一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧



2010/04/24  NASAハッフル望遠鏡打ち上げ20周年
f0096508_8473970.jpg


2010/04/22  earth-day
f0096508_848372.gif

[PR]
by dande550213 | 2010-04-24 08:48 | PC・IT | Comments(0)

タケノコ全滅


昨日、日帰りで実家に帰省した。4ヶ月ぶりになる。

左足の静脈血管炎のため、寒いところが苦手(炎症が広がって痛む)になり、今年は冬場の帰省を躊躇していたが、ようやく暖かくなったので、トルコ旅行のお土産を携えて、父母の顔を見に行った。

前回のエジプトもそうだが、父母はトルコへも10数年前に旅行済みで、私の旅行は、父母や夫の後を追いかけているとも言える。(^-^)

娘が、"田舎に行くならぜひタケノコを掘って持って帰ってほしい"というので、家の竹林に堀りに出かけた。

父母が言うには、"もう猪が掘り返して食べてしまっているから、行ってもタケノコは無いだろう"ということだったが、それでも・・・と車に父を乗せて山奥に出かけた。
f0096508_10414160.jpg


谷川に沿ってトラックの通れる道がある。谷川と道の間の土地には杉が植えてあり、谷川の向こう側はヒノキが植えてある。そのヒノキ林の一角に竹林がある。ここは、父が子どもの頃に別のところから3本の竹を持ってきて植えたのが、竹林になったのだと言う。

家の竹林は他にもあるが、ここが一番よくタケノコが取れる場所で、毎年採りに行っていたが、今年はまだ一度も採りに行っていないと言う。

父を車の傍に残して、倒木の橋を渡り、竹林に入り、夫とともに必死でタケノコを探す。
f0096508_10501819.jpg

f0096508_10471385.jpg


が、どこもかしこもこんなありさま。
f0096508_10524041.jpg


猪が掘り返して食べた痕が散乱。(^-^;)

結局、収穫は皆無で、母がご近所から頂いた虎の子のタケノコをお土産にもらって帰った。

山に食べ物がないのだろうか、近年猪の害がひどくて、畑の作物や稲は食い荒らされ、ミミズなどの小動物を食べるのか山の斜面まで掘り返して山道の崩れかかっている箇所も見られる。

私たちが帰省した日は"村用(村の共同作業)"があって、身体の不自由な父に代わって母が参加していたが、何をしたのかと聞くと、猪や鹿除けのフェンスの張替えだったという。

里山の生態系が崩れかかっていて、山の動物の襲来に人間の生活が追い詰められつつあるような気がする。
[PR]
by dande550213 | 2010-04-19 11:03 | 雑感 | Comments(2)