一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧



昨日の衆議院選挙は、日本の政治史の上に大転換をもたらす結果となった。(^-^)

そのことの意味を、海外のメディアが競ってトップニュースとして報じている。

昨夜、開票速報を見ながら、Googleでスペインではこの結果をどう報じているのか調べていたら、飛び込んできたのが Japón se prepara el mayor vuelco electoral en 54 años (El PAÏZ) という記事の見出し。

55年体制ができた年に私は生まれた。だから、生まれてからこの歳まで、政権を担当している政党はずぅ~と自民党だったもといえる。(※約8ヶ月の細川連立内閣はあったが)。いわば、自民党の一党独裁が54年間続いていたということになる。

各政党の良し悪しは別にして、私は一つの党が長期にわたり政権を担当し続けることには反対だ。

誰の政権の時だったか、自民党政権を変えられそうな希望がわいてきた時、公明党との連合政権ができて自民党政権の延命化が図られた。選挙制度も彼らに有利なように変えられて、政権交代の芽が摘まれたかに思ったが、何と、その小選挙区制を逆手にとって、日本国民は自民党政権にNO!を突きつけたのが昨夜のこと。

本質的には、自民党も民主党も変わらないと思うが、とにかく一度政権交代させて、民主党がどういう政治をするのか見てみたいと思った。

民主党の政治が悪ければ、私たちはまた「NO!」を突きつけて、別の政党に政権を担当させればいいのだ。

それが国民の力でできることを私たちが体験したことが一番大きな収穫だと思う。

そして、「日本国民が政治的に目覚めた」ことの意味を世界が教えてくれているような気がする。

ちなみに、民主党はスペイン語では(PDJ)Partido Democrátido de Japón /(PD)Partido Democrático

自由民主党は、(PDL)Partido Demócrata Liberal ,(PLD)Partido Liberal Democrátoco / Partido Liberal Demócrata と表記されていて、揺れがみられる。
[PR]
by dande550213 | 2009-08-31 18:27 | 雑感 | Comments(1)

2009/08/29  マイケル・ジャクソンの誕生日
f0096508_928578.gif


2009/08/30  衆議院選挙の投票日
f0096508_929573.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-08-30 09:30 | PC・IT | Comments(0)

新型インフルが予想より早く流行期に入った。

自己免疫疾患でステロイドを服用している患者としては、新学期を迎えて悩みは尽きない。

今まで感染しないように「マスク・うがい・人ごみを避ける」よう、心がけてきた。

しかし、ピーク時には「1日当たり約76万人の患者が新たに出て、全国の入院患者は最大時で4万6400人に上る可能性」という報を読んで、ハイリスク組としては、感染者が爆発的に増える前に新型インフルに感染発病する方がより安全性が高いのではないかと思うようになってきた。

先ず、ワクチンが間に合わない。

ワクチンの供給開始が10月下旬頃ということで、仮に優先組にリストアップされてすぐに接種できたとしても、免疫がつくまでに一ヶ月はかかるそうなので、ワクチンの効果が現れるのは11月下旬頃ということになるから、今期の流行に関しては、ワクチンはたいして効果を発揮しないだろうと思う。

今一生懸命感染防止を心がけて感染を遅らし、万が一、ピーク時頃に感染発病したときが一番危ないと思う。重症化しやすいハイリスク組がきちんと治療を受けられない可能性が高いからだ。

国民の5人に一人が感染するのなら、感染防止に心がけたとしても、感染は避けられない確率が高い。
なら、まだ患者数が爆発していなくて、医療が受けられやすい今の時期に感染発病しておく方がハイリスク組としてはより安全性が高いのではないかと思うのだ。

自分勝手な考えだということはわかっている。

しかし、今までの死亡例をみれば、何らかの疾患を抱えた患者が犠牲になっていることも事実だ。だから、健康体の人のように、余裕をもって新型インフルに接することができない。

9月から新学期が始まる。週2日とはいえ、満員電車で小学校に通う。また、週3日、塾で小学生に教えるから、感染する確率は在宅患者さんよりも格段に高い。

このような環境の中、今後も必死で感染防止に努めた方がいいのか、それとも医療体制に余裕のある今のうちに感染する方が感染したときの安全性が高いと判断して、必死の感染防止をやめる方がよりベターなのか、ハイリスク組の悩みは尽きない。
[PR]
by dande550213 | 2009-08-29 12:12 | SLE・健康 | Comments(2)

2009/08/25 ガリレオ誕生日(・・・だったかな?)
f0096508_9365650.gif


2009/08/27 宮沢賢治誕生日
f0096508_9375329.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-08-27 09:38 | PC・IT | Comments(0)

