一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧



f0096508_18403254.jpg

f0096508_1841136.jpg

[PR]
by dande550213 | 2009-09-28 18:42 | 教会生活 | Comments(2)

今日は、教会秋の特別福音キャンペーン。

今回の講師は、天台宗の僧侶からキリスト教巡回伝道牧師と変えられた松岡広和牧師。
f0096508_2194340.jpg


午前の特別伝道礼拝と午後の講演の内容は、一冊の本にまとめられている。↓
f0096508_2116865.jpg


午前は、お寺に生まれ、仏教系の大学の大学院にまで進み、さらに仏教を極めようと韓国の仏教大学でも学ばれた天台宗僧侶であった師の証し。

午後は、釈迦から始まった仏教が釈迦の死後の歴史の流れと伝播の中でどのように変化したかを詳しく解説してくださった。

頭で信仰を考えようとする傾向の強い私には、理性的にも霊的にも納得できる非常に恵まれたひとときだった。

師の上記の著書の「おわりに」から、示唆に富む次のことばを、転載させていただきたいと思う。↓
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 福音宣教は、その国の文化をまったく無視しては成り立たないと思います。もし、文化を無視した宣教をするなら、せいぜい、その国の中にごく小規模な異質の文化圏を形づくるにとどまり、それ以上、広く人々に浸透することは不可能でしょう。
 仏教が日本に伝わって、約1500年という気の遠くなるような歳月が流れています。日本の文化は、仏教を抜きにしては考えられないものとなっています。
 仏教を理解するのも、日本の福音宣教にとって必要なことと信じます。その理解も、深くは必要ないでしょうけれど、正しい理解が大切です。いたずらに批判したり、または、キリスト教に都合の良いように曲げて解釈したりしてはいけません。もちろん、妥協も許されないことです。
 『伝道の書』3章11節に、「神は、人の心に永遠を与えられた」という御言葉があります。どの国の人々であっても、どんな宗教の人であっても、みな神様によって造られた人々です。ですから、本能的に、造り主である神様を求める思いがあるはずです。
 伝道も、他の宗教に対してただ対決の姿勢をとるのではなく、相手をまず理解し、その人の心の中にある「造り主である神様を求める思い」に訴えていく方法をとるべきでしょう。人の心が本当の神様に出会うとき、それまでどんなものを大切にしていたとしても、おのずから本当でないものから離れるでしょう。本当の救いは、イエス・キリストにしかないからです。
 「この方(イエス・キリスト)以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです」(使徒の働き 4章12節)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by dande550213 | 2009-09-27 21:19 | 教会生活 | Comments(0)

娘、採用決まる!


大学卒業後、未曾有の就職氷河期に遭遇してお気楽アルバイト生活していた娘の就職がようやく決まった。

今日、某市の公務員採用試験の3次試験に合格したことがわかり、母親は涙、涙、涙・・・。

就きたい職業は図書館司書だったが、採用試験がほとんどない状態で、市の職員として図書館に配属される道を探すことにしたが、この不況下の公務員試験のすごい倍率で、最初の年は1次試験で不合格。

次の年は、何とか1次試験は突破しても2次試験で不合格。

今年、ようやく3次試験を突破して、来年4月1日付けで採用が決まった。内定ということか。

息子も娘も同じ大学を卒業したが、どちらも新卒の就職試験は受けなかったので、このご時勢で就職には苦労した。

親の私がただひたすら願っていたことは、わが子の経済的自立だった。

親の方が先に死ぬのだから、親が死んでも自分の力で生きていける経済的基盤を何とか確保してほしいと常々願っていたが、ようやく肩の荷が下りたようなうれしい気分。

公務員は給料は安いけれど、彼女の好きなソフトボールのチームは続けられるし、何よりも病気になったときの福利厚生がしっかりしている。

娘は、運悪く両親の双方から膠原病を発病しやすい体質を受け継いでいるので、私は彼女が幼い時から発病の誘因を避けるよう気を配り、必死で彼女を守ってきた。幼い彼女を膝に抱き上げ、嫌がる彼女の腕を押さえながら、血液検査を毎年夏が始まる前にした。彼女は「どうして、兄ちゃんはしなくてよくて、私だけが毎年傷め目にあわなければならないのか」と尋ねたものだった。

生理が始まった頃から体調が悪くなり、中学に入った頃に一気に検査データが悪くなり、発病の危機が訪れたが、早めに誘因(日光)を避ける処置をとって、何とか発病を免れた。

この後危険な時期は、妊娠出産時だから、私は身勝手な話だが、彼女は子どもを産んで欲しくないとさえ、思っているが、いずれにせよ、万が一にも発病したときのことを考えると、仕事は公務員でいてくれるのが一番の安全策のように思うのだ。

