一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2017年 06月 ( 54 )   > この月の画像一覧



そうは言ってもGoogle検索は無くてはならないツールなので、ライフハッカー[日本版]から「Googleで欲しい情報を確実に検索するためのテクニック6つ」をファイリング。

  • どの検索ワードが重要かを教えるために、必ず含めて欲しい検索ワードの前には「+(プラス)」を入れ、似ているけれど関係ないページを検索結果に表示してほしくない場合は、見たくない検索ワードの前に「-(マイナス)」を足す。

  • 特定のサイト内で検索したい場合は、検索ワードの後に「site:URL」と入れ、“URL”の部分にそのWebサイトのURLを入れる。

  • 検索結果ページの上部にある「ツール」をクリックし、ドロップダウンメニューから検索結果の期間を限定することができる。かなり最近の情報だけを調べたい時に便利。

  • 検索ワードの後に「filetype:」を入れて、公的に入手できるファイルや資料だけを検索することもできる。

  • Googleの検索結果ページの上部にある「設定」をクリックし、プルダウンメニューから「検索オプション」を選び、検索する時の条件をさらに指定することができる(詳細設定検索)。これを使うと外国にいる時や、他の国の情報を調べるのに便利だとか。

  • Googleのメインの検索ページから、自分個人のアカウント内の検索をすることができる。



[PR]
by dande550213 | 2017-06-30 15:12 | PC・IT | Comments(0)

先日、ユーザーが20億人を超えたと発表されたfacebookも、TwitterもInstagramも利用しないから、アカウントは登録していない。

アカウントを登録しているのはGoogleだけにして、できるだけリスクを減らしているつもり。(((^^;)

しかし、娘にいわせれば、Googleが一番怖くて危ないとも。(-_-;)

先日もGoogleは「無料のメールサービス「Gmail」で表示する広告をパーソナライズするために行ってきたメール内容のスキャンを年内に停止する。」と発表ばかりだが、私はある時からGmailを含むGoogleの各種サービスで表示する広告のパーソナライズを「アカウント情報」で「OFF:無効」に設定し、

f0096508_13432872.jpg


PCやスマホではGoogleにはログイン状態で使用していた。

ログイン状態でなければ、この無効の設定は適用されない?し、何よりもログイン状態だと端末やサービス(例えば You tube)を同期してくれて便利だからだ。

でも、まあ、考えようによっては、この同期も怖いよなあ・・・。(-_-;)

私の接続状態を四六時中監視しているわけだから。


先日も外出先で、受信したGoogleメールの添付エクセルファイルを印刷したいと思ったが、スマホでは教会のプリンターで印刷できないので、PCから印刷しようと思って、何気なく、いつもとは違う教会のアカウントにログインした。

ふだんはGoogle Chromeのあるアカウントにログインして、GoogleHPでG-mailにログインしていた。

が、そのアカウントにはブラウザにGoogle Chromeが無かったので、Firefoxを立ち上げて、そこからGoogleにログインしたら、私の使っているスマホが表示されて、本人確認のため、スマホに表示される画面からログインするように言われ、あわててスマホを取り出して、表示されている画面をタッチして、ようやくGmailにログインできた次第。

その後、家のPCでも、操作したスマホでも「先日、この端末からあなたのアカウントでログインされているが、そうした覚えがあるか?」とメッセージが表示され、正しく対処しないとアカウントがロックされる恐れが生じた。
f0096508_17293480.jpg

セキュリティを厳しくチェックしてくれているのは良いが、私のネット接続状況が全部筒抜けになっているんだなあ・・・と改めて怖くなった。

[PR]
by dande550213 | 2017-06-30 14:17 | PC・IT | Comments(0)

2017/06/30 :「ヴィクトル・ユーゴーを祝福!」
f0096508_11202948.jpg
今日6月30日は、「レ・ミゼラブル」の最終章が1862年の6月30日に発表されたことの記念。

[PR]
by dande550213 | 2017-06-30 11:23 | PC・IT | Comments(0)

仕事先にユニフォームができて、来週から私もユニフォームを着用しなければならなくなった。(((^^;)

