一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2016年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧



娘が昨年10/9-19までベネルクスを旅行して、私が行く時のために、その時の資料一式をゆずってくれていた。

彼女の許可をもらって、ガイド本はオランダだけを切り取って和風のカバーをつけた。(((^^;)
f0096508_21424436.jpg


彼女の資料も、オランダだけに選り分けた。
f0096508_21434697.jpg


そして、彼女のエクセルで作った旅程表まで入っていたので、これも参考にさせてもらっている。
f0096508_21451877.jpg


家に居たころの娘とはちがって、ずいぶんマメなので驚いている。

彼女は、4月から部署が移動になって、当分海外旅行ができそうにないと嘆いている。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-29 21:49 | 旅行 | Comments(0)

ギャング映画「THE DEPARTED 」をようやく観た。
f0096508_21344415.jpg


こういうノワール系は苦手で、ジャック・ニコルソンが演じる「コステロ」が怖くて、ヒョンビン「チング」のサンゴン親分を思い出して、凍りつきそうになった。*チングは落ちていくドンスを見ていられなくて、頓挫している。

警察のスパイ(レオナルド・ディカプリオ)とマフィアのスパイ(マット・デイモン)、マフィアの親分(ジャック・ニコルロン)の豪華キャストだが、卑猥な言葉の連発と殺しの場面の連続に、これがアメリカの現実なのかと思うと、もう人間が信じられないような暗い気持ちに落ちこんでしまう。

この映画に何度も現れるこの建物が気になった。
f0096508_21203934.jpg
画像検索してもヒットしないので、これは現実の建物ではないようだ。

この建物を眺めるのはマフィアのスパイ(マット・デイモン)だが、きっと何か意味が込められているのだろうと、気になっている。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-28 21:24 | 映画・ドラマ | Comments(2)

9/19-28(9泊10日間)のオランダ旅行計画

<旅程案1>

9/19(月)関空発18:0018:35→香港着20:5521:35、
9/20(火)香港発00:15→アムステルダム・スキポール空港着06:45
       アムステルダム泊
9/21(水)  アムステルダム泊
9/22(木)  アペルドール泊
9/23(金)  ライデン泊
9/24(土)  デルフト泊デン・バーグ泊
9/25(日)  デン・バーグ泊
9/26(月)  ユトレヒト泊
9/27(火)アムステルダム・スキポール空港発13:10→
9/28(水)香港着06:20、香港発08:00→関空着12:50

航空券はキャセイ・パイフィックで、諸税込68,440円。

交通費は、計算すると全部で€80~90(1万円弱)になったから、娘から譲り受けたOVチップカールトをチャージして使う予定。

オランダ国内の400以上の美術館と博物館などに優先的に入場できるミュージアムカールトが€55。シニア割引は無いのかしらん?(((^^;)

後は、宿泊費と食費かな?

宿は、アムステルダム2泊だけ、とりあえず、予約しておいた。
朝一番にゴッホ美術館へ行けるようにゴッホ美術館から徒歩5分のところで、何と日本語スタッフがいるんだって。

後はボチボチ・・・に。(((^^;)
[PR]
by dande550213 | 2016-06-28 17:18 | 旅行 | Comments(0)

イスラエルの嘆きの壁で行われる「バル・ミツワー」

13歳になったユダヤ教徒の男児の成人式。13歳に達した後の安息日に、トーラー、ハフターラーの一部を朗読したり、朝の礼拝を執り行ったりと様々な作法をする記念の式。特にユダヤ法で決まっているわけではないので、宗派によって異なる。

Bar Mitzvah at the Western Wall in Israel*You Tube Ofir Mazorさんより

まさにパリサイ人の衣装。この動画のユダヤ教徒は超正統派だろうか?
そして彼らは「現在のイスラエルはユダヤ人の祖国ではない」と主張している人々だろうか?

ユダヤ教徒が現在のように子供が成人に達したことを祝う習慣は聖書の時代には存在せず、この儀式はキリスト教徒のなかで多くのユダヤ教徒が暮らすようになった中世以降に、キリスト教の堅信の影響を受けて発達したと考えられている。
*Wikiのバル・ミツワーより
[PR]
by dande550213 | 2016-06-27 22:27 | ユダヤ | Comments(0)

ちょうど20年前の1996年の今ごろ、1枚のチラシが教会の週報ボックスに入っていた。

--------------------------------------------------------------------
ユダヤ人の歴史、ユダヤ教について関心のある方はいらっしゃいませんか?

