一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧



 教会の空気というか、クリスチャンの持っている雰囲気というか、それがどうもセンチで、わたくしにぴったりしないのでした。「わからなくてもよいから、まず信じなさい。信じて洗礼をお受けなさい」という入信の勧め方ですから、理屈にからむわたくしの心はそれにまた反発します。

                  (『元始、女性は太陽であった(1) 平塚らいてう自伝』)
[PR]
by dande550213 | 2009-05-30 23:04 | ファイリング | Comments(0)

前回の診察は、4月21日だった。

発病して24年間、判を押したように毎月2回、検査と診察のために主治医の病院へ通っていたが、今月は月例診察と検査をパスした。

新型インフルエンザ騒ぎで、最初から取りやめようと思っていたわけではなく、
慌しくしていたら、いつのまにか月末になっていて、結果として行き損ねたのだが、
本音は「感染患者が集まる病院へは行きたくない」という気持ちがあったかもしれない。

以前は4週間分しか薬が出なかったが、最近は6週間分出してくれるので、
1ヶ月ぐらい通院を空けても薬が足らなくなるということはないし、
体調も、ステロイド6mg/dayにようやく身体が慣れてきて、
最近はすこぶる快調で、一年ぶりにハリキリ・ルンルンおばちゃんしてる!! (感謝、感謝)

だから、1ヶ月取りやめたけれど、そろそろ主治医と看護師さんが懐かしい。
新型インフルエンザに対する医療関係者の意見も聞きたい。

来週ぐらいには行って来ようかな。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-30 20:19 | SLE・健康 | Comments(2)

2009/05/22
f0096508_15541441.gif


2009/05/27
f0096508_15544868.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-05-28 15:54 | PC・IT | Comments(0)

IDとパスワードの社会 2


3年ほど前に、IDとパスワードの管理が大変だ(「IDとパスワードの社会」)と書いたことがあった。

私はノートに書いて管理しているが、この3年でさらに自己管理しなければならないIDとPWが増えて、ますます不安になってくる。

IDとPWだけでなく、複数あるメールアドレス、暗証番号の変更など、頭の中はゴチャゴチャになっている。

とりあえずは、すぐにノートに書き取るが、とても覚えきれないので、このノートが無ければ、大恐慌をきたすことは自明だ。わが家にとっては、その恐怖は、世界同時恐慌どころではない。

整理整頓がすぐにできないタイプなので、この「命の次に大事なノート」も使った後すぐに元の場所にもどさないことが多い。使い終わると、取りあえず、机の周辺のどこかに置いてしまうのだ(^-^;)。

この取りあえずの場所が思い出せなくなって、後で必死で探し回らなければならなくなる。

今のところは探せばたいてい見つかるが、万が一見つからなかった場合の不安を考えれば、このノートのコピーを早急に作成する必要があると常々感じていた。

が、生来のモノグサで、相変わらず、ゴミ山のような机と引き出しを持て余して、それどころではない。

毎日が自転車操業。

が、今朝はようやくこの作業に取り掛かった。

やってみたら、意外に簡単だった。

ノートの管理ページをスキャンし、それをプリントアウトして複製ノートに貼り付けていき、スキャンした画像ファイルは外付けHDに保存しておいた。

コツコツ書き写すのが苦手なので、スキャンとプリントアウトを活用すればいろんな整理作業が楽になるとは思ってはいたが、インク代がもったいないので、実行したことは無かった。もっと活用すべきだったと反省する。

ようやく終わって、ホッとしたが、銀行のセキュリティ・カード表やパスポートも必要だったことに気がつく。

PCとネットで便利にはなったが、自己管理できないほどの記号と数字の羅列が萎縮していく脳の容量を超えゆく現実にどう対処するか、心配性の悩みはつきない。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-27 12:42 | PC・IT | Comments(2)

大阪に暮らし、怒涛のような1週間が過ぎた。

ハイリスク組として、一番困ったことは「マスクが手に入らない」ということだった。

マスクで自分への感染を防げるという確証はないが、少なくとも地域での感染拡大を防ぐ効果はあると思う。

だからこそ、厚生労働省を初めとして、様々な医療機関がマスク着用を呼びかけているのだと思うが、この「マスクが一般人には手に入らない」という現状をどう考えるのか。

あるところにはあるようだが、一般人には手に入らないのだ。

マスクは店頭に無いけれど、企業などにはあって、社員などには毎日支給されているのが現状のような気がする。娘は、某製薬会社に入っている会社に派遣で働いているが、マスク着用で仕事だから、毎日一枚支給されている。知人は大会社で働いているが、彼女も毎日1枚支給され、マスク着用で仕事していると言う。新聞報道などを見ていても、サービス業など、マスクを着用している。毎日使い捨てだから、企業はかなりの枚数を確保しているし、確保できるのだろう。

