一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2015年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧



春休みの旅行の計画(13泊14日間)、テロ事件があって迷ったけれど、行くことに決めた。

航空券・鉄道乗車券・ホテル、すべて予約済み、発券済み

2015/03/20(金):カタール航空 関空22:40発
2015/03/21(土):ドーハ04:45着、 ドーハ08:25発⇒ミラノ/マルペンサ空港13:05着 
                                              (ミラノ泊)
2015/03/22(日):本田圭佑応援ミラン ミラノ中央16:05発⇒ジェノバ17:44着 
                                              (ジェノバ泊)
2015/03/23(月):ジェノバ09:01発⇒ニース乗り換え⇒
              マルセイユ・サン・シャレル16:59着       (マルセイユ泊)
2015/03/24(火):マルセイユ11:50発⇒アルル12:40着 (アルル泊)
2015/03/25(水):アルル14:57発⇒カルカッソンヌ17:26着 (カルカッソンヌ泊)
2015/03/26(木):一日カルカッソンヌ (カルカッソンヌ泊)
2015/03/27(金):カルカッソンヌ10:33発⇒ニーム12:30着 (ニーム泊)
2015/03/28(土):ニーム16:50発⇒アビニヨン中央17:21着 (アビニヨン泊)
2015/03/29(日):一日アビニヨン (アビニヨン泊)
2015/03/30(月):アビニヨン08:30発⇒オランジュ09:00途中下車⇒
             オランジュ14:37発⇒リヨン・パール・デュー16:40着 (リヨン泊)
2015/03/31(火):一日リヨン (リヨン泊)
2015/04/01(水):リヨン10:38発⇒ジュネーブ中央12:27着、
             13:38発⇒ジュネーブ空港駅13:55着
             ジュネーブ空港16:00発⇒ドーハ23:20着、
2015/04/02(木):ドーハ01:35発⇒関空17:25着

航空券全諸費用込みで94,840円、鉄道乗車券40,0005,0000円、ホテル代80,00085,000円
予算:全費用2829万円 のケチケチ旅行

スイスや(東)ドイツと違って、一人でフランスを鉄道で周るのは不安。以前パリへ行った時も鉄道の駅で苦労したから。正直、今回は無事帰って来られるだろうか・・と、恐い気持ちでいっぱい。

夫には、いつも出かける1ヶ月前には伝えるのに、今回はまだ言いかねている。

私の心に迷いがあるのだ。

本ちゃんの言うように、しっかりと準備するしかない。
[PR]
by dande550213 | 2015-02-27 21:33 | 旅行 | Comments(0)

「死ぬまでにしたい10のこと」という映画があるが、私が死ぬまでにもう一度観たいと思っていた映画は「モリエール」だった。そして、死ぬまでにもう一度観たいと思っていたテレビドラマは「タイムトンネル」だった。

映画「モリエール」は、20代の頃観た映画で、アチコチ探して、2010年10月にドイツのアマゾンから購入した。

テレビドラマ「タイムトンネル」は、私が中学1年生ぐらいの時に観たアメリカのSFドラマ。科学者が過去と未来を彷徨う放浪者になるという設定で、毎回世界各地の歴史の舞台に立ちあうドラマ。

今でもよく思い出すのは、タイタニック号沈没、トロイの木馬、フランス革命、ノルマンディー上陸作戦、ロビンフッドの活躍、ジェリコの城壁が崩れ落ちる、マルコ・ポーロ、アーサー王など。

このドラマが歴史好き・旅行好きになった私の原点だと思う。

子どもも成人して、余裕ができて、観はじめたのが歴史映画・歴史ドラマ。レンタルDVDや購入で、日本で当時観れるものは観たような気がする。このブログにも、2006年頃の記録がある。