「ユダヤ人」という言葉を聞いたとき、貴方は先ずどの様な人を連想されるでしょう。シェークスピアの名作「ベニスの商人」に登場するシャイロック、あの強欲な高利貸しでしょうか。それともアンネの日記に記されたように、第二次大戦でナチスの手により虐殺された数百万人の人々でしょうか。或いは社会体制の変革を目指したマルクス。深層心理の世界を探ったフロイト。相対性理論で原子力解放の扉を開いたアインシュタインなど、世界の歴史に大きな足跡を残した人々でしょうか。

創造主は多くの民の中からアブラハムを選び、「地上のすべての民族は貴方によって祝福される。」と仰せられました。旧約聖書はユダヤ人たちに与えられ、預言者を通して「貴方は私の民となり、私は貴方の神となる。私の住まいは貴方たちと共にある。」と語っておられます。そして、イエスはユダヤ人としてお生まれになり、ユダヤ人の王と記されて十字架にかかられたのです。

新約聖書では祭司や律法学者、パリサイ人をイエスに敵対する者として激しく非難しています。彼たちはイエスをローマの提督ピラトに訴え、群衆たちも「十字架につけろ、その血は、私たちや子どもたちの上にかかってもいい。」と叫びました。

しかし、すべてのユダヤ人がイエスを拒んだ訳ではありません。12使徒は全員ユダヤ人であり、パウロも「私は八日目に割礼を受け、イスラエル民族に属し、ベニャミンの分かれの者です。きっすいのへブル人で、律法についてはパリサイ人、」と自己紹介しています。使徒たちはイエスが昇天された後も神殿で語り、パウロは各地のユダヤ人会堂を宣教の拠点としました。

この同じユダヤ人が、どうして或る者はイエスを神を冒涜する罪に定め、他のある者は救い主として受け入れたのでしょうか。「使徒の働き」では、ある時点からキリスト宣教に背を向ける人々を一括して「ヘロデとユダヤ人たち」と呼ぶと同時に、「イエスを受け入れたユダヤ人と異邦人」という表現も用いているのです。こうなるとユダヤ人とは民族名なのか、それともそれぞれ特定の信仰を持つ集団名なのか判らなくなってしまいます。

いずれにしても中世以降、ユダヤ人はキリスト教圏ではイエスを拒んだ罪により祖国を失った忌むべき民族とされ、イスラム圏では啓典の民ではあるが二流の民族と位置付けられて、ナチスは世界制覇を目論む劣悪な人種名としました。

この、神に選ばれ、聖書を与えられ、イエスを産み、敵対し、世界中に離散して尚信仰を保ち続け、再び祖国に帰った不思議な民族ユダヤ人。その信仰と歴史を辿るのも、より聖書に親しむ一つのアプローチではないでしょうか。

「ユダヤ人」に関心をお持ちの方はHまでご連絡ください。共に学び機会を持ちたいと願っています。
----------------------------------------------------------------------

その2年前に、見切り発車で、とりあえず洗礼を受けて、合わなければこの教会からドンズラしようと思っていた不埒者の私を神様がこの学びに導いてくださって、1996年の8月から、月1回の「へブル会」の学びが始まった。

H兄は毎月厳選された資料とレジュメを配って、まるで大学の講義のような学びを2年間続けてくださり、すい臓がんのため、1999年1月27日に天に帰ってしまわれた。

あの頃は、H兄の学識の高さにただただ圧倒され、憧れていただけだったような気がする。当時の資料やレジュメを最近紐解いて、学び直そうとしているのだが、今なら少しは理解できるようになった気がする。

そんな今だからこそ、もう一度H兄から学ぶことができたらどんなに幸せだろうかという想いでいっぱいになって、しばし資料をめくる手が止まる。

1997年2月のレジュメの上に切り取った新聞記事をファイリングしていた。
f0096508_21203549.jpg


白石かずこさんの「今月の詩」というコーナーで、イエフダ・アミハイの「ほとんど愛の歌」という詩。

ほとんど愛の歌
    イエフダ・アミハイ

もしも ぼくの両親やきみの両親が
1936年にイスラエルの地に
向かうことがなかったら
1944年に わたしたちは 出逢っていたと思う
あのアウシュビッツの駅で
ぼくは はたち
きみは 五才の女の児

