一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

<   2013年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧



さっき、アップしたのに、誤字を訂正したらなぜか全部消えてしまった。(-_-;)

仕方がないから、もう一度写真だけ。

f0096508_6532594.jpg

[PR]
by dande550213 | 2013-03-31 22:50 | 旅行 | Comments(0)

大英博物館第1日目


朝8時47分パディントン発7番のバスで大英博物館へ。オイスターカードで乗車口でタッチするだけだ。

パディントンから6番目の停留所と数え始めるが、アナウンスが1回だけなのと、どうも事前に用意したバスのルート表には主な停留所しか記されていないようで、それ以外の停留所がたくさんあって、目指す停留所がいったい後どれぐらいか検討もつかなくなる。停留所の看板もにほんの駅のように次どこという表示がない。

もう、そろそろかなと思って、前に座っているおっちゃんに尋ねたら、バスの運転手さんに、このおばちゃんは大英博物館で降りたいそうだと伝えてくれて、無事博物館前で降りることができた。この写真は帰りしな(午後4時頃)の大英博物館。↓
f0096508_6244159.jpg


博物館内は、スペイン語がよく目立ち、今日はスペイン人の日かと思うぐらい。それと日本人も多かった。

博物館は写真撮影OKなので、楽しく撮っていたら電池切れに。夫のカメラを借りていったのだが、まさか半日でバッテリー切れになるとは思わず予備をもってこなかった。(-_-;)

仕方ないので以後はスマホで撮影。

館内のカフェで昼食。夕食はお寿司のテイクアウトと麺類が食べたくなったのでカップラーメンを買って帰ってホテルで。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-31 22:06 | 旅行 | Comments(0)

あっけないぐらいに、簡単に午後1時半にパディントン駅近くのホテルに着いた。

今は午後6時。海外ローミング代を一日分節約するために、日本時間で丸一日スマホの電源を切っていた。

関空でポンドの両替額を間違えて、ヒースロー空港でも両替したら、1ポンドが165円もしてエライ損をしてしまった。

おまけにイギリスの硬貨を少し持っていたのにそれを持ってくるのを忘れ、パジャマも忘れ、百均で買った携帯スリッパがチャチで、旅行期間もつかどうかあやしい。

ホテルは安いゲストハウス。満室。私の部屋は半地下室。窓から外を見ると、頭の上に道路を歩いている人の足が見える。

昔、オードリー=ヘップバーンの「暗くなるまで待って」という映画を見たとき、彼女の台所の流し台の頭の上を人の歩いている足が見えて、腰を抜かすほど驚いたものだったが、やっぱり今でもこんな家があるのだ。

英語は、会話が流暢にできなくても、旅行ぐらいなら、単語を並べれば何とかなるものだとわかった。

込み入った会話はできないが、乗り物に乗って、水やフルーツを買って、ホテルへ帰ってこれれば充分。

明日はイースター。お店がどれぐらい営業するのか。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-31 02:23 | 旅行 | Comments(0)

春期講習2日目


今年は春期講習は出なくてもよいことを確認した上で、旅行の計画を立てていたのに、急遽出て欲しいと頼まれて、大慌て。

今週から2コマ授業を5日間連続で。

臨時収入はうれしいけれど、出発の日の夜6時半頃まで仕事して、それからスーツケース持って空港へ。

まだ2日目だけど、やっぱり疲れる。夕食後は何もしたくない。



今夜は、ヨルダン戦だけど、本ちゃんも出ないし、先に試合したオーストラリアが引き分けで、日本は仮に引き分けでも、ブラジルをのぞくと世界最速でW杯出場が決まるそうなので、観戦はパス。


昨夜の本ちゃんの最後のインタビュー、「目」が少し変なような気がして、メガネを外して何度も見直したけど、やっぱり変だった。全体的に精悍さがなくて、少し浮腫んでいたような感じ。もしかして、治療にステロイド剤使ってる?まさかね、とか思いながら見ていた。

