一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:雑感( 538 )



ジェノサイドの体をなしてきたミャンマーのロヒンギャ問題。

facebookもLINEもtwitterも利用していないので、ここに貼りつけて拡散します。(((^^;)

国境なき医師団(1999年にノーベル平和賞を受賞)
■ 特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
http://www.msf.or.jp/
■ 〒162-0045 東京都新宿区馬場下町1-1 FORECAST早稲田FIRST 3階
tel:0120-999-199(9:00~19:00 無休、通話料無料)
f0096508_18282444.jpg



f0096508_18284248.jpg

[PR]
by dande550213 | 2017-09-09 18:29 | 雑感 | Comments(0)

昨夜、仕事を終え、あまりのしんどさに「もし、これが堺へとんぼ返りしなければならないなら、もう耐えられへんなぁ~」と、トボトボ家に帰った。

夕食時に夫に、堺での生活の不満をぶちまけてストレス発散させてもらって、ようやく落ち着いた。(((^^;)

夫が「仕事後、堺へとんぼ返りしなければならないなら、車で送って行こうか?」と言ってくれたので、もしそんな事態になったら、義妹に車を借りて夫に送ってもらおうと心に決めた。

お風呂の中では、またすぐに堺へ戻らなければならないなんてイヤだなあ・・・と少し悲しくなったが、昨夜は久しぶりの我が家のベッド。

睡眠薬を飲んだら、ふだんは飲んでも4時間ぐらいで覚醒してしまうのに、昨夜はぐっすり一度も目覚めずに眠れたので、今朝は疲労回復して気力充実。*\(^o^)/*

堺でも睡眠薬を飲んで寝ていたが、隣の孫のYちゃんが転がってきて足や手が飛んで来たり、壁にぶつかる音や息子の物音で何度も起こされて、ほとんど寝られなかった。若い頃はそんな悪環境でもぐっすり眠れていたのだから、私もやはり歳を取ったのだ。

ウォーキングにも行けず、御通じも不規則だから、きっと体重が増えているに違いないと思っていたら、減っていて、数字の上では9歳若返ったという判定。


その結果をみて、いかに我が家に居てる時は忙しく立ち働いていなかったかがよくわかった。(((^^;)

PCの前に座る時間を減らして、朝から晩まで休みなく立ち働いて身体を疲れさせたら、睡眠中途覚醒も運動不足も解消されるんだってこと。


今日は我が家の家事で大忙し。

お嫁さんの体調次第で緊急呼び戻しがあるかもしれないので、優先順位をつけて家事の処理。

[PR]
by dande550213 | 2017-09-08 14:22 | 雑感 | Comments(0)

月曜日午後から、堺市の息子宅で孫守りの日々が始まったが、若い2人は気楽な性格なのか、新居の鍵5本のうち3本が見つからないのに気がついたのが、私が堺へ行く前日だったという。特別な鍵なので、街の合鍵屋でスペアキーを作ることもできず、結局2本の鍵で3人が綱渡りしなければならなくなった。(>_<)

おまけに、息子が10月から東京へ転勤となー!\(◎o◎)/!

新居を立てて半年が過ぎたばかりで、9月中旬に第3子が出産予定なのに・・・。

本人はもうそろそろ転勤があるかもしれないと考え、その時は単身赴任すべく、新居を建てたと言う。

理由は、子どもたちに転校をさせたくないからだと言う。

第1子は幼稚園を転校になってしまったが、以降はどの子も転校しなくていいから、子どもたちのためにそうしたというが、それでは今度生まれてくる子は父親の顔知らずになってしまうではないか!