発病するか、しないかは神のみぞ知るで、本人には予測がつかない。もしかしたら生涯発病しないかもしれないし、来年かもしれないし、明日かもしれない。

発病してしまったら、もう正規就職の機会は無くなるのも同然なので、元気な今、何としても就職を決めて欲しいと切に願っていた。
[PR]
by dande550213 | 2009-09-25 21:42 | 雑感 | Comments(7)

先週の土曜日(9/19)に、神戸市修法ヶ原の外人墓地にある教会創立者ドロシー・エレン・ホーア師のお墓を教会の方々と共に訪れた。元は春日野外人墓地にあったが、1961年に現在の地に移転されたという。

f0096508_15162392.jpg


墓碑には次のように刻まれていた。

DOROTHY ELLEN HOARE
FOR 30 YEARS
AN AMBASSADOR FOR CHRIST 
IN JAPAN
CALLED HOME JANUARY 16 1950
We pray you in christ's stead,be ye reconciled
TO GOD   2 COR 5・20
我等キリストに代りて願ふ なんぢら神と和げ

f0096508_15305317.jpg

1893年(明治26年)英国にて生まれる
1919年(大正8年)来日 神戸へ 26歳
1921年(大正10年)東京へ
1932年(昭和7年)柏原へ
1942年(昭和17年)英国へ強制送還
1945年(昭和20年)再来日 京都へ
1950年(昭和25年)1月16日召天 57歳2ヶ月

略歴を見ると、生涯のすべてを日本宣教に捧げられた方のようだ。

ようだ・・・というのは、ドロシー・エレン・ホーア師のことを詳しくは知らないからだ。
否、知らないと言うより、今まであまり興味がなかった、と言う方が正しいかもしれない。
何か、別世界の、自分とは何の関係もない人のように感じていた。

しかし、こうしてお墓を訪れて、墓碑に刻まれた文字を読み、当日いただいた小島伊助師の「ホーア師ついに起たず」(昭和25年2月15日発行 『福音』第24号所収)を読むうちに、より身近に感じられるようになり、師の生涯についてもっと詳しく知りたく思うようになった。

ここに、先述の小島師の一文から、師の日本での働きを書き写しておこうと思う。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
前略
ホーア師は1919年、大正8年妙齢の一婦人の身を以て、福音の宣教者として日本に遣わされて来た。爾来31年にわたる宣教の生涯と奉仕は比類なきものであった。師は全く日本人になりきっていた。言葉も全く自由に俗語さえ極めて自然に使いこなしていたごとく、生活も日本人の風俗習慣の中に、しかも、出はバックストン師らとも縁続きで、先の外相ホーア氏らの一門でありながら、全く平易な貧しい砕け切った日本人生活の中に浸りこんでおられた。
戦前も全く日本伝道隊にここかしこ伝道しては教会の礎えていたが、戦争に際しては最後に日本を去った宣教師の一人で、しかも、英国に着いた途端に、英国に帰ったのは間違いであったと感じ、翌日外務省へ行って日本へ返してくれといって笑われたと言うことであり、従って終戦後渡日の途が開かれるや第一便で日本に再び帰り来たと云う次第で、それ以来の活躍は実に目覚しいものがあった。聖会に諸教会内の特集に婦人会に伝道会に児童会に特殊講演会に学校に工場にさてはPTAの講演に東奔西走、しかも行くとして可ならざるなきご奉仕振りであって、「時には周囲の人もついて行けないばかりか、師の肉体さえもついて行けないほど」の旺盛な精神が漲っていた。キリストの愛の脅迫による宣教精神にほかならなかった。
ホーア師は特に旧約聖書からのメッセージに富んでいた。これはバックストン師、ウィルクス師らから出たものであろうが、又、師特有のものであった。曾てある派の監督が、「新約聖書同様、旧約聖書をもって講壇の御用をするのはどうゆう風にするのか」、といぶかっていたという話も思い出されて、此れは実に日本伝道隊の御家芸であることを思う。師は今や亡し、一抹の寂しさを覚えずにはおれない。実に師の召天は伝道隊の損失であるばかりではない、日本の霊界の大損失である。惜しみても余りある事であるが、又、人一倍献身的に働かれた師にたいして神様は引き上げ命令を与え給うたのだと思うては自ら慰めるのみである。曰く、「もうよい、よくやった。今は休め」と。
後略
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by dande550213 | 2009-09-23 16:22 | 教会生活 | Comments(0)

2009/09/15
f0096508_2151942.gif


2009/09/21 
オーソン・ウェルズに関する記念日だったけど、何だったっけ?忘れちゃった。(^-^;)
f0096508_2164722.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-09-22 21:09 | PC・IT | Comments(2)

