一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧



過去に書いた文章から⑥2010年12月 SLE25年目(55歳)の時
----------------------------------------------------------------------------
2010年12月『 私の闘病記―闘病25年の心の軌跡~死(無)に怯える心からの解放~26/30 』
          (全国膠原病友の会 関西ブロック 『明日への道 ブロック版 №122』)

はじめに
1.「抑うつ状態」の39歳までの私
2.何をきっかけに再起したか
3.再起後の猪突猛進「生き急いだ40代」
4.洗礼を受ける
5.死に対する恐怖
    (1)パスカルの場合
    (2)私の場合
    (3)大町公氏の場合
    (4)岸本英夫氏の場合
6. 人間の死生観の2つのタイプ
7.「抑うつ状態」の奥に潜んでいたもの
8. 賭け
    (1)パスカルの賭け
    (2)私の賭け
    (3)岸本英夫氏の賭け
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安
10. 最後に
*******************************************************
10. 最後に 1/5
 「死んだら無になる」という恐怖を抱いていた私は、いつか人生の途上で真剣にこれに向きあい「自分なりに解決する必要」がありました。(そうしなければ、死の時に無になる恐怖のために錯乱状態になるかもしれません。)

 しかしながら、人間は何かのショックに出会わなければなかなかそれを自覚することはできません。SLEの宣告によって死が身近に感じられるようになったのを契機に、深い意識の底に押し込め隠してきたこの恐怖が静かに私の中で再生を始めたのを気がつかなかったのか、それとも直視するのが怖くて気がつきたくないと思っていたのか、その辺はよくわかりませんが、「出口を指し示すかすかな光すら差し込まない真っ暗なトンネルの中で、出口を探してもがいているような戸惑いと不安に満ちた希望の見えない状態」に沈没してしまいます。

 この不安感、焦燥感が何に起因するのかわからないままに、病の床からたたき起こされて否が応でも沈没から再起を図らざるを得ない状況に追い込まれます。その後の生き急いだ生活の忙しさや生きがいも、直視することからの逃避であったのかもしれません。

 満たされない思いに喘ぎつつ、教会の門をたたいて「キリスト教の説く永遠の命」に希望を見出し、それに賭る思いで受洗しますが、「復活と永遠の命」を心の底から信じ切れずに苦しみます。

 昨年ようやく、知識と理性で何でも証明できるかのように思い上がっていた自分と、そのような自分をも愛し、支え、導いてきた背後にある大いなる存在を「魂の体験」を通して知ることができ、「死んだら無になる」恐怖からやっと解放されました。(注:私が得た「理解」は、普遍的な真理や真実である必要はないのです。私の心の問題、魂の問題ですので、あくまでも「私が私の問題を私自身の人生を通して、どう理解し納得して信じ得たか」が重要なのですから。)

                          (続く)
[PR]
by dande550213 | 2011-02-28 22:27 | SLE・健康 | Comments(0)

前回2月上旬に一度仮申し込みまでしてキャンセルした老人ホームにまた空きが出て、父は待機者6人の後塵を拝していたが、上位の方が入所を急がれなくて入所を保留され、また入所できるというチャンスが巡ってきた。

こういう施設は入所のタイミングが難しいということが前回の経験でよくわかった。
今回は失敗するわけにはいかない。もう後がないからだ。

そこで、いよいよ父は3月中旬に、柏原の老人ホームに入所し、今後は私が父の面倒をみることになった。

田舎の特養の入所順番が回ってくるのをこの地の老人ホームで待つわけだが、何とか1年ぐらいで父はまた田舎に帰れますように・・・。

明日からまた田舎に帰省して、父の転居の準備を始める。
[PR]
by dande550213 | 2011-02-26 21:45 | 両親介護 | Comments(3)

2011/02/26 :岡本太郎生誕100周年
f0096508_826474.jpg

[PR]
by dande550213 | 2011-02-26 08:26 | PC・IT | Comments(2)

過去に書いた文章から⑥2010年12月 SLE25年目(55歳)の時
----------------------------------------------------------------------------
2010年12月『 私の闘病記―闘病25年の心の軌跡~死(無)に怯える心からの解放~25/30 』
          (全国膠原病友の会 関西ブロック 『明日への道 ブロック版 №122』)