お嫁さんは、子どもたちを遊びに連れていってもらえないのが困ると笑いながら言っていたが、別の意味では息子が単身赴任すると楽になる面もあることが、息子の家で3日暮しただけでよくわかった。

というのは、息子は仕事柄帰宅が遅く、午前様近くになることが多いからだ。

そんなに遅くなっても家で夕食を食べるのが普通だから、先に寝てしまうわけにはいかない。

それでいて、朝は6時に起きて朝ごはんを食べ、お弁当とお茶を持って出かけていくから、それじゃ睡眠不足で過労死しないかと心配になってくる。

そうでなくても睡眠時間が短いのに、息子はなぜか朝5時に目覚ましをかけ、その後、10分おきぐらいに2回ほど息子の目覚ましが鳴るので、もう私は寝ていられない。

息子はその目覚ましで起きるのかといえば、そうではなくて、起きて階下に降りてくるのは6時だ。それなら、なぜ、5時に目覚ましをかけて、短い睡眠時間をさらに短くするような真似をするのか!



おかげで私も睡眠不足になり、孫の世話より、息子の生活に併せるのにヘロヘロ。

お嫁さんは「第1子が幼稚園に行っている間に、私は第2子と一緒にお昼寝してるから大丈夫です。」と言っていたが、お嫁さんと交代した私は第1子が幼稚園に行っている間にしなければならない仕事を持って行っているし、まだ物や器具の有り所に慣れていないので、昼寝をする時間もないのだよ。(((^^;)


息子は営業だから、ゆっくりお昼を食べる時間がないので、移動する車を運転しながら食べれるようにお弁当は特大おにぎりを2個だけでいいだなんて、世間ではこういうことは普通かもしれないが、公務員と教員の家庭しかしらない私は、そんな非人間的な生活の話を聞くと卒倒しそうだ。

それなら、せめて朝食ぐらいはしっかり栄養を取ってほしいと、副菜をいろいろ考えて調理するぐらいしか、私にしてあげれることはない。


他にもびっくりしたことが多々ある。

バケツがない。掃除用の雑巾や古ハブラシがない。石鹸がない。布巾がない。台所の洗い桶がない。(-_-;)

用途別のたくさん電化製品と洗剤の山と各種のウェットチッシュや使い捨てペーパーだけ。

キッチンの水道はセンサー反応だから、すぐに水が出ない。すぐに止められない。誤作動もある。(-_-;)

私には、テレビのCMに踊らされているような金遣いの荒い生活のような気がするが、今の若い人の生活って、こんなものなのだろうか?


ああ、疲れた・・・。

堺へ行く前に夫がくれたこのチラシ。楽しむ余裕なんて、まだまだ。
f0096508_14192639.jpg




[PR]
by dande550213 | 2017-09-07 14:07 | 雑感 | Comments(0)

娘のバイク


娘が新しいバイクに乗ってやってきた。
f0096508_14160708.jpg


ヘルメットと皮の上着も買って、まるでライダー。
f0096508_14165788.jpg

血は争えないのか、私の弟もライダーだ。

亡き母が弟がバイクで帰省すると、何も持って帰れないし、事故が心配だとよくぼやいていたが、本当にそう。

夏は暑いし、冬は寒いし、雨には濡れるし、荷物は積めないし、横転したら命が危ないし・・・。

どうしてこんな物に乗りたいのか、不可解な乙女心よ。(>_<)


[PR]
by dande550213 | 2017-09-02 14:24 | 雑感 | Comments(0)

ハナモモの実



今年も春に花を咲かせてくれたが、何と、初めて、ハナモモの実がなった。*\(^o^)/*
f0096508_09144040.jpg

f0096508_09150131.jpg
昨夜、落ちた実を夫が一つ食べてみたら、桃の味がして美味しかったと言う。

5つほど実をつけているから、私も御相伴にあずかる日を楽しみにしている。




[PR]
by dande550213 | 2017-09-02 09:20 | 雑感 | Comments(0)

孫守り、堺へ下見に行く


昨日は、歯科の定期検診日で予約時間は9:30だったから、その後、堺市に出かけた。

「来週日曜日の午後から」と息子から聞いていた孫守りの周辺環境下見と、実家に帰る前のお嫁さんにいろいろと聞いておきたいことがあったから。

歯科の診察が終わって、天王寺の行きつけのドラッグ・ストアで外用消炎・鎮痛剤ローション6箱と貼り薬1箱を買って、リュックに入れたら、ずっしりと重くなった。(-_-;)

