一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ヒョンビン:チング( 12 )



f0096508_17572232.png

f0096508_2081056.png

f0096508_20193525.png

一番幸せだった穏やかな日々・・・。

f0096508_20281152.png

お金を貯めて中古の船を買って、そしてまたお金が貯まったら、今度は本当にやりたいことをやるんだ、って言っていたのに・・・。
f0096508_21162256.png

f0096508_2120179.png

[PR]
by dande550213 | 2015-10-27 17:58 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

チングのOSTではこの曲「舞台がはねたあと」も好きだ。

しかし、You Tube のチングOST集にはこの曲が入っていなくて探し出すのに苦労したら、思わぬプレゼントもくっついてきた。

先ず、ヒョンビン「チング」の場面ではこの動画だが、ドラマの中で流れていた歌声と同じかどうかはまだ未確認。(((^^;) ドラマの中の歌声でファイルが欲しいのだが・・・。

You Tube Jea Kimさんより
Sharp: After the Play Is Over (English Subtitles) 샤프 연극이 끝난 후 영어자막




思わぬプレゼントというのは、映画のチャン・ドンゴン「チング」でもこの歌が流れる場面があったということ。思わず、チャンドンゴンとヒョンビンのドンスを見比べてしまう。(((^^;)
You Tube pocari2956さんより
연극이 끝난 후친구ost


歌だけでなく、衣装などもほとんど同じで、なぜこんなに同じように場面を再現(?)する必要があったのだろうか?映画とドラマはどこがどう違うのだろうか?と気になりだした。

そしたら、映画「チング」のフルムービィがYou Tube に上がっていたので、言葉はわからないけれど取りあえず画面だけでも眺めてみようと思っている。

You Tube Steven Sysophaさんより
FRIEND (Chingu) 2001 Full Movie

[PR]
by dande550213 | 2015-10-22 09:37 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

半年ほど前に、先輩ファンがチングOSTのCD(コピー)をくださった。

当時は、まだチングを見ていなかったので私には猫に小判だったけれど、今遅まきながらボチボチと、ほんとにボチボチとドラマを見始めて、チングOSTのCDが手元にあることの幸せがよくわかった。(((^^;)
CDプレーヤーにセットして、MP3に変換して、最近のマイブーム。

もしなかったら、こんな風にYou Tubeで必死に探し回っていたことだろう。

この曲もチングOSTの中で好きな曲。

You Tube Kwinnartさんより
Ost. MV MBC Drama Friend, Our Legend 친구 우리들의 전설 Only You - Bobby Kim


[PR]
by dande550213 | 2015-10-19 17:04 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

これも、4月7日にDLして長らくPCのフォルダの中に眠っていたけれど、ようやく陽の目を見た動画。(((^^;) 

チングのOSTをヒョンビンが歌っている。(^.^)

You Tube Hyun Bin House in Vietnamさんより

Can't have you (Friends, our legend OST) - Hyun Bin

[PR]
by dande550213 | 2015-10-18 18:33 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

6月19日にDLしていた動画。
やっとここまでたどり着いた。(((^^;)

You Tube oliveto2さんより
현빈 Hyun Bin_친구, 우리들의 전설 12회



昨夜、ヒョンビンがおかしな夢に登場。

今読んでいる本「アルハンブラ物語」の映画に、ヒョンビンが主演しているという夢。

「アルハンブラ物語」の映画って、あったかなあ・・・と思いながら、映画の始まるのを待ってる私。

今まさに映画が始まろうとするところで目が覚めたから、やっぱり「コレはおかしい、変だ、夢に違いない、早く目が覚めろ!」と思いながら夢をみていたのだろう。(((^^;)
[PR]
by dande550213 | 2015-10-17 21:16 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

高校退学(卒業)後、間もない頃のドンス、ジュンソク、シンスク、ウンジが描かれている。

ジュンソクは、母親の遺骨が生まれ故郷の日本に引き取られることになったことから、少しナイーブになり、ジンソクを訪ねて、一緒にお酒を飲む。帰り道、ジンソクはキャンディ・キャンディの話を例にしながら(?)、暗に自分は3人とも好きだという。この場合の3人はジュンソク・ドンス・サンテクか?それにも関わらず、押しの強いジュンソクはジンスクを好きだと言い、舞い散る雪を見て亡き母を思い出し、泣きだす。そのジュンソクをジンソクが抱きしめて慰めたことから、2人の交際(?)が始まる。