ペルー人の小学生が日本語の絵本(ひらがな)を読んでいるときのこと。

本の中に書かれている日本語の単語を一つずつ、「これ、スペイン語で何て言う?」と尋ねた。

日本語の単語の意味が本当にわかっているのか、確認してみようと思ったのだ。

彼の説明で、印象的だった単語は、「すみれ」。

彼はこの単語の意味を「guardería(日本語で、託児所・保育園)」と答えた。

彼は日本に暮らして5年近くになるが、最近は日本人の子供ですら、本物の「すみれ」の花を見る機会はほとんどないだろうから、彼も、きっと実際の「すみれ」の花を見たことはないだろう。

もちろん、実物を見なければ、言葉と意味がセットで覚えられないのではない。本で勉強することもできるから。

彼が頭の中に、「すみれ」という文字の意味を「guardería」とインプットした背景を考えてみた。

彼が「すみれ」を「guardería」と結びつけて理解するには、彼がよく行く保育園に「すみれ」という日本語が看板のようにひらがなで書かれていたとか、保育園の名前が「すみれOOOO」だったとか、託児所の中の部屋(クラス)の名前が「すみれ」だったとか・・という可能性が考えられよう。

しかし、彼自身は小学生になってから来日しているので、彼が日本の託児所・保育園に行く機会はないはずだと思った。彼には0歳児の弟がいるのは知っていたが、まさかこの弟が託児所に入っているなんて、思ってもみなかったから、もしかして彼が読んだ漫画の一場面にでも託児所と「すみれ」を結びつけるようなシーンがあって、そうインプットしたのかしら・・・とも思った。(*彼は「日本語の多くは漫画から覚えた」と言っていたから)

それから3ヵ月後、ひょんなことから、乳飲み子を抱えた彼のお母さん(ペルー人)は日本の会社で働いていて、彼の弟が託児所に入っていることを知った。彼は日本の保育園へ行く機会があったのだ。きっと彼は弟の入園式か何かで日本の託児所へ行き、そこで「すみれ」の文字を目にして、「すみれ」という日本語と「guardería託児所」を結び付けたのではないだろうか。



この彼が、私の電子辞書の和西辞典で一番最初に確かめた日本語の意味、
それは「ばか」だった。

きっと彼は日本人の友達から「ばぁ~か!」と言われて、馬鹿にされた経験が何度もあるのだろう。
[PR]
by dande550213 | 2009-09-13 15:01 | スペイン語学習 | Comments(0)

「破れ口」と「馳せ場」


教会生活を送っていると、独特の用語に戸惑うことがあるが、それは私だけなのだろうか。

というのは、そういった苦情(?)や疑問(?)を他の信徒さんから聞くことはほとんど無いからだ。

私は、礼拝メッセージを頭で理解しようと、学校の講義を聴くような感覚で聴いているのだろう。だから、わからない言葉に引っかかるのだろうと思う。

きっと、聖霊の働きがないのだろう。


私が最近悩んだのは、「破れ口」と「馳せ場」という言葉。

8月第5主日の礼拝メッセージの題は、詩篇106篇19-23節「破れ口に立つ」。

106:19 彼らはホレブで子牛を造り、鋳物の像を拝んだ。
106:20 こうして彼らは彼らの栄光を、草を食らう雄牛の像に取り替えた。
106:21 彼らは自分たちの救い主である神を忘れた。
     エジプトで大いなることをなさった方を。
106:22 ハムの地では奇しいわざを、葦の海のほとりでは恐ろしいわざを、
     行なわれた方を。
106:23 それゆえ、神は、「彼らを滅ぼす。」と言われた。
     もし、神に選ばれた人モーセが、滅ぼそうとする激しい憤りを避けるために、
     御前の破れに立たなかったなら、どうなっていたことか。
                                          (新改訳聖書)

私のこのメッセージのタイトル「破れ口に立つ」と、関連する「御前の破れに立たなかったなら」の意味がよくわからずに困った。

うちの教会では、聖書は新改訳聖書を使っているが、新改訳には「破れ口に立つ」という用語はない。
しかし、口語訳聖書では106:23が以下のように訳されていて

 106:23 それゆえ、主は彼らを滅ぼそうと言われた。
    しかし主のお選びになったモーセは破れ口で主のみ前に立ち
    み怒りを引きかえして、滅びを免れさせた。        (口語訳)

「破れ口に立つ」という言葉は、口語訳聖書の詩篇106:23からきているのだとわかる。
もしかしたら、もっと古い文語訳聖書もそうなのかもしれない。


「破れ口」という言葉は、一般的な国語辞書といわれる「広辞苑」には載っていないが、
専門辞書の「日本国語大辞典」には以下のように載っている。(要約)

