一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

カテゴリ:雑感( 537 )



教会の会計報告を教会指定のUSBにバックアップしておこうと思って、所定の場所に手を伸ばしたが、USBの入った袋がない。\(◎o◎)/!

慌てて、机の上のあちこちを探したが、無い!(-_-;)

机の上から、引き出しの中に紛れ落ちたのかもしれないと思って、引き出しを全部開けて探すも、無い。(-_-;)

机の上から、背後の本箱との間に滑り落ちたのかもしれないと、懐中電灯を持ち、机の下にもぐって探すも、無い。(-_-;)

自分のUSBではなく、教会のUSBと会計書類のロッカーの鍵まで入っている大切なお預かり物だから、もしこれを失くしたとなったら、一大事だ!


外に持ち出したことは一度もないので、部屋の中のどこかにあるはずだと、もう一度机の下にもぐって、今度は机の構造の隙間のような所に落ちていないか懐中電灯で照らして首を伸ばして点検していると、机のスライドレールに何かが挟まっているのが見えた。

手を伸ばして取り出してみると、コレが挟まっていた。
f0096508_13590808.jpg

この机は元「息子の学習机」だから、これは息子の物だな・・・と、開けてみると、こんな物が入っていた。
f0096508_14010167.jpg
学生服の襟につける記章かな? 

「会長」の記章があるから、きっと中学生の頃のだ。

夫に似て、何でもきちんと整理する子だったから、こんな風にまとめて保管していたのね。

私のように探しても見つけ出せなかったのか、それとも保管していたことを忘れて、無くなったことすら、気がつかなかったのか。

お盆に会うから、息子にみせてあげよう。彼、何て言うかな?(((^^;)



ところで、私の失せ物は、机の背後横板と本箱の間で、落下しないで途中に留まったままの状態で見つかって、感謝、感謝!



[PR]
by dande550213 | 2017-08-05 14:17 | 雑感 | Comments(0)

今35歳の息子が、今から20年ほど前の中3時代に市の広報ビデオに出演したことがあった。

「わたしたちの大和川物語」というビデオで、息子が中3の時、一度だけ見せてくれた記憶があるが、それ以後は見たことがなかった。


あれから、9年もたつのに、ビデオをDVDにダビングしていなかったので、見られずじまいだった。(((^^;)

それがつい先日、教会の記録ビデオをDVDにダビングする役を仰せつかったので、息子のビデオもついにDVDにダビングすることができた。

出来上がって、いざ見ようと家のDVDプレーヤーのデッキをあけたら、こんなDVDが中に入っていてびっくりした。
f0096508_16573941.jpg
一瞬、何でこんなものが家のDVDプレーヤーに入っているのかわからなかったが、「電車大集合!」と題を見て、やっと見当がついた。

これは、きっとでんでん大好きの孫のIくんのDVDで、5月に息子家族が来た時に、忘れて帰ったのだろう。

息子たち、忘れたことに気がついていないのか、それともこのDVDは実家に置いておこうと思ったのか?

それを取り出して、「わたしたちの大和川物語」のDVDを入れると、息子のナレーションでビデオが始まって少しびっくり。

セリフ以外に、日記のナレーションも担当していたとは、初めて見た時には全く気がつかなかった。

息子の顔は今とほとんど同じで、何だか不思議な感じがしたが、娘がよく言う「兄ちゃんは童顔だから若く見える」とはこのことね~。

お弁当を食べるシーンがあって、当時のデカ弁当箱や水筒が現れた時には、私、まともな美味しいお弁当を作っていたっけ?と少し焦った。

24分の短いビデオだが、市の歴史や大和川の付け替え工事などがコンパクトにまとめられていて、もっと早くに見ていたら、当市生まれの夫とも歴史共有ができたのに・・・と残念。



今の藤井聡太4段と同じころの息子がここにいる。*\(^o^)/*

f0096508_17120876.jpg

f0096508_17123924.jpg

f0096508_17142589.jpg

f0096508_17145566.jpg

f0096508_17152526.jpg

f0096508_17155494.jpg

f0096508_17162540.jpg

f0096508_17170018.jpg

f0096508_17173045.jpg

f0096508_17181554.jpg

f0096508_17184411.jpg

[PR]
by dande550213 | 2017-07-17 17:29 | 雑感 | Comments(0)

それ見たことか


夫の今朝の収穫。

ゴーヤのこの様、それ見たことか! (-_-;)
f0096508_09120084.jpg

毎朝、洗濯物を干しながら、「小さくても早く収穫しないと、すぐ黄色くなるよ~」と思っていたが・・・。(((^^;)



[PR]
by dande550213 | 2017-07-16 09:18 | 雑感 | Comments(0)

新聞記事の続きで、もう一件。

今日の「悩みのるつぼ」の相談者は、どうも私と同じようなタイプのようにお見受けした。

もともと家事は好きではないし得意でもなかったが、働いていた頃はそれでも何とか最低限の家事はこなしていた。しかし、5年前に退職して専業主婦になったら、時間に余裕があるので、手の込んだ料理を作ったり、家の隅から隅までピカピカに掃除したりということをしようと思っていたけれど、最近は昔できていた最低限の家事さえ手を抜く始末だ。以前、ネットで「家事をしない主婦はニート同然」という言葉を見たが、今の自分はまさにそうだと思っている。どうしたら、家事をやる気がでてくるのか?

