一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧



いったい合格率はどれぐらいなんだろうと思ってDELEのHPを見たら、
興味深い結果が得られた。↓

CONVOCATORIA DE MAYO DE 2005 (2005年5月の試験)の結果
Número de candidatos inscritos(受験申込総数): 19.325.
Participación(受験率): 96,69%.

★Resultados del Nivel inicial (初級の結果)
1. Alemán (89,57%).ドイツ語
2. Italiano (88,36%).イタリア語
3. Lenguas eslavas (85,34%).スラブ語派
4. Portugués (83,85%).ポルトガル語
5. Situación de inmersión (81,55%).(説明複雑、詳細はDELEのHPを!)
6. Griego (80,30%).ギリシア語
7. Promedio de la convocatoria (80,02%). 受験生の平均
8. Francés (72,08%).フランス語
9. Otras lenguas germánicas (70,83%).他のゲルマン語派
10. Inglés (61,11%).英語
11. Árabe (60,62%).アラビア語
12. Coreano-japonés (48,19%).韓国語-日本語
13. Sino-tibetano (37,04%).中国語-チベット語


★Resultados del Nivel intermedio(中級の結果)
1. Italiano (81,66%).
2. Situación de inmersión (78,74%).
3. Alemán (78,49%).
4. Lenguas eslavas (76,22%).
5. Portugués (75,75%).
6. Promedio de la convocatoria (71,07%).
7. Griego (67,17%).
8. Otras lenguas germánicas (65,63%).
9. Inglés (59,21%).
10. Francés (58,49%).
11. Árabe (50,02%).
12. Sino-tibetano (35,16%).
13. Coreano-japonés (29,10%).


★Resultados del Nivel superior(上級の結果)
1. Situación de inmersión (57,47%).
2. Alemán (57,35%).
3. Francés (55,30%).
4. Portugués (51,68%).
5. Lenguas eslavas (50,85%).
6. Promedio de la convocatoria (49,42%).
7. Italiano (48,94%).
8. Griego (41,42%).
9. Inglés (38,81%).
10. Sino-tibetano (35,29%).
11. Otras lenguas germánicas (30%).
12. Árabe (27,59%).
13. Coreano-japonés (24,62%).

※訳の間違いはお許しください。
 当方、今回初めての、初級突撃レポーターですので・・・。


日本語を母語とする受験生は、常識的に考えれば日本人だろう。
とすると、日本人の合格率はどのレベルでも異常に低いということがわかる。

受験生の80.02%が合格という「初級」ですら、
「母語が韓国語-日本語」である受験生の合格率は48.19%だという。

この低い合格率はいったい何が原因なのだろう?
[PR]
by dande550213 | 2006-10-31 12:25 | スペイン語学習 | Comments(2)

口語訳33:24 神は彼をあわれんで言われる、/『彼を救って、墓に下ることを免れさせよ、/わたしはすでにあがないしろを得た。
========================================================
新共同訳33:24 彼を憐れんで/「この人を免除し、滅亡に落とさないでください。代償を見つけて来ました」と言ってくれるなら

33:24 Que le diga que Dios tuvo de él misericordia,
     (神は彼に対して哀れみを持たれたので、彼に次のように言われた
     Que lo libró de descender al sepulcro,
       (墓に下ることから解放した
     Que halló redención;
        (請戻しを見出した
[PR]
by dande550213 | 2006-10-30 23:22 | 御言葉 | Comments(0)

DELEの受験票


DELEとは、Diplomas de Español como Lengua Extranjera の略で、スペイン語を母語としない人々(例外もある)のためのスペイン語能力検定試験で、スペイン教育文化省より授与される公認資格だという。

試験は、年2回で、世界各国でほぼ同時間帯に行われるそうだ。

日本ではいったいどれくらいの数の受験生がいるのだろうか?
また、どういう受験勉強をしているのだろうか?

よくわからないが、インターネットで調べたり、スペイン語関係のブログなどを読むと、
大学の専門課程にDELE受験コースがあったり、スペイン語専門学校にもDELE受験コースがあることがわかる。また、スペインへ語学留学して、現地でDELEを受験したという人もいるようだ。

日本では他に、文部省後援の「スペイン語技能検定」があって、
そちらの受験生の方が多いのだろうと思う。

私もそちらを6級・5級・4級と受験して、今回初めてDELE INICIAL(初級)に挑戦するのだが、お国柄が違うせいか、いろいろ戸惑うことが多かったり、便利なシステムに驚いたり、
いろんなことが手探りの受験勉強とともに同時進行している。

