一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タグ:旅行 ( 188 ) タグの人気記事



一番最初に異変(珍現象)に驚いたのは、インドに到着した翌日、ニューデリーのロディ ガーデンLodi Gardensを散歩していた時のこと。

夫と別れて一人で遺跡を見ていたら、2人連れの大学生風の男の子がスマホを持って私に近づいてきた。

ああ、私に2人の写真を撮ってほしいのね...と思っていたら、何と私と一緒の写真を撮りたいと言うので、思わず、「ヒェー、私とー!? どうして私と? 私はもう年寄りよ。」と、思わず引いてしまった。(((^^;)

しかし、彼らが「どうしても」というので、2人それぞれと2回写真におさまった。

アジア系の風貌だったので、「どこから来たの?」と尋ねると「インド」と答えたから、インド人だったのだろう。

その翌日のアグラ城やタージ・マハールでも、若い女性たちがスマホを持って一緒に写真を・・・と、私に寄ってくる。

夫も一緒にいるのに、私と写真を撮りたいというのだ。

遠足の小学生や中学生は、私を見て、わぁー!とかキャー!とか、歓声を上げるではないか!

一体、これはどうしたことか?

同行していた日本語ガイドさんに尋ねると、「インド人は観光に行くと、記念に外国人と写真を撮るのが大好きなんですよ」と教えてくれた。

しかし、他のツアーで日本人観光客もいたし、何よりも年寄ってるけどイケメン風の夫もいるのに、どうして私だけがこんなに人気があったのか、今でも謎だ。

車窓から景色を眺めていると、すれ違う路傍や自転車のおっちゃん達が私を見つめ、通り過ぎても振り返り見つめるから、最初は、インド人があまりにも平板なカボチャ顔の私に驚いているのかと思っていた。歓声を上げられなくても、すれ違う時に微笑まれたり、アイコンタクトを受けたりするのも不思議だった。

私は日本でも男性からアイコンタクトを受けたりすることなんて、もう久しく無いよ。(-_-;)

長年、海外旅行しているが、こんな経験は全く初めて。(((^^;)

あまりのモテ振りに、夫が「お前は何かに似ているのではないか?もしかしたら”Drスランプのアラレちゃん”では?」と言い出す始末。
f0096508_10300776.jpg


確かに、私は小太りでおかっぱ頭にメガネをかけているけど、60過ぎたばあさんだよ。(((^^;)

帽子をかぶっても同じで、微笑まれて歓声があがった。


と、まあ、インドでは摩訶不思議な体験をした。

今ごろ、インドのインスタに彫の深いインド美人と一緒に写った私のかぼちゃ顔が出回っているのかと思うと、恥ずかしい。










[PR]
by dande550213 | 2018-01-11 10:27 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

西インド旅行前に、恒例の外務省「たびレジ」登録
f0096508_10534579.jpg
今回は同行者の夫にも外務省からの連絡が届くように追加登録した。




藤井聡太4段の叡王戦対局(12/23)が始まる前に、ニコニコも泣く泣くプレミアム登録を済ませた。(-_-;)

さっそく羽生永世7冠との「第零期 獅子王戦 羽生三冠 vs 藤井四段」の動画を台所で観ながら棚の大掃除。*\(^o^)/*
f0096508_11262934.jpg

月額540円は、本田圭祐選手のオフィシャル会員料金とたいして変わらないから、まあ良しとしよう。

しかし、こうやって、あちこちでだんだん登録料金が発生していきそうな予感。(((^^;)

業界や日本将棋連盟、所属棋士など、藤井聡太4段活躍の経済効果は大きいね。



[PR]
by dande550213 | 2017-12-19 11:00 | 旅行(海外・国内) | Comments(2)

今日の主治医の診察で、西インド旅行(2018年1/4-11)の許可をいただいた。
f0096508_16464107.jpg

GWの茶馬古道行きで利用した旅行代理店の個人旅行で、夫を招待した。
というか、雇ったというか。(((^^;)