海外旅行で世界遺産巡りをするものも、そう。 歴史や異文化に興味があるのだ。

韓国ドラも歴史ドラマばかり観ていた。中国の歴史ドラマは中国サイトへ行って、画面に映る当時の衣食住を眺めるのが好きだった。

ドラマや映画の歴史考証がどの程度正確なものかはわからないが、「タイムトンネル」でその時代へワープできない私は、その時代の香りを嗅げるだけで幸せだった。

その癖が現代ドラマを観ていても、つい出てしまう。言葉や風習、衣食住などを観察してしまうのだ。

それぐらい私に影響を与えた「タイムトンネル」が2014年1月にDVDボックスで発売されたと知ったのは昨日のこと。

すぐに貯めたポイントを使って、「タイム・トンネルDVD COLLECTOR'S BOX Vol.1」の購入を決めた。
f0096508_9411310.jpg


今朝、朝ごはんを食べながら、夫にこの話をした。

「死ぬまでにもう一度観てみたいなあ・・と思う映画とかドラマ、ある?」と聞いたら、「無い」と、つれなくお答えになる。

「タイムトンネル」の話をしたら、「ああ。。そう言えばそんな番組あったなあ。。」というから、夫も観たのだろうに・・・。

ちなみに、夫は歴史関係のお人。

私のDNAは、ここでも「ビンゴ!」と反応していたのだろうか?(大笑)

この歳になれば、生きてきた歳月を振り返って、自分を知るのが楽しい。
[PR]
by dande550213 | 2015-02-27 09:36 | 映画・ドラマ | Comments(0)

今夜は韓国語がわからないと、話の展開が全然わからない。

何だか5年前の事件が明らかにされたような感じがする。

催眠術で操られたロビンがカン博士を殺そうとする場面で、カン博士の「ロビン!」という声でロビンが覚醒し、最後はカン博士も保護され、ロビンは駆けつけたハナと抱き合う。

疲れがたまっているのか、ヒョンビンの頬が少しやつれて、顔に生気がないように感じた。

明日のあらすじサイトを楽しみに、今夜はもうお休みなさい。(笑)
[PR]
by dande550213 | 2015-02-26 23:11 | ヒョンビン:ハジナ | Comments(0)

HAJINAは、ドラマとしての興味より、ヒョンビンを見たいがために見ているような感じになってきた。

ファンタジー&ラブコメ&ヒョンビン御曹司なら、まるで「シークレット・ガーデン」の二番煎じで、柳の下のドジョウ狙いではないか。。。と思うのだ。

このテーマなら、「ファンタジー&ラブコメ」を外して、細かい心理描写に焦点をあてたシンプルなサスペンス仕立てにする方が良いのではないかと思うのだが、どうだろう。

頭の中に思い浮かぶのは「復活」のようなドラマ仕立て。

ソジン、ロビン、ハナの心の葛藤が伝わってこない。まるで絵空事のような感じで、ドラマに入りこめないのがつらい。*もちろん、ドラマに入りこめないのは「せりふがわからないから」も大きい。日本語字幕が付けばもっと引き込まれるのだろうが・・・。(追加:11話あらすじサイト。やはり日本語訳がつくとよくわかる。感謝!)
「ファンタジー&ラブコメ」なので、結末はだいたい予想できるから、大きな興味はヒョンビンの演技だけ。

ドラマ的には、今少しずつ見ている10年前の「アイルランド」の方が引き込まれる。
「アイルランド」は、10年前の作品とは思えないほど新鮮、斬新なドラマだと感じる。

昨年11月に「シークレット・ガーデン」のヒョンビンに「ビンゴ!」とノックアウトされたばかりだから、今は過去から少しずつヒョンビンを遡る作業中。

ちなみに、私のヒョンビン「ビンゴ!」は、ジュウォンのこの場面。
この時、何かがコトリと音を立て、胸がドキッとしたのをよく覚えている。
f0096508_1136573.jpg

f0096508_1137989.jpg

f0096508_11372154.jpg



有名なこの場面では、何回も画面を止めては巻き戻し、横顔を確認して、頭の中に浮かんできたのがギリシア彫刻だったから、この横顔が私のビジュアル理想美だったのか・・・と感じた。
f0096508_11442493.jpg