ちまたの受験コースに属していないので、基本的にはDELEのHPへ行って、
スペイン語で書かれた受験要綱を辞書を引きながら訳することから始めなければならない。

正直、これがとても煩わしいけれど、ここを自分で読まないと受験会場がどこかすらわからない。

しかし、システム的には本当に良くできていて、DELEのHPから
受験申込用紙や前回の試験問題(音声試験のオーディオも)などがダウンロードできるようになっている。

そうして、届いた受験票がこれ。→f0096508_1784057.jpg
DLしてプリントアウトして記入し提出した2枚の申込用紙のうちの一枚に、申し込みを受領したことと受験番号が記されていて、これが返送されて、受験票になっている。
その他、試験1週間前までに受験会場と時間割を郵送すると、スペイン大使館文化部よりの書面(これは日本語で書かれている)が同封されていた。
[PR]
by dande550213 | 2006-10-30 17:23 | スペイン語学習 | Comments(2)

32:18 言いたいことはたくさんある。腹の内で霊がわたしを駆り立てている。
===================================================
32:18 Porque lleno estoy de palabras,
     (なぜなら、言葉でいっぱいだから
     Y me apremia el espíritu dentro de mí.
     (そして、私の中で霊が私を急きたてるからだ)

第4人目の人エリフが突然登場して、語り出す。

彼は前の3人よりも年が若かったようで、
人は年齢を重ねることによって知恵や道理をわきまえるのではなく、
(年齢には関係がなく)霊が悟りを与えることによって人は語るのだと言う。

自分が今語り出すのは、その霊が私に迫ってくるからだと説明する。
[PR]
by dande550213 | 2006-10-29 22:51 | 御言葉 | Comments(0)

DELEの日本での受験地は、東京・京都・福岡の3箇所だけ。
東京はスペイン大使館で、福岡は福岡大学で、そして京都は京都産業大学。

どうして京都は、京都外国語大学でないのかしら?と前から不思議に思っていた。

人の噂(笑)では、
「京都は大阪よりもスペイン語学習のレベルが高くて、その中心は京都外国語大学」と聞いていたからだ。
京都産業大学に外国語学部があるなんて、恥ずかしい話だが知らなかった。

2人も子どもがいて、それぞれ大学へ行き、まだ現役大学生もいるというのに、
子どもの大学や受験にはほとんど興味がなく(というより、自己責任でやってね~と丸投げ)て、
「自宅から通学できる大学」だけが私の親としての条件だったという無責任極まりなさ。

だから当節の大学については何も知らず、30年前のままの知識しかなかった。

今朝、何気なくNHKのラジオテキストを見ていて、
入門編の講師「C.ビセンテ・フェルナンデス・コボ先生」が京都産業大学助教授と
書いてあるのに気がついた。

もしかして!と大学のHPを見てみたら、
京都産業大学に外国語学部があって、
ビセンテ先生が何やら難しげな顔で本を読んでおられた。

知らなかった!ごめんなさいー!

私、ビセンテ先生は廣康先生と息がピッタリだから、
廣康先生と同じ神奈川県立外語短期大学の先生だとばかり思い込んでいたのです。

でも、そしたら、DELEの京都での口頭試験の試験官はもしかしてビセンテ先生なのかしら?!

イヤイヤ、初級クラスの試験などでは無理かもしれないけれど、
学内でビセンテ先生に会えるかもしれないのだー!

イヤ~、当日は、デジカメも用意して行かなくちゃね!!!
[PR]
by dande550213 | 2006-10-29 09:23 | スペイン語学習 | Comments(0)

スペイン語DELE初級(INICIAL)の試験は、
11/18(土)に京都産業大学で行われる。

後3週間になり、
出来如何に関わらず受験することに決めて、今日、宿探しをした。

家を6時に出れば、朝8時半集合に間に合うが、
2時間半もかけて行くのはこの歳では行き着くまでに疲れてしまいそうなのと、
間に合うようにチャンと起きられるかと心配になって前の晩から全然寝られなくなりそうで、
前泊しようと考えた。

しかし、いろいろ調べてみたら、観光シーズンの真っ盛りで、
安くてシングルで宿泊できるところはもう全部満室だった。(苦笑)

たった一つ残っていたのが、東山ユースホステルだった。
ここなら地下鉄東西線東山駅から徒歩2分で、ロケーションは悪くない。

宿泊予約サイトで調べてみたら、ドミトリーしか無かったが、
ユースに直接電話してみたら個室も空いていたので、すぐに予約した。

この観光ベストシーズンにかなり部屋が空いているなんて、
最近の若い子たちはお金持ちなんだなあ・・・と思った。

私達が学生の頃は、リュック背負って、ユースで全国を旅行したものだった。
三つ折の会員証にハンコが貯まるのが楽しみだったし、
何よりもそこでいろんな人と出会えるのがうれしかった。