一方、昨日から再開された学校では、マスクが手に入らないために先生が生徒のために手作りでマスクを作っている様子が報じられていた。ティッシュペーパーを重ねて、ゴムをホッチキスで留めて・・・。これにはビックリした。集団感染の危険性があるからこそ、休校措置を取ったのだろうが、再開するなら、せめて感染地域の義務教育機関にはマスクぐらい配布してほしいし、それぐらいの対策をとっておくべきではないだろうか。全児童に無理なら、せめて喘息などのハイリスク組の児童にぐらいは優先的に支給してほしいと思う。

私は自分がハイリスク組なので、かなり早めに近所の薬局で少しずつマスクを買い集め、GWには田舎の父母にもあげていた。

ところが、GWを過ぎて、突然爆発的に感染が広がり、マスクの買い増しを考えたときには、もう近所はおろか、通勤途上の薬局からも、マスクは姿を消していた。娘が、「遅刻覚悟で、大手ドラッグチェーン店に早朝から並べば、いくばくかは買える」と言ってくれるが、そんなことはさせられない。

店頭にないので、ネットで何とか購入申し込みができるところを探して、90枚注文したが、数日後に「注文をキャンセルさせてほしい」とメールがきた。「入荷次第、メールで連絡」と言うところにも登録したが、なしのつぶて。

しかたがないので、関東に住む妹に「そちらに売っていたら、買っておいてくれないか?」と連絡したその夜に東京でも患者発生で、関東でもいっぺんにマスクが消えたという。この調子では、妹も手に入れることは無理かもしれないと、他の方法を考えた。

今あるマスクを使い捨てにしない方法を。

夫には「マスクの備蓄が無くなりかけているから、一枚を2日ほど使ってほしい」と頼んだら、一枚を1週間使うという。恐らく、彼は仕事中はマスクをしていないのだろう。

私は、外へ出ると長時間マスクをする必要がある。飛沫したウィルスは8時間から15時間ぐらいで死滅するといわれているので、着用したマスクを日光があたるベランダに1日ほど「吊るし干し」てして、再度着用することにした。(^-^;)

また、こんなことも考えた。ウィルスは湿気と熱に弱いというから、着用したマスクを蒸し器で蒸してみたら、完全殺菌できるではないか・・・と。

しかし、女性の場合、お化粧がマスクに付着するので、せいぜい2日ぐらいしか使いまわしできない。

最後の手段は、布でマスクを作って、洗い、蒸し器で殺菌して、何度も使い回しするしかないかなあ・・・と。

そこまで考えていたとき、別口のサイトから、「ようやく入荷したので、配送します。」とメール連絡があり、今日、中国製50枚900円ほどのが6箱届いた。透けて見えるぐらい薄いので、ティッシュペーパーを挟んで使用しようと思っている。今は「ただ、マスクが手元にあるだけでも有難い」と思っている。


大勢のマスク姿が異様だという意見も出ていた。

蔓延している外国、たとえばアメリカやカナダなどではそんなにマスクをしていない、外国人が奇異に思っている、というのが根底にあるように思う。

しかし、日本はこれらの国とは人口密度が全然異なるではないか。特に都会では狭い地域に人々が密集して暮らしているから、単純に比較はできないと思う。国によって地形や暮らし方が異なるのだから、外国と同じである必要はないと思う。

それどころか、逆にアメリカに意見しても良いぐらいだ。
「地球規模の感染拡大防止のために、感染垂れ流しにしないように、もっと努力すべきだ」と。

さらに、「外国人が奇異に思っているから」というのも、同じ。人目を気にして、右往左往している姿が垣間見えるような気がする。

よその国がどうであれ、感染拡大防止に役立つなら、人目など気にする必要はないと思うのだが、どうだろう。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-26 12:49 | SLE・健康 | Comments(0)

先週の月曜日、某小学校で様々なお知らせをスペイン語で作成した。

家で作成するときは、辞典や文例集などを広げ、ネットなどで検索したりして時間をかけられるが、学校では辞典だけが頼り。時間も1時間程度で作成しなければならない。語学力の無い私には辛い仕事。

いくつかあるお知らせの3つ目は「大阪府下での新型インフルエンザ流行」に注意を促す文章だった。

その時、「新型インフルエンザ」をうっかり「la influenza nueva 」と書いてしまったことに今日気がついた。(^-^;)

スペイン語では、原則として「形容詞は名詞の後に置かれる」ので、nueva を influenza の後に置いたのだが、ネットでスペイン語ニュース関連を検索してみると、形容詞 nueva は前にきている。『(^-^;)

nueva を influenzaの後に置くと、「生まれたばかりのインフルエンザ」のような意味になるのだろう。
    ・la casa nueva 新建築の家 
    ・la nueva casa 今度の家



ネットでいろいろ集めてみたスペイン語での「新型インフルエンザ」の表現。

一番多いのが、「la nueva gripe

辞書にはinfluenza と gripe の両方あるが、圧倒的にgripe が多い。

他の表現としては

・el nuevo tipo de influenza
・la gripe porcina     *porcina豚の
・la gripe del marrano  *del marrano豚の
・la gripe A
・la gripe A(H1N1)

などがあった。

冠詞のつけ方も難しい。「la gripe del marrano(スペイン人のブログから拝借した表現)」は「la gripe de marrano」でなくてはおかしいのではないかと思うのだが・・・。。。。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-24 18:45 | スペイン語学習 | Comments(0)