痛々しくて、悲しかった。

見ないほうが良かった、と思ってしまった。自分勝手だけれど・・・。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-26 20:54 | 雑感 | Comments(0)

突然の腰痛は、やはり主治医のおっしゃるように帯状疱疹ウィルスが原因だったのか、処方された抗ウィルス剤を服用すると、みるみる軽減した。

そこで、いよいよ旅行に携帯する薬の袋詰作業を始めた。

朝の薬は
f0096508_910593.jpg

昼の薬は
f0096508_9103460.jpg

夜の薬は
f0096508_9105183.jpg

黒い楕円形のつぶはクランベリーエキスのサプリ。膀胱炎防止のために主治医の勧めで長年飲んでいる。

昼の薬は、整腸剤とビタミンCとユベラだから、外出先では時々省略することがある。(^-^;)
夜の薬も疲れ果てて飲み忘れることが時々あるが、朝の薬は"命の綱"だから、絶対に忘れない。

旅行には、これらを一つの袋にまとめて持って行く。こんな感じ。これで1日分。
f0096508_9185763.jpg




旅行期間の薬の他に、予備としてさらに1ヶ月分の薬も持って行く。現地で足止めになるかもしれない場合に備えて。

さらに、毎食の薬の他に、突然の病変に備えて、今まで服用した経験のある薬も持っていく。クラビット・フロモックスの抗生物質、逆流性食道炎の薬のタケプロン、鎮痛剤のロキソニン、インフルエンザのタミフル、睡眠薬のロヒプノール。

全部でこんな感じ。
f0096508_92804.jpg

左の旅行期間用の薬は機内持ち込みバッグの中に、右の予備の1ヶ月分と病変用はスーツケースの中に。クラビットとタケプロンは少しだけ機内用にも忍ばせて。

他、貼り薬・塗り薬・風邪薬・下痢止めなど、持っていく薬だけでかなりの重量になるが、薬は私の"命の綱"だから仕方がない。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-26 09:33 | 旅行 | Comments(0)

日曜礼拝の帰り道、石屋の犬ちゃん、お久しぶり!
f0096508_13154450.jpg

回しを締めているから、この姿はお相撲さん? でも、どうして今頃、こんな姿に?



本屋さんに行く途中の府営住宅。以前、ここの11階にしばらく住んでいた。前が中学校、横が中学校のグラウンド。PLの花火大会も特等席だった。グラウンドでは陽気に誘われて、父ちゃんたちの野球大会。
f0096508_13203745.jpg



家の近所の桜の名所(と、勝手に名付けている)。庭の真ん中に大きな桜の木が一本。羨ましい限り。
f0096508_13233579.jpg



腰痛のリハビリがてらにぐるっと回って、少し足の筋肉が疲れた。

今日の朝刊の1面トップ見出しは、なんと、「腰痛2000万人」。 日本の国民病?!
[PR]
by dande550213 | 2013-03-24 13:31 | 雑感 | Comments(0)

また、コレのお世話になることになった。

昨年はコレを装着して、カンボジアとインドへ行ってきた。

薄い金属板が入っているので、空港セキュリティで引っかかるかもしれないと案じて、恥ずかしくもチェック直前に部屋の隅へ行って、隠れるようにして外したものだったが、外し忘れてもOKだった空港もあって、調子抜けした記憶がある。

もう卒業かと思ったが、甘かった。

装着すると、やっぱり腰痛が格段に楽になる。今回は冬場だから、つけていても目立たないのがありがたい。

前回の海外旅行に行った時にコレに秘密のポケットを作っておいたので、貴重品を入れるセキュリティベルトとしての機能もあるのだ。(^-^;)

今回は、コレの他に、前回お世話になった低周波治療器も引き連れて行くつもり。

塗り薬・貼り薬、念のためにふだんは飲まない鎮痛剤も・・・もう総動員態勢で。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-23 18:29 | SLE・健康 | Comments(2)

