一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

<   2013年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧



どこの国に

行こうが、

僕がやるべきことは

見えている。

               本 田 圭 祐

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今朝の新聞の広告欄、

いい言葉だなあ・・・と思いながら読み進めると、終わりに名前が!

ことばと文字だけで、圧倒的な存在感。
[PR]
by dande550213 | 2013-07-30 08:41 | 本田圭佑 | Comments(2)

以下は、私の全くの独断と偏見での状況分析。(^-^;)

-------------------------------------------------------------------
今朝までの交渉過程ではっきりわかったことは、次の3点だと思う。

1.CSKAは、本ちゃんを売ってお金を得たい。
2. ミランも本音は何としてでも本チャンを獲得したいが、いかんせん、資金が潤沢ではな
  い。
3. 本ちゃんは、ミランへ夏移籍したい。
  もし、CSKAが夏ミラン移籍を拒否すれば、この夏には、ミラン以外に移籍交渉はせず
  に、冬までまって、タダでCSKAを退団するつもり。


ミランは最初、本ちゃんにあまり興味がない風に「冬移籍でタダで獲得」と言っていたが、それは移籍金を抑えようとするための方便で、冬まで有能なトップ下無しではやっていけないことは重々承知しているから、最初から、多少のお金を払ってでも本ちゃんを取るつもりだったろう。それが交渉の過程でだんだんと表面化してきたのがおもしろい。

CSKAは、最初から、本チャンのミラン移籍希望の意志を尊重すると言って、他のクラブのオファーを蹴って、ミランとの交渉を待っていた。何故なら、この夏しか、本ちゃん移籍でお金を得るチャンスはもう無いからだ。しかし、ケチなミランの提示額がCSKAの希望金額とかなり差があったために、増額を求めて、様々な揺さぶり(放出しないかも、と思わせる)をかけ始めたのが、一連の(表面上の)態度急変だと思う。


ここまでは、お金をできるだけ使いたくないミランと、お金をできるだけ多く獲得したいCSKAの駆け引きと揺さぶり情報合戦であって、この間にはどちらに非があるかなどの正義云々の問題などは存在しない。いわゆる権謀術策の世界の出来事。綱引きで、引いたり、引かれたり。


ちまたのうわさでは、ついにミランがCSKAの要求通り€400万まで増額したのに、CSKAは要求を€500万に引き上げたとか....(^-^;)で、また交渉するとか。たぶん、まるで打ち出の小槌を持っているかのように、追い詰められたミランが少しずつCSKAの言いなりに増額していくから、もっと出させようと図に乗っているのだろう。

しかし、これ以上をしつこく要求すると、ミランはもう引くだろう。ミランが破談になれば、本チャンは冬まで残ってタダでCSKAを抜けると言っているから、CSKAにすれば、このミランを破談に追い詰めるわけにはいかないはずだ。何故なら、本ちゃんに関して€400万(約5.2億円)を得る機会はもう無くなるからだ。

だから、ミランが引く一歩手前で、CSKAも夏ミラン移籍に渋々ながら、OKを出すだろうと推測する。※交渉事では、この一歩手前を見極めるのが難しい。

それが今週中か、8月末までか、それはわからないが、CSKAはできるだけ自分たちに有利になるように、最後まで粘っているのではないだろうか?※ここまで強欲だともういやらしい。

どちらのクラブも夏移籍を実現させたいわけだから、結局は、本チャンが言うように、CSKAとミランの間でしか、決着しないのだ。

私たちのように情報に振り回されて右往左往しないで、一連の騒動の中でも、本チャンが最初から局面を読み切り、冷静沈着なのがすばらしいと感じ入っている。
[PR]
by dande550213 | 2013-07-25 12:07 | 本田圭佑 | Comments(0)

2013/07/25 :ロザリンド・フランクリン(イギリスの物理化学者、結晶学者である。石炭やグラファイト、DNA、タバコモザイクウイルスの化学構造の解明に貢献)生誕93周年
f0096508_8211153.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-07-25 08:20 | PC・IT | Comments(0)

