一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

カテゴリ:旅行( 623 )



娘は普通免許(4輪)を持っていて、普段は原付バイクに乗っている。車に乗る時はうちの車を借りにくる。

以前、海外旅行から帰って来た時、こんな文句を娘が言ったことがあった。

お母さんは、自分がミッションで車の免許を取った時にミッションは難しいからと言って、私にはオートマ免許を勧めたが、私はオートマで免許を取ってしまったことを後悔している。何故なら、海外で車をレンタルする時に、オートマ車は数が少ないからレンタル料金が高い。ミッション車なら安い料金でレンタルできるのに、私はそれが利用できない。どうして私にオートマ免許を勧めたのか! と。(-_-;)


チェンマイはレンタル自転車で回ったが、大変だった。今度からは現地でバイクをレンタルして回ることにする! と。(>_<)

で、今、彼女は教習所に通い、自動二輪免許の取得を目指している。

免許が取れたら、来月あたりにバイクを買ってうちへ乗ってくるそうだ。

原付バイクと普通のバイクの2台を置く駐車スペースがあるのか?と尋ねると、原付は駅の駐車スペースに置くつもりと言う。(((^^;)


次の海外旅行からは、現地でバイクをレンタルして、それに乗って旅行するというが、彼女、胴長で足が短いので、あちらのバイクで安定走行できるのだろうか?と余計なことを考えてしまう。

昨年オランダで、国立公園内を無料自転車でクレラー・ミュラー美術館へ向かったが、背の低い人用でも足が地面に着かず、乗っていて怖かったことを思い出したから。







[PR]
by dande550213 | 2017-08-19 16:44 | 旅行 | Comments(0)


今年の1月にマルタへ行ったときは何とか期限内で間に合った。

その後、彼がパスポートの更新をすると言っていたから、何やかんや言っても、やっぱり彼も海外旅行へ行きたいのだなと思った。

そこで、年に1回は夫を海外旅行に招待することにした。

年に1回とは、それぐらいしか彼が有休を取れないことと私の資金が続かないからだ。(-_-;)


夫に行きたい国の希望を聞き、来年のお正月休みは南インドへ行こうと話し合っている。

インドは、外務省の海外安全情報では「レベル1:十分注意してください」の国だから、まったくの個人旅行は不安。
f0096508_20283472.jpg
そこで、多少料金は高くなるが、現地デリーにもオフィスを構えている旅行代理店にすべてを手配してもらう個人旅行にしたいと思っている。

半年先だけれど、航空券は早いほど安く手配できるから、今日、旅行代理店に電話して、話を聞いてみた。

1月はインドのベストシーズンだし、お正月休み明け(1/4-10)を利用してこの価格なら、かなりリーズナブル。

夫は3日間ほど有休を取らなければならないが、私の仕事始めは1/11だから、2人ともたぶんOK。(^o^)丿

と、さっそく申し込もうかと思って、夫のパスポートを見たら、何と有効期限切れになるではないか!


で、彼は今日あわてて証明写真を撮りに行き、市役所へ走って行った。

彼の写真は、10年前のパスポートと全く同じ顔だった。\(◎o◎)/!

この10年間、顔は全然老けていないってことなの?

夫は、10年前の写真だと間違えられてはいけないから、日付の入った部分を切り取らないで持って行かなアカンなあ・・・と、満更でもない様子。

思わず、私も自分のパスポートを取り出して、7年前の写真と今の鏡に映る顔を見比べて、がっくりきている。(-_-;)

29日には、新しいパスポートが郵送されてくるらしい。(((^^;)

[PR]
by dande550213 | 2017-08-16 20:43 | 旅行 | Comments(0)

次々計画


海外旅行の計画を立ててみるだけなら、タダ。(*_*)

航空券を検索して、予算の概算を立ててみる。

カレンダーを睨みながら、頭の中だけで世界旅行。(^^ゞ

10月下旬に、マイレージ交換のJAL特典航空券で「上海近郊古鎮巡り」。これはもう計画済み。(^.^)

来年のお正月休みは、夫をボディガードに「一人じゃ恐い南インド」へ。エローラ、アジャンタの石窟群を見て回りたい。

春休みは、娘のお薦め「ポルトガル」はどうだろう?

そして夏休みは、中欧「ポーランド」へ。

先が見えているお年頃だから、ちょっと焦って、賞味期限切れとの競走。

では、私の賞味期限切れはいつ頃か?


