一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧



今日は2年ぶりの人間ドックの日。

前回は、胃のバリウム検査後、気分が悪くなり、ベッドに運ばれていったのだったが、今回もまた同じ現象が起こった。

胃のバリウム検査後、急に吐き気と悪心、腹痛、頭痛、頭重感で立っていられなくなり、更衣室でへたり込んでしまったのだ。

前回は、たまたま私の体調でも悪かったためかと思ったが、同じ症状が100%の確率で今回も起こったから、医師に質問してみると、どうやら、胃のバリウム検査をするときにされる注射の副作用だろうということだった。

検査前に、胃や腸などの消化管の筋肉の収縮を抑えるために「ブスコ」という鎮痙剤の注射をされるが、これが私には合わないようで、検査終了後ぐらいから急にしんどくなる。

今回は前回より症状がひどくて、家にいる夫に電話をかけて、病院まで車で迎えに来てもらった。

この注射のことを夫に尋ねてみると、夫が人間ドックを受ける病院では、注射前に口頭で説明を受けると言う。

私が受診する病院では、今回で2回目だけれど、前回の私の不調がカルテにも記載されていないのか、今日も何の説明も無く、注射された。

もちろん、前回と同じ症状が再現されたから、この注射薬の副作用だったとわかったわけだが、この系統の薬の使用上の注意事項には私のような症状が副作用の項目に記載されているので、前回の症状がでた段階で症例チェックなどをしていてくださっていたら、今回のような事態に陥らなかったのではないかと残念だ。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-30 18:45 | SLE・健康 | Comments(2)

f0096508_6174769.jpgお久しぶり~♪

どなたさんもお元気でお過ごしでっか?

名残りの夏が、集中豪雨でたいへんなことになってまんなあ。。。

店先から、毎日シャバを眺めてまんが、ホンマに人間世界も様変わりでんなあ。。。

なんだか、夢みているようだすわ。。。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-30 06:30 | 雑感 | Comments(2)

原稿をいただき、それをDTPなり、HPにアップする立場の者の愚痴。

なぜ、
キーボードから入力した原稿を「プリントアウトした形」で渡してくれるのだろう?

プリントアウトした原稿を渡されると、
それを見ながら、再入力しなければならない。

自分の頭の中にある考えとは違い、他人の原稿を再入力するのは非常に時間がかかる。

スキャナに付属のOCRは古くて、精度が悪いので、PCから削除してしまったから、
キーボードを叩いて、再入力しないと、頂いた原稿は使えない。

指の故障を抱えるようになった今は、
その他人の原稿を再入力するのがとても苦痛に感じるようになってきた。

最初から、メール添付なり、FDに入れるなりして、
ファイルで渡してくださると、とても助かるのだが、
なぜ、プリントアウトした原稿を渡されるのか、私は疑問でたまらない。
(特定の個人を指しているのではなく、そういう人の多いことが疑問なのだ)

今日も、次なるプリントアウト原稿を前に、ため息が出る。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-29 23:40 | PC・IT | Comments(2)

肉離れとバネ指


焦ったわけではないが、やりすぎたのか、それほどまでに生っちょろい身体だったのか、
マシン・ジムで励んでいたら、腹筋の肉離れと手のバネ指を発症した。『(^-^;)

肉離れは今は良くなったが、
腹筋を鍛える運動をしている最中に最初右側の下腹部が痛くなった。
この痛みがなくなり、ようやく再開したと思ったら、
今度は左側が痛くなった。
どちらも痛みがなくなり再開できるまでに1週間近くを要した。

前回の記事で書いていた指の変な感じは、今朝、「バネ指」と診断された。『(^-^;)

昨日、仕事先でカモミールさんに症状を話したら、
”dandeさん、それはバネ指ではないかしら?”とアドバイスしてくださって、
ネットで調べてみると、本当に私の症状にピッタリ!
患部に湿布をあてて、「朝の一撃アタック」を防ぐために、患部を包帯で固定して寝た。

しかし、バネ指とは思いもしなかった私は、
昨日はさらに負荷をかけるべく、ダンベル(両手で3キロ)を持って、
ウォーキングマシンで坂道登り25分をしてしまっていたので、
就寝中、ずぅ~と腕が痛くて、夜中に何度も目が覚めた。