HAJINAでは、ク常務ではないソジン。
f0096508_12362978.jpg

f0096508_13185518.jpg

f0096508_140191.jpg


私は「シークレット・ガーデン」を見る半年ほど前に「私の名前はキム・サムスン」を見ているのに、ジノンには反応しなかった。そこが人それぞれで、面白いと思っている。

「私の名前はキム・サムスン」を見ている時に、ビジュアル的に反応したのはアメリカ旅行から帰ってきた後のジノンだから、私のDNAに刻まれているビジュアル理想美には一貫性、共通性があると思う。
f0096508_12124326.jpg

こういうタイプのビジュアル美を持った俳優は他にもいると思うのだが、なぜヒョンビンに落ちてしまったのか、そこが知りたいのだ。(笑)
[PR]
by dande550213 | 2015-02-26 12:21 | ヒョンビン:SG | Comments(4)

ハナに「あなたは誰?」と詰め寄られ、ついに秘密を明かしたソジン。

これによって、ロビンは追いつめられる。

ロビンはハナに「ハナが好きなのはロビンだ」と言ったような気がするんだけれど?

ハナもソジンに「私が好きなのはロビンだ」と言ったような気がするんだけれど?

で、それからのソジンが変わる。

氷の眼光が和らぎ、少し目が大きくなる。声も少しソフトになる。ソジンの表情に「愛」の感情が浮かび始める。ロビンが演じたク常務に似ているが、やはり違う。ソジンの変化したク常務。

とにかくこの、ソジン・ク常務がまぶしいほど美しくなっていく変化がすばらしい!

「でこ出しテッパリ」ク常務スタイルはあまり好きじゃなかったけれど、今夜はまさにジュウォン以来2回目の「ビンゴ!」が飛び出しそうだった。

ただただ、うっとり、ク常務を眺めていた。

催眠博士は、ソジンとロビンを戦わせて、人格を破壊しようとしているのだろうか?

ハナを巡って、ソジンとロビンが5年前のように争うのだろうか?

言葉がわからないから、自分勝手に解釈しているが、誘拐事件の時に手を振りほどいたのはもしかしてロビンだったの?

そうだとしたら、ロビンが「兄」に設定されていることの私なりの推理が活きてくるかも・・・とか、思いながら見ていた。

**************************************
追加:あらすじサイトの11話概略
[PR]
by dande550213 | 2015-02-25 23:28 | ヒョンビン:ハジナ | Comments(0)

今、薬局から連絡があって、先ほど(下記)の金額は間違いだと言われた。
2割負担なのを、間違って3割負担で計算していたとのこと。
2割負担で計算し直すと、56日分の薬代は8,450円ぐらい。
しかし、今月はすでに2,800円を診療費に支払っているから、薬代として支払うのは7,200円(10,000円ー2,800円)になるそうだ。
ややこしい制度で、薬局も混乱している。
さらに、6種類の薬をジェネリックに変更すると、検査・受診・薬の調剤の全額で自己負担額の上限を超えない可能性がある、とのこと。
 良かった・・・
************************************************

難病助成制度が変更になってから初めての検査・受診・薬の調剤を済ませた。

昨年後半ぐらいから、薬が56日間分処方されるようになったので、2ヶ月に1回の受診で済むようになった。

今月、検査に1回、その結果を見ての診察に1回、計2回受診した。

受診の際には、特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票という手帳と受給者証を持っていって、必ず記入してもらわなければならないことになった。

自己負担額は2割で、私の場合、既認定者の経過措置が適応され、月額自己負担上限額は1万円。
f0096508_13393059.jpg

今月支払ったSLEに関する医療費は、検査費が2,470円、診察費が330円。

新しい制度から、薬代も自己負担になるし、「協会けんぽ」からも「ジェネリック医薬品を使うと窓口負担額を減らすことができます」という案内が届いている。そこには昨年10月に私に処方された薬のうち、2種類の薬をジェネリック医薬品に変更できる事、それによって薬代の軽減可能額は●●●円ぐらいになります、と書いてあった。

