一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧



f0096508_9163124.jpg

「石屋の看板犬」ちゃんのニュースタイル。
はてさて、次は何に変身するのかな? 楽しみ~♪
[PR]
by dande550213 | 2007-02-26 09:14 | 雑感 | Comments(5)

先週水曜日にブログで、「SOS受けてのPCトラブル解消は私の至福のひととき」だなんて、大見得切ったものだから、さっそく神さまが私の口をたしなめるべく、難問を用意してくださったような2日間だった。

先週、土曜日の朝8時半前に、教会の牧師先生から、例の「PCがSOS!」の連絡が入った。
聞けば、メール送信ができなくなったとか。そのために来週分の「幸福のメッセージ」の録音ファイルを私のところに送ることができないで困っているとのことだった。

とりあえず、モデムやルータのリセットをお教えして、それを試していただいたが、それでも解消できないと言われる。となると、PC自体に問題がありそうな感じがした。ちょうどヘブル会で午後から教会へ行くので、そのときにPCを見せていただくことにした。

先生のPCは、今までからよく調子がおかしくなっていた。先生の使い方が悪いと言うよりも、原因は、子どもさんが触られるからだった。だから、私の心の中では、今回もまた子どもさんが触ってどこかおかしくしたのと違うかな?という先入観があった。結果として、今回はこの先入観に最後まで足をすくわれたような気がする。

PCを預かって、土曜日の午後は、セキュリティ関係の更新で精一杯だった。XPのSP2の更新もされていなかったので、それもやりだしたら、夜の7時前になっても終了せず、後を神学生の方に託して帰宅した。

日曜日の午後からまたチェックを始めた。

HP閲覧はできるので、メーラーが原因かなと思い、OEのアカウントを一端削除して、また作成し直したが、やはり受信はできるが、送信できない。

「Mozilla Thuderbird」をインストールして、そちらでも試してみたが、やはり送信だけできない。

教会のネット環境は、光ファイバーでルータを使ってPC複数台接続、先生のPCの他、もう一台が接続されている。
それで、もう一台のPCでも先生のアドレスでメールできるように設定して、試してみたが、こちらも受信だけできて、送信はできなかった。

この段階で、ひょっとしたら、ルータに原因があるのかもしれないと思って、家のネット環境で接続して試してみようと、先生のPCを持ち帰った。

実は、教会のネット環境と私のネット環境とは全く同じなのだ。なぜかというと、教会のネット環境は私がデザイン(笑)したから。だから、うちで私がOKなのに、どうして同じ環境の教会でアウトになるのか、不思議でしょうがなかった。

家の環境に先生のPCを繋いで、先生のメールアカウントで送受信してもやっぱり送信がダメ。先生のPCに私のメールアカウントを設定してメール送受信してみたが、何と、やはり送信だけダメ。

一体、どういうことなん?私のPCではメール送信できるのに・・・。

・・・と考えて、ようやく思い出した。ポート25を587に書き換えることを。

もう半年近く前になるかなあ・・・。

PC雑誌で、確か「ISPの送信サーバを使わないでメールの送受信している場合、yahooなどのフリーのメールアドレスでは迷惑メール防止のために、メール送信に使うポート番号を25から587に変更するようだ」というような記事を読んだ。

私はISPのメールアドレスは使わずに、yahooのメールアドレスだけでメール送受信していたので、これに該当すると思い、さっそくポート番号を587に変更して、同じくyahooのメールアドレスだけで送受信している娘にもすぐその情報を伝えて、以後、そのことはすっかり忘れてしまっていた。

先生がメール送信できないのはこれが原因だったのだ。さっそくポート番号を587に書き換えたら、先生のも一発OKになって、すぐまた、教会へPCを届けた。

それにしても、半年ほど前にポート番号変更して、私は何の支障の無く送信できていたので、娘も587に変更してOKだったのだとばかり思っていた。

しかし、今日、娘に聞いてみたら、彼女は587に変更したらメールの送信ができなくなったので、25に戻して使っていたそうだ。そしたら、先週の木曜日ごろから急にメールの送信が3日間続いてできなくなったので、587に書き換えたらできるようになったという。彼女の場合は、25で送信できなくなったのが、ちょうど牧師先生がメール送信できなくなった日時と同じ頃だ。

しかし、彼女の友だちは3か月ほど前からメールの送信ができなくなったそうだ。そして、ついさっき息子からyahooでのメールの送信ができないとSOS・TELが入ったが、彼の場合も3ヶ月ほど前からだという。

どうも従来のポート25でメール送信できなくなる時期がメールサーバーによって違うらしい。

わかってみれば、なあ~んだ、ということになるが、それにしてもyahooは不親切ではないか。

娘、曰く、「今はヘルプに書いてある」そうだが、息子曰く、「誰がそんなとこ見るか!」だそうだ。

従来の設定を変更したのなら、やっぱり「ヘルプ」じゃなくて、「お知らせ」じゃないかなあ、yahooさん。

もしかしたら、メールで「お知らせ」、あったのだろうか・・・。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-25 22:34 | PC・IT | Comments(2)