結局、私はいつもこのパターン。
つい夢中になって、自分の体力以上に励んでしまう。
知らず知らずのうちに、自分で自分の身体を傷つけてしまうのだ。

それにしても、昨夜は親指が使えない状態で、
教会HP更新で、原稿用紙9枚もの文字入力が残っていて、泣きたい心境だった。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-27 12:25 | SLE・健康 | Comments(3)

SLEを発病して、今夏で23年目を迎える。

日航機の墜落事故をテレビで見ながら、入院待ちをしていた23年前のあの夏。
母の髪が一晩で白髪になり、せめて、孫娘が成人式を迎えるまでは生きて欲しいと言った。

その娘の成人式を終えて5年目、お陰さまで、私はまだ生かされている。
ともに入院し、支えあってきた同病の友の半分近くが
この23年間に先立っていったのに、私はまだこの世に生かされている不思議を思う。

ステロイド剤が6mg/dayになってから7ヶ月、やはりこの量では無理があるのか、
少しずつ変化が現われてきたように思う。

具体的には、爪が薄くはがれかけてきた、関節の動き具合が左右対称で何となく変で、手の親指などはゴキゴキと音を立てる、長年不動の「10未満」だった「抵ss-DNAIgG」の値が先月初めて「13」に上昇した、・・・ことなど。

同病の方の参考になればと思い、現段階の検査記録をWebに保存しておきたい。↓
f0096508_11244534.jpg
f0096508_1125822.jpg


検査は、朝食後、薬服用の状態。
現在の薬は、プレドニン6mg/day・ペルサンチン・アルタット・ニューロタン・ロカルトロール・シナール。
腎臓の病変は、「ループス腎炎WHO 5型」
SLE発病23年目、初発時、プレドニン60mg/day。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-21 11:31 | SLE・健康 | Comments(4)

2年3組のクラス会


f0096508_20554375.jpg


少し古ぼけたこの写真は、高校2年生の時の修学旅行の夜の写真。

明日、故郷で「2年3組のクラス会」があり、私は大阪から日帰りで参加する予定。

これは学年主任と担任の先生をまじえたクラスの集合写真。

f0096508_2103483.jpg


卒業後35年、この中から明日は何人集まるだろうか。。。。

この歳になると、次は無いかもしれない。
そう思うと、是が非でも参加しておきたいと、無理をすることにした。

この2枚の写真、明日持って行こうと、押入れの段ボール箱の中に仕舞いこんだアルバムの中から探し出したが、剥がせないので、スキャンして、プリントアウトした。

これと、34年前の手紙を一通持って行って、
飛び越えられるものなら、時を飛び越えてみたい。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-14 21:14 | 雑感 | Comments(5)

あっと言う間に8月になった。

今日は午前中、知人(皮膚筋炎)と誘い合わせて、SLEの「特定疾患医療受給者証」の交付継続申請手続きに行ってきた。

彼女は昨年、体調が悪くなり、私に相談してきたので、私がSLEで入院治療を受けた病院を紹介し、そこで皮膚筋炎と認定され、入院治療を受けて退院したばかりの「膠原病患者の新人さん」。

一人で申請手続きに行くのを不安がっていたので、ご一緒した。

名前を呼ばれて、必要書類を保健師さんに見せると、保健師の彼、私の保険証を見ながら、

   大阪府ですか・・・来月からまた給料大幅に下がりますよねえ・・・
   僕なんか、月2万円下がるんです。
   で、その下がる分は、僕の小遣いから引くっていうから、
   今、妻と交渉中なんです。

   いよいよやねえ・・・うちは月4万円少なくなるらしいわ。
   子どもも大学卒業してるし、家のローンもないけど、
   ダンナの小遣いこれ以上減らされへんから、喘ぎながら何とかやってくしか、ないわ~。

こんな話題でひととき盛り上がった申請窓口。

※橋下さん、公務員給料一律に削減しないで、そもそも給与体系を「能力給」にしたらどうでしょうか?それが橋下知事の日頃の主張に一番よく合っているような気がするけど。そうすれば、もう少し生産性が上がる。これはあまりにも過激すぎるのか・・・。
[PR]
by dande550213 | 2008-08-05 12:55 | SLE・健康 | Comments(2)