一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

睡眠障害と睡眠薬


がん患者さんのブログを読んでいると、睡眠障害を訴えていらっしゃる記事がよく見うけられる。

精神的なショックからくる睡眠障害ではなく、抗がん剤治療による睡眠障害、特にホルモン療法を受けておられる乳がん患者さんにみられる睡眠障害がステロイドホルモン剤治療を受けている私の症状とよく似ているような気がする。


ステロイド剤を60mg/day服用していた時は全くの「不眠状態」だった。減量するに従って少しずつ眠れるようになってきたが、睡眠が浅く、何度も中途覚醒して、「睡眠障害」を意識するようになった。

眠れずに、眼を閉じてずっと横になっていたはずなのに、妙にその時間が短かく感じられて、あっという間に朝になったようで、もしかしたら、少しは眠っていたのかしら?と迷うような不思議な感覚。

眠った実感がなくて、朝起きた時、疲れが全然とれていないばかりか、疲れが一層増したような感じがするのだ。

若い頃はそれでもまあ、「眠れる日もあるから、その時にぐっすり寝られれば良いから・・・」とあまり気にしなかったけれど、歳を取ると体力的にきつくなり、数年前から睡眠薬を処方してもらうようになった。

睡眠薬(ロヒブノール1㎎)は、どうしても眠らなければならない状況の時だけ、服用している。

睡眠障害で疲れを溜めてはいけない海外旅行時とか、翌日大切な発表などを担当する前夜とか、中途覚醒した後の朝までの時間が長い時など。

睡眠薬を飲んでも爆睡はできない。
飲めば必ず眠れるというわけではないが、ふつうは何とか5時間ぐらいは眠れるようになる。

睡眠薬を飲んだ翌朝は、目が覚めた時にすぐに起き出さないと、二度寝してしまう。

眠気が残り、足下がふらついたり、頭痛がする時もある。また、日中はあくびが多い。

睡眠薬の相性は個人差があるようで、私はレンドルミン、ロゼレムはアウトだった。

亡き父が飲んでいたマイスリー、亡き母が飲んでいたデバスはきちんと試したことがないからわからないが、頼れる睡眠薬が一つあるだけでも、ずいぶん心強いものだ。


[PR]
# by dande550213 | 2017-06-21 13:30 | SLE・健康 | Comments(0)

6/9に私の「地球の歩き方 タイ」を借りに来た娘から、「6/27-7/2のタイ旅行決定。つきましては帰国日の7/2はそちらに泊めていただきたいのですが。」と昨夜、メールが来た。

添付のExcel旅程表をみると、何とタイ国内は飛行機で移動するようだ。
\(◎o◎)/!
6/27 23:55KIX発 エアアジア XJ611(機内食)乗継 
6/28 6:50DMK発 FD3437 ⇒チェンマイへ
6/29 8:25CNX発 FD3438(機内食)⇒バンコクへ
6/30 7:00BKK発 バンコク・エアウェイズ PG211 ⇒スコータイへ
6/30 18:45THS発 バンコク・エアウェイズ PG214 ⇒バンコクへ
7/2 14:15DMK発 エアアジア XJ610(機内食)⇒関空へ

9日に来た時「お母さんはどういうコースを考えていたん?」と尋ねるから「バンコクで入国して、観光しながら鉄道やバスで北上してチェンマイへ行き、そこから飛行機で帰国するというコースだったと思う。」と返事したら、「ふう~ん、じゃ、チェンマイからはバンコク経由で関空?」と、旅行話に時を忘れて花が咲いた。

娘は公務員で、昨年より部署の人員が2名減ったのに補充されないから、有休が全く取れなくて海外旅行へ行けないと嘆いていた。

海外旅行に行けないから、貯金は増えたけど、これじゃ何のために働いているのかわからないとも。

そこで、意を決して「どうか私に3日間だけ有休をとらせてください。休んで皆さんにご負担をおかけする分は他の方が有休をとられた時に私が倍働いてお返ししますから・・・」と上司に直談判にて、やっと6/28-30の3日間の有休を許可してもらったのだと言う。

だから、行きたい国へ行くのではなく、この日程で行ける国へ行くのだという。(-_-;)

わかるよ、その選択。私もそうだから。(((^^;)
胃の一番に行きたい国々や地域へは、いったいいつになったら行けるやら?