旅程はお任せで、まだ下調べはほとんどしていないのを私の深層意識が心配しているのか、昨夜、変な夢をみてしまった。

お任せ旅程表を持って出るのを忘れて、旅先で行き先や宿泊先がわからなくて困っている夢。

自分で調べて旅程を作成しなければ、記憶の中にも残っていないことを思い知らされて、ああ・・やっぱり自分で調べたら良かったと後悔している夢だった。(-_-;)



今年最後のSLE成績表。(((^^;)
f0096508_16554266.jpg
f0096508_17022165.jpg
血圧が主治医の期待値より高くて、7回ほど測り直したのを記録された。(^^;)


一番の変化は、11月のウィルス性胃腸炎の余得なのか、総コレステロール値が200にまで下がったこと。

おかげで、ガッテンのレムナントコレステロール値 が「危険」から「やや危険」に一時的にも改善された。
*(総コレステロールの数値)-(善玉コレステロールの数値) =(non-HDLコレステロール・レムナントコレステロール値)

腎機能も、まあまあ。

ステロイド7㎎/dayで、この冬、静脈血管炎が出なければ、来春からまたステロイド減量に挑戦したい。



[PR]
by dande550213 | 2017-12-11 17:15 | SLE・健康 | Comments(0)

インドビザ申請


来年1/4-10に夫と西インドを旅行するので、今日、観光ビザの申請に堺筋本町にある大阪インド領事館へ行ってきた。
f0096508_14324400.jpg


f0096508_14330398.jpg


私は2012年にツアーでインドへ行った際に自分でビザを申請した経験があるので、今回は夫に2人分の申請書類作成を頼んだ。

以前は「インドビザ申請センター大阪」で受け付けていた。2017年3月からビザ業務はインド大使館と領事館の業務にかわったそうだが、大阪は以前とほとんど同じ場所だった。

オンラインで申請書類に記入して、それをプリントアウトして持ち込むのだが、今回、夫はたいへんだったという。

英語表記だから、何も操作しないで意味を考え込んでいると、システムが変ったのか、サーバーがすぐにタイムアウトして操作できなくなることが頻発するからだという。

おまけに私が以前インドを訪問しているから、その時のビザ番号やら、宿泊先も記入しなければならなかった。

さらに「過去10年間で訪れた国」を記入する欄があり、夫は4か国に計5回だが、私は23か国に計28回海外へ行っている。ブログで作成したリストに最近の4件を加えて夫に渡したら、「国名を全部英語表記にしてくれ。入力時に英語表記を間違えないように調べていたら、タイムアウトするから。」とのお達し。

写真もなかなかうるさいらしいので、家で撮影した。

息子の部屋の壁が白無地だから、そこに椅子と三脚を設置して、反射板を持って撮影会。(-_-;)

おかげで一発受理で、ビザとパスポートを12/8の15:30-16:30以降に受け取りに行けば良いことに相成った。

[PR]
by dande550213 | 2017-12-05 15:06 | 旅行(海外・国内) | Comments(2)

ウイルス性胃腸炎


11/1夕方、上海から帰国して、翌日仕事、翌々日は教会の研修会で明石市へ、土曜日はプロジェクタ入力説明、日曜日は礼拝と役員会と、バタバタと忙しくしていたら、11/7の夜ぐらいから、何となく胃が重たいような感じがして、明け方4時ごろから嘔吐が始まった。