「どこなの? マーメは
ターテは?」

「なんという名前なの?」
「アタシ ハンナレちゃん」

[注] 東ヨーロッパで迫害されていたユダヤ人社会で用いられていたイーディッシュ語で「マーメ」は「おかあさん」、「ターテ」は「おとうさん」、「ハンナレ」は「ハンナ」の子供同士の呼び名。



今立っている道は、あの頃から引かれていた道の途上だったのか・・・と思い至る。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-27 21:33 | ユダヤ | Comments(0)

今日、スタンドアロンでWin7・Office2007を使う方に、文字入力を教えていて、やっと気がついた。

Office2013をインストールした先月から、私のPCの日本語入力が何となく変だなあ・・・と感じていた原因が・・・。

言語バーを見ると、IMEのマークが前のバージョン?のマークに変わっているではないか。
IMEのバージョンを見ると2009と表示されるから、Win7に入っていたIMEだろうか?

IME2007への切り替えを忘れていたのかもしれないと「地域と言語」から切り替えようと思ったが、IME2007が無くなっている。新しくインストールされると思っていたIME2013もない。あるのはIMEだけだ。

そこで、Office2013をインストールしたのに、どうして新しいIMEが入っていないのかと調べてみたら、何と「Microsoft Office 2013 をインストールしても、Microsoft IME(日本語入力ソフト) はインストールされないので、Microsoft Office IME 2010 をダウンロードしてインストールする必要がある」とのことだった。

知らなかったよ~(((^^;)

そこで、さっそくDLしてインストールしてみたが、単語登録などは空っぽのまま。

IME2007の時のユーザー辞書は「IMJP12」というフォルダに残っているから、登録し直しができるそうなので、それも実行。

ああー、おかげで「IME2007で蓄えた財産」を再び活用できるようになってうれしいよぉ~!(^o^)丿

ネットのみなさん、いつもいろいろお世話になっています。ありがとう!



私が使っているOffice2013はパッケージ版を買って、夫と分け合ったものだが、夫はまだ使っていないのだろうか?変だとは何も言ってこないから。それとも彼はWin7ではなくてWin10にOffice2013を入れたはずだから、バックアップを取っておいたユーザー辞書を戻しておいたのだろうか?


昨日も私が「Excel2013は、なぜかブックを複数開いて並べて表示できないから、リンクの貼り直しが不便だ。これだったら、前のExcel2007のほうが使いやすいわ。」と言ったら、「ふ~ん」と生返事して「僕はまだ古い2007のほうを使っているから、わからんなあ・・・」とおっしゃる。


コラー、誰やったん!

Office2007は来年の10月までネット接続でも使えるのに、一刻も早くOffice2013に切り替えなあかんから・・・ゆうて、私にOffice2013の購入を持ちかけてきたんわ!

VistaPCも来年4月まで使えるのに、早く買い換えなあかん、ゆうてWin10PC に買い換えたのに、まだ使っていないみたい・・・。(-_-;)

そんなんやったら、別に急いで買わんでも良かったんとちゃうのん?<(`^´)>
[PR]
by dande550213 | 2016-06-25 17:26 | PC・IT | Comments(0)

今日のお昼過ぎには住民投票の結果がわかるというので、ニュースを待ちかねていた。

朝のニュースでは「ほぼ残留で確実だろう」ということで、ユーロがさっそく120円台に戻っていて、夫と笑い合い、ほっとしたものだったが、実は私はUKの国民は離脱を選択するのではないかとずっと危惧していた。

だから、この歴史的瞬間にご夫婦の銀婚式旅行でイギリスに滞在されている方のブログに昨日、「私はLeave(離脱)ではないかと危惧しています。」と珍しくコメントを書き込んでいた。

どの愛読ブログでも、普段はROMオンリーでコメントを入れることはないが、その方の予想は「まぁ結局残留するに決まってる」と書かれていたので、つい・・・。(((^_^;)


昨日のロンドン周辺では大雨が降ったそうで、これが投票率にどう影響したか・・・とも、昨夜のニュースでは報じられていたが、ここ数年の欧州で起こっている政治や思想の唸りをトレースすれば、UKのEU離脱の可能性は歴史的に十分予測できることだと思う。