夫孝行(?)の西安旅行


8/20~23まで、中国・西安旅行に行っていた。

出発前には、さる方から「ご主人と一緒に出かけられるのが一番うれしいです。」と言われ、また別の方からは、無事帰国を知らせたら、
「今回は、夫孝行の旅行でしたね?」と言われて、苦笑い。

旅行好きの私たち夫婦が一緒に海外旅行に行ったのは、今回で4回目。

海外旅行はおろか、国内旅行もほとんど夫婦別々で出かけるから、危ない夫婦なのかもしれない。(^-^;)

なぜ、別々に出かけるか、以前にブログに書いたような記憶があるが、今回は、旅行代金が¥39,800(4回も飛行機に乗り、西安シェラトン2泊)で、一人参加追加料金を払うのがもったいなかったのと、夫は西安にはまだ行ったことがないと思っていたので夫を誘ったのだが、何と夫は中国旅行は4回目で、西安には15年ほど前にも行ったことがあると旅行中に宣う。

夫の中国旅行1回は記憶にあったが、後2回は、いったいいつ行ったのだろう?(-.-;)


帰国後、私は、やはり一人参加の方が良かったなあ・・・と思っている。夫もそう思っていることだろう。
[PR]
by dande550213 | 2009-08-27 09:32 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

アゲハ蝶


アゲハ蝶といえば、今じゃ、真っ先にポルノグラフィティの「アゲハ蝶」を思い出すぐらい虫とは縁遠い生活を送っているが、この季節になると、我が家のプランターの植木にも時々蝶が里帰りする。

パセリや山椒、青じそなどで時々芋虫を見つけるが、食べるままにしている。

まだ、色も薄い黄アゲハが一匹、立ち去りがたいのか、何度も舞い戻ってくる。
f0096508_2153192.jpg

[PR]
by dande550213 | 2009-08-14 21:06 | 雑感 | Comments(3)

頭痛と吐き気


8月8日から10日まで、盆準備のため、田舎に帰省した。

父は6月後半に帰省したときよりも症状が進み、元気がなかった。

鼻水が止まらないので、常時左の鼻にティッシュで栓をしている。

また、右肩が痛くて上がらないという。整形外科で診てもらったら、パーキンソンの症状だといわれ、これ以上薬を増やすことができないので、我慢する以外にないとのこと。

8日から高校野球が始まり、一日中、テレビを見ている。6月よりもより一層難聴が進み、飛び上がるほどの大音量にしている。この音量では母が困るかと思いきや、母も難聴が進み、これでちょうど良いという。

町とは違い、家が詰まっていないので、ご近所で文句をいう人もいないが、3日目に私は頭痛と吐き気に悩まされるようになった。

最初、どうして頭痛と吐き気がするようになったのか、わからなかった。

帰りは長時間バスに乗るので、もしかしたら、バス内でもどすかもしれないとナイロン袋を用意して乗車したが、時間を経るほどに気分が良くなり、バス内で気持ちよく食事することができた。

それで、ふと、あのテレビの大音量が原因ではなかったのかと思い至った次第。

私はもしかしたら物音に敏感なタイプなのかもしれない。少しの音でも目が覚める。

夫が早くも老人性難聴なので、最近テレビの音を大きくするがそれがイヤで、居ないときはすぐにもとの音量に戻す。娘が「お母さん、うちはテレビの音量はよそに比べると小さい方やで。」という。

音楽とかのかけっぱなしというのも苦手。もちろんBGMもあまり好きではない。かかっているとその音に気をとられるのがイヤなのだ。夫も娘も気を取られないというが、私は取られるタイプなのだろう。音楽やほかの音が聞こえてくると考えに集中できないので、あまり好きではない。

だから、普段は無音状態で暮らしている。現代的ではないかもしれない。

頭痛持ちではないので、頭痛の経験はほとんどなかったが、これからは帰省するたびにテレビの大音量に悩まされるのかと思うと、父や母に何と言って良いやら・・・。

人それぞれで、弟はあの大音量でも大丈夫なのかもしれない。
[PR]
by dande550213 | 2009-08-14 12:28 | 雑感 | Comments(0)

2009/08/12 ペルセウス座流星群
f0096508_11345524.gif


2009/08/14 ハンス・クリスティアン・エルステッドの誕生日
f0096508_11393087.gif


※ハンス・クリスティアン・エルステッド(1777年8月14日-1851年3月9日)は、1820年に電流の磁気作用を発見したデンマークの 物理学者、 化学者。
[PR]
by dande550213 | 2009-08-14 11:42 | PC・IT | Comments(0)