はじめに
1.「抑うつ状態」の39歳までの私
2.何をきっかけに再起したか
3.再起後の猪突猛進「生き急いだ40代」
4.洗礼を受ける
5.死に対する恐怖
    (1)パスカルの場合
    (2)私の場合
    (3)大町公氏の場合
    (4)岸本英夫氏の場合
6. 人間の死生観の2つのタイプ
7.「抑うつ状態」の奥に潜んでいたもの
8. 賭け
    (1)パスカルの賭け
    (2)私の賭け
    (3)岸本英夫氏の賭け
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安
10. 最後に
*******************************************************
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安 3/3
 ジクソーパズルで、今までどうしてもハマらなかった鍵になる一つのピースがはまったら、それがきっかけとなって残りのピースが全部埋まるように、こうして私のジクソーパズルがついに完成したのです。私が生まれてきたことの意味も理解できました。

 「伝道者の書」では、伝道者が私と同じように人間の虚しい人生を延々と愚痴りますが、最後の章で唐突に「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ」「神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」という結びになります。ここも長年違和感を感じていた箇所なのですが、やっとわかりました。私が生まれてきたことの意味、それは「神を知る」ことだったのだとようやく理解できました。

 こんな簡単なことが24年もたたなければわからないとは、本当に情けない限りですが、納得できないと先に進めない私のような懐疑的な人間が一つ一つ自分の人生の体験を通して納得していくにはこの24年の歳月が必要だったのだと今ではわかります。

 SLEは私には最良の軛(くびき)だったのです。もし余命が短い病気だったら、私のような人間は死ぬまでに間に合いません。自分の努力で回復するような病気ならば、真剣に向き合う機会とはならなかったでしょう。SLEが悪化と寛解を繰り返す命に関わる危険な病気であるがゆえに、私はこの問題を直視せざるを得ない期間を長く与えられたのです。解決に間に合うように。今ある生を「悔いなく精一杯生きる」ように。
f0096508_1752846.jpg
※バイオリンもしばらく習っていました。左手の指の第1関節が痛くなり、やめざるを得なくなりました。

                          (続く)
[PR]
by dande550213 | 2011-02-23 17:52 | SLE・健康 | Comments(0)

過去に書いた文章から⑥2010年12月 SLE25年目(55歳)の時
----------------------------------------------------------------------------
2010年12月『 私の闘病記―闘病25年の心の軌跡~死(無)に怯える心からの解放~24/30 』
          (全国膠原病友の会 関西ブロック 『明日への道 ブロック版 №122』)

はじめに
1.「抑うつ状態」の39歳までの私
2.何をきっかけに再起したか
3.再起後の猪突猛進「生き急いだ40代」
4.洗礼を受ける
5.死に対する恐怖
    (1)パスカルの場合
    (2)私の場合
    (3)大町公氏の場合
    (4)岸本英夫氏の場合
6. 人間の死生観の2つのタイプ
7.「抑うつ状態」の奥に潜んでいたもの
8. 賭け
    (1)パスカルの賭け
    (2)私の賭け
    (3)岸本英夫氏の賭け
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安
10. 最後に
*******************************************************
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安 2/3
 聖書は、旧約と新約の2つに分かれます。キリスト教とイスラム教はユダヤ教から生まれたので、どちらもユダヤ教の経典である旧約をも自分たちの経典として用いています。その旧約の中に「知恵文学」と呼ばれる3つの書があります。「ヨブ記」・「伝道者の書」・「箴言」です。私は聖書全66書の中でなぜか「ヨブ記」と「伝道者の書」に強く惹かれていました。

 「ヨブ記」はこういう内容です。正しくて信仰篤いヨブが突然筆舌に尽くし難い苦難を受けるようになります。ヨブの友人たちが彼を慰めるために訪れますが、彼らはヨブがこのような苦難に遭うのはきっとヨブが罪を犯したから(因果応報)だ。だから罪を悔い改めよ、とヨブに勧めます。しかし、ヨブはどう考えても自分は罪を犯していないので、神様に必死に「正しい人間が苦難に遭う理由」を尋ねます。実は、ヨブが苦難に遭う理由は、いくら信仰篤いヨブでも苦難に遭えばきっと神様を呪うようになるはずだと主張するサタンに、神様が許可を与えて試させていることから起因しているのですが、ヨブはそのことを知りません。苦難のただ中にあるヨブは命がけで神様に質問します。そのヨブの質問に対する神様の答えは彼が(私も)全く予想もしていなかったものだったのです。

 「ヨブよ、私はあなたに尋ねる。知っているなら答えてみよ。あなたは大地が創造された時、どこにいたか。海が生まれた時のことを知っているか。大空の雪や雨はだれが造ったのか。だれが星座をその時々にしたがって動かすことができるか。獅子や鳥にだれが食物を与えているのか。・・・・」こういう問いかけが延々と続くのです。