この住民投票の結果はイギリスだけに留まらず、EU加盟国に波及する恐れがあるから、明らかに住民投票を約束したキャメロン首相の歴史的な政治判断ミスだと思う。更なる欧州の混乱が始まりそうな予感がする。それにしても、この投票前のエリザベス女王のコメントも何だか意味深だった。


池上氏と佐藤氏の2015年の対談本「大世界史」(文春新書)で、佐藤氏がこう述べている。

おそらく、われわれは、今、そうとは知らずに、まだ名づけられない「新しい時代」を生きているのです。
たとえば、20年後、30年後に今の時代を振り返った時、「ここが世界史の転換点だった」と思うのではないでしょうか。実は、1989年の「ベルリンの壁崩壊」に匹敵するような大転換期だったのだ、と。

大世界史の視点にたって「世界の今」を捉えることが必要だ、というご意見に私も同感しつつ、この変化をどこまで見届けることができるか・・・私の年齢を考えると、残された時が短いのが残念。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-24 14:15 | 雑感 | Comments(4)

一昨日は、洗濯機に風呂の残り湯を入れるポンプの寿命が尽きたので、新しいのに付け替えた。

洗濯機本体についていた残り湯ポンプはとっくにイカレているが、洗濯機自体はベルトの修理を一度しただけで、もう20年近く動いている。

昨日は、騙し騙し使っていた電子レンジがついに全く使えなくなった。これは2代目電子レンジだったが、12年前に購入した商品だから、本来なら、まだまだ使えるはずだった。購入して比較的早くに「レンジ」ボタンの「オン」が気まぐれになり、彼がストを起こした時は「温め」ボタンで代用していた。

それが数日前から「レンジ」ボタンがストではなく全く使えなくなり、昨日は他のボタンも次第に変になり、やがてすべてのボタンが使用不可になった。今では電気コードを差し込んでも、デジタル数字も表示されない。

「解凍」と「温め」だけの単機能電子レンジは日々の生活に欠かせないので、今朝の夫のご託宣を受けて、ネットで注文した。今日中に配送される予定。

我が家は夫が修理マニアなので、夫の修理可能かどうかの見立てを経た上でなければ、新製品は購入できないという暗黙の了解があるからだ。(ーー;)

マイコン制御の製品以外はたいてい時間がかかるが、修理してくれるので助かっている。

修理に使う古い部品が大好きで、自転車やPCや電気製品などの部品やコード、ケーブル類などいろいろ保持していて、玄関横がそれらで雑然としている。(ーー;)

今後、いろんな家電がいっせいに寿命期を迎えるだろう。

物入りなことだが、ネット注文で家庭まで配送してくれる便利な世の中になったのは有難いことだ。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-24 10:01 | 雑感 | Comments(0)

Googleロゴコレクション350


2016/06/24 :ファン・マヌエル・ファンジオ(アルゼンチンのレーシングカー・ドライバー、F1において5回のワールドチャンピオンに輝いている)生誕105周年
f0096508_8272640.jpg

[PR]
by dande550213 | 2016-06-24 08:27 | PC・IT | Comments(0)

道を歩くたびが好きなのに、外反母趾になって歩くのが困難になって以来、専門医指定のウォーキングシューズを愛用している。

2年前に専用の足底板を作って、ウォーキングシューズにセットして、おかげでまた歩けるようになった。

しかし、毎日履いて2年目ともなると、さすがに傷んできた。

夫に開きかけたゴムの接着部分を瞬間接着剤で貼り合わせてもらったり、内側の破れかけた布地を繕ったりしてきたが、経年劣化でもうそろそろ2代目に登場してもらうほうが良さそうだ。

2代目はすでに5月末に購入してあったので、今日から足慣らしのためにこちらも履くことにした。

新品だが、1代目の時と違って、足に窮屈感がないのは、この2年間で私の足幅が本来の足幅に修正されてきたということだろうか。

足底板は靴代より高いので、古いのを使っているが、これも永久に使えるわけではないから、また専門医の所へ行って作らなければならないだろうなあ・・・。
[PR]
by dande550213 | 2016-06-23 10:26 | 雑感 | Comments(0)