一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧



旅ステーションという小さな旅行代理店で、ジャーマンレイルパス2等・大人10日間(1ヶ月間)の25%割引価格を申し込み、今日、配達されてきた。

送料無料で¥36,500は、最安値ではないかと思う。7/31までの特別価格で、ジャーマンレイルパスの路線図やブックレット、メッシュキットケースなどのおまけがつくことは注文時にわかっていたが、日本国憲法9条を9ヶ国語で印刷したクリアファイルが同封されていて、驚いた。
f0096508_1824221.jpg

9ヶ国語とは、日本語、英語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、アラビア語だった。

この会社のウェブサイトのサイドメニューに「旅de9条の会」というのがあるから、「9条の会」の旅行業界版に加入されているのだろうと思っていたが、「ヨーロッパ鉄道パスをご購入していただいた方に、1人1枚プレゼントしていますので、ご旅行の際にぜひお持ちください。」と書き添えてあった。

9条の会が発足して確か今年は10周年になると思う。発足当時から知っているし、当地の関係者の方から案内チラシをよく頂くが、一度も交流会や学習会には参加したことがない。

若い頃は政治活動もしていたが、最近は全くの傍観者になり果てている。ある種の無力感に襲われて、いつしか、そういった運動にはもう関わりたくないと思い始めて10数年が過ぎる。

この10年で、世の中は大きく変わり、世界は加速度的に破滅に向かって突き進んでいるように思える。

子どもや孫たちの時代は一体どうなるだろう...と、頭で心配しているだけで行動を起こそうともしない身勝手な自分を思い起こさせた憲法9条のクリアファイル。
[PR]
by dande550213 | 2014-07-31 18:32 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

足の具合もだいぶ良くなってきたので、昨日、足の治療医に、8月19日から31日まで”歩きまわる海外旅行”に出かけても大丈夫か?と尋ね、OKの許可をいただいた。ただし、あのウォーキングシューズを履いて・・・というのが、辛いところだが、行けるだけマシと思っている。

何しろ、夫から「足を何とかせな、行くのはアカンで!ドイツで足が痛くなっても、こちらは仕事があるから、おいそれとは迎えに行かれへんからな!」と念押しされていたから、ここ3週間ほど、治療に必死だった。(^-^;)

昨日、予約していた航空券の決済を済ませたので、後は8月に入ったら、ジャーマンレイルパス25%OFFキャンペーン価格を申し込んで、予約しておいたホテルにリコンファームのメールを送って、少しずつ荷づくりを始めようと思っている。

ミュンヘンからベルリンへ世界遺産を巡るローカル鉄道の旅(2014年8/19-31 12泊13日)

これが今夏の旅のテーマ。

娘は結局、同僚に声をかけて、日程の調整がうまくいかなくなり、まだドイツへ行けるかどうか、わからないそう。(^-^;)

友や家族と一緒に行く旅も楽しいが、互いに仕事を持っている場合、旅行の日程の調整が難しくて結局はお流れになってしまうことが多い。だから、本当に行きたいなら、一人で行く計画を立てないとダメだと私は思っている。

娘はまだ若いから、これから何度でも海外旅行へ出かけることができるだろうが、還暦を目の前にした私はもう先が見えている。足腰が動き、SLEと膀胱炎の病状が安定している間に、例え一人旅になってもいいから、悔いの残らないように出かけておきたいと思っている。

実は、この計画は母が他界して1ヶ月後に立てた。その時は、仕事先の小学生のクラス数も減っているので、私がたぶん今夏の夏期講習は担当しなくてもよいだろう・・・と勝手に推測して、夏休みでも航空券の値段が安くなる8月後半で予約しておいたら、7月に入って、今年も夏期講習を担当してほしいと言われて慌てた。

昨年の夏休みは、夏期講習前期が終わった翌日に出発して、お盆に帰国したから、仕事先には何の迷惑もかけなかったが、やはり8月前半出発の航空券は高くて、チューリッヒ・ジュネーブ航空券がすべて込みで一人16万6080円もかかった。8月後半出発のミュンヘン・ベルリン航空券は11万8260円だったから、予約した時点で、確信犯でもあった。(^-^;)

結局、お盆前までの前期だけならOKです、と返事して、後期は別の先生にお願いした。こんな私は我儘だろうか?