ここ1週間ほど、どうも股関節の具合が良くなかった。座っていて立ち上がる時とか歩いている時、両足の股関節が痛むことがあるのだ。

股関節の痛みは昨年もあって、4月に画像診断クリニックでMR検査を受けている。

結果は、「乳児の頃の先天性股関節脱臼の影響で、両側の臼蓋の、骨頭との接触部にヒビが入っていため、ここをこれ以上、壊さないように、今後は<走らない・飛ばない・重いものは持たない>ように気をつけて、患部の保護に努めることが必要だ。恐らく、たいしてひどくなること無く、このままの状態で推移するのではないだろうか?」というような内容だった。その時は右側の臀部~腰が痛くて、その後、接骨院へ通ったり、自分でもウォーキングを始めるなどして、夏ごろにはほとんど痛みもなくなっていた。だから、腰痛ベルトも娘に払い下げにしてしまっていた。

ところが、最近、また何となく変だなあ・・・と思っていたら、昨日から今度は左側の臀部から腰が痛くなって、貼り薬・塗り薬・低周波と自分で出来るだけの治療をして、今日、主治医の診察を受けたら、帯状疱疹の影響ではないかとおっしゃる。

私は帯状疱疹はもう3回も繰り返している。元患部は左側胸部。一番最初は、30年ほど前に娘を妊娠中に。当時はまだ特効薬はなかったし、妊娠中なので痛み止めも飲めなかった。2回目の時は抗ウィルス剤ゾビラックスができていて、それを服用した。3回目の時は、朝夕の点滴で抗ウィルス剤を入れなければならないので、入院するように言われ、1週間ほど入院した。

その後、ウィルスが暴れだすことはなかったが、ウィルスが体内に住みついているので、疲れがたまって体力が落ちた時などに、時々、患部がチクチクすることがあったが、大事には至っていなかったから、もう帯状疱疹のことなど忘れかけていた。

ところが、主治医は患部(左側の臀部から左腰裏)に触って、神経に住みついている帯状疱疹のウイルスの影響だとおっしゃるのだ。

まさかとは思ったが、そういえば、左側の臀部から左腰裏が痛くなりだす前に、左背中の帯状疱疹患部がチクチクとしていたのを思い出した。また、股関節の痛みも骨が痛いのではなく、筋が痛いような感じで、昨年の股関節の痛みとは少し違うような感もある。

いずれにせよ、「ファムビル錠1回2錠(主成分として500mg)を1日3回服用」が処方されて、海外旅行もOKだと言われたが、本当に出かけても大丈夫かなあ・・・。



また、今日、胃の内視鏡検査と細胞生検検査結果もわかり、扁平隆起状病変はポリープがとれた痕で、癌の疑いはないと、検査医はおっしゃった。



昨年旅行を計画してから、体調面でいろんな試練や不安(結核感染の疑い・癌の疑い・腰痛の再発・もちろんSLEと膀胱炎の悪化の恐れ)があったが、全部神さまが守ってくださって、クリアしているような気がする。

これはきっと神さまが「私が守るから、行きなさい」と後押ししてくださっているに違いないと、勝手に都合良く解釈して希望をもっている。だから、今のところ、来週ロンドン&パリへ行くつもりで、娘に「腰痛ベルトを至急宅配便で送り返すように」連絡した。

詩篇121篇

121:1 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。

121:2 私の助けは、天地を造られた主から来る。

121:3 主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。

121:4 見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。

121:5 主は、あなたを守る方。主は、あなたの右の手をおおう陰。

121:6 昼も、日が、あなたを打つことがなく、夜も、月が、あなたを打つことはない。

121:7 主は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。

121:8 主は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-22 15:44 | 旅行 | Comments(0)

3/18に、スマホでNHKラジオ講座のストリーミングをDLしようとしたら、できなかった。
たぶん、またNHK側がサイト仕様を変更したのだろうと思って、ICレコーダーで、一番好きな講座だけ録音しておいた。後はもう諦めようと思っていた。