同時に下痢も始まったから食中毒かなと思ったが、同じ食事を食べた夫には症状が出ていないのが不思議だった。

嘔吐して胃の中の物を出してしまえば楽になるのかと思ったが、お茶を飲むとすぐにまた嘔吐する。

朝まで何度もお茶と胃液の嘔吐をくり返して、このままでは脱水症状になると思い、幸い、夫が仕事休み日だったので、車で病院へ運んでもらった。

病院では血液検査をして、「ウイルス性胃腸炎から半脱水状態」ということで、制吐剤を入れた点滴をしてくださった。

主治医からもらっている整腸剤(ミヤBM)を飲んで、他人に感染させないように入浴は一番最後に・・・という注意を受けた。

制吐剤のおかげで、食べられるようになり、水曜日一日休んで、木曜日は仕事に行き、金曜日はまた一日休んで、土曜日は娘と一緒にみさき公園で孫2人のお守り。夜は孫守りに付き合ってくれた娘の慰労で、フランス料理店へ行くも、胃腸が本調子では無いので、ワインも飲まず。

日曜日は教会で、月曜日はまた家籠りという散々な1週間。


SLEでステロイドを飲んでいるために免疫が弱く、家族の中で「私一人だけ下痢と嘔吐」は何回も経験しているが、こんなに長引いて、胃腸がすっきりしないのは初めてだ。

10月に胃と大腸のがん検診を受けて異常なしだったから、歳のせいで治りが遅いだけだろうとは思うが、まあ、上海旅行中に発症しなくて良かったこと。(((^^;)

海外一人旅は体力的にも精神的にもきつくなってきたので、これからは帰国翌日に仕事のような無理はもうできないなと思った。


来年1月4日から10日まで南インドを旅行して帰国翌日が仕事日という旅程をすでに組んでしまっているが、これ、もしかしてヤバイかも・・・と思い始めた。(-_-;)


[PR]
by dande550213 | 2017-11-14 16:07 | SLE・健康 | Comments(0)

昨日、浦東国際空港を15時頃着として、宿に18時までに到着できるか心配になって、いろいろ対策を講じたが、今日、JALのオンラインチェック時にE-チケット控えを見たら、浦東国際空港着は11時45分だった。(((^^;)

それで思い出した。
当初は宿にアーリーチェックインのリクエストを出そうかと迷っていたことを。(((^^;)


ああ、これで一安心。*\(^o^)/*

予定通り、ゆっくりと焦らずに宿に向かうことができるし、その日のうちに30日と31日のバス日帰りツアーの予約にも行けそうだ。

上海博物館は6年ほど前にツアーで「上海・蘇州・無錫」へ行った際に駆け足で観たけど、時間があれば、もう一度ゆっくり観たいと思っている。

[PR]
by dande550213 | 2017-10-26 11:20 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

百度地図のストリートビューで、「上海体育場駅」から宿までの景色を目に焼き付けている。

地下鉄を地上に出たら、こんな景色のはず。
f0096508_21245253.jpg

そこから北へ歩いて、この銀行の角を西へ行く。
f0096508_21443008.jpg


宿の手前の向かい側にローソンがある!助かった!
f0096508_21262387.jpg


道路を挟んだほぼ向かい側に宿がある。
f0096508_21272810.jpg


それと、日本の翻訳アプリ「VoiceTra」をすべての端末に入れて、英語と日本語を簡体中文に翻訳練習。

私の発音を正しく認識してくれるのかを確認。

英語でも日本語でも、名前の翻訳が一番難しいようだ。

英語で音声入力すると「sallyさん」になってしまい、日本語で音声入力すると「百合さん」になってしまう。(^^;)



[PR]
by dande550213 | 2017-10-25 21:42 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

明後日行く上海の宿は、チェックイン日の18:00までにチェックインのない場合、客室の予約がキャンセル扱いになる場合があるので、18:00以降に到着予定の場合は、あらかじめ連絡するように予約サイトに書いてある。

15時に浦東国際空港に着いて、地下鉄を2回乗り換えで上海体育場駅まで順調にいっても1時間半かかる。駅からは徒歩12分だから、2時間はかかる計算になる。

空港から荷物を受け出して、地下鉄駅に向かうまでに1時間はかかるかもしれないので、これだけで3時間。

こりゃ、18時までにチェックインできないかもしれないと、到着予定時間を18:00-19:00と予約サイトを通じて宿に英語でメールしたが、何の返事もない。

連絡を確約したい場合は宿に直接電話するように予約サイトに書いてあるので、国際電話ができるようになったスマホで電話したら、ホテルは中国語の自動音声が流れるだけではないか!