ぬか喜び...(^-^;)


今朝、4時前に目が覚めた。もっと眠りたかったが、本チャンの試合と移籍交渉の結果をいち早く知りたくて、PCのスイッチを入れた。

試合は勝ち、「移籍、クラブ間で合意!」の文字が踊って、スレも「ようやく!!!」と賑わっていた。

神さまに奇蹟を感謝して、6時前まで布団の中で、「本チャン、ミラン」を色々と想像して楽しんだ。

が、その後、またわけのわからないことになっている。

ミランの爺ちゃんは、「後はもうクラブ間の問題ではなく、本田の決定次第。」とホンちゃんにゲタを預け、CSKAのババエフは、ミランに怒り心頭の様子。

イギリスの複数クラブはミランのオファーの2倍の金額を提示していたとか、デスカウントはしないとか、タダでは本田を手放さない....とか、一体、これはどういう意味?

CSKAが12月末まで本ちゃんを引き止めるということは、結果として本ちゃんをタダで手放すことになるはずだ。タダでは手放さへんということは、移籍金が取れる夏に移籍させると言う意思表示なのかな?そやけど、値引きはしないというのは、本ちゃんをミラン以外のクラブに移籍させるという意味なのかな?

ババエフ、本チャンの意志を尊重する..って言ってたやん。

ただ、本ちゃんもミランへ絶対に行きたいとは言っていなかったような気がするから、別のクラブを本ちゃんが選べば、結果として本ちゃんの意志を尊重したことにもなるけれどね。


ミランの爺ちゃんは、夏移籍したければ差額を本田側で埋めるように言って、ゲタを本ちゃんに預けたのだろう。

ババエフはそれは移籍市場のルールに反する...とミランのやり方に対して怒ってるのかな?ビッグクラブだと思って、ルール無視するな...って感じの怒り方。


本ちゃん移籍騒動に付き合いながら感じたことは国民性の違いかな。

先ず、ミランの買い物の仕方がおかしいと思う。

買い物したければ、値段をよく調べて、最悪値切らないでも買えるだけの資金を用意しておくべきだと思う。そのお金が無ければ、先ずお金を準備してから、購入交渉をするのが筋だと思う。そこをCSKAはマナーが悪いと怒っているのではないだろうか。(^-^;)

確かに、CSKAの設定移籍金は相場より高いような気がする。しかし、CSKAが売り値を下げる気がないなら、ミランはCSKAの言う値を払うか、買うのを諦めるかしか、ないだろうと思う。ミランには売り手の言う金額を払えないのだから、もう撤退するしかないはずだ。

ミランに本当にお金がないのかどうか知らないけれど、「放出がなければ購入もない」と公言しているわりには、次から次へと更なるお買い物計画の話題がミランサイドに掲載されるので、呆れ果てながら読んでいる。一体、ミランのどこにモドリッチを購入するような大金があるのと言うの?! 購入資金の裏付けもなく、大風呂敷を広げたような買い物話に夢中になるのは国民性なのだろうか。

本ちゃん、いったいどうなるの?
=========================================
追加:移籍に関する本ちゃんの生メッセージが本ちゃんサイトに掲載されている!!!
[PR]
by dande550213 | 2013-07-23 17:22 | 本田圭佑 | Comments(2)

桃林堂板倉家住宅


昨日、特定疾患受給証の更新手続きのため、八尾保健所へ行ってきた。

近鉄八尾駅から八尾保健所に向かう道筋に「桃林堂板倉家住宅」がある。
f0096508_9525134.jpg

f0096508_953137.jpg

桃林堂の創業地の建物で、もとは江戸時代に河内木綿を取り扱っていた問屋の町屋を創業者の板倉與兵衛が大正時代に買い取ったもの。道路に面して間口の広い大和棟茅葺き屋根・切妻造りの主屋のある住宅であり、18世紀前半頃の築とされる。
当初は土間部分を改装して桃林堂店舗として使用していたが、西武百貨店内に出店してしばらくしてからは店舗としては使用されていなかった。平成11年(1999年)に国の登録有形文化財に登録されている。Wikipediaより引用