購入した外用消炎・鎮痛剤ローションは、たぶん?この店でしか取り扱っていないジェネリックの大容量製品なので、天王寺に出た時にいつもまとめ買いをしている。帰りは天王寺駅を通過する可能性があるので、堺へ向かう前に買ったのだが、リュックを背負ったとたん、「しまったー!」と思った。この重さを背負って、今日は一日うろつくのかと。(-_-;)

南海本線「堺駅」に着いたのは10時半過ぎ。お嫁さんとの打ち合わせ時間は14時だから、それまで時間をつぶさなければならない。

駅近辺の商業施設を隈なく見て回り、無印良品でまたチマチマと買ってリュックに入れ、駅前のラーメン店で昼食を食べた。

この店はわが市にもあり、亡きお義母さんが誘ってくれて1回一緒に食べに行ったことがある店だったから、何となく懐かしくて、どんな味だったけ?と思って入ったが、塩辛くて、コレまた「しまったー!」と思った。

あの当時と店の味が変わったのか、それとも私が薄味になったのか? お冷を何倍もお代わりしながら、何とか麺と具を食べ終えたが、消化不良で胃が張ったような感じになった。

腹ごなしに、先ず、息子の家の前まで歩いていった。

前に行ったときは娘と一緒だったので、娘に連れていってもらったようなものだったから、駅からの経路をよく覚えていなくて不安だったが、意外に簡単であっけなく着いた。

でも、まだ12時半。(-_-;)

そこで予定通り、今度は孫の幼稚園を下見しておくことにした。熱を出したり、不慮の事故などの場合は迎えに行かなければならないとお嫁さんに聞いていたからだ。

「大小路」から今度は阪堺線に乗って「御陵前」まで。

着いてみると、園の姿はGoogleマップで下調べした画像とは違う。敷地いっぱいをマンションのような建物(校舎)で囲っているではないか。どうも新築中のようだが、運動場や遊具はどこにあるのかしら?と、窓から中を覗いたり、周辺を見回したり。

と、前に小学校があったが、人気がなく、校内も生活の匂いがしない。スマホで調べても地図に校名の記載がないから、閉校になったのだろう。

で、悪いけど思ってしまった。

きっと幼稚園が跡地を買って、運動場にする約束ができているのと違うかなあ?大阪の森友学園事件みたいに・・・と。(((^^;) そうじゃなかったら、幼稚園が元の運動場も含めた敷地いっぱいにマンションみたいな校舎を新築しないんじゃないかな?・・・と、まあ勝手な空想をたくましくしていると、前の道路にこんな碑があるではないか。
f0096508_15383804.jpg
「熊野街道」? この小路は熊野まで続いているの?


「御陵前」近くにはこんな碑もあった。「紀州街道」?
f0096508_15410950.jpg
この辺りは2つの街道が並行して走っているのだろうか?

「大小路」だったか、「花田口」だったかの近辺にはこんな案内板。
f0096508_15440798.jpg
うぅ~ん。

堺へ行ったら、孫ちゃんを幼稚園へ送り出した後に楽しめるスポットがいっぱいあるなあ。*\(^o^)/*

堺行きも、まんざらではないわなあ~♪と、「花田口」から堺駅前の大型スーパーまで戻り、手土産の果物を買って、14時きっちりにドアフォンを押すが、誰も出てこない。

ええー?時間を間違えたのかな?とメールチェックすると、お嫁さんから8時半ごろにメールが来ていた。

孫ちゃんの体調が良くないので、14時頃はお昼寝をさせたい。ついてはもう少し早い時間か、もう少し遅い時間に変更してもらえないかと。(>_<) 