そこで、予約サイトに電話して、その旨告げて、ホテルの対応言語は中国語と英語と書かれていたのに、中国語オンリーでこちらでは対応できない。そちらで確認してほしいと頼んだ。

すぐに電話が帰ってきて、「当日19時まで部屋を確保する旨、ホテル側から返事をもらった。対応の英語はアプリ対応だそうです。それで今まで外国人のチェックインも支障なく行われているそうです。」との返事。(-_-;)


ハンガリー語でしゃべったのをスマホ画面で英語に翻訳して示してくれるGoogle翻訳のアレだ。(-_-;)

しかし、Google翻訳が使えない中国で、一体、どんなアプリなのだろう?

フロントの係員の中国語をアプリで英語に翻訳し、私の英語を中国語に翻訳してやり取りするのだろう。

どうせ、翻訳アプリを使うのなら、中国語と日本語でやり取りできないのだろうか?

それにしても、日没が17時半頃で薄暮時間が1時間ぐらいあるだろうから、やはり何としても明るい18時までに宿に着きたいものだが、もし19時前になれば、宿に行きつけるだろうか?(泣)

懐中電灯の電池を入れ替えて、リュックに入れておかなければ・・・。

トホホ。

先が思いやられるわ~(大泣)





[PR]
by dande550213 | 2017-10-25 17:07 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

上海行きが近づいたので、香港SIMをタブレットに差し込んでみたら、タブレットの言語が「繁體中文(中国香港特別行政区)」に変わってしまった!

インジケーターのマークを見ると、モバイルマークが現れて×表示されていたから、日本国内?の電波を受信していることは確認できたので、あわててSIMを取り外した。

SIMを取り外して再起動したら、日本語にもどるのかと思ったら、「繁體中文(中国香港特別行政区)」のまま。

ディスプレイの表記が全部「繁體中文(中国香港特別行政区)」に変わってしまっているので、「設定」のどこで直せるのかがわからず、焦った。

でも、同じ会社のスマホを持っているので、そちらの「設定」の日本語表記と設定の構造を比べ合わせながら、何とか言語を日本語に戻すことができた。(((^^;)

それにしても、香港SIMを挿入するだけで、言語が「繁體中文(中国香港特別行政区)」に変わるとは知らなかった。

香港SIMは7日間有効だけれど、SIMを入れただけで、データローミングの設定はしていないから、まだ有効期間はカウントされていないよね~(?_?)

※「日本国内では使用できません。電波受信:不可(ローミングエリア外)、データ通信:不可」と書いてある。



[PR]
by dande550213 | 2017-10-23 14:56 | PC・IT | Comments(0)

中国共産党大会も24日で終わり。
心配なのは台風21号の接近で、27日の飛行機発着、大丈夫かな?

上海でぜひ買って帰りたい物は、陝西師範大学出版社の「中国古鎮游」という本。新華書店の旅行本コーナーに行けば、必ずある本だというから、さっそく百度地図で検索して、行き方を登録しておいた。

新华书店の(港汇广场店)が、宿から徒歩15分の地下鉄1号線「徐家匯駅」前にあるようだ。
f0096508_11070847.jpg

中国の古い町は、城壁がある町は「古城」、城壁がない町は「古鎮」と呼ぶそうだ。

古城めぐりや古鎮めぐりは中国でも人気があって、ガイドブックが発売されていると言う。

f0096508_11123807.jpg

もちろん中国語で書かれているから、読めはしないが、眺めているだけで十分、旅の思い出になるから。



[PR]
by dande550213 | 2017-10-19 11:15 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)