昨日、義妹がこんなことを言っていた。

義妹もSLEでステロイド剤を服用しているが、彼女は10㎎/day、私は7㎎/dayといつの間にか服用量が逆転した。

そこで、彼女が主治医に「お義姉さんは最近ステロイドを減量しているから、私も減量したい」と言ったら、彼女の主治医がこんなことを言われたそうだ。

君の場合は、70歳まではステロイドを減量できないが、70歳を過ぎたら減量しても良い、と。

どういう意味だろう・・・といろいろ考えて、こう解釈した。

つまり、70歳が賞味期限なのだろう。そして、賞味期限とは、恐らく平均的な「健康年齢」のことではないかと思う。


SLEはどんなに治療をしても、健康な人よりは寿命は5年ほど短いそうだから、健康年齢も5年ほど短くなる可能性があると考えるべきだ。

となると、通常者の女性の健康年齢は75歳だから、SLE女性の健康年齢は70歳ぐらい。

つまり、60歳以上のSLE患者の健康年齢を70歳まで維持するためには、恐らく、もうステロイド減量はできないということなのだろう。

もし、今の維持量を減量すれば、70歳までの健康年齢を保証できない、という意味ではないかな?

そうなると、私も賞味期限まで海外一人旅に挑戦するためには、もうステロイド減量に挑戦しない方が良いのかもしれないが、できれば、減量にも挑戦して、憧れの5㎎/dayで70歳を迎えたいものだと思っている。


こんな夢想してる暇があるなら、掃除すべし、と思えども、今年のお盆は息子新居宅にご招待でゆるりと過ごせるから、感謝、感謝。>^_^<


[PR]
by dande550213 | 2017-08-11 15:12 | 旅行 | Comments(0)

ハンガリーから帰国する時、フランツ・リスト空港の売店で、コレを3袋買った。
f0096508_10223247.jpg

文字は読めないけれど、絵で「ヒマワリの種」だと思った。

スペインなどでは「ヒマワリの種」をサッカー観戦などでよく食べると聞いていたので、もちろんコレは人間の食用だと思ったが、日本人にはハムスターの餌のようにも見える。(-_-;)

まさか、動物の餌を空港の売店で売っているなんてことはあるまい、これは絶対に人間の食べ物だと思って買って、帰国後、教会の若い男の子に「ハイ、お土産。ヒマワリの種。ハムスターの餌とは違うよ。」と言って1袋あげたが、何とも言ってこない。

念のため、Google辞書で調べると
「napraforgómag pirított 」→「ヒマワリの種 トースト」と翻訳されたので、家でも1袋開けて、夫と2人で食べようとした。

が、殻をどうやって剥くのかわからず、また仮に剥けたとしても中味はほんの少しになってしまうから、きっとこれは殻ごと食べるのだろうと思って、丸ごと食べ始めたが、どうも飲み込む時に殻が気になってしょうがない。

塩水に付けてからローストした物は、一見ヒマワリの種そのものです。(リスの餌のようにも見えます。)その他、カボチャの種のピパスや数種類がミックスされた物の販売されています。スペイン人は殻ごと口に入れ、上手に中の柔らかい所だけを食べます
最近では、食べやすい殻なしも売られていますが、やはり人気があるのは、昔からの殻付きタイプの様です。

と書いてあって、中味だけ食べるのだと言う。(((^^;)

ということは、殻はペッ、ペッと吐き捨てるのだろうか?(-_-;)

意外と割るのが難しいひまわりの種。素手で簡単に中身を取り出す方法があるので紹介していきます。
ひまわりの種をつまんで細くなっている部分を口側に向ける。
ひまわりの種を縦向きにして、細い部分の先端を歯で挟む。
そのまま指を反転させて縦方向の上下に力を加える。
殻が分かれるので剥がして中身を取り出す。

そうして割ったヒマワリの種、中味はチョビットだけ。(-_-;)
f0096508_10520641.jpg

乾燥ヒマワリの種はヨーロッパ人の大好物というが、随分とめんどくさい食べ物だとわかった。

今晩、殻の割り方を夫にレクチャして、もう一度ワインのアテにチャレンジ。

残り1袋は、娘の元へ。




[PR]
by dande550213 | 2017-08-11 10:59 | 旅行 | Comments(0)