黄色い南瓜のオブジェ


今日、夕刊(朝日新聞)を読んでいたら、下のような写真が掲載されていた。↓
f0096508_2251030.jpg

香川県直島の桟橋に展示されている草間彌生氏の「南瓜」という作品だそうだ。


でも、これ、私、別のところで見てきたばかり・・・。


f0096508_22584459.jpg

別のところとは、先週行った福岡市立美術館の階段そばの庭。

まさか、そんな有名な作家の作品だとは思わなかったので、私は今回の旅の道連れのキャリーバックを撮影しておこうと思って、偶然、南瓜の前で写真を撮ったのだった。

そういえば、福岡市立美術館の館内に、現代アートの(私にはよくわからない)作品が展示されていて、草間氏の作品もあったことを、この新聞記事を見て思い出した。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-24 23:07 | 旅行 | Comments(4)

喉元過ぎれば・・・


喉元過ぎれば・・・ではないが、最近、御言葉の学びが疎かになっている。

牧師先生のお言葉を借りるなら、「日々の優先順位を間違えている」のだ。

いつも後回しにしてしまうから、続かなくなる。

私のようなタイプは、日々のスケジュールの最重要項目に組み込んで、習慣化させないとダメだ。

今はどちらかというと御言葉に飢え乾いていない状態で、そうなるとつい後回しになってしまうのだ。

イエス様に繋がり続けて、御言葉を日々聞かないと、魂が干からびてくるのが最近よくわかるようになった。

今日は、月1のヘブル会の学びがある日。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-24 11:02 | 教会生活 | Comments(0)

GYAOで、「ヒトラー ~最期の12日間~」 という映画ドキュメント「ヒトラー家の人々」 を観た。

この映画は、<第2次大戦後、ドイツで初めてヒトラーを主人公にして製作された作品>と言われる。そういう意味で、ドイツ側から描いたヒトラーと第二次世界大戦を垣間見る絶好の機会だと思った。

映画を観た感想(レビュー)が200件を超えていて、総じて映画としてはいい評価が書き込まれていた。若い人が真面目に長文の感想を寄せている。また、日本人のみならず、母がドイツ人という人の感想もあって、これらのレビューを読むだけでも値打ちがある。

ヒトラーは自殺した後、死体がさらし者になるのはイヤだと言って、痕跡が残らないように処理することを言い残し、愛人エヴァ・ブラウンと結婚して、自殺した。これで、自分は永遠に平和だというようなことを言っていたような気がする。

ムッソリーニは、確か、脱出する途中で愛人とともに銃殺され、死体はローマでさらし者になったと聞く。

どちらの死に方も、神の前では大差ない。

ただ、一つ印象に残った言葉があった。それは降伏を拒否して、自決した将官たちの言葉で、

「(第一次世界大戦に続いて)またもう一度降伏するのは、絶対にイヤだ。」という叫び。

この言葉にこめられているような想いが、同じく枢軸国と言われた日本やイタリアとは違う、ドイツの本音かもしれないと思った。それだけ国として、第一次世界大戦敗戦の傷跡が大きかったということを、私たちは案外見逃しがちではないかとも思った。戦後処理の問題を考えさせられた。

だからと言って、再び戦争や他民族迫害をしていい訳ではない。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-23 19:08 | 映画・ドラマ | Comments(0)

f0096508_15171479.jpg

大阪市立阿倍野図書館では、遍歴の騎士「ドン・キホーテ」と従者「サンチョ・パンサ」が来館者を迎えてくれます。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-22 15:17 | | Comments(2)

時々、「PCでどんなことが好き~?」と尋ねられることがある。

普通、人は、PCは「手段・道具」であって、「目的」ではないことが多い。

PCを道具として、様々なアプリケーションを駆使して、何かを成し遂げために使う。

でも、私はどちらかというと、PCは「目的」タイプかな・・・。

アプリケーションを使って何かをすることではなくて、PCのカスタマイズやトラブル解決、メンテナンスなどの作業が一番好きだからだ。

表示文字のサイズやボタンの大きさ、バーの表示、色など、お仕着せの設定を自分好みの便利で使いやすい設定に変える作業が大好き。

より高齢者向けの表示や設定を別のアカウントで追求して、高齢者の方にはそちらで見ていただいたりすると、「こんなに文字が大きくて見やすくできるものなのですか!」と驚かれることがよくある。

PCは、ユーザー補助やカスタマイズで自分に使いやすいように設定を変えられるのに、その方法を知らないで、若者と同じ設定で使っておられる高齢者の方を見ると、お気の毒になる。

うまく起動しなくなったPCを預かって、トラブル解決するのも好きだ。

フォーマットしてみたり、リカバリしてみたり、とにかく解決できたときが一番うれしい。だから、SOSがあるとすぐ飛んでいって、上がりこんで、一日中居座ってしまうが、私にとってはそれは至福のひとときなのだから、あまり気を使わないでほしい(笑)。