番組サイトにも、4月から番組ストリーミングの利用方法が変更になるお知らせが掲載されている。

4月からは、ツールを使った便利な一括DLはできなくなるだろう。ログインしてストリーミングサイトに入り、再生してICレコーダーで録音する、という前の方法に逆戻りになるだろう。

私が録音したり、DLしたりするのは、番組をMP3ファイルでほしいからだ。きっと他の人も同じだろうと思う。

NHKは音声をCDで販売しているが、そうではなくて番組をMP3ファイルでDL販売してくれれば、お金を払ってでも買うだろうに・・・。

悪いけれど、CDを買っても汎用性がないので使い勝手が悪い。PC、スマホ、携帯音楽プレーヤー、タブレットなどで相互に使える形式で番組を安価で販売してくれれば良いのに、何かの規則に抵触するのだろうか?

スマホのDLツールの作者の方は、今度も迅速に仕様変更に対処してくださって本当にありがたい。ご本人もおっしゃっているように、今後はもう無理かもしれない。3月末まで感謝して、使わさせていただきます。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-20 13:48 | PC・IT | Comments(0)

色々考えた末、ヒースロー空港からホテルのあるパディントン駅に向かうHeathrow Expressの乗車券と、ロンドンで使う地下鉄のVisitor Oyster Cardも日本で購入しておいた。

Heathrow Expressの乗車券はメール添付のe-Ticketで届いた。プリントアウトして持って行き、車内で検札の時に見せたらいいそうだ。万一、チケットを紛失しても予約コードを示せば、切符を再購入しなくても乗車できる。

Visitor Oyster Cardはロンドンでの地下鉄乗車予定回数をカウントして£30チャージ済みを購入した。イギリスから自宅に送ってくる。今朝、イギリスから発送したというメールが届いた。日本の宅配便と同じように配送状況をWEBから確認できるのも面白い。

どちらも、英国観光庁のオンラインショップから購入できる。

2つ合わせて、現地で購入するより£7ほど安くなるので、送料がかかってもあまり損にはならない。イギリスからの送料は国際書留便だと¥990、DHLエクスプレスだと¥1890。



これで、ロンドンとパリのどちらも現地で乗車券を買う必要はなくなった。

パリの北駅からホテルへはRERのB線で一駅だが、RERは治安が悪いそうなので、北駅からタクシーでホテルへ行く予定。

worldtaximeterというサイトで大体のタクシー料金の目安がつけられる。これで調べてみると、午後2時頃に北駅からホテルまでの料金は、€8-10ぐらい。日本円にして¥1250ぐらいか。ちなみに、帰国時、ホテルから空港へもタクシーを使うつもり。料金は€40-50ぐらいで¥5000ぐらい。パリでは、地下鉄には乗らず、全部徒歩で観光するから、乗車券を買う必要はない。



現地で一番不安なのは、治安。

慣れない土地で荷物抱えて、切符売り場を探し、言葉の喋れないストレス抱えて乗車券購入に悪戦苦闘している間にスリの被害にあったり、騙されたりするような事態は何としても避けたい。

昨年、マドリッドへ一人で行った時は、到着時にバラハス空港まで車で迎えにきてもらったし、イザとなったら日本人専用宿舎の日本人管理人にヘルプできたが、今回はどこにもヘルプ出来ない。万が一には駐在日本大使館にヘルプするしかないから、日本で出来るだけの対策をしておいて、なんとしても無事帰国したいものだ。



予約したホテルの予約再確認も終了。英文の文例がネットにあって、これをコピペして自分の情報を入力してメールで送るだけでOK。

エミレーツの座席もユーロスターの座席も、私の隣の座席はまだ空いている!

全部、ネットで確認できるから、本当に便利な時代になった。感謝、感謝。
[PR]
by dande550213 | 2013-03-19 11:40 | 旅行 | Comments(2)