ハンガリーのエステルゴムはドナウ川沿いの町で、対岸はスロヴァキアのシュトロヴォ。

2つの町の間にはマリーア・ヴァレーリア橋が架かっていて、簡単に国境を超えることができる。

スロヴァキアのシュトロヴォからマリーア・ヴァレーリア橋を見る。
f0096508_22144441.jpg


川向うは、ハンガリーのエステルゴムの大聖堂。
f0096508_22150853.jpg

橋の真ん中に、ここから先はハンガリー国内であることを示すハンガリーの国旗が掲げられているが、この国旗は今のハンガリーの国旗ではなく、1920年-1946年の短い間に存在したハンガリー王国の国旗だから、どういう意味なんだろう?
f0096508_22172824.jpg

ハンガリー側のエステルゴムの小高い丘から、スロヴァキアのシュトロヴォを眺める。
f0096508_22221577.jpg

対岸は、元々は歴史的にハンガリーの領土だった。




[PR]
by dande550213 | 2017-08-03 22:23 | 旅行 | Comments(0)

ハンガリーの有名な音楽家のバルトークは、名前を日本と同じように「姓・名」の順に表記するハンガリー語圏では「Bartók Béla 」で、「Béla 」が彼の名前だと知った時、少し変な感じがした。

なぜなら、「Béla 」(ベーラ)は、女の名前のように感じたからだ。
外国の小説を読んでいると、ベラ、ベーラは女性の名前として登場するような記憶がある。

でも、バルトークは男だから、ハンガリーでは(ベーラ、ベラ)はきっと男の名前なのねと、ハンガリーへ行く前にそう思った。


現地で、7/26の英語ガイドツアーのガイドさんは、私より少し年上の女性で、自己紹介の時、自分の名前を「ベーラ」と言ったように私には聴こえた。

だから、この時、「ベーラ」と言う名前は、もしかしたら、日本の「かおる・きよみ」のように、男女の両方で使える名前なのかしらとも思った。


翌7/27に、ガイドのマイ・プーチンに「ベーラは男の名前?女の名前?」と聞いてみたら、「ベーラは男の名前で、女には使わない」と言うから、「おかしいなあ、昨日のドナウベント巡りのガイドさんは女性だったけれど、名前はベーラって言っていたよ」と言うと、彼は首をひねって考えていたが、やがて笑いながら「彼女の名前はベーラではなく、エヴァだよ。」と言った。

ああ・・・発音が何となく似ているから、耳の悪い私が聴き間違えたわけね。(((^^;)


ところで、ハンガリー人がしゃべる英語は、本場イギリスやアメリカ人のような「ニャー、ニャー」という発音(二重母音)が上手ではないので、日本人には彼らの英語は日本式の発音に聴こえて聴き取りやすいし、日本人の下手な発音の中学英語でも、彼らはよく聴きとってくれるので、彼らとは臆せずに中学英語で話せるし、それで話しが通じることが多いことを発見した。(((^^;)

ただし、中高年の多くは英語を話せないし、元々知らないみたいだ。

その代わり、「ロシア語」が話せるようだ。

マイ・プーチンが言っていた。

僕たちの年代は社会主義ソビエトの支配下にあったから、学校では「ロシア語」を習わされた。だから、中高年の多くは英語は理解できないが、ロシア語が話せると。


マイ・プーチン自身は、ハンガリー語、ドイツ語、ロシア語、英語を話すようだ。

一番自然な言葉は「ドイツ語」で、ドイツから東欧へ移植した一族になるのだと言う。

家庭で話す言語は「ハンガリー語」だというから、たぶん奥さんはドイツ系ではないのだろう。

今、必要に迫られてスペイン語を勉強していると言っていた。

それはスペイン人の観光客が増えているが、スペイン人は英語が理解できないのだと彼は言う。

「スペイン人は、スペイン語しかしゃべれないから困る」と言っていたが、本当だろうか?(((^^;)

7/26のガイドさんも初めは5か国語(ハンガリー語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語)をしゃべっていたが、途中で英語とスペイン語の2つに集約したから、やはりスペイン人は英語を理解できないということだろうか?(?_?)


