一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


農業は重労働


田舎の実家への出稼ぎから、今夜、無事帰宅。

今回は、ジャガイモ掘り、野生動物避けの柵作り、冬のこたつ布団セットの洗濯と収納、
庭の草引きと内外の掃除+3食の食事作り・・・と、物臭怠け者の私にしたら、大車輪の活躍。天候に恵まれて、良い仕事ができたと自画自賛。(^-^)

母が今朝、メニエールの目眩や吐き気で体調不良になり、私が帰っていて、本当に良かったと思った。幸い、午後からはマシになり、ボツボツ動けるようになったので、予定通り、私は帰宅した。

今年のジャガイモは良い出来だった。

去年はちょうどこの頃、父が倒れて入退院した頃だったので、ジャガイモの世話が十分にできず、不作だったという。

今年は木箱に6箱の収穫。
さっそく掘り立てのジャガイモを炊いて食べたが、ホクホクしてとても美味しかった。

キュウリも採れたてを料理したが、切り口の色とつやが売っているものとは全然ちがう。
摘み立ての青じそと一緒にキュウリもみをして食べたが、料理ベタの私でも最高の味。

ナスは、私に食べさせるのを楽しみにしていたのに、一昨晩、ヌートリアという野生動物に全部食べられてしまったと、母が言う。

だから、ヌートリアが食べに入れないような柵を、畑の周囲に作る作業をすることになった。

波板のトタンで柵を作り、囲ってあるのは、野生動物の害に悩むようになった過疎の田舎ではごく当たり前の風景だが、これを自分で作るとは思いもよらなかった。

父がパーキンソンと心筋梗塞で要介護の身体になったので、母一人ではできなくなったからだ。母はたとえ一人でもやるというが、最近父の介護で腰痛がひどくなり、無理はさせられない。

荷車にトタン板20枚や竹の杭や、金槌の大きいの、テレビ線を切ったひもなどを積んで畑に向かう。

囲む広さは、一反の四分の一ぐらいの大きさだろうか?

押し車を押して現場に駆けつけた父の監督の下、作業を始めるが、古いトタン板はくにゃくにゃで、それを支えながら、楔型の竹の2つの杭の中に挟み込んで杭を打ち付け、テレビ線の紐で結び、さらにさらに深く杭を打ち込む。

胸ぐらいの高さの杭を片手で打つ込むのは力が要る。
うっかりしたら、支えている手を打ちそうになる。
慣れない力仕事に、次第に疲れてくる。

母が「私が代わる、代わる」というが、腰痛持ちの母にはさせられないから、「構へん。大丈夫。ナンボ病人やゆうても、年寄りのお母さんより若い私の方がマシやから」と。

片手だとなかなか力が入らないが、両手で金槌を握りしめると力が倍になるので、竹の杭を持ちながら少し土に打ち込んだ後に、今度は杭から手を離し、トタン板を両足で挟んで支えながら、両手で金槌を持って、打ち込むと楽に作業が進むことに気がついた。

4つの隅のところのトタン板と竹の杭の組み方も父が言うのとはちがう組み方にしてみた。
この方がスキマができずに、しっかりしていると、母も喜ぶ。

作業を終えて、帰り道、若い衆が作ったという隣の畑のトタン板の囲いの隅の組み方を見てみたら、私が工夫したのと同じ組み方だったので、うれしくなった。

その夜は疲れ果てて、夜の9時から朝の7時までぐっすり一寝入り。
腕や手首が痛くなるかな・・と思っていたけれど、コリも疲れも残っていなくて、我ながらビックリ。

翌日も大車輪。

しかし、農作業は本当にたいへんな重労働だと、自分がやってみて初めてわかる。

主婦はさらに家事が加わるわけだから、母の身体が年齢以上に弱っているのもうなずける。

もっともっと、助けてやりたい。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-28 22:34 | 雑感 | Comments(0)

f0096508_2083995.jpgf0096508_2085216.jpg








   いよいよ来月から夏祭りが始まる。

   町中では、f0096508_201858100.jpg
   法被をきた若い衆や子供会の役員さんたちが、
   寄付集めに回る姿を見かけるようになった。

   石屋の犬ちゃんも、はや準備万端。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-24 19:58 | 雑感 | Comments(2)