メンテナンスとセキュリティにはオバチャンにしてはかなり自信がある。そういう意味では、少しオタクっぽいかもしれないなあ・・・。

不思議なことに、機械ものでうまく扱えるのはPCだけで、車や携帯、CDラジカセなどではよくお手上げ状態になる。

昨日も、ストーブを消して仕事に出かけようとすると、娘が「お母さん、ストーブは消火ボタンを押して消してや~」という。

私は、消火とは、どのストーブでもつまみを消火の位置にまでスライドさせたらいいのだとばかり思っていたので、そう娘に言うと、「ストーブによって違うんや!3Fのストーブはつまみを回して消火するタイプやけど、これは消火ボタンがついてるやろ!こういうタイプは、このボタンを押さな、完全には消火できひんのやで!!」と怒られた。

それで、ようやくわかった。娘や夫がストーブに給油するときに、「ガチャン!」と大きな音を立てていたのが・・・。あれは、消火ボタンを押してから、給油してたのか・・・。

私はこのストーブを使い出してもう4年近くになるが、一度も消火ボタンなど押したことがなかったので、どうして、夫や娘があんな音をたてるのか、ずぅ~と不思議に思っていたのだった。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-21 14:38 | PC・IT | Comments(2)

旅行に行っている間に、ネット上で一足お先に、DELEの結果が発表されていた。

私の結果は・・・・
f0096508_11181725.jpg


太字が私の得点で、DELE INICIAL(初級)初挑戦は、想定どおり、「不合格」だったが、意外に得点が取れていて、少しびっくりした。うれしかった。特に、口頭表現(面接)で50%以上得点できていたなんて、きっと直前ビセンテ効果だわ~ウフフッ♪

私の総得点は、63.55/100点。

合格最低ラインは70点だが、読解・文章表現の合計が24.5点以上、文法・語彙14点以上、聞き取り・口頭表現合計31.5点以上をそれぞれ一度の試験でクリアしなければならない。つまり、足切りがあって、3分野の中の1分野でも70%以下になると、例え総得点が70点以上あっても不合格ということになる。

総得点でも足らないが、2分野で不合格だった。読解・文章表現と聞き取り・口頭表現が合格最低ラインに届かなかった。

どの分野が弱いのか、結果を5分野に分けて、チャートグラフにしてみた。
f0096508_112258.jpg

これを見れば、一目瞭然、文章表現と口頭表現が半分ほどしか得点できていなくて、弱点だということがわかる。このパターンって、きっと日本人不合格者の典型的なパターンじゃないかと思う。

文章表現は読解と一緒に行われるので、時間配分が難しい。実際、私も読解に時間を取られて、文章表現は時間が足らなくなった。スペイン語検定のような和文西訳とは違い、スペイン語で書かれた場面の状況に見合った文章を自分で創作してスペイン語で書かなければならないので、ある種の創作力も必要かもしれないと思う。

今年中に再挑戦するつもりだが、DELEはINICIAL(初級)ですら、日本人の合格率は半分にも満たない。今後、勉強法、特に口頭表現をどうするか、ゆっくり考えたい。
[PR]
by dande550213 | 2007-02-19 12:41 | スペイン語学習 | Comments(6)

いよいよ、明日から薬抱えて、恒例の九州「一人半」旅へ。

「一人半」というのは、同行者はいるけど、ほとんど別行動するから。
私たちは、だいたい、いつもこのパターンで旅をする。

☆2/16(金)
  6:22柏原駅発→7:32新大阪駅発→9:38小倉駅着
    ここで、同行者と別れて、私は門司港へ行く。→10:19門司港着 門司港散策
  12:00門司港発→(車中で駅弁)→13:25博多駅着
    博多から大濠公園内福岡市立美術館へ
  17:06博多発→17:25二日市駅着 
    同行者と合流して、二日市温泉泊

☆2/17(土)
  8:30二日市駅発→9:34田主丸駅着 タクシーで紅乙女酒造へ
  11:38田主丸駅発→11:44着筑後吉井駅
    吉井町でひな祭りや白壁の町並み散策 吉井温泉泊

☆2/18(日)
  8:19筑後吉井駅発→10:17西鉄柳川駅着 柳川散策
  15:04発西鉄柳川駅→16:06博多駅着
    同行者と合流して、17:30頃博多駅発で柏原駅に21:00頃着の予定

こんなんやったら、同行者とは言わないなあ・・・。(笑)
夫は、一日目は民俗資料館で土器の実測して、二、三日目は研究会とか・・・。
これやから、別行動する。

さあ、果たして予定通りいくかなあ・・・。膀胱炎、大丈夫かなあ・・・。

では、行ってきま~す!!
[PR]
by dande550213 | 2007-02-15 22:42 | 旅行 | Comments(6)

『La vida de Lazarillo de Tormes:y de sus fortunas y adversidades』
(ラサリーリョ・デ・トルメスとその幸運と逆境の生涯)


f0096508_23422110.jpg←簡略本、読了。いよいよ今日から、古典に挑戦。↓f0096508_23405173.jpg
[PR]
by dande550213 | 2007-02-13 23:48 | スペイン語学習 | Comments(2)