その代わり、その先生の代わりに夏期講習後期分のテキスト4種類も作成したので、何とかこれで勘弁してほしい。本当に勝手ばかりして、ごめんなさい。
[PR]
by dande550213 | 2014-07-27 09:11 | 旅行(海外・国内) | Comments(2)

右足が外反母趾になったのと同時に、首右側~右肩がひどいコリで痛くなり、夜も痛みで目が覚めるようになっていた。

昨年秋の歯の治療以来、右顎にも時々鈍痛のようなものを感じていたので、右首~右肩にかけてのコリは歯から来ているのではないかと思って、歯医者さんで診てもらった。すると、歯には異常はないが、顎関節症になっていると言われた。恐らく、外反母趾をはじめとして、身体全体の歪みが原因ではないかとも。とりあえず、ロキソニンを3日間服用して、先ずは身体を休めてやるように・・・と。確かに、ロキソニンを飲むと、痛みは少し軽減したが、3日間が終わると、元の木阿弥。また、首右側~右肩にかけて激しい痛みが襲うのだ。

外反母趾を治療していただいている研究所でも同じことを言われて、足底板のチェックをしながら、1週間に1回、整体に通うことを勧められた。

この靴に、私の足に合わせて足底板を作って入れ、毎日30分~40分ほど歩くのが治療法。
f0096508_1759386.jpg
f0096508_17594963.jpg


もちろん、骨盤を引き締めるために尻部に”晒し”も巻いている。(^-^;)

”この靴を履いて歩くだけ”治療を始めて3週間になるが、不思議なことに、首右側~右肩にかけてのひどいコリからの痛みも少しずつ和らぎ、右尻部のひどいコリや腰痛もほとんど感じないように改善されてきた。

まだ右足裏に胼胝はあるが、この靴を履いていると、足裏の異常感を全く感じないので、再び自由に歩けるようになった幸せをかみしめている。先生の話では、足裏の胼胝もいずれ無くなるだろう、とのこと。

先生お勧めのこの本、私も買って読んだ。「外反母趾はカカトの病気」と言われる。「過剰回内と代償行為による身体の歪み」で、私の身体が悲鳴を上げていたことがよく理解できた。
f0096508_18273059.jpg

[PR]
by dande550213 | 2014-07-26 18:29 | SLE・健康 | Comments(2)

外反母趾と足裏の胼胝の治療で通っている研究所の先生のお勧めで、7/4に四ツ橋にあるシューズショップへ行った。

10人ぐらいのお客さんが、すでに店の前で開店(11時)を待って並んでいて、ビックリ。

「ここのシューフィッターさんに足のサイズを測ってもらって、シューフィッターさんが勧めてくれるウォーキングシューズを買い、それを持ってきて、私の足に合わせた足底板を作り、それをこのウォーキングシューズに入れて歩く練習をすること」

これが前日、先生の診察を受けた時の治療方針だった。


私がこの先生の治療方針に納得したのは、「外反母趾は靴にだけ原因があるのではない。外反母趾になりやすい足の構造があって、それは遺伝しやすい性質を持っているからだ」と説明されている点だ。

というのは、数年前、奈良に住んでいる娘がこんなことを私に言ったことがあったからだ。

お母さん、私って、裸足保育で育ったから、子どもの頃から土踏まずのアーチが盛り上がってきれいだ、って言われていたよね~。(そうだよ。お母さんも覚えているし、あなたのきれいな土踏まずのアーチが自慢だったよ。)ところが最近足が痛いので、整形外科で診てもらったら、「隠れ偏平足」やって言われてん。「隠れ偏平足」言うのは、座って足を床に着けていないときは、土踏まずがきれいにあるけれど、足を床に着けて体重を乗せると土踏まずのアーチがつぶれて偏平足と同じになるんやって。それで、今、私の足は、足の小趾が内側に曲がる「内反小趾」になってるそうや。