ドンスが魚をジュンソクの父に届けようと家に立ち寄ったとき、ちょうどジュンソクの家に来たジンソクと鉢合わせするが、その時のジンソクの間の悪そうな顔。

ジンソクは帰り道、ドンスに「ジュンソクとのことを誤解しないで」と言い、ドンスが船乗りとして就航する日にわざわざ見送りに行き、お守りのハーモニカと手帳を渡し、「暇な時に、このノートに私への手紙を書いて。電話番号も書いてあるから、電話して。」と言うから、ドンスはうれしいだろうが、私は少し複雑な気分になる。(((^^;)

ドンスは、自分のジンソクに対する気持ちをジュンソクやサンテクには打ち明けていない。彼らがチングだからか、それとも自分の家の複雑な家庭事情からか、表には出さない。しかし、ジンソクはドンスの気持ちを感じ取っている。そして、ジュンソクやサンテクの気持ちを知りながら、ドンスをも離したくないのか、それとも揺れ動く自分の心のままに流されるタイプの女なのか、よくわからないが、彼女の家庭環境も複雑で、彼女も心に深い傷を抱えているようだ。それがこういう態度を彼女に取らせているのか、女心に疎い私には難しい彼女の心理。

ジンソクと別れた夜の帰り道、ドンスは絵の展覧会のポスターに目を奪われ、会場の中に入って、絵を眺め、自分もこれからは画家を目指そうと決意する。そのために、船に船員として乗り込んでお金を稼ごうと思う。



全体的にテンポがゆっくりで、現在から見ればテーマも古臭くて、退屈感が否めない。(((^^;)

しかし、最近、都会的に洗練されたヒョンビンの姿ばかりをCMで見ているので、チングのヒョンビンは逆の意味でとても新鮮だ。イメージ的には、素朴で純情で男っぽいがナイーブなヒョンビンかな?


彼の眼差しばかり見ながら、キャプチャに励む。
f0096508_20101526.jpg

f0096508_20103250.jpg

f0096508_20105061.jpg

f0096508_20111860.jpg

f0096508_20114941.jpg




f0096508_20121413.jpg

f0096508_20124040.jpg

f0096508_20125011.jpg

f0096508_20132919.jpg

f0096508_20134226.jpg

f0096508_2017715.jpg

f0096508_20173795.jpg

f0096508_2018229.jpg

f0096508_20183716.jpg

f0096508_20185269.jpg

f0096508_2019930.jpg

f0096508_20193434.jpg

f0096508_2019463.jpg

f0096508_20195820.jpg

f0096508_2020998.jpg

f0096508_20202053.jpg

f0096508_20203565.jpg

f0096508_20204844.jpg





f0096508_20222792.jpg

f0096508_20224022.jpg

f0096508_20225225.jpg





f0096508_20235360.jpg

f0096508_2024511.jpg

f0096508_20241795.jpg

f0096508_20242990.jpg

f0096508_20244140.jpg

f0096508_202646.jpg





f0096508_20265194.jpg

f0096508_2027548.jpg

f0096508_2028018.jpg

f0096508_2028458.jpg

f0096508_20291223.jpg

f0096508_20293335.jpg

f0096508_2030255.jpg

f0096508_20302432.jpg

f0096508_20303878.jpg

f0096508_20305243.jpg





f0096508_20321861.jpg

f0096508_20322917.jpg

f0096508_20324481.jpg

f0096508_20325787.jpg




f0096508_20342097.jpg

f0096508_20343318.jpg

f0096508_20345196.jpg

f0096508_2035888.jpg

f0096508_20352126.jpg

f0096508_20353899.jpg

f0096508_20355419.jpg

f0096508_2036973.jpg

f0096508_20362616.jpg

f0096508_20363831.jpg

f0096508_20365176.jpg





f0096508_203729.jpg

f0096508_20371159.jpg

f0096508_20372120.jpg

[PR]
by dande550213 | 2015-10-05 20:40 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

話の筋はすっきりしているし、ゆっくり丁寧に描かれているから、悩むところはない。自分自身はこういう環境におかれたことがないから、問題を抱えた主人公たちの悩みや苦しみ、憤りにどこまで共感し、感情移入できるか。もしかしたら、理解したつもりになっていないか・・・というところはある。

予告編やYou Tube動画などで見た場面が現れると、ああ・・・この展開での場面だったのか、と思いながら見ている。

ヤクザや極道の世界に本能的に入っていけないから、もしかしたら、最初から引いていて、ちょっと覚めているかな?(((^^;)