生き返った~♪


疲れがたまっていた。

腰は消炎鎮痛剤を塗らないとダル痛くて、たまらない。
頭痛持ちでもないのに、最近、頭がズキズキする。
久しぶりに、また、夜が眠れなくなった。

不眠で迎えた朝は、体が重くて、沈没しそう。
その夜はさすがに早く眠くなる。
ここで、何もかもほっておいて、すぐに布団に入ると正解。
ほとんど朝まで熟睡で、快適な目覚めを迎えることができる。

これを2クール繰り返して、今朝は皆を送り出した後に、久しぶりに朝風呂に入った。

前夜、何もかもほっておいて、眠くなった瞬間にすぐ布団に入ったから、
歯磨きもしていないし、顔も洗っていない、お風呂も入っていないし、
着替えもしていなかった。

眠くなったときに、寝る準備を始めると眠気が覚めて、
また眠れない夜を過ごさなければならないことは今までの経験で明らかだから、
こんな時は汚いの、防犯点検が・・・なんて、言ってられないのだ。

とにかくおかげで、今朝は久しぶりにスッキリ。(^-^)

今週末から田舎に帰省するので、最高のコンディションにしておきたい。

そこで、今朝は朝風呂で総仕上げにかかる。

お風呂のミラーにクエン酸ペーパーを貼り付けて、磨くおまけ付き。

引っ越したばかりの息子にビールやお米を送る手配をし、
格安海外旅行の代金支払いをし、
懇談会での通訳まね事に備えて、スペイン語会話のシミレーションをし、
図書館へ本の返却に行き、PCのマイデータの保存ドライブを変更し、整理モード一色。

おかげで、身体だけでなく、心もゆったり。

今日は祈祷会の日だったが、欠席した。

今日だけでなく、新しい仕事が加わった4月から、欠席することが多くなった。
だから、今日はがんばって行こうと思ったけれど、
もし行っていたら、今みたいな状態になれただろうか?

仕事の量から言えば、最近では一番多い。
年とともに、体力は衰える。
しかし、教会奉仕の仕事は少しずつ増えていく。

これが疲れがたまる一因。

そんなに欲張って金儲けの仕事増やさなきゃ、いいじゃん。
って、クリスチャンから言われそうな気がする。

そんなに欲張って奉仕の仕事増やさなきゃ、いいじゃん。
って、ノンクリスチャンから言われそうな気がする。

私が八方美人なのか、それとも要領が悪いのか。

しかし、まあ、いずれにせよ、今日は生き返った気分♪
[PR]
by dande550213 | 2009-06-24 15:56 | 雑感 | Comments(8)

2009/06/17
f0096508_8262827.gif


2009/06/21
f0096508_827635.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-06-21 08:27 | PC・IT | Comments(0)

きのう、臓器移植改正A案が衆議院を通過した。

臓器不足の懸念から、「国民の臓器はその国の患者に移植すべき」という世界の潮流を突きつけられて、まるで背中に火がついたかのように、十分な審議・討議もなされないままに、駆け込み採決がなされたような感がある。

改正に賛成する支援団体、反対する支援団体という対照的な立場の女性の方が、どちらもハンカチで涙をぬぐっている写真が新聞に掲載されていたのが、とても印象的だった。

うれし涙と思われるのは、心臓移植を待つ間に長男を亡くされた女性。
かなし涙と思われるのは、脳死とされた子供をみとった女性。

どちらの思いもよくわかる。。。。が、いつまで議論してもその思いはかみ合わないだろうと思う。

この問題を考えるとき、私が思うことは、「人間は、開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまって、もう元には戻れなくなっている」ということだ。