娘がこう話した時は、ふぅーん?と他人事のように思っていたが、自分がいざ外反母趾になってみて、はじめて「これは遺伝だ!」と感じたのだ。

それまでは、私の足が外反母趾になったのは、私の大足に合う靴がなかなかなくて、いつも無理してきつい靴を履いていたから、なったのだとばかり思っていた。娘の足は私のような大足ではなくて23センチの普通サイズ。靴には何の苦労もなかったはず。その彼女がその若さで「内反小趾」になるなんて、これはおかしい。靴の問題ではなく、足の骨格の構造の問題ではないかと直感した。

それを裏付けたのが、シューフィッターさんのお勧め靴サイズ。私は何と4EではなくDサイズを勧められたのだ。

つまり、私も「隠れ偏平足」で足が床につくと、土踏まずがつぶれて足長と足囲がぐいっと広がるので、それを土踏まずがつぶれないものと補正したサイズは「足長24センチ・足囲D」となるのだそうだ。だから、購入したウォーキングシューズは足長は24.5センチだが、それに足底板を入れて歩いているうちに、靴の足長は24センチでOKになるだろうと言われた。実際、革のウォーキングシューズでは24センチでOKだった。


私は生まれてこのかた、ずぅ~とバカの大足だとばかり思っていたが、土踏まずさえつぶれなければ、本当は「足長24センチ・足囲D」の普通サイズの足だったのだ!!! くやしい!!!


ちなみに、着地したときに土踏まずがつぶれてしまうのは、踵に問題があるそうだ。

さらに、遺伝性の関連でいえば、父は晩年、介護で父の足を触っていた時も、きれいな盛り上がった土踏まずがあったのを覚えている。が、母は昔から完全な偏平足だったのを思い出した。(^-^;)

母は、私が子どもの頃からよく足がダルイと言っていたので、私は母の足裏に乗って、母の足をもんであげていた。その時に、子ども心に「母の足って、赤ちゃんの足みたい」と思った記憶がある。そして、晩年介護で母の足裏をマッサージしてあげた時も昔と同じ足型だったから、母は偏平足だったと確信している。

また、母の葬儀の時に、私の姪っ子の一人(高3)が私と同じ24.5センチの4Eの大足で、靴を買う時に苦労すると、嘆いていたから、かわいそうに彼女も遺伝だろうと思っている。

※シューフィッターさんに姪っ子の足の話をしたら、たぶん彼女も本当は4Eではないと思う、と言われた。

(この話題、また、つづく)
[PR]
by dande550213 | 2014-07-19 18:16 | SLE・健康 | Comments(0)

いつも画面最上部にあった「ログイン」が表示されなくなって、投稿できなくなり困っていた。

ブログサイトは、「この不具合は現在は修正されている」と言うが、まだ解決していない。

ブログサイトが<お試しください>というキャッシュとクッキーの削除を試みたが、「ログイン」は表示されないまま。

しかたがないので、エキサイトブログトップから、ログインして、やっとこの記事が書けた。(^-^;)


※追記:この後、2つ投稿して、ログアウトしたら、ようやく元にもどりました。
[PR]
by dande550213 | 2014-07-19 16:57 | 雑感 | Comments(0)

工事現場の台風準備


我が家の横と裏の工事現場でも、今日は朝から張り巡らしたシートの上部を開けて台風準備。

f0096508_20153133.jpg

f0096508_20154471.jpg


台風8号よ、どうして直角にコース変更して、日本列島を縦断しようとするのだ!!!
[PR]
by dande550213 | 2014-07-09 20:17 | 雑感 | Comments(0)

2014/07/07 :七夕
f0096508_8265926.jpg

[PR]
by dande550213 | 2014-07-07 08:27 | PC・IT | Comments(0)