一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

馬耳東風はもう止めて


少し前、中学2年生がコンピュータウィルスを所持、販売して逮捕されたというニュースが流れたことがあった。自分でウィルスをプログラミングしたのではなく、海外サイトから購入したということだった。

このニュースは、今や、コンピュータウィルス事件は、従来のようなハッカー愉快犯の犯罪ではなく、身近な人がお金儲けのためにやるという裾野の広がった犯罪になったことを象徴するニュースだったと思う。

ネットには、通常のブラウザでは閲覧できない「ダーク(闇の)・ウェブ」というのがあって、そこがPC犯罪の温床になっているという。特殊なブラウザをインストールすれば、誰でもその闇の世界へ降りて行けて、匿名であらゆる犯罪道具やソフトを購入できるのだという。

私たちが普段接続しているネット世界は、水面に浮かんだ氷山の氷上の一角に過ぎず、水面下にはそれよりももっともっと大きくて深いダーク・ウェブの暗黒のネット世界があるのだというから、まるで小説のような話だ。

この暗黒の世界が目をつけているのが「ネット犯罪」で、今や間断なく、グローバルに、コンピュータウィルスが私たちの身の回りに送り込まれているという驚くべき時代に変貌した、と警鐘を鳴らすニュースも報じられている。

が、悲しいことに人間というものは「自分だけは絶対にそうならない!」と確信してしまう生き物のようだ。(-_-;)

そんな犯罪に巻き込まれるのは宝くじに当たるような確率だから、自分が宝くじに当たらないのと同じように、自分にはそんなウィルスに遭遇する危険性はない、というのが楽天的な人たちの根拠のようだ。

誰だったか、「無知は罪だ、犯罪だ」と言った人がいたが、ネット世界では言えてると思っている。

警鐘を鳴らし、注意を促すニュースが流れるたびに、たとえ面倒でも、自分のPCやスマホのセキュリティを再確認する必要がありますよ~。IT関連は言葉自体も難解だし、技術も日進月歩で、正直チンプンカンプンでしょうが、ネットで検索すればやさしい言葉で解説してくれているサイトはいくらでもあるので、そういったサイトの記事を参考にして、最低限の防衛策を講じてくださいね~。
それを講じていなくて、あなたが被害を受けるのは自業自得(罪)ですが、同時にあなたのアドレス帳に載っている人々にウィルスを拡散、感染の危険性に晒す行為は犯罪にあたるかもしれませんよ~。

と、お伝えするのだが、馬耳東風の人が多い。

理由は、宝くじ確率論で「自分だけは絶対にそうならないから、大丈夫だよ...」って、言っておいて

私にヘルプコールなんか、かけないでね~。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-12 14:41 | PC・IT | Comments(0)

何だなんだ、これは!

ヒョンビンがゾンビ映画に出演決定?

---------------------------------------------------------------------
f0096508_22433217.jpg

アクションブロックバスター映画「猖獗」が俳優ヒョンビンを主人公に確定し、今年の下半期より撮影に突入する。

「猖獗」は、夜にだけ活動する“夜鬼”の流布を防いで、朝鮮を救うためのイ・チョン(ヒョンビン) の死闘を描いたアクションブロックバスター映画だ。780万人を動員した「共助」のキム・ソンフン監督がヒョンビンと再び呼吸を合わせる。

イ・チョンは王イ・ジョの息子で、ギャンブルと女遊びにたけた朝鮮最高の武功の保持者だ。清の国に人質として捕えられた彼は、王位継承を控えた兄である世子イ・ヨンの頼みを受けて十数年ぶりに朝鮮に戻るが、夜にだけ活動する正体不明の“夜鬼”が荒れ狂う国に向き合うことになる。

「共助」でパンチとスピード度感あふれる、別名“トイレットペーパーアクション”と、カーチェイスなどの難易度の高いアクションを披露したヒョンビンは、「猖獗」を通じてより一層アップグレードされた強烈なアクションと、ふてぶてしいながらも魅力的な一面まで披露する予定だ。

キム・ソンフン監督は「『猖獗』は朝鮮時代宮廷を舞台にした新概念のアクションブロックバスターで“夜鬼”はクリーチャーデザインを通じて独創的なビジュアルと新しいスタイルのアクション娯楽映画を披露するだろう」と話した。
元記事配信日時 : 2017年04月11日11時21分 記者 : クァク・ミョンドン

-------------------------------------------------------------------

まだ「共助」も「クン」も見ていないのに、次作がもう公式発表だなんてうれしいけれど、”お預けくったまま”の宙ぶらりん状態を早く何とかして頂戴な!!(((^^;)