以前は柏原にも八尾保健所の支所があったが、保健所の統廃合で柏原支所は無くなった。

柏原支所があった時は、支所内に「くす玉の会」という難病患者の交流会があったが、今はもう無い。当時の会員患者さんで生き残っている人はどれぐらいいるのだろうか。市内の患者さん同士のつながりがなくなり、保健所とのつながりも年1回の更新時しか無くなってしまった。


                        
[PR]
by dande550213 | 2013-07-23 10:04 | 雑感 | Comments(0)

2013/07/2 :参議院選挙の投票日
f0096508_77516.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-07-21 07:07 | PC・IT | Comments(0)

今年のゴーヤ


3階ベランダの日除けゴーヤ、今年は珍しく豊作で、まだまだ収穫は続きそう。
\(^-^)/
f0096508_13192964.jpg

パセリ・ミニトマト・ラディッシュ・青じそ・ピーマン・万願寺とうがらし・オクラ・・・。
夫のプランター菜園も少しずつ上達して、賑やかになる。
[PR]
by dande550213 | 2013-07-20 13:22 | 雑感 | Comments(0)

推理小説が好きで、シャーロック・ホームズやルパンに夢中だった子どもの頃、作品は中学生の時に全部読み尽くした。今、GyaO!で、ホームズやポアロを放映しているので、楽しく見ている。

今週はちょうど「シャーロック・ホームズの冒険 最後の事件」で、ホームズ終焉の地スイスのマイリンゲンのライヘンバッハの滝が画面に登場した。

ホームズは、ブリュッセルからバーゼルを経由して、マイリンゲンに入った。そこで、宿の主人からライヘンバッハの滝の観光を勧められる。

8月のスイス旅行は駆け足巡りの旅で、マイリンゲンは私たちも通過する予定だが、残念ながらライヘンバッハの滝へは行かない。ホームズのように、いつか、ゆっくりとスイスを旅したいものだ。

画像は、GyaO!「シャーロック・ホームズの冒険 最後の事件」からキャプチャしたもの。
f0096508_9211539.jpg

f0096508_9215460.jpg

f0096508_9222917.jpg

f0096508_9225378.jpg

f0096508_92486.jpg

f0096508_9242552.jpg

f0096508_9245242.jpg


マイリンゲンには、シャーロック・ホームズ博物館があり、ライヘンバッハの滝にはホームズが滝に落ちたとされる場所に★印まで付けられているそうだ。しかし、実はホームズはライヘンバッハの滝では死んでいなくて、3年後にワトソンの前に元気な姿を現すのだから、どうしてライヘンバッハの滝がホームズ終焉の地なのか・・・。(^-^;)
[PR]
by dande550213 | 2013-07-18 09:29 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

次なるXdayは、7/20?


本ちゃん移籍騒動ニュースは、ファンにとっては「なかなか離脱できないステロイド剤」のようなもので、ニュースの追っかけを止められない。(^-^;)

個人的には、ビッグクラブでなくても良いのだが、彼が一番輝くポジションでレギュラー張れ、更なる成長が期待できるクラブで、尚且つ、日本のメディアでも彼の活躍が報じられるクラブとなれば、やはりビッグクラブと言われている一部のクラブに限定されてしまう。

もし、本チャンがどんな形であれ、ミランへ移籍できれば、やっぱり素直にうれしい。

もし、決まれば、またニュースの追っかけして、結局、ファンとしては、本チャンが引退するまで続くのだ。(^-^)

本ちゃん追っかけて、機械翻訳と辞書を片手に、PCの中で世界を巡り歩く、それもまた良し!
[PR]
by dande550213 | 2013-07-17 18:07 | 本田圭佑 | Comments(0)