誰も最初からこの世界に入りたいなんて思わなかっただろうに、ちょっとした行き違いや感情のすれ違いなどから、そういう世界にしか居場所を見つけられなくなる人間模様は永遠のテーマだと思うが、それだけに新しい視点がなければマンネリ化しかねない。

前の映画を見ていない視聴者に、その新しい視点をどう感じさせてくれるのか、楽しみでもある。

女子高のレインボーとグループ付き合いを始めたチング4人組がほほえましい。滝つぼでお互いを意識したドンスとジンスク。ジンスクは学年がかぶっていて、みんなとは2歳年上。だから、あんなに大人っぽいのね。ジュンホがソンエから探ったところではジンスクもドンスを好きみたいだけれど、友だちのウンジがドンスを好きだから遠慮しているよう。一方、ドンスは浮気相手と家を出たり、戻ってきたりを繰り返す自分の母親を見ているから、好きなジンスクに打ち明けられないでいる。

そうしているうちに、チングのサンテクとジュンホをかばって殴り合いをしたことから、ドンスとジュンソクはついに高校を退学になり、ドンスは港で働くことになる。


例によって、見ているだけで幸せなドンス・ヒョンビンのビジュアル。

ウジンがドンスに告白しているのに、遠くに母の浮気相手を見つけて、気になるドンス。
f0096508_1619632.jpg

f0096508_16192752.jpg

f0096508_16194739.jpg

f0096508_16195846.jpg

f0096508_16201335.jpg

f0096508_16203621.jpg

f0096508_16204823.jpg

f0096508_1621745.jpg

f0096508_16212029.jpg

f0096508_16213368.jpg



ジュンホがチングを呼び出して、「女ごときで友情を壊してたまるか」と言って、記念写真を取る場面。
f0096508_16284762.jpg

f0096508_1629499.jpg

f0096508_16291880.jpg

f0096508_16293064.jpg

f0096508_16294712.jpg



そして、退学処分を受けて、港で働いている場面。
f0096508_1639263.jpg

f0096508_16312073.jpg

f0096508_16313010.jpg



ところで、意外なお方に5話で再会。
キルミーヒールミーのチャ・ドヒョンの主治医の博士。(((^^;)
f0096508_1634529.jpg
このお方がどうからむのか、楽しみ。
[PR]
by dande550213 | 2015-09-30 16:34 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

ショートヘアになると横顔の鼻のラインの美しさが圧倒的だと思う。

f0096508_2162494.jpg

f0096508_2164558.jpg

f0096508_2165583.jpg

f0096508_2172487.jpg

f0096508_2173784.jpg

f0096508_2175020.jpg

f0096508_218663.jpg

f0096508_2114126.jpg

f0096508_2183093.jpg

f0096508_2184299.jpg

f0096508_2185516.jpg




f0096508_2191599.jpg

f0096508_2192840.jpg

f0096508_2194448.jpg

f0096508_219564.jpg

f0096508_2110967.jpg

f0096508_21101838.jpg


ずっと見ていると、ジュウオン、ソジンの顔が消えてしまいそう。
[PR]
by dande550213 | 2015-09-29 21:16 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

遅まきながら、ようやく「チング」。(((^^;)

第1話~3話を見て、思ったことのメモ。

1話の最初の部分は、いきなりラストの部分だった。ジュンシクと会って、海外に逃げることを拒否したドンスが殺される場面。やがて物語は回想のようにドンスの小学生時代へと遡るが、ヤクザの親分(組長)になったドンスを見て、同じく親分のジュンシクに比べると、ドンスは線が細くて、貫禄と言うか、威圧感がない組長にみえた。

ドンスは眼光鋭くこわい顔をするけれど、その顔にヤクザには似合わないような微かな品のようなものを感じて、ああ・・・これがもしかしたら、チングの監督が言っていた「ヒョンビンには演じられない役」云々かしら・・・と思ってた。

でも、3話まで見進めて、そうじゃなくて、きっとヒョンビンが、ドンスをそういう風に見えるように演じているのだと気がついた。そういうドンスだからこそ、彼は死ぬことになるのだろう。ドンスの姿を通して、そう暗示しているように見えた。

