一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧



2013/12/31 :よいお年を!
f0096508_8374888.gif

[PR]
by dande550213 | 2013-12-31 08:38 | PC・IT | Comments(0)

2013/12/26 :ハッピーホリディ
f0096508_7252797.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-12-26 07:25 | PC・IT | Comments(0)

娘のお土産のänglaspel
f0096508_2219822.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-12-25 22:19 | 雑感 | Comments(0)

2013/12/25 :Googleより、メリークリスマス!
f0096508_13225372.png

[PR]
by dande550213 | 2013-12-25 13:23 | PC・IT | Comments(0)

2013/12/24 :Happy Holidays Google!
f0096508_1021125.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-12-24 10:21 | PC・IT | Comments(0)

お正月のアテネ行き、夫の快諾を得た。(^-^)

彼は、すでに20年前にギリシア旅行に行っている。

当時の「地球の歩き方 ギリシアとエーゲ海の島々」'93~'94版と
f0096508_23213094.jpg


本の中に挟まれていた「アクロポリス入場券の半券」 通貨は、ドラクマの時代。
f0096508_2323051.jpg



彼も、効率よく、なお且つ安全に遺跡を巡るには、現地ツアーを利用するのが一番だというから、英語ツアーに決定した。

■TK航空券
01/02(木)関空23:30 – イスタンブール05:45@TK047
01/03(金)イスタンブール07:40 – アテネ09:05@TK1845

01/07(火)アテネ21:40 – イスタンブール23:05@TK1344
01/08(水)イスタンブール00:50 – 関空18:45@TK046

燃油サーチャージと諸税込支払い総額:82,950円

■ホテル
Athens Cyoria Hotel 4連泊 €192
シンタグマ駅徒歩5分、1泊:€48(朝食と諸税込み)

■現地ツアー €202
01/04(土) :エピダイロス・ミケーネ1日観光英語ガイド €101
          諸入場料と昼食代込み、滞在ホテルピックアップサービス付き

01/05(日) :デルフィ1日観光英語ガイド €101
          諸入場料と昼食代込み、アラバボ立ち寄り、
          滞在ホテルピックアップサービス付き

今のところ、確定費用は14万円ほど。急速に進む円安で、ユーロ決済が怖い。

しかし、手持ちのユーロの価値は日ごとに上昇していくから、おあいこかな?
[PR]
by dande550213 | 2013-12-22 22:15 | 旅行(海外・国内) | Comments(1)

2013/12/22 :冬至
f0096508_746394.gif

[PR]
by dande550213 | 2013-12-22 07:45 | PC・IT | Comments(0)

今晩、いよいよ夫に話す予定の1/2発のギリシア旅行。

年末のこの忙しい時期に、まだプランニングで迷っている。

ギリシアに滞在できるのは正味5日間。

今回は、アテネとペロポネソス半島のポリス時代のギリシア遺跡を巡りたいと思っている。ビザンティン以降は、また次の機会に・・・と。

ギリシアは鉄道網が整備されていないので、地方へ向かうにはバスを利用するしかないが、本数も少なくて、とても効率よく回れない。また、仮にバスを利用したとしても、こんな風「ミストラに振られた日!」(イギリス在住のYUMMYさんのブログ)になるのがこわい。

イギリス在住16年で、ギリシア旅行3回目の方でもバス利用でこんな経験をされるのだから、英語ダメでギリシア初めての私は、バスで地方へという危ない経験は今回はパス!、と、アテネ発のバスツアーを2つを申し込んだ。

「エピダウロス・ミケーネ1日観光ツアー」と「デルフィ1日観光ツアー」の日本語ガイドツアーを。

ところが、日本語ガイドツアーは4名から成立で、当然のことかもしれないが、私以外に申し込み者がいないようで、ツアーは不成立の可能性が高いという報告を受け、英語ガイドツアーの利用を勧められた。

英語ガイドツアーは、前にもローマでアッピア街道へ行くために利用したら、エライ目にあった苦い経験があるから、もうそれが半分トラウマになっていて、避けたい気持ちがいっぱい。しかし、効率よく遺跡にたどり着くにはしかたがない・・・と申し込んだ。