パンドラの箱は、「臓器移植という医療行為」だと思っている。

臓器移植への道を開いたことは、人間の領域を超えた領域に人間が踏み込んだ決定ではなかったかと思う。

「他人の臓器の不要な臓器で、別の人の命を救う」というのは、とても合理的な考えだ。

かつて私もそう考えて、発病して病に苦しむ身になったのを契機に、2つのバンクの死後の提供者リストに名を連ねていた。

一つは今も登録して、その会の維持のために毎年会費を払い続けている。
もう一つは、登録して数年で、特効薬が開発されたので、移植の必要が無くなったという連絡があり、バンクが解散になった。

臓器移植法案成立の後、ドナーカードに意思表示をするかどうか悩んだとき、結局しなかったのは、移植という医療行為に疑問を持つようになったからだった。

ある人の命を救うために、別の人の臓器を切り取って使うという行為を認めたことが、果たして正しい選択だったのだろうかと思うのだ。

遺伝子操作、人工授精、代理出産、クローン誕生なども同様。
「命を救う行為」を大義名分にしているが、本当に必要不可欠な医療行為だろうか。

こんなことを書けば、「あたなは移植を待つ親の気持ちがわからないからでしょう」と批判を受けるだろう。

まったく同じ気持ちで理解はできないけれど、私自身もかつて腎臓移植を望んだ時期があった患者の一人だ。また、両親の双方の家系から難病遺伝子を受け継いだ娘の、その発病を防ぐために生きてきたような半生だったから、病気の子供を思う母親の気持ちも少しは理解できるのではないかと思っている。自分の子供が治る見込みのない病気で苦しんでいれば、親は自分の命を捧げても構わないから、代わってやりたい、この苦しみを無くしてやりたいと必死で願うものだ。

このような時に、臓器移植という選択肢があれば、それにすがりたいと思うのは当然だろう。

そして、臓器移植という選択肢があったにも関わらず、日本では従来の移植法案のせいで十分に利用できなくて、子供を死なせてしまったという無念の思いが、根底にあるような気がする。

しかし、最初からそのような選択肢が無かったとしたら、どうだろう。

現実に、治療法にそのような選択肢すら無い病気は、山のようにある。そのような病気で子供や身内を死から救うことのできない家族も数え切れない。そのような方々はただ死を受け入れるより他はない。

人間の死というのは基本的にはそのようなものだと思う。ある段階まできたら、受け入れなければならないものだと。

そして、その段階は臓器移植を含まない。

なぜなら、それは他人の臓器を使うからだ。

今や臓器移植は、エネルギー問題と同じく、南北問題にもなりつつある。

他人の臓器を使って患者の命を救うためには、「より良い状態の臓器が欲しい」となって、心臓の停止を待たずに「脳死」段階で取り出したいと願うようになるのは必然だ。

日本で手に入らなければ、海外で。
死後の臓器が手に入らなければ、貧しい人の頬を札束でたたいて、生きた人から買いたたく。
生きた人からも手に入らなければ、人を殺してでも臓器を手に入れる。
お金さえあれば、何でもOK。もうけるためなら何でもする。

悲しいけれど、コレが人間の本性ではないだろうか。

受け入れなければならない現実を受け入れられない、受け入れたくない、私だけは、何としても・・・と。


同じ日の夕刊の「この一枚の物語」というシリーズに、次のような写真が紹介されていた。
f0096508_2141976.jpg


写真家・藤原新也氏の作品。
写真の舞台は、インド、ガンジス川の中州。流れ死体を食べる2匹の野良犬。
「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ。」


2匹の野良犬はパンドラの箱を開けてしまった人間の姿なのかもしれないと思いながら、この写真を見つめていた。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-19 22:10 | 雑感 | Comments(2)