私以外は20代の若者ばかりで、1人だけバアちゃんが混じっているのは少々恥ずかしいが、私にもユニフォームが支給されたということは、もしかしたら、まだ必要とされているのかしらと思い、毎年、夏期講習の前には日時の打診を受けるけれど、今年はまだだったので「今夏は夏期講習は担当しなくてもよろしいんですよね?」と聞いてみたら、何と例年とは曜日が変わって、ハンガリー旅行と夏期講習がバッティングするとわかった。

前半部は別の先生が代講してくださることになり、何とか予定通り、ハンガリー旅行へ行けることになったが、今後はたとえ半年前でも構わないから、先に旅行に行く日程を打診してくださいと注意を受けた。(((^^;)

そこで、冬休みにも海外旅行したいので、年明け1月から10日までの期間には冬期講習は入らない旨をさっそく確認して帰ってきた。

仕事があるだけ幸せだとは思っているが、いつまでもあてにされても困るなあ。

旅行の費用も稼がないといけないけど、いつまで海外一人旅ができるやらと老化を焦る気持ちが年々強くなる。

やっぱり旦さんが働いている間は仕事をやめられへんかもしれんなあ・・・。



[PR]
by dande550213 | 2017-06-29 23:07 | 雑感 | Comments(0)

昨日の夕刊の見出し『いずれ「平均への回帰」が起こるのでは』を見て、目を白黒。「平均への回帰」とは何ぞや?(((^^;)
f0096508_10260116.jpg
大人が「14歳で29連勝達成!⇒すわ、天才出現!」と大騒ぎしているのをしり目に、当の14歳の藤井4段のことば。

率直に言って運が良かったです。今は勝敗が偏っている時期で、いずれ「平均への回帰」が起こるのではないかと思っています。

という文脈の中に登場する。

今は運が良くて、平均値以上の結果が続いているけれども、対局を続けていけば、いずれ平均値に近づいてくるだろう。

今は勝率100%になっているけれど、それは運が良かっただけで、幸運と言うものはそう続くものではないから、今後は負ける対局もあり得る。だから、いずれは自分の平均的な勝率に近づいていくだろうから、そんな大騒ぎするほどのことでもない。

と、理解したらいいのだろうか?(((^^;)


この記事で「平均への回帰」ということばを初めて知った。

こういう勝負事の世界では当たり前の概念なのかもしれないが、これを14歳がインタビューで使うということが、先ず驚きだった。

と同時に、周りに左右されない沈着冷静な現状分析こそが、彼の大器の所以ではないかと感じた。

連勝記録単独一位は特別の感慨もあるが、こういう記録というのはいつか破られる種類のもの。それよりも、今は自分にとって通過点に過ぎず、タイトルを取るにはまだ実力的に及ばないが、20歳の頃には、今の自分とは比べものにならないぐらい強くなっていたい、とのこと。

竜王戦トーナメントを互いに勝ち上がって、羽生3冠と挑戦者決定3番勝負を戦うという檜舞台を、にわか将棋ファンのおばちゃんも夢見ている。(((^^;)






[PR]
by dande550213 | 2017-06-28 11:04 | 雑感 | Comments(0)

ようやく教会図書リストの入力が終わった。

残るはDVDやCDなどのメディアリストだが、ちょっと飽きてきたので、今日は教会住所録の入力。

デスクに向かい、You Tubeを立ち上げて今日の「あなたへのおすすめ」から1曲を探す。

ふと目に留まったBachの文字に何気なく再生のボタンを押したら、目と耳が釘付けになった。

The Cello Song - (Bach is back with 7 more cellos) - The Piano Guys


大好きなバッハの無伴奏チェロ組曲の第1番ト長調 BWV1007の前奏曲の部分の演奏だと思うのだけれど、なんと楽し気で、斬新な演奏とカメラワークだこと!