ちなみに、2012年2016年にスペインを旅しているが、片言のスペイン語で旅したから、スペイン人の英語は私もまだ聴いたことがない。(((^^;)





[PR]
by dande550213 | 2017-08-03 15:26 | 旅行 | Comments(0)

格安国内SIMでの海外通話


ハンガリーへ出発する前に、日本で使っている格安携帯サービス「 mineo」のサポートセンターに海外通話を確認した。

mineoに変わる前はdocomoだった。mineoでもdocomo時代の機種を使用している。

だから、契約しているmineoの音声&データ通信SIMは(Dプラン=docomo)で、海外では通話のみが可能だとWEBには書いてある。

その操作の仕方を出発前に確認したかったのだ。

サポートでは私の機種(XperiaA SO-04)がハンガリーの周波数に対応しているかどうか調べ、現地で「データローミング」をONにすれば海外音声通話はOKだと言った。

この時、ちょっと変だなあ・・・とも思った。だって、「データローミング」をONにしても、このSIMではモバイルデータ通信はできないから、これで海外でも通話ができるのかなあ?と少し不安だったが、サポートは「この操作で通話できます」と確信を持って返答してくれるし、まさか海外で通話することもあるまいと思って、ハンガリーへ出かけた。

7/27の現地英語ツアーのピックアップ時間が8:30で、その10分前から宿の前の路上で待っていた。

前日(7/26)も同じ会社の現地英語ツアーだったが、前日は私が8:20に路上に出たら、すでにピックアップ車が待機していた。

ところが7/27は8:40になっても、ピックアップ車が来ない。

規程では、予定時間を10分過ぎてもピックアップ車が来ない場合は現地のツアー会社に電話することになっていた。(-_-;)

そこで、しかたなく電話をかけたら、「モバイルデータ通信ができないので、電話がかけられない」とスマホに表示されるではないか!

設定をいろいろ変えたり、+36を取ったり、付けたり、路上でいろいろ試してみたが、どうしても電話できない。

そこで、宿に戻って宿の電話を借り、受話器を取ろうとしたら、現地ツアー会社から電話がかかってきた。

ツアーを契約する時の電話連絡先を宿の電話番号にして登録していたからだった。

その電話で、ピックアップ車がそちらに向かっているので、路上でもう少し待つように言われた。(-_-;)

そこでまた路上に戻ると、前日のような会社のロゴの入ったピックアップ車ではなく、フォルクスワーゲンから、ロシアのプーチンそっくりの風貌と歩き方をする男が現れて、それが現地ガイドのマイ・プーチンとの初出会いだった。(((^^;)

宿の管理人さんには、あらかじめ私の現地での連絡先を宿の電話番号にさせてもらっていることをお伝えして了解をもらっていたから良かったが、まさか私のスマホで通話ができないなんて、想像もしなかった。


そこで、日本に帰国後、もう一度「mineo」のサポートに電話して、教えられたとおりにしたけれど、海外で通話ができなかった旨を連絡し、なぜ通話ができなかったのかを尋ねた。

そしたら、前のサポートの指示が間違っていたと謝られた。(^^;)

「モバイルデータ通信」をOFFにして、「データローミング」ONにするだけではダメで、もっと他に設定を変えることが必要だったようだ。

その設定の変更は、もしかしたら、mineoが提供するスマホなら必要無かったのか、それともどのスマホでもmineoDプランのSIMを使うかぎり必要があったのか、その辺の事情はよくわからなかったが、以前、docomoに入っていた時に何の意識もせずに簡単に海外通話ができていたのが、格安SIMではそう簡単ではないことを思い知らされた。


mineoがDプランではdocomoの回線を借りていること。
私のdocomo時代のXperiaA SO-04のSIMが解除されていないこと。

もしかしたら、この2点が問題で、海外通話ができなかったのかもしれない。(((^^;)


サポートの方がXperiaA SO-04での設定変更をいろいろ調べて、約1時間ほどかかって教えてくださったことは、上記の操作の他に

◎国内にいる間にする設定変更。

①「通話設定」→「海外設定」→「ローミング時着信規制」→「規制停止」→「ローミング時着信規制を解除します」を「OK」にする。

②「通話設定」→「海外設定」→「ローミング着信通知」→「着信通知設定開始」を「OK」にする。

◎現地に到着してからする設定変更。

③「通話設定」→「海外設定」→「国際ダイヤルアシスト」→「国番号」から滞在国を選択。リストにない場合は手入力でリストに追加して選定する。*ハンガリーはリストにないから、手入力で設定。