日中両国の長期にわたる交流の中でも、もっとも顕著な影響が認められるものは服飾です。

日本の服飾は、多く中国の服飾を吸収し、発展したものですが、とりわけ特色のある日本の和服は、中国の呉服から変化したものです。

奈良時代の白鳳時期、唐式の服装が日本でひじょうに流行しました。平安時代以降、服装の様式は大きく変化しましたが、しかし依然として中国式の服装の影響から抜け出すことはありませんでした。それは近年来、中国の福建省福州や江西省徳安などの墓葬より出土した同時期の服装を照らし合わせてみると、両者に似通った部分があることからも分かります。

また、靴を脱いで部屋に上がる日本の習慣にも中国の影響が認められます。

たとえば、古代中国の生活様式を定めた『礼記・曲礼上』には「入り口に履物が2足ある場合には、話し声が聞こえれば入ってよく、話し声が聞こえなければ入ってはならない」と記され、入り口で履物を脱ぐ習慣があったことがわかります。

商周時代には、人々は多く蓆(むしろ)を用い地面に座る生活方式をしていました。戦国時代以降は、椅子、机、寝台などの家具が相次いで出現しましたが、しかし人々は依然として靴を脱いで部屋に入る習慣を持ち続けていました。

魏晋時代、戦争の関係により、靴を脱ぐのが不便になり、こうした習慣は次第に変化していき、唐代になると消えてしまいました。しかし、中国の東部である日本や朝鮮では、今なお、この習慣を守り続けています。


             (周迅+高春明 『中国5千年女性装飾史』 京都書院)

*********************************************************************************************

中国や韓国の歴史ドラマを見ながら、当時の東アジア文化圏の服装や生活方式に思いを馳せ、それらに関する先人の研究を紐解くひとときは、旅とともに、私の至福のひととき。

研究したいのではない。

一つ一つ、自分の五感で納得したいだけ。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-19 11:02 | ファイリング | Comments(0)

股関節の痛みは、もうほとんど感じなくなった。
あの痛みは、たぶん、股関節を支える筋肉が極度に疲労していたのが原因だろう。

こういうことがあるたびに、股関節が私の弱い箇所なんだなあ・・・と、改めて思う。


私は赤ちゃんの頃に股関節脱臼が見つかり、
半年間ほど、下半身にギブスをはめていたのだそうだ。

そうだ。。。というのは、そういう記憶が全然なくて、
大きくなって赤ちゃんの頃の写真を見て、母に尋ねて、初めてその事を知ったからだ。

私がギブスをはめている写真がある。↓
f0096508_20445460.jpg生後6ヶ月頃の私の写真。

下半身に石膏のようなものが見える。これがギブスだそうだ。こんなものをはめて、排泄などどうしていたのだろう。母が、「長いことお風呂に入れなくてかわいそうだった」とか「冷たい石膏に下半身を長い間包んでいたので、その部分が冷やされたことによって、あんたは下半身の血行が悪いかもしれない」(コレ、当たり!私は下半身が鬱血しているとよく言われる)とか言うから、きっと、ギブスには排泄のための穴か何かが空いていて、外さないでそれで済ませていたのではないだろうか。
今まであまり関心がなかったので、どんな風にしてギブスをはめていたのか、よくわからないが、たぶん、一回付けたら、治るまで外すことができなかったのではないかと思う。


こんなものを下半身に付けているので、抱っこの姿も少し変わっている。↓
f0096508_2057113.jpg

母が抱いている生後10ヶ月頃の私。
ギブスで両足が広げられているので、そこに手を入れて抱いている。
この写真の20日後のクリスマスイブに「ギブスがはずれて」という題の写真があるから、
誕生日を迎える前に外すことができたようだ。

早くに発見して手当てしてくれたお陰で、
私はビッコを引くことも無く、股関節にそんな障害のあったことすら知らずに育った。

しかし、こうして年齢を経るに従って、昨日のような痛みが時々襲うことを考えると、
これからはあまり股関節に負担のかかるようなことはしてはいけないのかもしれないと
思う。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-17 21:07 | SLE・健康 | Comments(2)