そんな娘の海外旅行へ行くための苦労話を夫に話したら、夫曰く「以前、10月にイランかインドへ一緒に行かへん?って誘ってたけど、あの話、どうなったん?」って。(◎o◎)

今ごろになって何やのん!
まさか娘の話聞いて、心変わりしたん?(-_-;)

あの時、ウンともスンとも返事が無いから、やっぱり「2人一度に死ぬのは具合が悪いから一緒に海外旅行へ行くのはよろしくない」のね、と推測して、私はその後、秘かに10月にはJAL国際線特典航空券で「上海近郊古鎮めぐり6日間」を決めましたよ。まだ、あんさんには話していないけどね・・・。(((^^;)

その後、イランがISテロの標的になったから、もう中東でイランは安全だなんて神話は崩れてしまったから、こう夫に返事した。

「ホンマに行けるの?行くの? もし行くんやったら、もうイランはISテロでダメになったから、インドになるよ。10月は私も無理になったから、来年の1/3~10ぐらいになるけど、有休、取れるん? 今年もその日程でマルタへ行けたから、きっと有休、大丈夫よね? 私は10年ほど前にインドの定番コースをツアーで行っているから、今度は南インドへ行きたいんやけど、それでもかまへんのん? ちょうど1月は、インドのベストシーズンやねんけど~。」と。(((^^;)

夫は娘と違って管理職だから、有休なんか何とでもなるのだろう。

私としてもポーター&ガードマン&人間マップの案内人が一緒の旅の方がインドは安心かなあ・・・と、有難く夫の変心を歓迎してしている。

この歳になれば、お金じゃない。

個人旅行という”冒険”は、行ける体力と気力と知力のあるうちが命。

がんや認知症に捉えられたら、即アウトで断念しなければならない。

六十路の老い先は短いんだから、死ぬ時に後悔しないようにね。

[PR]
# by dande550213 | 2017-06-20 14:17 | 旅行 | Comments(0)

1.作者不詳の「チャールダッシュ:ハ短調c-mollとイ短調a-moll」で、c-mollと同じメロディで、イ短調a-mollに転調された曲に「チャールダッシュ 」のあることに触れた。

しかし、「チャールダッシュ a-moll」とタイトルが付けてある曲がすべて「チャールダッシュ c-moll」と表記されている曲の転調かと言えばそうではないようだ。

前記1.の「チャールダッシュ a-moll」とは別の曲の「チャールダッシュ a-moll」があるから面白い。
Csardas a minor



CM Lália - Čardáše A moll


つまり、タイトルの「チャールダッシュ a-moll」は、ただ単にこの曲が「チャールダッシュ」というジャンルの曲で、音階は「a-moll」で演奏される曲だということを示しているに過ぎないから、同じタイトルで様々なバリエーションの曲が存在する。

[PR]
# by dande550213 | 2017-06-20 08:26 | 音楽・美術 | Comments(0)

ハンガリー旅行の交通切符を「ブダペスト乗車7日券 4,950Ft」か、それとも「ブダペストカード72時間 10,900Ft」にするか?で迷っていたが、ようやく「ブダペスト乗車7日券」に決定。(((^^;)

「ブダペストカード72時間 109,00Ft」は有効期間が3日間で、ルカーチ温泉平日3,500Ft、国立美術館1,800Ft、国立博物館1,600Ft、ブダペスト歴史博物館1,500Ft分の入場料金も含んでいるが、ルカーチ温泉には入らないと思うから、私にはあまりお得にはならない。ハイシーズンだから、入場券をGetするのに並ばなくてもよいというのは魅力だけれども、もしかしたら全部行かないかもしれないし・・・。

一方「ブダペスト乗車7日券」は、ホックローへ行く「ヴォラーンバス」にも乗車できるから、こちらを利用することに決定!

この乗車券、自動券売機のどこから選択できるのだろうかと動画を検索していたら、まさにこの乗車券の買い方の動画があって、助かるわ~*\(^o^)/*
*追記:21:28 動画を間違えていたので、差し替えしました。<m(__)m>





f0096508_16561788.jpg
もちろん、私はクレジットカードじゃなくて、現金で購入予定だけど・・・。

自動券売機の使い方についてはこちらの動画が参考になる。



[PR]
# by dande550213 | 2017-06-19 17:05 | 旅行 | Comments(0)

3年ぶりの魚の目


3年前に足の裏に魚の目ができて、その後、外反母趾の治療用のウォーキングシューズを履くようになった

以来、足の裏に魚の目ができなくなり、快適に歩けるようになっていたが、1年ほど前に2代目のウォーキングシューズを買った時にお店で古い方に防水スプレーをかけてもらい、靴ひもを取り換えたら、それ以後、その靴が少しきつくなったような気がした。

が、そのまま古い方をふだん履きにして使っていたら、再び、足の裏に魚の目ができたということは、もう古い方のウォーキングシューズは履かない方がいいのかもしれないな。(((^^;)

取りあえず、3年前の「イボコロリ」を塗って2、3日様子をみて、それでも取れなければ皮膚科で取ってもらおうと思っている。

エッホイ、エッホイと歩く足が頼りの海外一人旅だから、何とか出発までに万全を期したい。((+_+))

[PR]
# by dande550213 | 2017-06-19 15:45 | 旅行 | Comments(0)