最後に、これで大丈夫だと思うが、docomoに「端末の国際通話時の設定」について、もう一度尋ねてみて欲しいと言われてしまった。(^^;)

docomoから逃げ出した元客に、docomoが親切丁寧に教えてくれるかなあ・・・(-_-;)

*続く









[PR]
by dande550213 | 2017-08-02 16:06 | 旅行 | Comments(0)

7/27、ハンガリーで昼食中に、ガイドのマイ・プーチンが「ひろひと」と言ったことがあった。

一瞬、彼が何を言っているのかわからなかったが、しばらく考えて、天皇の名前だと思い、「それは天皇の名前よ」と教えてあげた。

でも、さっき調べたら「ひろひと」は亡くなられた昭和天皇の名前で、今上天皇の名前は「あきひと」だった。(-_-;)

正しくは、「あきひと」、「なるひと」、「ふみひと」という順番なのに、私はマイ・プーチンに、今の天皇の名前は「ひろひと」、次の天皇の名前は「なるひと」、その弟の名前は「あきひと」と間違えて教えてしまったことに気がついた。(-_-;) 

ごめんなさい。


外国人は天皇でも「名前」で呼ぶのが普通のスタイルなのだろうが、日本では宮家の名前で呼ぶことが多く、名前で呼ぶことはあまりないので、すっかりわからなくなってしまっていた。


また、私には苗字【ファミリーネーム】と名前【ギブンネーム】があるけれども、皇室の人々には苗字【ファミリーネーム】が無いとも教えてあげたが、これは正しかったかな? 宮家の名前は、「ケント公」のような称号、爵位の名前と同じではないかと思うから、やはり苗字【ファミリーネーム】は無いと思うのだが。

ちなみに、ハンガリーは日本と同じく、苗字【ファミリーネーム】+名前【ギブンネーム】という順序。


もう一つ、天皇家にはイギリス王室のような個人財産はない(日本国憲法第88条で皇族の資産はすべて国の所有物になったので・・・)と彼に言ったが、これも今調べてみたら、昭和天皇が崩御された後に相続税が課せられたともいうから、やはり個人財産はあるのかしら?(-_-;)

それと、「今の天皇は退位される」とも伝えたが、その日程はまだ未確定なのに、「ちょっとよく覚えていないが、確か来年退位される」と言ってしまった。(-_-;)

「平成は30年までお終い」とは覚えていたが、今年が平成何年になるのか、すぐに思い出せず(ふだん、西暦しか使わないから、よくこういうことがおこる)、今年は平成30年だろうと思って、退位を来年と言ってしまったのだ。

マイ・プーチンは「来年の日本からのニュースを楽しみにしてる!」と嬉しそうに言っていたけれど、ごめんね。

来年の年末には、きっと日本から「退位間近のニュース」が流れると思うからね。<m(__)m>


今日のニュースで「秋篠宮さまハンガリーへ 今月中旬、眞子さまと私的に旅行」と報じられていたので、間違ったことを教えてしまったことをなおさら悔いている。

マイ・プーチン、本当にごめんね。<m(__)m>


それとともに、日本のことを正しく外国人に伝えられるように、ふだんからきちんと勉強しておかなければダメだなと、痛切に感じた。



[PR]
by dande550213 | 2017-08-01 21:48 | 旅行 | Comments(0)

ハンガリーは私がブダペストに着いた7/21頃から、最高気温が25℃、最低気温が15℃ぐらいと、8℃近く気温が下がったので、重ね着で対応した。

雨も時々降るので、毎日、折り畳み傘が必要だった。

マイ・プーチン(現地ガイドさんのあだ名)が言うには、雨が降るのは通常6月で、7月にこんなに雨が降るのは珍しいとのこと。

旅行にかかった総費用は、お土産も含んで、全部で19万8千円だった。

20万円を超えるかもしれないと覚悟していたので、意外に安く済んで良かった。

今回は、ハンガリーの名物料理やスイーツも食べた。

ジプシー演奏家に2曲リクエストして、チャールダッシュを演奏してもらった。

ブガツへ行ったときの昼食レストランでジプシー演奏家が曲を奏でていた。

バイオリンとツィンバロムだけの演奏だった。
f0096508_14303586.jpg

f0096508_14333059.jpg

ツィンバロムのペダルはこんな感じ。
f0096508_15005704.jpg

「彼らにリクエストできるの?」とマイ・プーチンに尋ねたら、「できるけれどお金が要るよ」と言われたので、「いくらぐらい?」と聞いたら、「さあ・・1,000Ftぐらいかな?」と言った。