またまた「しまったー!」

玄関先で「ごめんね。メールチェック忘れて、今、玄関前にいるんやけど。」とメールして、ようやく中へ。(((^^;)

帰りは阪堺線で、堺から天王寺駅まで戻ってきた。

学生時代の大学が阪堺線沿線にあり、学生寮が南海本線「諏訪ノ森駅」近辺にあったので、当時、大学から阪堺線で「住吉公園」駅まで行き、本線の「住吉公園」駅に乗り換えて「諏訪ノ森駅」まで通っていたような記憶があったが、どうも阪堺線の「住吉公園」駅は最近無くなり、本線の「住吉公園」駅は私が24歳の時に「住吉大社」に駅名が変更されたようだ。

しかし、阪堺線沿線の風景はあまり変わっていなくて、40年以上前に田舎から出てきた私が生まれて初めて「お好み焼き」なる物を食べた店の看板がそのまま残っていてびっくりした。

諏訪ノ森の学生寮に居たのは大学1年生の時だけで、その後は万代池の近くに下宿していたから、そこへ向かう道筋も懐かしかった。本当にこの辺は、まるで時が止まったかのように変わっていない気がした。

40数年前の阪堺線は冷房などなくて、夏は木枠の窓を開け放し、その風が涼やかだったが、今はICカードをタッチするだけで乗車OK。

天王寺駅もICカードで改札通過に変わっていた。
f0096508_16300981.jpg
あれから40数年が過ぎ去っただなんて、信じられない。

あの頃はまだSLEにもなっていなくて、軟式テニス部で真っ黒に日焼けした夏を送っていた。

大学はもう移転して沿線に残っていないが、この路線が残っているので、いつでも記憶の中の当時の私に戻れる。






[PR]
by dande550213 | 2017-09-01 16:33 | 雑感 | Comments(0)

和泉市にある「久保惣記念美術館」は、当地で綿業を営んでいた久保惣株式会社が美術品、敷地、建物を和泉市に寄贈してできた美術館。

本館、新館、茶室、市民ホール、市民ギャラリー、市民創作教室などが広い敷地にある。

一度訪れてみたいと思っていたが、車でなければ不便なところにあって、なかなか行けないでいた。

珍しく夫が「北斎を見に車で行こうか」と誘ってくれたので、義妹に車を借りて出かけたが、家から1時間半近くかかった。
f0096508_21243169.jpg

和風の建物で、館内も和風。椅子や机なども、清楚で値の張った和風の丁度品で整えられていた。
f0096508_21245944.jpg


f0096508_21264979.jpg


庭園も木々の緑が涼し気な趣きだったが、なにしろ今日は高温で湿度が高くて、ゆっくり鑑賞する間もなく、館内へ逃げ込んだ。
f0096508_21265826.jpg


f0096508_21270744.jpg


館内の作品は写真撮影禁止だが、一つ一つの作品に付けられている説明が丁寧でわかりやすい。

館内アンケートで、私が一番好きだと答えた作品。
北斎の「冨嶽三十六景 東都駿台」
f0096508_23115814.jpg
※画像は、美術館のデジタルライブラリーより借用


北斎の他に広重の作品も展示されていたから、2人の作風の違いがよくわかった。

北斎の絵の方が力強さを感じる。構図も斬新。

絵葉書を何枚か買ってかえった。

カラー絵葉書が1枚80円、義妹へのお土産に買った一筆箋も250円と安くてびっくり。(((^^;)
f0096508_21271739.jpg


今度はもっといい季節にゆっくりと訪れたい。








[PR]
by dande550213 | 2017-08-29 21:54 | 雑感 | Comments(0)

一昨日は煌々とした灯りと玄関灯だったから、悩ましかったが、今夜は家の横手から慎ましい蛍光灯の灯りがもれていた!