 なぜ神様は、ヨブの質問にあえて答えられないのかというのが私の長年の疑問でした。しかしヨブは神様のこの問いかけで、神様のヨブの質問に対する答えがわかったのです。神様は「お前はいったいどれほどこの世界のことを知っているというのだ」と問いかけられていたのです。そして私もヨブと同じ答えを知りました。人間がいかに何も知らないものであったかを、人の知恵ですべてがわかるわけではないという神様の答えを。

 死んだら無になる恐怖に囚われていた私を救う道は永遠の命を信じ切ることでした。ですが、聖書に関する様々な疑問に囚われて、聖書の言葉とそれが説く永遠の命が信じられない私はその疑問を解決するために多くの書物を読んだり人の意見を聞いたり努力しました。一生懸命に知ろうとする努力は必要だけれど、限りある人間の知恵ですべてがわかるわけではない、人間は、人間の限界を認めて神様の前では「謙虚」であるべきだとは考えたこともなかったのです。

 人間がわずかな(現段階では仮説に過ぎない)知識を頼りに考える世界の限界を知ること、それをヨブと同じように、私にもこの25年間の私の人生の様々な体験を通して語っておられたのだと、やっと気がつきました。これは私の魂の体験とも言えるかもしれません。

 理性の最後の歩みは、理性を超えるものが無限にあるということを認めることにある。それを知るところまで行かなければ、理性は弱いものでしかない。(パスカル)

                         (続く)
[PR]
by dande550213 | 2011-02-22 20:16 | SLE・健康 | Comments(0)

SONY ウォークマンNW-S754


SONY ウォークマンNW-S754 (B) ブラック(8GB)を、急遽購入した。
値段は¥11,400だった。
f0096508_15551217.jpg


昨日から使い始めたが、こちらには満足している。

付属のアプリで同期を取らないで、ドラッグアンドドロップでお気に入りのファイルをフォルダに放り込んでいる。MPEG-4 Movieの動画もOKなので、POCOYO や Shin Chanなどのビデオも持ち歩ける。

再生スピードも変えられるので、今まではHayaemonを使って再生速度を遅くしたファイルを作り直していたが、その必要もなくなった。

別売ケーブルを使えばダイレクト録音も可能なので、コレも楽しみ。MDのファイルもPCのストリーミング放送もそれぞれのイヤフォンジャックとケーブルで繋げば録音OKで、便利なこの上ない。これでようやくMDで取り溜めた録音放送をMP3化する道が開けた。
[PR]
by dande550213 | 2011-02-21 16:18 | PC・IT | Comments(0)

Apple iPod shuffle 第4世代


2週間前に、初めて買ったApple製品。

Apple iPod shuffle MC585J/A [2GB ピンク]
f0096508_152326.jpg


値段の安さ(¥4,000)につられて衝動買いしたが、失敗だった。

ふだん携帯して音楽を聴くことはないが、通勤途中やウォーキング中に録音しておいた語学放送や語学CDを聴くことがあるので、3年前からSANYOのICレコーダー(DIPLY TALK ICR-B181M)を愛用していた。

その前の機種もSANYO DIPLY TALK ICR-S300RMで、ほぼ2年間、毎日、休み無く愛用していた。

当時はMP3で録音して再生できる機種はSANYOのICレコーダーしかなくて、値段は少々高かったが、私にもとても使い勝手の良い製品だった。

最近、DIPLY TALK ICR-B181M(512MB)では容量不足で不便だと感じていたので、MP3ファイル再生専用に2GのApple iPod shuffleに恐る恐る手を出してみたが、これは音楽専用で、語学などの音声ファイルの再生には向かないことがわかって、ガックリきている。

オシャレなのは良いが、説明書が簡単過ぎて、初めてApple製品に手を出したおばちゃんには何が何やらサッパリわからず、マニュアルのPDfファイルをDLして、プリントアウトして、よくやく全貌がわかった。

自分の必要なファイルだけ持ち歩きたいので、iTuneと同期をとると不便、ファイルをたくさん入れると、必要な音声ファイルを探し出すことができない、など用途を間違えて購入してしまったことに後で気がつく。

また小さ過ぎて紛失してしまいそうだし、ストラップ穴がなくて、クリップで留めるようになっているが、クリップが外れて落としそうで不安、操作ボタンが小さ過ぎて使いづらい、などおばちゃんにはどうも合わない。