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-11 22:48 | ヒョンビン | Comments(0)

2017/04/11 :金子みすゞ(大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人)生誕114周年
f0096508_10313448.jpg


「わたしと小鳥と鈴と」

わたしが両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。
わたしがからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、
たくさんなうたは知らないよ。
鈴と、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-11 10:31 | PC・IT | Comments(0)

オーディオ聖書(追記)


目で読む聖書と耳で聴く聖書。

どちらも原文は同じなのに、全く趣きが異なることを発見。

「耳で聴く聖書」があったら便利だと、自分でも録音したり、ネットで探したりして、従来から時々利用していた。

機械の合成音声や素人の棒読み朗読の音声は味気なくて、目で読むのとたいして変わりはなかった。

ところが、最近、You tubeのチャンネルGod is Love の聖書朗読動画を知って、その朗読の素晴らしさに感動している。

プロの声優さんか俳優さんの朗読ではないかしら?と思うのだが、目を閉じて朗読を聴いているとありありと情景が浮かんできて、難解だった聖書の中身理解を助けてくれる。

ドラマティックな朗読ではない。
深みのある声、言葉の微妙な抑揚、間の取り方・・・
節度ある朗読だが、聴く人の心の中に無限の世界を描き出すような感じがする。

おまけに、このチャンネルは新改訳聖書の朗読だから、うちの教会の聖書にぴったりなのだ。*\(^o^)/*
(追記:訂正、口語訳や新共同訳なども混在しているようだ。朗読が特にすばらしいのは新改訳を読んでいる人。)

目で読んでいた時には心にも留めなかったフレーズに、気がつかされることもある。

例えば、「伝道者の書」の有名なこの箇所に「抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。」というフレーズがあったことに今まで気がつかなかったような気がする。何回も目で読んでいたのに・・・。

それが今日、耳で聴いていて、ふと、その言葉が心に留まった。
機械的な音声や無表情な音声の朗読ではないから、何か、この部分に暖かい心を感じたからではないだろうか。

3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。
3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
3:3 殺すのに時があり、いやすのに時がある。くずすのに時があり、建てるのに時がある。
3:4 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。
3:5 石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。
3:6 捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
3:7 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
3:8 愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。
3:9 働く者は労苦して何の益を得よう。


この動画をMP3に変換して、携帯プレーヤーやスマホに入れておくと、ネット接続できなくても、いつでもどこでも聖書の好きな章が耳で聴ける。

先週も老人ホームに入所しておられる高齢者の方が洗礼を受けられたが、歳をとると小さな文字でぎっしりと書かれた聖書を読むのはだんだん目がつらく感じられることだろう。

音声ファイルでCD化してあげたら、気軽に聖書に親しめるのではないかと思って、少しずつファイルを収集している。



[PR]
# by dande550213 | 2017-04-10 21:48 | 教会生活 | Comments(0)

今日は、2か月前にステロイドを6.93mg/dayに減量して、初めての診察日。

昨年7月に7.5mg/dayから減量を始めて、少しずつだけれど、休むことなく減量にチャレンジしているので、ちょっと焦りすぎていないかと心配だった。

週平均6.93mg/dayにするために週1で6.5mgを飲む日があって、その翌日の疲労感がひどかったので、万が一も覚悟していたが、1週間前の検査結果が悪くなっていなかったので、主治医のOKが出た。*\(^o^)/*

昨年(7.5mg/day)来の検査結果から見ると、やはり減量を始めてからの検査値は全般的に低空飛行気味。私の副腎ちゃんが眠りこけたままなのかな?(-_-;)

それでも、
・抗ssDNA抗体の#判定(-)、定量値2.1U/mL(基準値 7.0未満)
・血清補体値(CH50)35U/mL(基準値30~45)
だったから、行けることを確信して牧師先生にもお伝えし、いよいよ旅行の荷物の点検などを始めるつもり。


夫は明日から半年間、普段の仕事の他に、休みだった火曜日に一コマ授業を持つことになったから、1年前から始めた「週1・月曜日の夫の食事つくり」も4月からはお休みしてもらうことにした。

この試みで、夫は私とほぼ同類だとわかったから、今後も彼の料理には期待できないことが判明。

次回の診察は「火曜日」に予約して、夫に気兼ねなく"天ブラ・お買いもの”を楽しみたい。

今週から、私も仕事が始まる。

願わくば、出発までに体調を崩しませんように・・・。(^_-)-☆

[PR]
# by dande550213 | 2017-04-10 16:34 | SLE・健康 | Comments(0)