そこで、この2種類以外にジェネリック医薬品に変更できる薬がないかを「日本ジェネリック協会」のHPにある「かんたん差額計算」によって調べてみたら、さらに4種類の薬をジェネリック医薬品に変更できることがわかった。

私に処方されている薬は11種類。これにその時の症状によって、抗生物質が追加されたり、睡眠薬が追加されたりすることがあるが、基本的には11種類。このうちの半分にジェネリック医薬品のあることを確認して、処方箋を出している薬局に連絡した。ジェネリックに変更できる薬は全部変更して欲しいと。

薬局は、「ジェネリックは今在庫がないので注文しなければならない。あなたの場合、薬代だけで月の自己負担上限額を超えているので、ジェネリックに変えても変えなくても負担額は変わらないけれど、どうしますか?」と言われた。

「一体、私の薬代はいくらなんですか?今までの制度では、薬代は徴収されなかったので、自分の薬代がどれぐらいかかっているのか、知らないので、教えてください。」と言ったら、「2割の自己負担で12,670円8,450円です」と言われて、びっくりした。

2ヶ月分だから1ヶ月分に直すと6,335円4,225円。特殊な薬が多いから、この金額はしかたがないのかもしれないけれど、これに今月は診察を受けていないシェーグレンの眼科が加わると、さらに金額が増えるだろう。

最近、薬を長期間出して、できるだけ患者の受診回数を減らそうと先生方がされているのは、この新しい助成制度のせいだったのか・・・と思った。先生方の苦肉の策?

薬局には、「取り敢えず今回はジェネリックへ変更していただかなくても結構ですが、次回からは変更できる薬は変更してください。」とお願いした。

残り8割を「協会けんぽ」が負担してくれているのだと思うと、その額の大きさに申し訳ない気持ちになる。。

健康保険財政の改善に、私なりに協力しなければならないと思う。
[PR]
by dande550213 | 2015-02-25 14:27 | SLE・健康 | Comments(4)

今日は主治医の診察日。例によって、2時間半待ち。

患者待合室にある大きなモニターで、メリル・ストリープとロバート・レッドフォードの「愛と哀しみの果て」を観て待つ。帰るときには、オードリー・ヘップバーンとフレッド・アステアの「パリの恋人」に代わっていた。

昨年12月頃から、部屋に籠って、ヒョンビンばかり見ているから、運動不足で、中性脂肪値がエライ値になっている。

明日からは、ウォーキングを再開しなければ・・・。

しかし、不思議なことに、30年前のSLE発病以来0.65~0.70だったクレアチニンの値が、ここ2、3ヶ月、0.62、0.63 と良くなっている。だから、腎機能値も74%近くあることになる。腎機能値が70%以上に改善されるのは初めて。一体、どういうことか・・・。まさか、運動不足で良くなったとか??

待合室に飾ってあった雛飾り。
f0096508_23381077.jpg

ヒョンビンに夢中で、娘のためにお雛様を飾るのを忘れていたことに気づく。

発病した時、何とか彼女の成人式まで私が生きてほしいと亡き母が願った娘も30歳。

義父母や父母を看送り、後は、彼女が結婚してくれたら、もう思い残すことはないような気がしてくる。
[PR]
by dande550213 | 2015-02-24 23:46 | SLE・健康 | Comments(0)

HAJINAを視聴していて、個人的に興味深かったこと。

それは、「アメリカ」の意にあたる韓国語音声を漢字表記に直すと「美国」になるのだろうと思ったことと、その「美国」を、口頭会話でもまだ普通に使っているのだなあ・・・と感じたこと。


ソジンの父親が、ソジンに向かって「アメリカへ行け」というような場面の韓国語音声や、「シークレット・ガーデン」でキム・ジュウォンの母親が「アメリカと違って、韓国では精神科で治療を受けているだけで問題になる」というような発言での韓国語音声を、Google翻訳で聞くならば、この音声「미국」migug になる。