妄想:本田選手の矜恃


以下は、全部、私の妄想。

ミランとCSKAの交渉が始まったのが、多分月曜日。CSKAは€400万で、ミランは€150万でスタート。ミランは€150万以上は出せないと言いはる。

そして、当初の予定通り、お金の足りない分を、ホンダ側に、CSKAへの値引き交渉、あるいはスポンサー契約、あるいは、自分の年俸を減額しての補填などの方法で負担させようと、モスクワに呼びつける。

ホンダ側がモスクワに来るのが当初の予定では、火曜日か水曜日と、ネットに書いてあった。

ところが、今朝、本田側がモスクワに来るのが週末に延期になったと書いてある。延期の原因は、ホンダ側が連れてくるはずの日本人(たぶんスポンサー)のビザ取得に手違いがあって、来るのが週末にまで延びるとのこと。

今日は、この段階。

今朝から、ミラン側は「ミランへ行くのは本田の夢」と盛んに言い立てている。

しかし、本田選手のインタビューの元記事(ロシア語)を英語にGoogle翻訳すると
But I did not say that it is in the "Milan." I think that the "Milan" is now interested in me. This is why (CEO CSKA Roman Babaev) spoke of "Milan"

となり、この発言はすでにWorldFootballNews「◆本田△◆ババエフ ミラン移籍容認発言も本田「行きたいビッグクラブがミランだとは言ったことはない」・・・ファッ??」で、取り上げられているが、不思議なことにイタリアメディアでは「ミランへ行きたい」と言ったことに変えてあるようだ。


しかし、本田選手ファンなら、誰でも知っている。彼が行きたいクラブはレアル・マドリッドであって、ミランではないことを!

だから、本チャンの「行きたいビッグクラブがミランだとは言ったことはない」という部分は本当にそうだと納得できる。

彼はインタビューの場においてすら、嘘は言っていないし、ミランへ行きたいがためのオベンチャラをも言っていないことを!

彼は愚直なまでに誠実で、何よりもプライドがある。

かつて、「僕もビッグクラブにふさわしい人間」と公言したほどのプライドの持ち主。

そんな彼が、ミラン側の「ミランへ入りたいなら、自腹を切れだの、スポンサーをつけろだの、CSKAに減額を頼めだの」足元を見透かしたような屈辱的な要求を、おいそれと簡単に飲むだろうか...というのが私の疑問。

そこで、「連れのビザが手違いで、モスクワに着くのが週末になりそう・・・」というのは、本ちゃん側が反乱を起こしたのではないだろうかと思うのだ。

週末7/20になれば、ブラジルの移籍マーケットが終了する。だから、ミランは、本田側のモスクワ交渉は7/20までに終了させる予定を組んでいたはず。実際、ミッションと称して動き出したのが月曜日で、ホンダ側を呼びつけようとしたのが火曜日あるいは水曜日で、ブラジル移籍マーケットが終了するよりも前に設定してある。

ミランは、一度破談になったロビーニョを脅迫的にもう一度、サントスとの交渉のテーブルにつかせ、週末になれば移籍金€600万を獲得することができる予定になっているはず。

だから、ロビーニョの移籍がもし成立すれば、「金が無い」とは強く言い張れなくなる。そこで、週末になお且つ、この金はフィオレンティーナMFアデム・リャイッチを取るために使うから、びた一文お前のためには使えないのだともしミランが言えば、本ちゃんはもうミランを蹴るのではないかと思う。しかし、ロビニョの移籍が成立しなければ、もしかしたらホンダ側負担をOKするかもしれないと思う。夏移籍が何よりも最優先課題だからだ。

ホンダ側のモスクワ延期は、ロビーニョの移籍とミランの熱意・真意を見極めるために予め立てていた本田側の最後の手順だったのではないかと推測するのだが、あくまでもこれは私の勝手な妄想。
[PR]
by dande550213 | 2013-07-16 23:27 | 本田圭佑 | Comments(0)