門限とか食事内容とか、あんまり考えたこと無かったなあ。
とにかく、安く長く旅行したかったから。
たしか、30年前は1泊2食で千円台だったと思う。

今度泊まる予定の東山YHは、
会員外でバス・トイレ無しの個室、1泊2食で5,700円。

電話の受付に出てくれた女性は、留学生のような日本語を話していた。

今から楽しみ!ここでどんな人たちに会えるだろうか?
久しぶりに若返った気分!がんばるぞ~!
[PR]
by dande550213 | 2006-10-28 18:09 | 旅行(海外・国内) | Comments(0)

30:20 神よ/わたしはあなたに向かって叫んでいるのに/あなたはお答えにならない。御前に立っているのに/あなたは御覧にならない。

=====================================================
30:20 Clamo a ti, y no me oyes;
    (私はあなたに強く叫ぶ、しかしあなたは私の言うことが聞こえない

     Me presento, y no me atiendes.
    (私はあなたの前に出ている、しかしあなたは私に注意を払わない)


祈っても祈っても、訴えても訴えても、
神様が心に留めて下さっていないように感じる時がある。

そのときはわからなくても「後知るべし」と
わかるようになったのは、ごく最近のこと。

振り返ってみると、確かにそうだった・・・と
その時初めて神様の御心を教えていただく。
[PR]
by dande550213 | 2006-10-27 20:54 | 御言葉 | Comments(0)

風邪を引くと・・・


1週間前から引いていた風邪が、
ようやく今日の午後ぐらいから快方に向かっているのを
身を持って実感できるようになった。

膀胱炎でもそうだが、
自分の身体に菌をやっつける力があまり無いので、
いったん罹るとなかなか治らない。

風邪を引いても、普通は熱も出ない。
(インフルエンザは別。これはさすがに私でも熱が出る)

風邪薬を飲んでも症状はほとんど改善されないので、飲まないことにしている。
ただひたすら、我慢して付き合うだけ。
いつかは必ず治ると信じて。

毎日、夫が尋ねる、「もう良くなったか?」と。
夫にしたら不思議なのだろう。どうしてそんなに治りが遅いのか。
良くもならずに、またそんなに悪化するわけでもなく、
咳と鼻水と、喉が痛くて声がかすれ、ドロリとした痰ばかりが延々とでる。
あまりに咳くから、しまいに喉から血が出る。

こんな風に熱も出ずにズルズルと症状が続くのは、
高齢者によくみられる病気の状態だと思う。

高齢者と違うところは食欲が全然落ちないことだろうか。
これは娘がいつも不思議がるが、たぶん、ステロイドを飲んでいるからだろうと思う。
私が病気で食べられなくなる時は死ぬ時しかないと、家族の者は思っている。

そんな程度の症状だから、風邪で仕事を休んだことはない。
たいした時間数ではないのだが、喉を使う仕事なので、
帰ってくると声がかすれて、ほとんど出なくなるのが辛い。

SLEだと、個人差はあるかもしれないけれど、
「風邪を引いたら、高齢者と同じ症状」と考えた方が良いというのは私の経験則。
[PR]
by dande550213 | 2006-10-26 23:07 | SLE・健康 | Comments(0)

28:28 そして、人間に言われた。「主を畏れ敬うこと、それが知恵/悪を遠ざけること、それが分別。」

======================================================
28:28 Y dijo al hombre:
     (そして、人間に言われた
     He aquí que el temor del Señor es la sabiduría,
      (神を畏れること、ほら、それが知恵だ
     Y el apartarse del mal, la inteligencia.
      (そして、悪から離れること、ほら、それが知性だ)
[PR]
by dande550213 | 2006-10-25 23:01 | 御言葉 | Comments(0)

瞬間湯沸かし器


私は、瞬間湯沸かし器のようにすぐ沸騰してしまうから、
「柔和で穏やかな女性」に憧れてしまうが、男性は別。

「柔和で穏やかな男性」は、どちらかというと苦手。
考えていることがよくわからなくて、イライラしてしまう。

男性は、瞬間湯沸かし器でも良いから、
自分の考えをはっきりと主張する人の方が私は接しやすい。

私は、黒か白か、すぐに決着をつけたくて、いつも突出してしまう。

良いのか、悪いのか、わからないが、
一生涯この性格と付き合っていかなければならない。

時々落ち込むが、
猪突猛進の瞬間湯沸かし器でもいいじゃないかと慰める今年の秋。
[PR]
by dande550213 | 2006-10-25 22:29 | 雑感 | Comments(0)