一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

30分コース


最近、あまり歩かない生活をしているのがずぅ~と気がかりだった。

歩くのがキライなのではない。出不精なのでもない。もともと出好き。だから、旅行や山歩き、ハイキング、展覧会、コンサートなど、一人でアチコチ出かけていた。しかし、最近は時間が惜しいのと、体調が悪くて出かけるのが不安なのだ。

買い物は、生協で1週間分まとめて注文配送してもらっている。仕事は、重い辞書やテキスト、PCなどを持ち歩くので、自転車で出かける。買い物で足らないものは、仕事や教会の行き帰りに買って帰る。アチコチ病気を抱えているので、週に1回ぐらいの割合で、病院通いをしなければならない。その時に銀行や郵便局での用事を済ませることにしている。そうすると、後出かけるのはコピーを取りに近所のコンビニへ行くときぐらい。それ以外はたいてい家に居て、机に座っている生活。

歳をとって基礎代謝量が減ってきているのに、相変わらずの大食いで、体重が限りなく増えてきた。毎日見ている自分はそんなに太っていないように見えるのに、人様に撮ってもらった写真を見ると、これがホンマに私なん?と思うぐらい、太ってみえる。服で隠せないところで最近太ったのが目立つようになった。「首」。これは困る。

何とかしなければという思いはあるが、生来のモノグサでお篭り生活から抜け出せない。

今日、ポカポカ陽気になったのを機に、思い切ってお歩き30分コースを設定した。

家を出て、恩地川沿いに10分ほど歩いて、柏原で一番美味しいパン屋さん(笑)へパンを買いに行く。帰って、パンを置いて、今度は新聞3部を配りに片道5分。帰ってきて、デジカメを持って、ご近所の紫木蓮の花の写真を撮りに行く。ついでに、家のミニチェリーの写真も。

だいたいこれで約30分。気持ちのいいひとときだった。白いコートをヒラヒラさせて、ICレコーダーを首からぶら下げて音楽聴きながら、あちこちキョロキョロ眺めながら、早足で歩いた。

これから、何とか続けてみたい。30分だけでも。雨が降らない限り毎日。何とか(笑)。
[PR]
# by dande550213 | 2006-04-03 22:41 | 雑感 | Comments(0)

115:8 偶像を造り、それに依り頼む者は/皆、偶像と同じようになる。
115:9 イスラエルよ、主に依り頼め。主は助け、主は盾。
======================================================
主聖句は8~9節。

聖書ではくり返し「偶像崇拝」を戒めている。
偶像とは、「神や仏にかたどって作った、信仰するための像」と辞書には書いてある。

当時、他の地では、自分たちの信仰する神を像にかたどって祭り、それを(象徴として)拝んでいたのに対し、聖書では、像にかたどられるような神は人間の欲望から作られた神で真の神ではないとして、偶像を作ることを禁じ、偶像を崇拝することを禁じてきた。

その時に、「像を作って拝んでいるから=像に頼っている」と簡単にいうことができるのだろうか、その辺がいつもよくわからない。

どの宗教でも恐らく、その宗教で信じる神は目に見えない存在なのではないかと思う。目に見えるならば神にはならないだろう。

しかし、人間にとって「実体の無い、目に見えないもの、こと」を信じるということは心細く不安なものだから、どうしても目に見える「形」とともに、或いは置換えて信じる、ということが起こりがちになると思う。

だから、基本的には「形」は象徴であって、「本質」ではないと思う。

ただ、いつのまにか、象徴としての「形」が「本質」に変わってしまう危険性をはらんでいる。

だから、聖書ではくり返し、くり返し、「像を作ること・像を拝むこと」を禁じているのだと思う。

宗教の世界では、それぞれが「自分たちの信仰する神(神々)」の優越性・絶対性を主張するのは根幹に関わる問題だから当然だと思うが、像の有無が決定的な要素ではないような気がする。

「像を作っているから、像を拝んでいるから」という理由で、「真の神ではない」というなら、カトリックはどうなるのだろうと疑問を感じる私がおかしいのか、いつもここで悩んでしまう。
[PR]
# by dande550213 | 2006-04-03 12:36 | 御言葉 | Comments(0)

メンタルゲーム


某生命保険会社が毎月くれる情報誌に、毎月「ココロの診断 メンタルゲーム」という心理テストが掲載されている。私は毎月かかさずこれにチャレンジしている。不思議によく当たると思っているからだ。