これを同じくGoogle翻訳で漢字表記に直すと「美国」になるから、韓国語では中国語の「美国」を使っているのだろう、思った。

中国語の「美国」( Mỹ Quốc)は、美利堅合衆國(繁體)または美合衆國の略だと言われる。

日本語に、今では全くと言っていいほど使われなくなった「メリケン」という言葉がある。「メリケン波止場」とか「メリケン粉」とか「メリケンさん」とか、私が若い頃はこういった言葉を聞いたことがあるが、この「メリケン」は恐らく中国語の「美利堅合衆國」から来ているのだろう。ということは、日本でも「アメリカ」の漢字表記に「美国」を使っていた時代があるかもしれない。

日本は、現在では「米国」(べいこく)と表記するが、これは幕末に、漢字の音をまるで万葉仮名のように使って「亜米利加」と表記した略語。今でも、新聞記事など、書き言葉では使われるが、話し言葉ではほとんど使われない。

実際、私は劇中のソジン父やジュウォン母と同世代だが、話し言葉では一度も使ったことがない。「アメリカ」という言葉を使う。もちろん、書き言葉でも。しかし、普段、使わないから、日常生活で時々戸惑うことがある。

例えば、新聞見出しでは「米国」をさらに省略して「米」にすることがあるが、「アメリカが関税撤廃を決議した」の意味で「米関税撤廃を決議」とか書いてあっても、時勢によっては「お米の関税の撤廃を決議した」とも意味がとれうるからだ。

またニュースの国会答弁などを聞いていると、安倍首相は口頭会話でも「アメリカ」と言わずに「米国」と言われる。「米国」は書き言葉ではまだ目にする機会もあるが、口頭会話では一般人の生活では耳にすることのない言葉だから、私のような年代でも「べいこく」「べいこく」と連発されると、戸惑う。これが若い人なら、どうなのだろうと、時々思うことがある。


韓国語を知らないので、韓国では、ソジン父やジュウォン母の世代だけでなく、若い世代も「アメリカ」の意味で、「美国」「미국」migug を普通に使うのだろうかと、ふと思った。
[PR]
by dande550213 | 2015-02-24 13:52 | ヒョンビン:ハジナ | Comments(0)

You Raise Me Up


今日、教会の予算総会で観た動画。

[PR]
by dande550213 | 2015-02-22 17:26 | 教会生活 | Comments(4)

HAJINAを観ていると、「アトリウム」という韓国語音声が聞こえてきて、驚いた。

サーカス団が「アトリウム」を使うなんて、ダメだ。容認できない。
私たちサーカス団がバレンタインデーに「アトリウム」を使えるなんて、私たちがメインイベント?

とか、そういう会話だった。

韓国では「アトリウム」という言葉(外来語)が一般的に使われているのか!?と、驚いたのだ。

「アトリウム」という言葉は、すでにギリシア時代からあったようで、元々は水盤のある中庭を意味していたようだが、ローマ時代には、玄関奥に配置された広間で、大きな天窓があり、その下に雨を受ける水盤が置かれ、床には大理石が敷き詰められ、人々が集まる社交場の役割を果たしていたという。(Wikipedia参照)

年末年始に行ったポンペイ遺跡のファウノの家の「アトリウム」
f0096508_12163041.jpg

ここを復元すると、こうなる。
f0096508_12173192.jpg


「アトリウム」は日本語では「中庭」と訳されることが多いが、「中庭」は屋根がない空間で、「アトリウム」は屋根があるのが原則。だから、「柱廊玄関」の方がより適切かもしれない。
*ポンペイ遺跡の解説書では、中庭と柱廊玄関という語で、使い分けている。

いずれにせよ、原義は、屋根があって光が差し込む建物内部の開放的な空間で、お客をもてなすときの重要な空間を意味する。

HAJINAドラマの「ワンダーランドのアトリウム」は、それがどんな空間かは韓国語では「アトリウム」という語を使っていることで具体的にイメージできるが、日本語では「アトリウム」という語は一般的ではない。

果たして日本語ではこの場所を何と呼んでいるのか、気になった。

「エントランスホール」だろうか?
[PR]
by dande550213 | 2015-02-21 12:45 | ヒョンビン:ハジナ | Comments(0)