そこで、どんな曲をリクエストしようかと考えて、このブログの非公開メモ((((^^;)を見ようと思った。

しかし、この広いブスタの大平原ではモバイル通信が弱くて、なかなかマイブログが表示できない。

そこで、マイ・プーチンにそう言ったら、レストランの従業員に聞いてくれて、Wifiが飛んでいると教えてくれた。

そこで、そこのwifiでネット接続すると、このブログがサクサクと表示されて、非公開メモを見ることができた。(((^^;)
f0096508_14412420.jpg

この画面を見せて、先ず、「H moll Csárdás」を指さしてリクエストした。


彼らは、口頭では曲名を「 Csárdás H moll」と言った。

そしてYou Tubeと同じ演奏をしたので、「ああ・・・H moll Csárdásは、本当に今でも現地で演奏されているのだ!」と嬉しくなった。

続いて「G-MOL CSARDAS」2.作者不詳の「チャールダッシュ:ト短調g-moll」を頼んだら、彼らは「この曲は知らない。あなたは音楽家か?」と聞いてきたので「私は音楽家じゃないよ。ただ、ジプシー音楽が大好きなだけ。」と言って、今度は「csardas A-Mol」 1.作者不詳の「チャールダッシュ:ハ短調c-mollとイ短調a-moll」 をリクエストしてみた。

「csardas A-Mol」と「 Csárdás H moll」は同じメロディのようだが、不思議なことに全く別の曲のようにも聴こえた。

終わった後、ノートに彼らの名前を書いてもらった。(((^^;)
f0096508_14551529.jpg
何と読むのかわからないが・・・。

2曲リクエストしたので、2,000Ftを渡したら、今度は彼らのCDを見せてきた。

f0096508_14564860.jpg
「いくら?」と聞くと「2,000Ft」と言うから、「私にプレゼントして頂戴!」と頼んだら、「1,000Ft」に値下がりしたので、記念にこれも買った。

マイ・プーチンが「君はどこでこんな曲を知ったのか?」と聞いてきたので「You Tube!」と答えたら、目を丸くしていた。(^_-)-☆



[PR]
by dande550213 | 2017-08-01 15:03 | 旅行 | Comments(0)

大阪に、無事帰国


朝9時前に関空無事着。

あまりの暑さと湿気で、涙が出そうだった。

ちょうど、昨年2月にベトナムへ行ったとき、初めてホーチミン空港に降り立った時と同じ気候の変化。

ハンガリーは私が訪れた頃から急に寒くなり、最高気温が21~25度ぐらい。最低気温は14、5度だったから、重ね着で寒さをしのいだ。

日傘はハンガリーで壊れたので、帽子、手袋、サングラスで何とか大阪の日差しをよけながら、重いスーツケースを引っ張って帰ってきた。

例によって、御土産はハンガリー・ワインを3本。

おまけにジャムが3個にチーズも。
f0096508_16212842.jpg
ワインは、ハンガリーで毎晩飲んでいた銘柄。
 
セールで安かったので、帰国前日にその店まで遠征して買った。

ジャムとチーズは、フランツ・リスト空港で買って、スーツケースに入れた。

カローチャ刺繍のレターセットとパプリカ、CSA'RDA'SのCDも。
f0096508_19015548.jpg

後は全部、消え物の御配り・お菓子。(((^^;)

宿を出る時、管理人さんが「別棟のdandeさんとはゆっくりお話しできなかったけど、僕と同い年なんですね。」と声をかけてくれた。

「還暦を過ぎると、海外一人旅は滞在型に変えないと体力がもたないです。」とお互いに笑いあったが、ワイン3本の重さで一気に重くなったスーツケースを引っ張り、階段で持ち上げる体力も心配だったので、徒歩コースを選んで、宿から徒歩17分ぐらいのディアーク広場までスーツケースを引っ張って行き、後は空港行きバスのコースを選んだ。このコースなら、階段無しの平地移動だから・・・。(((^^;)


関空に、お迎えアッシー君が仕事で駆けつけてくれないのは辛かった・・・。(-_-;)




[PR]
by dande550213 | 2017-07-29 16:39 | 旅行 | Comments(0)