ドンスはジュンシクとは違って、ヤクザの世界は本質的に合わない人間なのだろう。ドンスの悲劇はそこにあったのではないだろうか。1話の組長ドンスを見て、そう感じた。


例えば、3話に、こんな場面がある。

高校3年生のドンス。彼はボクシングをやっていて、今度の試合で勝てば大学に推薦で入学できるかもしれないという大事な試合に負ける。そのドンスを慰めるために女子高のイベントに行った帰り道、チングのサンテクがドンスに声をかけた。
f0096508_2312929.jpg

f0096508_232385.jpg

返事の代わりに、ドンスはサンテクに「僕がボクシングを始めた理由を(?知ってるか)?」と問いかけた。
f0096508_2322997.jpg

f0096508_233880.jpg

意外な言葉に驚きながら答えたサンテクの「お前に似合っているからだろう」という言葉に
f0096508_234880.jpg

一瞬ドンスは失望のような表情を浮かべながら「殴り合うのが(?俺に似合ってる)?」と言った。
f0096508_2343416.jpg

そして、すぐ後で、ドンスはこう言葉を続けた。
f0096508_2355064.jpg

f0096508_2361344.jpg

f0096508_236251.jpg

f0096508_2371351.jpg

ここではドンスは、「ボクシングは、頭を使わなくてもよいから始めたのだ」と言っているのだろうか?
そして、「裏を見たからな」と付け加えているのはどういう意味なのだろうか?と心に引っかかった。


3話以降を見れば、わかるのかもしれないけれど、私はもしかしたらドンスは「絵を描く勉強をして将来画家になる夢をあきらめるために」ボクシングを始めたのではないだろうかと思った。

サンテクがドンスに励ましの言葉をかけるすぐ前の場面、イベント会場から出て、サンテクと一緒に歩き出す場面で、ドンスがなぜかキョロキョロとよそ見をしていた。最初、誰かを探しているのだろうかと思っていた。
f0096508_2304357.jpg

f0096508_2392076.jpg

f0096508_2310665.jpg

f0096508_23103955.jpg

f0096508_2311556.jpg

f0096508_23113652.jpg

f0096508_2312625.jpg

f0096508_23121787.jpg

しかし、違った。ドンスは絵を見ていたのだ。絵を見ながら歩いていたのだ。会場外に飾られている絵に惹きつけられている!惹きつけられる心を抑えられないのだろう。

この場面は、ドンスがサンテクに「僕がボクシングを始めた理由を(?知ってるか)?」と問いかけるすぐ前のシーンだから、ドンスの答えの暗示ではないかと思った。

そう気がついた時、小学生の時、絵が上手いと褒められて、ぱっと顔が明るくなったドンス、友が外で遊んでいる間も教室に残り、夢中になって絵を描いているドンスを思い出した。
f0096508_23164885.jpg

f0096508_23165976.jpg

f0096508_2317721.jpg

授業を見にきた男性も、教室に飾られていたドンスの絵に感心して、誰か先生に師事して絵の勉強を始めるように熱心に勧めていた。

しかし、ドンスの両親はドンスの夢や希望には無関心で、母親は男と駆け落ちしてドンスの前から消えてしまった。そんな家庭ではドンスは絵を描き続ける夢をあきらめざるをえなかったのだろう。だから、もしかしたら、絵への夢をあきらめるために、ボクシングを始めたのではないだろうかと思った。ボクシングに自分の夢を託そうと考えたのだろうか。

ドンスは、ボクシングで殴り合うのは本当は好きではない。自分の性にはあっていないと感じている。だから、ボクシングにも限界も感じ始めていたのかもしれない。

小学生の頃のドンスは同年齢の友だちと比べると、少し大人っぽい。友だちが漫画に夢中になっているのに、ドンスは世界各地を紹介する本に興味を示している。
f0096508_23325259.jpg

f0096508_2333212.jpg


高校生になって、不良グループで突っ走っていても、心の奥底に満たされない思いを一杯抱え込んで、そんな自分を持て余しているのだろうか。
[PR]
by dande550213 | 2015-09-26 23:39 | ヒョンビン:チング | Comments(0)

ヒョンビンの「チング~愛と友情の絆」

DVDを買って半年ほどになるのに、まだ見れていない。(((^^;)

が・・・。

ヒョンビンが歌うチングのOST「僕のものにならない君」の動画では、この「가질 수 없는 너 無法擁有的你 by 현빈(炫彬)」が一番好きだ。

どこが、好きなのかといえば、たぶん使っている画像が私好みなのだろう。

素朴でどこか繊細なイメージの青年ドンスに魅かれるのかもしれない。

この画像のドンスは、ジノン、ジオ、ジュウォンよりも、最近のソジン&ロビンよりも、一番ヒョンビンっぽく感じるのはなぜだろう。

You Tube Mary Lee さんより
가질 수 없는 너 無法擁有的你 by 현빈(炫彬)


[PR]
by dande550213 | 2015-07-30 23:17 | ヒョンビン:チング | Comments(0)