先月は「明るさ」のテストだった。判定は何と「メチャ暗い。周りのことを考えてもう少し明るくしましょう。」で、当たってる~!と納得したものだった(苦笑)。

今月は「思いっきりよく、潔くなすべきことを迷わず決めるあなたの『決断力』をテスト」だった。

判定は、

「即断・即決・即実行、後悔はしたくない前向き型」いろいろあっても、いざとなったら「やる」か「やらないか」ごく明快に考える。自分の直感を信じ、無駄に悩む時間を惜しむ。だから決断は速い。そんなあなたなので「一か八か」の面は否めません。「決断力」というには、今ひとつの思いの深さもほしいところですが、何もしないで後悔するにはイヤ、というのがあなたの素敵なところ。失敗してもめげずにまた頑張れる人です。

身びいきかもしれないが、これも当たっていると思っている(笑)。
[PR]
# by dande550213 | 2006-04-02 21:42 | 雑感 | Comments(0)

114:3 海は見て、逃げ去った。ヨルダンの流れは退いた。
114:4 山々は雄羊のように/丘は群れの羊のように踊った。
======================================================

今日は、詩篇114篇、主聖句は3~4節。
113篇と同じく、過越の祭りで歌われていた詩篇だという。

イスラエルの民がバビロン捕囚から帰還して、はるか昔、同じようにエジプトから脱出(エキソダス)した時の主の数々の奇跡を振り返りながら、このように偉大な力を持っておられる方なのだからこそ
114:7 地よ、身もだえせよ、主なる方の御前に/ヤコブの神の御前に
と訴えている。

エジプトでもバビロンでも、イスラエル人は捕らわれの身で奴隷だった。しかし、暮らそうと思えば暮らせない土地ではなかった。だから、人間的な思いからすれば、敢えて出て行かなければならないというほどではなかった。

しかし、豊かだが異教が支配する地での生活は、神の目からすれば「罪の生活」に他ならず、神の民となるためにはどうしてもそこから出て行くことが必要だったのだという。だからこそ、神は奇跡をもってイスラエルを導き出されたのだということを、世々忘れないように歌い継ぐためにできた歌なのだという。

このイスラエルの神は私たちの神でもあるから、私たちがイスラエルの民のように罪の生活から離れるなら、主はいつも私たちと共にいてくださり、多くの奇跡的なできごとを通して私たちを約束の地に導いてくださることを私は本気で信じているか、と問われている。

なお、主聖句の4節の意味がよくわからなかったが、これは出エジプトでシナイの荒地へ入ったときの主の奇跡であることを今日学んだ。
19:18 シナイ山は全山煙に包まれた。主が火の中を山の上に降られたからである。煙は炉の煙のように立ち上り、山全体が激しく震えた。
[PR]
# by dande550213 | 2006-04-02 14:10 | 御言葉 | Comments(0)

知人から「PCにスパイウェアが入っているみたいだが、何とかしてくれないか?」とヘルプコール。

ホイホイと飛んでいって、PCのスイッチを入れると、インターネット接続画面がしつこく何回も何回も出てくる。(知人はアナログ接続・OSはMe)

Spybotを入れてスキャンすると、一瞬で「おめでとうございます!スパイウェアは検出されませんでした」と表示されて、大笑い。Spybot使って、こんなのは初めて。Spybotでは検出削除できないので、システムの復元で戻せないかと思ったが、いずれも「復元に失敗しました」と表示される。これも私には初めての経験だった。

IEだけを削除して、入れ替えたら何とかなるかと思って、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から探してみたが、OEはあるが、IEはどこにもなかった。もしかしたら、MeではOSに組み込まれて勝手に削除できないようになっているのだろうか。Meはほとんど触ったことがないから、よくわからない。

しかたがないから、リカバリすることになって、マイデータとマイ設定をDドライブに移した。リカバリでCドライブを購入時の状態に戻そうと思ったのだ。

今まで富士通・シャープ・NECのXPマシンとDELLと富士通の98マシンのリカバリをしたことがあったが、ドライブがCとDがあるときは、リカバリするとCだけが消えるので、データをDに移しておけば大丈夫だった。

今日のPCを見るとNECでドライブはCとDがあった。だから、今までどおりDに移しておけば大丈夫と思い、時間に急かされてよく説明書を読まないままに、「標準再セットアップ」を選択した。

作業が進むのを待つ間、パラパラと説明書を見ていると、何と、「標準再セットアップ」だとDドライブも消してしまうと書いてあるではないか!! 「Cドライブだけ」は「カスタムセットアップ」を選択するのだそうだ。。。

しまった!と、泣きそうになったが、もう取り消せない。

ひたすら知人に謝って、マイ設定を手動でして帰ってきたが、マイデータは全部消してしまったことになる。仕事関係のデータはUSBメモリーに入れているから大丈夫、と言ってくれたけれど、もう会わせる顔がない。

PCやっていて、こんな大失敗は初めて。今晩は寝られそうも無い。

ごめんね、ごめんね・・・・
[PR]
# by dande550213 | 2006-04-01 22:43 | PC・IT | Comments(0)