先週、「うちの教会は新型インフルエンザに罹らない教会です。」と牧師先生がおっしゃった。

その心は、「それほどまでに、高齢者が多い教会」なのだそうだ。(^-^;)

そのためだけでは無いだろうが、近隣地域で感染者が出ているのに、教会ではマスクをしている人はほとんどいない。

祈祷会でも、狭い部屋で賛美をしたり、聖書箇所を輪読したり、証をしたりして、濃密接触の機会に満ち満ちているが、皆どこ吹く風。

マスクで自分への感染を絶対に防げるというわけではないだろうが、少なくとも他人への感染を防ぐ効果はあると言われている。

感染しても無症状である場合や潜伏期間の場合は症状が現れないから、今自分は絶対に感染していない、なんて断言できないと思う。だからこそ、万が一を考えて、他人に移さないためにも、「濃密接触の可能性のある場ではマスク装着がマナー」だと思っている。

もちろん、マスクを付けたくても手に入らない場合もあるだろう。そうなら、咳をするとき、ハンカチで口元を押さえるとか、袖口で口元を押さえるとか、それなりの対処の仕方があると思うのだが、そういった配慮もないので、気が短くて、KYの私はキレてしまった。

しかし、今日、ネットでは「アメリカの研究によれば、60歳以上の人の場合は33%で新型インフルに対する抗体が見つかった」と報じている。

となると、やっぱりうちの教会は「新型インフルエンザに罹らない教会」といえるかもしれないなあ・・・。!笑)

f0096508_15221923.jpgわが市では、感染患者も出ていないのに、患者が出た隣の市にならって、今週火曜日から日曜日まで小学校も休校措置をとったが、その後、大阪南部でも感染患者が発生するようになった。

今後、もし市内で感染患者が発生したら、どうするのだろう?また、全市で休校にするのだろうか?

そんなことを考えながら、教会への道を歩いていると、何と、石屋の犬ちゃんもマスクを付けていた!
[PR]
by dande550213 | 2009-05-23 15:23 | 雑感 | Comments(0)

2009/05/10
f0096508_22553373.gif


2009/05/20
f0096508_2256174.gif

[PR]
by dande550213 | 2009-05-20 22:56 | PC・IT | Comments(0)

わが市では、昨日お隣の八尾市に新型インフル感染者が出たので、今日から市内の小学校も24日まで休校になった。

そのため、塾もお休みになり、今日はゆっくりと家で過ごした。

疲れていたので、朝、夫と娘を送り出した後、1時間ほど眠り、録画しておいた「ダヴィンチ・コード」を見て、午後も昼食後1時間ほどまた眠り、それでようやく身体が軽くなった。

外さえ出なければ、新型インフル騒ぎなど無かったかのような穏やかさ・・・。

夜のニュースで八尾市の感染患者が5名に増えているのを知る。すぐそこまで、ひたひたとウィルスが迫ってきたような感じ。こうなれば、できるだけ家に篭るに越したことはない。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-19 23:17 | 雑感 | Comments(0)

マスクの買い増し


一夜明けて、月曜日の朝、大阪府下の中・高校の1週間一斉休校が報じられた。

小学校は休校ではないので、たとえ2時間の授業といえども、出勤しなければならない。

今日から夫もマスクをつけて出勤するというので、5日分のマスクを手渡す。娘は大阪市北部に出勤するから、以前からマスクを持たせていたが、今日新たに10日分を渡す。マスクの備蓄が減ってきたので、2人に「もし街中でマスクを見かけたら買っておいてね!」と頼んだが、たぶんもう無いだろうなあ。我が家の近辺の薬屋も以前から品切れ状態。

私も帰宅途中、何軒も薬屋さんに立ち寄ったが、どこもマスクは品切れだった。

マスクは今70枚あるが、長期戦になれば家族3人でこの数では心もとない。

しかたがないので、ネットで買おうと思ったが、「品切れ」か「入荷次第、メールで受け付ける」というのがほとんど。かろうじて、残っていた花粉用(^-^;)を90枚注文した。これが届くのが、5月末から6月中旬だという。

マスクは気休めかもしれないが、満員の通勤電車内ではマスクをしていないと不安だ。今朝も、マスクもつけないで、ゴホン、ゴホンと電車内で咳いている人、鼻水を啜り上げている人が何人かいたが、もうゲッソリ。

1人がだいたい3人にウィルスを感染させると言われている。たとえ、症状は軽くても、この感染の連鎖を断ち切る努力は必要だと思う。

自分が感染しないためだけでなく、無症状のときに他人にウィルスをばら撒かないためにも。医療体制の整わない・栄養状態の悪い貧しい国々にウィルスを侵入させないためにも。ウィルスの突然変異を招かないためにも。

この経験はきっと鳥インフルの時に生きてくる。そのときに備えてシュミレーションの時を神が与えられたのではないかとさえ思える今日この頃。
[PR]
by dande550213 | 2009-05-18 16:02 | SLE・健康 | Comments(2)