The Piano Guysとはいったい何ぞやと検索してみると、ピアノとチェロによる有名曲や古典曲の演奏をYouTubeに投稿する事で人気を得たアメリカの演奏集団とのこと。

作品のタイトルも意味深。(^^;)
2.1ペポニ(Peponi)
2.2ベートーベンの5つの秘密(Beethoven's 5 Secrets)
2.3チェロ戦争(Cello Wars)
2.4月光(Moonlight)
2.5マイケル、モーツァルトと出会う(Michael Meets Mozart)
2.6チェロの歌(The Cello Song)
2.7ラフマニノフに出会ったロック(Rock meets Rachmaninoff)
2.8功夫ピアノ:チェロの上昇(Kung Fu Piano: Cello Ascends)

You Tubeは1曲聴くと、すぐにそれに関連したミックスリストを作成してくれるから、今日はThe Piano Guys の曲をノンストップで聴きながら、退屈な住所録入力を一日で終えることができた。

You Tubeのホームに「おすすめ」が表示されるのは煩わしいこともあるが、検索では見つけ出せない様々なジャンルの曲を教えてくれるので、偏りがちな私の興味を新たな世界へ向けてくれている。



[PR]
by dande550213 | 2017-06-27 20:37 | 音楽・美術 | Comments(0)

J-COM環境のJohn様

たってのお願いです。

来る7月3日(月)の午後11:00から下記の放送を録画して、CPRM対応デジタル放送録画用のDVD(何枚かお渡しします)に焼いてくだされば一生の恩に着ます。<m(__)m>
f0096508_10022688.jpg

どうか、よろしくお願いします。

【追記】エコ生活を心がけていらっしゃるJohn様、
    ご心労をおかけして申し訳ありませんでした。
    J-COMに問い合わせたら、
    衛星劇場を視聴するには月2,000円の契約が追加で必要とのこと。
    将棋中継を無料でネットで観るようなわけにはいかないのね。(-_-;)

それにしても映画「共助」の日本公開はどうなっているの?
まさか、ないの? (ー_ー)!!

[PR]
by dande550213 | 2017-06-27 10:11 | ヒョンビン | Comments(6)

午後から、インターネット中継で野次馬根性の”ながら観戦”したよ。
f0096508_21285585.jpg
将棋も囲碁も観戦したことはなかったが、観るだけでもずいぶん疲れたから、やってる方の疲労度たるや、想像もつかない。

見始めて、最初は藤井4段が優勢気味だったが、その後、増田4段が優勢気味になり、夕食食べている間にいつの間にか藤井4段が優勢に変わっていたから、驚いた。

将棋は全然わからないけど、藤井4段の精神力・集中力のすごさは素人にも伝わってきた。

藤井4段は時々上目づかいに対戦相手を眺めたり、キョロキョロ辺りを見回したりしていて、そんなところが少し子どもっぽかったかな。

将棋の駒の並べ方がデビューした頃は歪んでいたそうだが、今ではきれいに並べられるようになったというところが初々しい。


さあ、一安心して、これから夜のウォーキングへ~♪





[PR]
by dande550213 | 2017-06-26 21:35 | 雑感 | Comments(0)

昨日の花と犬


自宅のプランターで育てられたという立派な花々を、午後からの永原先生教育講演会のために捧げて活けてくださった。
f0096508_10023433.jpg
美しく咲かせる秘訣は、いつも太陽の日差しを受けられるように、太陽の動きに合わせてプランターを移動させることだとか。

永原先生、お年は40代かと思っていたら、もうすぐ60歳と言われてびっくり。\(◎o◎)/!
私と2歳しか違わないではないか!(-_-;)

きっといつも御言葉の恵みに照らされていらっしゃるだろう。



帰り道、見慣れない犬ちゃんがいた。

一緒にいた子どもに声をかけて、ツーショットを撮らせてもらった。

ふだんは家の中で飼っているのだと言っていた。
立派な毛並だけど、夏は暑いだろうなあ・・・(((^^;)
f0096508_10031158.jpg



[PR]
by dande550213 | 2017-06-26 10:17 | 雑感 | Comments(0)

どういう系図になるのかは知らないけれど、ハンガリーのバイオリニストの「ロビー・ラカトシュ(Roby Lakatos)」と「シャーンドル・ラカトシュ (Sándor Lakatos)」は甥っ子と叔父さんの関係だとか。


その2人のチャールダッシュ

甥っ子の洗練された都会的な新作チャールダッシュ
「Roby Lakatos - Klezmer Czardas」


叔父さんの伝統的なジプシー音楽のチャールダッシュ
「Virtuoso of the Gypsy Music,Csardas (Sándor Lakatos)」





[PR]
by dande550213 | 2017-06-25 20:59 | 音楽・美術 | Comments(0)