一人で海外を旅行するのが好きだと言っても、それは外国人との会話はできるだけ最小限の必要不可欠の旅行会話だけに押さえての旅のこと。一人で一緒のバスに1日乗り、昼食も一緒に食べなければならないような外国人と密着の旅行は正直、恐怖以外の何物でもない。

だから、まだ迷っている。やっぱり一人でバスを探して行こうかと・・・。

YUMMYさんのブログには、私が申し込んだ「エピダウロス・ミケーネ1日観光ツアー」の様子も書かれている。

これを読むと、またガックリくる。駆け足で回るから、物足りなく、不満が残り、おまけに昼食がひどかった、とか・・・。

大掃除なんて、どこ吹く風、いつまでも机のPCの前に張り付いて、悩む、悩む。
[PR]
by dande550213 | 2013-12-19 12:27 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

こんな瞬間が好き!


dekobokoミチさんのブログ「紅茶国C村の日々:日本語教師の11年目」の記事を読んでいて、「あっ!確か、ココ、私も行ったよ~!写真も撮ったような記憶が・・・」と、ゴソゴソとピクチャのフォルダを探し出す。

先ず目に留まったのは、dekobokoミチさんのこの写真。ユーストン駅の写真。
f0096508_941649.jpg

私も2013/04/01に、この駅に行った。大英博物館に行った帰りに、ユーストン駅へロンドンパスを買いに行ったのだ。ロンドンパスはパディントン駅で買う予定だったが、ロンドンパスのポスターが掲げてある構内の切符売り場では買えなくて、購入できると教えてくれたところは、EastarとEastar Mondayで2日間Closed。しかたなくネットで調べたら、ユーストン駅でも購入できるようだったから、わざわざ出向いて行ったのだった。

私の撮ったユーストン駅の写真。
f0096508_9513246.jpg


次にdekobokoミチさんのこの写真。
f0096508_9542373.jpg


ここは、私には驚きの場所だった。

ピカデリー広場からホテルのあるパディントンへダブルデッカーに乗って帰る途中、いきなり視界にコロッシアムのような円形の建物が現れて、あわててシャッターを切った。
f0096508_1005945.jpg


その翌日も同じコースでパディントンへ帰る時に、今度は待ち構えて写真を撮った。
f0096508_1024181.jpg

カーブの外側と内側の建物がすばらしい。ここがクリスマスシーズンの今、dekobokoミチさんの写真のように彩られているのか・・・と、懐かしいような思いで眺める。


旅から帰ったあとのこんな喜びが、私をまた旅にかきたてる。
[PR]
by dande550213 | 2013-12-18 10:10 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

日本ユニセフのウェブサイトで、初孫のクリスマスプレゼントを注文し、15日に息子の家に持っていった。

「ぬいぐるみ/アクティビティ・ベアー」と「ミニ・サッカーボール/絆」と「ユニセフ貯金箱」 
f0096508_11183751.jpgf0096508_11185150.jpg











「ぬいぐるみ/アクティビティ・ベアー」は、ボタン、ジッパー・ジャケット、マジックテープ・ポケット、靴ひもやバックルを使って、着脱することで、遊びながら毎日の習慣を覚えられるユニークで可愛いベアー。1歳から。

「ユニセフ貯金箱」は、コロンとしたフォルムが愛らしさ満点のブタの貯金箱。2つのコイン投入口があり、中も2つに仕切られています。1つは自分用に、もう1つはユニセフ募金用に。

そして、「ミニ・サッカーボール/絆」は、W杯サッカーと本ちゃんミランの応援用に!

息子夫婦や孫娘に、世界中の恵まれない子どもたちを忘れないでほしい、という願いを込めて、プレゼントしたつもり。


日本ユニセフのマンスリー・サポート・プログラムに参加して、来年で20年を迎える。
10年目の2004年10月には、記念の盾(紙製)が送られてきた。
f0096508_11365381.jpg

f0096508_11384941.jpg


1994年、私はようやく病の床から立ち上がることができた。そして、自分の夢のために少しずつ働き始めることができるようになった。その時、自分も恵まれない子どもたちの役に立つことができたら・・・と思って、日本ユニセフのマンスリー・サポート・プログラムに参加した。以来、神様は1ヵ月も欠けることなく、私に収入を与え続け、マンスリー・サポート・プログラムを支え続けてくださっている。
[PR]
by dande550213 | 2013-12-17 11:52 | 雑感 | Comments(0)