一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

ロビー・ラカトシュの曲に「La Boheme」と「Les deux guitares」がある。

La Boheme Roby Lakatos



Roby LAKATOS, Les deux guitares



これらはどちらも、シャルル・アズナブールの曲をロビー・ラカトシュが "mixed with origenal"でアレンジメントした曲だが、元曲を超えて魅惑的に変身している。

超絶技巧のバイオリニストであるだけでなく、この編曲の才能がロビー・ラカトシュの大きな魅力だと思う。


シャルル・アズナブールといえば、シャンソンだけれど、私たちの世代では名前だけしか聞いたことがない存在。(((^^;)

もちろんこの2つの曲は、ポール・モーリアなどのムード音楽でメロディラインだけは聴いたことがあったが、シャルル・アズナブールの歌で聴いたことはなかった。

1965年の「ラ・ボエーム La Bohème」は、画学生だった男がかつて住んでいたモンマルトルのアトリエを訪れ懐かしむという内容の曲だという。

La Bohème


20歳前の人には知りえない頃の話だが
その頃僕たちが暮らしていた
モンマルトルの部屋の窓辺まで
リラの花が届いていた
僕たちが知り合った
みすぼらしい小さな部屋は
彼女との愛の巣だった
いつも僕は餓えを叫んでいたが
君は裸で絵のモデルになってくれた

ラ・ボエーム、ラボエーム
それは僕たちの幸せの証
ラ・ボエーム、ラボエーム
二日に一度しか食事にありつけなかった
(*歌詞は、http://lapineagile.blog.fc2.com/blog-entry-716.htmlから引用させていただきました。)



一方、1959年の「二つのギター Les deux guitares」 にはロシア民謡のメロディーが散りばめられた曲だという。

Charles Aznavour - Les deux guitares - a l'Opera Garnier 2008 - 79 Faust


ジプシーが二人
真夜中の闇を震わすように
ギターをかき鳴らし続けている
訳も無く想い出の数々が僕に寄せ来て
苦しみであふれそうになる
愚かな僕の青春時代が
彼らの指の動きにつれて甦る

ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
ああ、もう一度、もう一度、もっと、もっと、何度でも
(*歌詞は、http://lapineagile.blog.fc2.com/blog-entry-470.htmlから引用させていただきました)


こうして、元曲を聴き、ポール・モーリア(だったかな?)の編曲を思い出し、ロビー・ラカトシュの「La Boheme」と「Les deux guitares」を聴くと、まったく別の新しい曲に仕上がっている。


[PR]
# by dande550213 | 2017-04-09 18:05 | バイオリン | Comments(0)

四季のメリハリが欲しい


今年は、西日本では桜の開花が変だった。

関東地方よりも遅れて開花し、九州では桜前線が北上ではなく「南下」しているという。

冬の気温が暖か過ぎたので、桜の花芽の休眠打破が起こりにくかったことが原因のようだ。

ここ2、3日の気温も変だ。

一気に夏日だなんて、これじゃ、四季じゃなくて、夏と冬だけの二季みたいだ。

例年4月中旬はまだ灯油を炊くこともあったから・・と、夫が先週今季最後の灯油を買ったら、全然使わなくて困っている。

毛布も外して羽毛布団だけにしているが、昨夜はそれでも暑くて、「ああ・・肌布団に替えておけばよかった」と思いながら、足を出して寝た。

衣服も、早くも衣替えしている。

毛糸類やフリースは洗濯して、カットソーに入れ替えし、下着は、ヒートテックから一気に半袖なんて。(-_-;)

ホントにどうなっているんだこの気候。

冬が暖かくなるのは老化の身にはありがたいが、猛暑・酷暑になるのは困る。

かといって、ダラダラとした四季のない常夏風の気候も味気ない。

気候にも、春・夏・秋・冬というそれなりのメリハリが欲しいのだ!

[PR]
# by dande550213 | 2017-04-09 09:46 | 雑感 | Comments(0)

こんな庭が欲しい


うちには「土」が無い。もちろん「庭」も無い。
猫の額ほどの敷地はコンクリートで覆われている。

ウォーキングしながら、こんな庭が欲しいなあ・・・と
あちこちの庭を覗き込んで、写真をパチリ!

f0096508_20323033.jpg

[PR]
# by dande550213 | 2017-04-08 20:35 | 雑感 | Comments(0)

ルーマニアのマラムレシュという所には、
ロマ人(ジプシー)が少なからず住んでいるという。

ドラゴミレシュティのNicolae Covaci は1921年生まれ。
民俗音楽を演奏する最後のジプシー・フィドラーだと言われている。

ホロコースト前のユダヤ人のミュージシャンとも共演しているので
当時のユダヤ人の曲も演奏することができるそうだ。

この動画が撮影された時、彼は80代前半。

今も存命かどうかはわからないが、
バイオリンはきっと奥さん以上に”生涯の良き伴侶”なのだろう。

胸と左手でバイオリンを支えながら弾いている。

弾こうと思えば、どんなスタイルでも弾けるのだ。(((^^;)


Maramures Fiddling: Nicolae Covaci, Dragomiresti




Jewish Fiddle style from East Maramures, Romania



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-08 18:04 | バイオリン | Comments(0)

思い出したように、ぼちぼちマイペースでバイオリン練習をしている。

昼間は仕事や雑用で練習ができないことが多い。

そこで、”夜”となると、これがまたご近所に気を使う。

上手なバイオリンならBGM代わりにもなるだろうが、何しろギコギコというノコギリ音。

10年ほど前に練習していた時に「やっかましいー!」と怒鳴り込みの電話がかかってきたことがあった。

弾いている本人は室外でどのような音で聴こえるのかは確認の仕様がないから、とにかく部屋を閉め切って練習するしかなかったが、今回は思い切ってミュート(消音器)を購入した。

安いゴム製の中古で180円、送料を入れても500円以下だったので、ダメ元で注文したのが今日届いた。
f0096508_15533647.jpg

櫛みたい。装着するとこうなる。
f0096508_15541081.jpg
音色は変わるが、これなら夜に夢中になって弾いても大丈夫だと確信。

初心者は本当はミュートをつけて練習するのは良くないそうだが、ノコギリ音を卒業したら、できるだけ外して練習したい。

今はまだボウイングが不安定で、弦の上を弓が横滑りすることがある。
手首や肩の関節が硬いのが原因ではないかと思う。

こればっかりは、"年の功"の逆で、悲しいけれど、もうどうしようもない部分。

ピアノを選んでおきゃ、こんな無力感を味わうことも少ないと思うけれど、バイオリンが好きだから、とにかく少しずつでも楽しく続けることに意義があると慰めている。

前は先生の課題についていくのが精いっぱいで、一つ一つ丁寧に練習していなかったような気がするから、新しい発見がいろいろ。

例えば、バイオリンは腕の長い人の方が有利ではないか・・・とか。(((^^;)

私は腕がどちらかというと短い方だから、全弓で弾く時、腕をいっぱいいっぱい伸ばしてもまだ足りなくて、無理をしなければならないような気がする。

後、もう5センチほど腕が長かったらなあ・・・と思ってしまう。

以前は、肩当の左右の高さを自分に合わせて調節できることも知らなかったから、バイオリンが落ちそうでとても弾き辛かったのを思い出して、1人で苦笑している。



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-07 16:13 | バイオリン | Comments(0)