昨夜は妙に身体中がコリコリで寝られず、
夜中に何度も起きて消炎鎮痛剤を背中に塗った。

眠れないままに朝を向かえ、朝食の準備をしている頃から、
股関節が時々痛くなり、何かにすがらないと歩けなくなる。

こんな痛みは以前にもあって、このブログにも記録している。

そう、ちょうど2年前のこの時と同じ症状だ。

いったいどうしてこんなことになったのかと考えた。

最初は、昨日からボナロンを飲み始めたので、この薬のせいかな?と思った。

次に、昨日、何かいつもとは変わったことをしなかったかと考えて、
"もしかしたら、コレのせい?"と原因が思い当たった。

昨日の日本語指導で、
2時間ずぅ~と、「ヤンキー座りの爪先立ち」のような姿勢をとっていたのだ。

生徒が席替えをしていた。

新しい場所が周りに他の生徒がいる位置だったので、
私が椅子を持ってきてその子の横に座ると、
もしかして、後ろの子が黒板など見えにくいかな?と思い、
椅子を退けて、ヤンキー座りの爪先立ちのような姿勢で指導していた。

担任の先生が「そんな姿勢ではしんどくなりますよ~」とおっしゃったのに、
「無用心大魔女」の私は、「大丈夫ですよ~♪」なんて、
格好良いこと言って、打ち過ごした。

やっぱり足腰がダルくなって、途中何度も足をモゴモゴさせなければならなくなったが、
結局、この姿勢で2時間ほど過ごしたのだった。(^-^;)

あまり長いこと、不自然な体重のかけ方をしたので、履いていた百均の健康スリッパのゴムの部分と足を入れる布製の部分とがパックリ剥がれたことに、後で気がついた。

帰宅後、腰がコッてダル痛かったので、何ヶ月ぶりかで消炎鎮痛剤を塗ったが、
夜は身体中のコリコリで眠れなかった。


今朝の股関節の痛みはきっとこの姿勢のせいだと推測できたのはいいが、
何かにすがらないと歩けないので、
壁やら、本箱やら、机やらにすがってヨロヨロと歩いていると、
ちょうど本箱に置いているプリンタの裏側が目に入ったのだ。

ふだんなら、気にも留めない場所だが、
本箱にすがっていた時だったので、ちょうど目の先にプリンタの裏側があった。

そのプリンタの下から、黒い液体がかなり大量にあふれ出しているのが目に留まった。

もしかして、プリンタのインク漏れ?とプリンタを持ち上げてみると、
ネットリとした黒いインクがプリンタの下の本箱に広がっている。

すぐにPCを付けて、プリンタのインクの残量状態を調べてみたが、
昨日と大きな変化はないので、
たぶん、もう少し前に漏れていたのを気がつかないでいたのだろう。

そういえば、今の黒インクに交換する前に、妙にインクの減りが早いなあ・・・と感じた。

だぶん、このときだろう。
高い純正インクを使っていたのに、漏れたなんて、もうイヤ!!!

プリントはほとんどモノクロしか使わないのに、カラーインクもセットしないと使えないし、
カラーインクはあまり使わないのに次第に減っていき、カラーインクの交換をしないと
黒インクがたっぷりあってもモノクロ印刷ができないこのプリンタはもうイヤ!!!
と何度も思いながら、
購入後もう6年目にもなるのに、まあそこそこ動くので、
もったいなくてついつい使い続けていたが、
年間のインク代を考えると、今日思い切って買い換えようと決心した。

ちなみに、インク節約ソフトを導入し、
リサイクルインクや互換性インクなども利用してみたが、
インク代は年間2万円を越える。

次の機種は、A4モノクロレーザープリンタのお安いの「ブラザーHL-2140」にした。

機種の値段は、¥11,210
トナーカートリッジは¥5,520  
これで、約2,600枚印刷できるはずだから、1枚あたりのランニングコストは¥2.2
この枚数で一年間、十分足りると思うのだが・・・。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-16 12:28 | PC・IT | Comments(0)