というような内容の質問だった。

ネットで「家事をしない主婦はニート同然」と話題があったなんて知らなかったが、人はそれぞれ個性が異なるから、仮に主婦であっても家事が好きでない女性も居ていて当然だと思う。完璧に家事ができないことに罪悪感を持つ必要はない。時間が十分あるようになったから、自分も完璧な家事ができるはずという強迫観念に囚われる必要もない。

相談者の悩みは、要は家事の得手・不得手の問題にいきつくのだから。
その原因は主婦の怠慢にあるのではなく、個性の相違に起因しているに過ぎない。

家事に生きがいを感じる主婦もいれば、もっと別の事に生きがいを感じる主婦もいる。ただ、それだけのことだと思う。

この女性に必要なのは「最低限の家事しかできないほど時間的に余裕がないと、再び、言える理由を作ること」ではないだろうか。

つまり、仕事やボランティア、趣味など、家事以外の夢中になって打ち込める何か(自分だけの生きがい)を見つけることだと思う。

家族が今まで最低限の家事でも受け入れてくれていたのだから、これからも最低限の家事しかできなくても家族は受け入れてくれるはずだと思う。

「申し訳ないけれど、私はね、これからも最低限の家事しかできないのよ~♪」と家族に申し開き(?)する時のきちんとした理由を作らないと、結局、時間はたっぷりあるのに最低限の家事しかしない自分を責める羽目に陥りがちだ。

他の主婦と比較して今の自分を反省するのではなく、自分は何をしている時に一番幸せを感じるか、その自分だけの幸せを大事に守り育てて生きていくことが大切だと思う。


今日の新聞記事(フロントランナー)で、あの藤井聡太4段が言っている「相対的というより絶対的に強くなりたい」という言葉。

14歳でこの視点は、胸を打たれる。

誰かと比較して評価される強さではなくて、自分がたどり得る最高の強さを彼は追い求めているのだと思う。



他人と比較する必要はない。他人の評価を気にする必要もない。

自分が幸せだと感じる物やこと、それが自分の個性だと胸を張って生きていくことが一番大切だと私は思っている。

金子みすずのこの詩が大好きだ。

わたしと小鳥と鈴と

わたしが両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、 地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、 たくさんなうたは知らないよ。

鈴と、小鳥と、それからわたし、 みんなちがって、みんないい。






[PR]
by dande550213 | 2017-07-15 17:54 | 雑感 | Comments(0)

ばあちゃんたちの心配


暑中見舞いのお礼のやり取りで、珍しく息子のお嫁さんのお母さんと長話。


お嫁さんは、第1子のYちゃんが幼稚園の運動会練習があるから9月は幼稚園を休ませたくなくて、お産の時は第2子のIくんだけを連れて実家に帰りたいと言って、私(実母)の意見を聞かないのだと言われる。

Yちゃんを幼稚園に通わせるために、出産が近づくと私(義母)が息子の家に泊まり込んでYちゃんの世話をすることになっているのだけれど、それでは1人だけ残していかれたYちゃんの心が傷つくのではないか。

それが、ばあちゃんたちの共通の心配なのだ。(((^^;)

Yちゃんはとても繊細で、少し神経質。

1歳過ぎの時、お嫁さんが保健婦さんの勧めで母乳の断乳をされたら、Yちゃん、ショックでそれまで歩いていたのが、ハイハイしかしなくなったことがあった。以後、精神的成長が逆戻りしたようで、しばらくお母さんのそばから離れられなかった。(-_-;)

また、それを繰り返しはしないかとばあちゃんたちは心配しているのだ。

お嫁さんのお母さんは私より5、6歳若くて、まだフルタイムの現役だから、出産の間は、Iくんは保育園の一時預かりでみてもらうことになっている。

Iくんが生まれる時はYちゃんもそうだった。だから、第3子の出産の時もYちゃんとIくんは一緒に帰ってきて、同じ保育所の一時預かりでみてもらったら、YちゃんのためにもIくんのためにも良いと思うのに、Yちゃんの幼稚園を休ませたくないからとお嫁さんは言うそうだ。

幼稚園を休んで運動会の練習に参加できないのなら、運動会が終わるまで、Yちゃんも実家に居てたら良い。運動会なんて、これから何度でもある。たかが幼稚園の運動会を一回ぐらい休んだところで、人生が終わるわけでない・・・と。

私もそう思っているけれど、私の口からはそれはなかなか言えないのだと伝えた。(((^^;)

去年のYちゃんの初めての運動会を思い出す。


お嫁さんの、子どもの運動会にかける情熱と愛情は、私たちの世代ではちょっと考えられないくらいで、その辺がばあちゃんたちの理解に苦しむところなのだ。

実のお母さんが忠告されてもダメなのなら、私が言ってもダメだろうけれど、それとなくお嫁さんにばあちゃんたちの心配を私からも伝えることになったが、少し気が重いなあ・・・。(-_-;)







[PR]
by dande550213 | 2017-07-14 17:11 | 雑感 | Comments(0)

「むべ」かしら?