◎「やぶれ-ぐち 破口」
 (1)破滅におちいるいとぐち。だめになるはじめ。
  *浮世草子・傾城色三味線「終には八嶋の破れ口にあはるべし」
 (2)破れかぶれになって行う手段。
  *浄瑠璃・伽羅先代萩「其方の巧を仕損、詮方なさの破れ口。」


口語訳聖書の「破れ口で主のみ前に立ち」は、(1)の意味で使っていることがわかるが、
現代の日常的なことばではない。



「馳せ場」という言葉は、「信仰の馳せ場を走り抜く」というような使い方で、クリスチャンの告別式などでよく耳にする言葉だと思う。

この言葉は、前述の「広辞苑」だけでなく「日本国語大辞典」にも収録されていないから、恐らくクリスチャン世界特有の用語ではないかと思う。

口語訳・新改訳・新共同訳のいずれにも無いが、文語訳聖書にはある。

文語訳聖書のヘブル12章1節に、以下のように用いられている。

 この故に我らは斯く多くの証人に雲のごとく囲まれ足れば、
 凡ての重荷と纏へる罪とを除け、忍耐をもて我らの前に置かれたる馳場をはしり、
 信仰の導師また之を全うする者なるイエスを仰ぎ見るべし。(文語訳聖書ヘブル12:1)


この「馳場」を、口語訳・新改訳・新共同訳ではいずれも「競走」と訳している。


うちの教会は、今年教会創立77周年を迎えた歴史ある(?)教会だ。

古くからの高齢の信徒さんは文語訳聖書で学ばれたので、文語訳聖書で用いられていた用語を教会生活の中でよく聞くような気がする。

ところが、悲しいかな、私のように現代の若者(笑)は昔の教会用語の意味がよくわからないことが多い。だから、時々頭を悩ますことになる。

聴いていて、意味がわからないというより、突っかかってしまうのだ。滑らかに、すう・・・と言葉が染み込まず、「喉元で一時つかえたまま、下に降りていかない」という状態。

世代差なのだろうが、私には難解。

時々、もっと若い現代の青年たちはこれらの言葉をどう思っているのだろう?と思うことがある。
[PR]
by dande550213 | 2009-09-12 11:39 | 教会生活 | Comments(2)

デジタルグッズが大好き。
見るとほしくなる。
ヘソクリと相談。
あちこち安いとこを探し回る。
こうして買ったものの中には、お蔵入りのもいくつか。(^-^;)


テキスト形式入力だけで、PCに取り込めるデジタル筆記具。
長年こんなの欲しかったの!

携帯でスケジュールやメモ書いていたが、PCにうまく取り込めない。
保存件数を超えると、削除しなければならないことを後で知り、また手帳を取り出した。

2週間前にテレビでpomeraを初めて知って、さっそく飛びついた。
MicroSDカードも注文した。
カレンダーテンプレート作って、手帳とは今度こそGoodbyするぞ!




礼拝のメモもこれでやったら、大目玉を食うかな?
[PR]
by dande550213 | 2009-09-11 21:26 | PC・IT | Comments(0)

ここ2,3日残暑が厳しく、またクーラーのお世話になっている。

最近、人並みに夏の暑さに根を上げるようになり、クーラーをつけるようになった。

SLEを発病した24年前は、平熱は普通(36.6℃ぐらい)だったが、ステロイド服用が長年になるにつれて次第に平熱が下がり、4年前頃までは平熱は35.9℃ぐらいだった。それで、格段冬寒いということはなかったが、夏は世間が言うほど暑く感じないので、家庭内で私一人がクーラーを拒んでいた。

夫や娘は「暑い!暑い!」と言ってクーラーをつけるが、私は暑くないので夏でも長袖を着て、クーラーをつけられると冷蔵庫の中に入ったような冷えが体中に走るので、家庭内で「クーラーをつける・つけない」でよく揉めていた。

ところが、4年前にステロイドが10mg/dayよりも少なくなり、次第に平熱が上がり始め、最近は36.4℃まで戻った。そうなると、人並みに夏が暑く感じられて、今夏はずいぶんとクーラーのお世話になった。おかげで、家の電気代が随分とアップしたのは困ったこと。(^-^;)


60mg/dayから治療を始めたステロイドが、24年間で、10分の1の6mg/dayに減った。

何がステロイドの副作用で、何がSLEの症状なのか、素人には判別が難しいが、平熱がまた元に戻りつつある今、一時35℃台に下がっていたのは、やはりステロイドの副作用だったのではないかと思う。
[PR]
by dande550213 | 2009-09-06 18:10 | SLE・健康 | Comments(4)

最近、頻繁に着替えしてるGoogle ロゴ。

2009/09/03  9月3日 って、ドラえもんの誕生日だったの?
f0096508_16274381.gif


2009/09/05   代替テキスト表示無し。今日はどうして着替えたの?
f0096508_16281126.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-09-05 16:28 | PC・IT | Comments(0)