3月の診察で、ステロイド骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折が疑われ、その後、その治療薬のビス剤を服用することに決まったが、主治医が処方を忘れられたり、私が飲み忘れたりして、ようやく今朝から飲み始めた。↓
f0096508_7294462.jpg

この薬は、週1回朝起床時服用で、30分間は横になれないし、食事も取れない。
飲むとしたら日曜日の朝が最適なのだが、さっそく昨日忘れた。
裏面に、【のみ忘れた場合】は「気づいた日の翌朝に1錠のんでください」と書いてある。
だから、「お薬を飲む日(曜日)」は「日」に印をつけているが、飲んだ日は今朝になってしまった。

義妹も以前入院中にこの薬を飲んでいたというが、今は飲んでいないそうだから、
期間限定なのかもしれない。

シェーグレン症候群も気になる。

その対処のための胃薬で蕁麻疹が出たので、以後は何の対策もとっていない。

今月の診察で、主治医に口の中を診ていただいたら、やはり「乾いている」と言われる。

来月の検査項目にシェーグレンを追加してくださることになっている。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-15 06:20 | SLE・健康 | Comments(0)

小学校へ派遣されての日本語指導も早2ヶ月になろうとする。

スポット的に入り込むような体制なので、
なかなか体系だって生徒を指導することができないのが悩みだ。

しかし、保護者に配布する学校文書のスペイン語訳の仕事がいっぱいあって、
そういう意味では充実した毎日を送っている。

スペイン語の勉強を始めて5年目になるが、
毎日毎日、追われるように「日本語をスペイン語に訳する日々」なんて初めてで、
それが楽しくもある。

難点は、私が作成したスペイン語の文章が
「正解、またはそれなりに通じるもの」なのかどうかを
誰にもチェックしてもらえないことだ。

後で読み直してみて、真っ青になる箇所もあるが、
片言でもいいからスペイン語の訳がついている方が
保護者の方の理解の手助けになるのではないかと思い、
恥を忍んで、精一杯のスペイン語訳を渡している。

学期末が近づき、
先週、算数のテストの問題文にスペイン語訳を付けてくれないかと頼まれた。

日本語の問題文を見てどうしても意味がわからないときに参考にできるように・・・
とのことだった。

今日は礼拝から帰宅後、この作業にかかりっきりだった。

例えば、こんな問題文がある。

「39.2mのひもを14等分します。1つ分は何mになりますか。」

生徒の顔を思い浮かべて、
彼が日本語のどういう表現にひっかかりそうか考えながら、
次のように訳してみたが、これで彼の助けになるだろうか?

Hay una cinta de 39.2m.
Si dividen la cinta en 14 partes iguales,¿Cuántos m son la longitud de cada una?

また、次の問題文には悩んだ。

「商は四捨五入して、十分の一の位まで求めましょう。」

Primero, calcula hasta el segundo decimal.
Después redondealo en el primer decimal.
Y escribe la respuesta entre (    )
*四捨五入(ししゃごにゅう) quiere decir “ números menores de 5 se bajan,mayores de 5 se elevan.”

と説明してみたけれど、小学生の理解語彙だろか?

小学2年生になる前に来日して、公立小学校に通う彼は驚くほど上手に日本語を話す。

しかし、日常会話に比べて、学校教育の場での日本語は段違いにレベルが高い。

教科書の漢字かな混じり文は読めないし、意味も理解できない。
授業での先生の説明も、彼には用語が難しすぎて、算数以外は理解できないようだ。
少し障害もあって、なかなか落ち着いて勉強ができない。

授業中の彼を見ていると、
いったいどんな気持ちで我慢して机に座っているのだろうと思うことがある。


先生や他の生徒の授業の邪魔にならないように気を配りながら
彼の横に座わる週2時間。

コレだけで、私は彼にどんな指導をしてあげられるだろうか。

休み時間と体育の時間が大好きで、彼はすぐに校庭へ飛び出していく。
[PR]
by dande550213 | 2009-06-14 21:31 | スペイン語学習 | Comments(0)