しかたがないので、音楽CDをMP3に書きだして、それを入れることにする。
[PR]
by dande550213 | 2011-02-21 15:33 | PC・IT | Comments(0)

過去に書いた文章から⑥2010年12月 SLE25年目(55歳)の時
----------------------------------------------------------------------------
2010年12月『 私の闘病記―闘病25年の心の軌跡~死(無)に怯える心からの解放~23/30 』
          (全国膠原病友の会 関西ブロック 『明日への道 ブロック版 №122』)

はじめに
1.「抑うつ状態」の39歳までの私
2.何をきっかけに再起したか
3.再起後の猪突猛進「生き急いだ40代」
4.洗礼を受ける
5.死に対する恐怖
    (1)パスカルの場合
    (2)私の場合
    (3)大町公氏の場合
    (4)岸本英夫氏の場合
6. 人間の死生観の2つのタイプ
7.「抑うつ状態」の奥に潜んでいたもの
8. 賭け
    (1)パスカルの賭け
    (2)私の賭け
    (3)岸本英夫氏の賭け
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安
10. 最後に
*******************************************************
9.私のジクソーパズルの完成と心の平安 1/3
 「復活と永遠の命を信じられないこと」に苦しむ中で、次第にわかってきたことがあります。それは、「信じること」、これすらも人間は自分の努力ではできないということです。「信じようと決めて、信じ切る」なんてことはできないのです。信じるために一生懸命努力したら信じられるというものではないことを思い知らされました。

 「信じる」とは心の問題であって、知識や理性とは無関係のものだということです。

 「永遠の命が得られてお得だから、神を信じる方に賭ける」ように勧めたパスカルもこう言っています。
 神を感じるのは、心情であって、理性ではない。信仰とはこのようなものである。理性にではなく、心情に感じられる神。

 昨年、イースター(復活祭)を迎えるにあたって「ああ・・・今年もまたイースターが近づいてきた。『復活を信じていなければ、私たちの信仰はむなしく無意味なものとなる』と毎年言われるイースター、辛いなあ・・・」と思いながら、何気なくSLEになって以後の人生に思いを巡らしているうちに、「なぁ~んだ、こういう事だったのか・・・」と、ふっと憑き物が落ちたようにわかったのです。ようやく私も「復活と永遠の命」を信じられるようになったのです。

 SLEになって以後、私は「人間とは何と無力な存在なのか」ということを次々に思い知らされてきたような気がするのです。難病、愛、信仰、この3つですら、努力しても努力しても自分の思うようにならないことを私はSLE以後の人生で身を持って思い知らされてきたのだなぁと感じた時、「はあ・・・自分は何と無力な存在なのか、人間とは何と小さな存在なのだろうか」ということが、自分自身の体験を通してようやくわかったのです。

 知識を愛して何でもわかったような気になっているけれど、科学が発達して何でもできるような気になっているけれど、それは私の思い上がりだったんだと気がついた時、聖書のヨブ記が浮かんできました。

                          (続く)
[PR]
by dande550213 | 2011-02-19 09:57 | SLE・健康 | Comments(0)

2011/02/19 :コンスタンティン・ブランクーシ生誕135周年
f0096508_9245381.jpg

[PR]
by dande550213 | 2011-02-19 09:25 | PC・IT | Comments(0)

父の退所後を模索


NPOの介護施設で2ヶ月間入所できる予定が3月末までに早まり、4月以降の生活をどうするか、模索中。

入院中の空きベッドに緊急入所させて戴いているので、その方の退院日が決まれば、それまでに父は退所しなければならない。緊急に1ヶ月半入所できただけでも有り難いことだったのだから、しかたがないが、気が休まる暇がない。

仮申し込みしてキャンセルした柏原の有料老人ホームや田舎の近隣の有料老人ホームなどに待機者の数などを問い合わせる。

申し込みをして、唯一、面接、体験ショートステイまで進んだ老健施設に入居できそうか電話で問い合わせ、窮状を訴えるが、「ベッドが空いたら入居できます」とのつれない返事。

母は連日病院通いして、どうやら腰痛・足痛は「腰部脊柱管狭窄症」の可能性が出てきた。

これなら手術で痛みが軽減されるので、また多少なりとも手伝ってやれば母が介護を続けることもできるかもしれない。

弟とPCメールで連絡をとりながら、父の退所後を模索する日々。
[PR]
by dande550213 | 2011-02-16 17:47 | 両親介護 | Comments(2)