嬉しい。
きっとまた家に帰っていらっしゃたのに違いない。

来週初めから、しばらく留守にするけれど、帰ってきた夜は必ずウォーキングに出かけて、ご在宅の有無を確認したい。

お元気でいてくださることが私の励みにもなっている。



[PR]
by dande550213 | 2017-08-28 22:34 | 雑感 | Comments(0)

悩ましい灯り


だいたい定時に夜のウォーキングに出かける。

以前はウォークマンで音楽を聴きながら歩いていたが、それだと背後から来る車の音が聞こえなかったりして危ないと気がついてからは、ウォークマンは止めて、夜の景色を眺めながら歩くようになった。

知り合いの家の前を通る時は、「今、何してるかな~?」と思いながら、窓辺の灯りに目をやる。

そんな中、ハンガリーから帰ってきてから、異変に気がついた。

出かける前は、確かに毎晩灯りがともっていたある高齢者のお宅が帰国後からは灯りがともっていないことに。

その方は、10年近く前にパソコンを教えていた方で、苦労して大きな家を建てられたのに、1人息子さんは勤め先の門真市に家を建てられ、奥様も亡くなられて独り暮らしだった。

買い物に出かけられる道筋で時々お会いしていたが、やがて、手押し車にすがって買い物に出られるようになり、その後最近お姿をお見かけしなくなったなあ・・・と思っていたら、買い物サービスを利用されるようになったのか、時々配達員が食料品などをお宅に届けている姿を見るようになった。

もう外へ出る体力が無くなられたのだろうかと思いながら、夜、ウォーキングに出かける時はその家に灯りがともっているのを確かめるようになっていた。

その灯りがハンガリーへ出かける前までは確かに毎晩灯っていたのに、ハンガリーから帰ってきてからは灯りが灯っていないような気がした。

そこで、最近はどこかの部屋から灯りが漏れていないか、家の前で立ち止まってウロウロしたりしていた。

ある晩、家の横手の窓から灯りがもれているような気がして、ああ、まだお元気で家で暮しておられるのだなあと嬉しくなった。

しかし、灯りがもれていたのはその一晩だけだったので、よく考えてみたら、隣の家の灯りが窓辺に映っていただけだったのかもしれないと思い始めた。もしかしたら、もう施設に入所されたのか、病院に入院されているのかしら?と案じていた。

ところが今晩はその家に煌々と灯りがついているではないか!

玄関灯も灯されていたので、ああ、もしかしたら施設か病院から家に帰っていらっしゃるのかしら、と嬉しくなったが、しばらくして、あまりにも煌々と灯りが灯っているのが気になりだした。

もしかして、身内の方が来ていらゃっしゃるとか? 
ということは、亡くなられたとか?

と、いろいろ考えだして悩ましい。(((^^;)

お元気でいてくださることを願っている。

[PR]
by dande550213 | 2017-08-26 22:55 | 雑感 | Comments(0)

はやいもので


昨日は息子宅でお呼ばれ。

臨月間際のお嫁さんの手料理で楽しいひとときを過ごす。
f0096508_09105010.jpg


はやいもので、孫のYちゃんとIくんは4歳と2歳。
f0096508_09114987.jpg

来月からはYちゃんの世話に、堺の息子宅へ毎日お泊り出勤しなければならない。(((^^;)

往復で2時間かかるから、我が家で過ごせるのは一日3時間ぐらいになるだろう。(-_-;)

この間に、家事や教会の用事、仕事の下準備などを済ませて、Yちゃんが幼稚園から帰宅する午後2時までに堺の息子宅に戻る日々になるだろう。

それにしても、私の仕事日の午後(木曜日)は、いったい誰がYちゃんの世話をするのだろうか?(>_<)

いずれにせよ、私は自分の仕事を終えたら、荷物を家に置いて、その足でまた息子宅へ行かなければならない綱渡りの日々が続く予想。

息子とYちゃん、土日はママとIくんに会うために、お嫁さんの実家へ行ってくれるよねぇ?

そうでないと、私は日曜礼拝にも出席できない。(-_-;)



[PR]
by dande550213 | 2017-08-13 09:24 | 雑感 | Comments(0)