仕事に行く途中のお宅の庭木に、薄緑色の実を付けている木があった。
f0096508_22461986.jpg

f0096508_22463238.jpg
無粋な私は名前がわからないので、例によってGoogle画像検索で写真をアップして調べてみたら、”Tree fruit”って、そんなもん、私でもわかるよ!
<(`^´)>

しかたがないので「木の実 夏 緑」で検索したら、似たような画像があって、どうも「郁子 野木瓜 むべなるかなのムベ」のようだ。

数年前に頂いてむべの実を食べたことがあったが、薄紫色の実しか見たことがなかったし、庭木にもなっている木だとはついぞ知らなかった。

なんと、まあ、お粗末なこと。(((^^;)



[PR]
by dande550213 | 2017-07-13 23:01 | 雑感 | Comments(2)

昨日、教会からの帰り道、2軒の庭先で見かけたこの赤い実はもしかしてブラックベリーの実かな?
f0096508_11183870.jpg


f0096508_11184741.jpg


我が家では、夫丹精の鉢植えブルーベリーの実をおいしくいただいている。

ついに居間もクーラーをつけて、熱中症予防。

設定温度は昼間は30度、夜は29度だが、クーラーをかけると、左下肢の静脈血管炎の疼痛がひどくなる。

暑いからとアイスクリームを食べていると、どんどん体重が増えていった。(-_-;)

汗をかくと皮膚がヒリヒリするようになったから、夏の間だけ、化粧水を濃厚なタイプからあっさりしたへちま水に替えている。

年々夏が過ごしにくくなるが、食欲が衰えることがないのは有難いことなり。




[PR]
by dande550213 | 2017-07-12 16:16 | 雑感 | Comments(0)

美術館や博物館へ行った時の昼食処はだいたい決まっている。

兵庫県立美術館へ行ったときは、阪神岩屋駅近くの「居酒屋 庵」でお昼を食べる。

f0096508_16264701.jpg

本日の日替わり定食750円(税込)は2種類あって選べるし、かけるソースも選ぶことができる。

7/7に行ったときは、主菜は「蒸し鶏」にして、たれはピリカラ韓国風。

小鉢はマカロニサラダで、副菜が3品(冷奴、小松菜の和え物、切り干し大根の煮びたし)もついている。
御みそ汁もしっかり具が入っていて、ご飯も「大盛り・普通・少な目」と選べる。
f0096508_16353733.jpg
+100円でコーヒーも頼める。

お値段の安いのが嬉しいが、小鉢や副菜のメニューが訪れるたびに変わるのも嬉しい。

おかみさんは気さくで、気配り・目配りがきく人。

店内には兵庫県立美術館のチラシと割引券も置いてある。

次はコレを見に行って、またここで昼食を食べるのを楽しみにしている。
f0096508_16420982.jpg


[PR]
by dande550213 | 2017-07-10 16:42 | 雑感 | Comments(0)

初収穫のゴーヤ


3階のベランダで日よけ代わりに夫が栽培しているゴーヤ。

今年もめでたく初収穫。*\(^o^)/*
f0096508_09545997.jpg


庭の無い我が家。

夫がプランターで作れる野菜は、ゴーヤとラディッシュと青紫蘇、パセリのみ。

ナスやキュウリやトマトも食べたいけど、「土を変えなアカンから、とても無理!」なんだとか。(-_-;)

本当?(?_?)
f0096508_09560677.jpg

[PR]
by dande550213 | 2017-07-08 20:01 | 雑感 | Comments(2)

仕事先にユニフォームができて、来週から私もユニフォームを着用しなければならなくなった。(((^^;)

私以外は20代の若者ばかりで、1人だけバアちゃんが混じっているのは少々恥ずかしいが、私にもユニフォームが支給されたということは、もしかしたら、まだ必要とされているのかしらと思い、毎年、夏期講習の前には日時の打診を受けるけれど、今年はまだだったので「今夏は夏期講習は担当しなくてもよろしいんですよね?」と聞いてみたら、何と例年とは曜日が変わって、ハンガリー旅行と夏期講習がバッティングするとわかった。

前半部は別の先生が代講してくださることになり、何とか予定通り、ハンガリー旅行へ行けることになったが、今後はたとえ半年前でも構わないから、先に旅行に行く日程を打診してくださいと注意を受けた。(((^^;)

そこで、冬休みにも海外旅行したいので、年明け1月から10日までの期間には冬期講習は入らない旨をさっそく確認して帰ってきた。

仕事があるだけ幸せだとは思っているが、いつまでもあてにされても困るなあ。

旅行の費用も稼がないといけないけど、いつまで海外一人旅ができるやらと老化を焦る気持ちが年々強くなる。

やっぱり旦さんが働いている間は仕事をやめられへんかもしれんなあ・・・。



[PR]
by dande550213 | 2017-06-29 23:07 | 雑感 | Comments(0)