くの対局。
日付が変わる対局は、私には鬼門_f0096508_12375315.jpg

ずっとリアルタイムで観戦しているわけではないが、それでも、正直疲れる。(((^^;)

終盤戦の佳境に差し掛かる前、屋敷9段の考慮中に大急ぎで夜のウォーキングに出かけ、30分後帰宅しても、一手も進んでいなかったのでホッとしたり、入浴はスマホと一緒で、その後はベッドの中で横たわってスマホで観戦していただけだが、観ているだけでもグッタリする。

長手数の詰みで聡太くんが勝ち、さあ、これで安心して寝られると思ったら、大阪では雷と稲光が鳴り渡り大雨が降り始めて、眠るどころではなくなった。

風通しのため、細目に開けていた窓を閉めに回っている間に、近くで雷が落ちたような音がした。幸い、この辺では停電にはならなかったが、朝のニュースで停電になった地域のあったことに驚いた。

歳のせいか、日付が変わると寝つきが悪くなって、睡眠不足になりがち。

第2戦の稲葉陽8段戦の時もそうだった。あの時は負けたので、朝まで一睡もできなかったが・・・。(-_-;)

対局中は、一瞬たりとも気を抜けないから、棋士は本当に大変だが、昨日の解説棋士の八代弥7段が「でも、棋士は好きなことをしているのだから・・・」と笑っていたのが印象に残った。







# by dande550213 | 2021-06-14 13:29 | 藤井聡太
今日は、屋敷伸之9段との順位戦第3戦。

タイトル戦との兼ね合いで、一人だけ前倒しで今日対局に変更されている。

一番先にチェックしたことは、聡太くんが散髪したかどうか、だった。(((^^;)
ようやく散髪した藤井聡太2冠_f0096508_17013942.jpg


ようやく散髪した藤井聡太2冠_f0096508_17014248.jpg

棋聖戦5番勝負で、マルチアングル放送が革新的とか宣伝されているけれど、個人的にはABEMAさんにそろそろ気がついてほしいと思っている。

別にマルチアングル放送などする必要はない。

今の大画面+小窓2つのままでいいから、大画面に棋士の対局場面を映し、解説棋士と解説盤面は小窓(今より、少しだけ大きくして)に映してくれたら、観る将は満足だと思うのだれど・・・。(((^^;)

ようやく散髪した藤井聡太2冠_f0096508_17323396.jpg

怒られるかもしれないけれど、解説棋士ばかり大写しで長時間映っているのは悲しい。

解説棋士より、対局している棋士の姿を長時間大写しにしてくれたら、それで良いんだけれどね。



# by dande550213 | 2021-06-13 17:19 | 藤井聡太

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213