一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:映画・ドラマ( 102 )



NHK特集「シルクロード」第1部と第2部が放映された1980年~1984年頃は、結婚はしていたけれどまだSLEになる前で、夫の方針で家にテレビはなく、ラジオを聴いて暮していた。(-_-;) 

喜多郎のシンセサイザーのテーマ曲はよく覚えているが、たぶん一度も観たことがなかったのではないかと思う。
f0096508_20104831.jpg

我が家にテレビが来たのは、私がSLEになって療養生活を送らなければならなくなった1986年以降のこと。

だから2005年の「新シルクロード」はテレビで観た記憶がある。もちろんヨーヨー・マのテーマ曲もよく覚えている。
f0096508_20112370.jpg

この頃は家にビデオレコーダーもあったが、もっぱら録画は子どものアニメだけだったから、悲しいかな「新シルクロード」のビデオ録画もない。

それで、最近になって、「シルクロード」と「新シルクロード」の動画を探してYou Tubeで観ている。

あがっている動画は削除されたら観れなくなるので、即ダウンロードしてフォルダに保存してある。(((^^;)

新しい「新シルクロード」は全10集とも「日本語版」の動画があったけれど、古い「シルクロード」は第1部も第2部「ローマへの道」も日本語版はほとんどなくて、中国語音声・中国語字幕だけだった。


それでも「シルクロード」を第1部全12集、第2部全18集、全部動画を収集できたから、本当にありがたい。

特に第2部の「ローマへの道」は検索で「丝绸之路 该路通罗马」と入力して初めて探し出せたほどで、ほとんど動画は出回っていないことがわかった。(((^^;)

「シルクロード 第2部 ローマへの道 第1集パミールを越えて」
f0096508_20115418.jpg

f0096508_20120469.jpg

1980年頃と言えば、まだビデオもなかった時代だったのか、それとも著作権の関係か、NHKの日本語版の動画がないのが辛いが、これをDVDで買うとかなりの金額になるので、中国語版で我慢することにした。

この当時から40年近くが過ぎ去って、シルクロードの国々も激変していることだろう。

だから、収集できた動画は、貴重な記録映像だと思っている。

[PR]
by dande550213 | 2017-04-15 18:27 | 映画・ドラマ | Comments(0)

何気なしに見始めたら、意外に面白くて、あっという間に見終った。
f0096508_19574014.jpg

セリフと撮影方法が斬新だった。

しゃべくり漫才のようにほとんどしゃべりぱなしで、完全ワンシーン・ワンカット撮影。

一番長いシーンは112分間一度もカメラを止めずに撮影しているというから、演じていた中井貴一と鈴木京香には脱帽あるのみ。

特に中井貴一が、まるでこの人の地ではないかと思うぐらい、”ちょっと軽い都会の優男”を自然に見せる演技だったと思う。

それに比べると、鈴木京香は少し作り過ぎた感があって、不自然に感じた。
無理にはしゃいだ感じて、現実感に乏しかった。

もちろんストーリー自体も、サル酒や蜂蜜、タイムカプセル発掘など、あり得ない展開の連続で不自然だが、コメディとするならば、それでも良し・・・というところか。

私たちも都会育ち男と田舎育ち女のカップルだから、この夫婦の会話には共感できる部分がいっぱいあった。

男と女の永遠に交われない平行線が描かれていて、それも経験則から共感できた。(((^^;)

そういう意味では肩の凝らない娯楽作品だったと思う。





[PR]
by dande550213 | 2017-04-12 20:07 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『パプーシャの黒い瞳』


ひょんな事から、この映画を知った。

『パプーシャの黒い瞳』

書き文字を持たないジプシーの一族に生まれながら、言葉と文字に惹かれて詩人になったブロニスワヴァ・ヴァイス(1910-1987)愛称“パプーシャ”の生涯を描いた作品だという。

ポーランドで暮していた1人のジプシー女性の物語であると同時に、第2次大戦前後にジプシーたちが遭遇した史実をも描いている映画だと言われる。

日本では2015年4月頃に公開されたそうだが、全然知らなかった。

You Tubeで日本語字幕版の予告編(2分半)と外国(ポーランド?)の予告編(約11分)を観たが、特に外国版のモノクロ映像がすばらしい!

『パプーシャの黒い瞳』予告編


Papusza - Trailer



さすがに、これのFull Movie 動画は無かったが、フランス語版で最初の部分の動画(約14分)があった。1910年、誕生の場面から始まるようだ。
Papusza (partie 1)


幸い、レンタルDVDができそうなので、そちらでぜひ観たい!

昨日で仕事もしばらくお休み。

今季の春休みは海外旅行に出かけないので、春休みのお楽しみをいっぱい作らなくっちゃ~♪と思っている。*\(^o^)/*

[PR]
by dande550213 | 2017-03-31 18:07 | 映画・ドラマ | Comments(0)

昨日は仕事明けの日だったので、久しぶりにアマゾン・プライムで映画を観た。

「もうすぐ、終了」の文字に誘われて、何気なく観たのが「バーレスク」
f0096508_17104016.jpg

シンプルなサクセスストーリーだが、アリ(クリスティーナ・アギレラ)の迫力ある歌と踊りにすっかり魅了されてしまった。アリが歌い踊るラウンジ「バーレスク」のショー場面が素晴らしくて、結局一日中、何回も何回も繰り返して観る羽目になった。

アリを演じた「クリスティーナ・アギレラ」という名前は私には初めてだったし、演技も自然だったから、最初、歌は別の本業の歌手が吹き替えしているのかしら?と思いながら見ていた。(((^^;)
f0096508_21051812.jpg
*画像はhttp://cinemagirlstyle.blog.fc2.com/blog-entry-2.htmlより借用

それが映画初出演の歌手だったなんて、最近はもうボーダーレスのマルチタレントが当たり前なのか・・・と、時代遅れのおばちゃんは驚く。

テスを演じた「シェール」は相変わらず美しくすぐにわかったが、この人も演技をするのかと、また驚く。
f0096508_21094520.jpg
*画像はhttp://www.team-lens.com/backstage/oh_please/2011/2011_002.htmlから借用

アリが初めてショーを観たとき「ここはストリップ?」と尋ねるほど、キワキワの振り付けや構成だが、ショーダンサーの息もつかせぬすばらしい踊りは、私にはまるで異次元の世界だった。

美しい柔軟な肉体、強靭な体力のプロダンサーに交じって、女優や歌手がプロ顔負けに踊る姿を見ていると、もちろん映像編集効果もあるのだろうけれど、この人たち、いったいどれだけ練習したのかと、ため息が出る。

そして、前にもこれと同じような感想を持った映画「シカゴ」を思い出した。

「シカゴ」で強烈に印象に残ったのは、ママを演じた「クィーン・ラティファ」とヴェルマの「ゼタ・ジョーンズ」
f0096508_21112364.jpg
*画像はhttp://www.nylon.jp/cinema/musical.htmlから借用

さっき、アマゾン・プライムを検索したら映画「シカゴ」もあったので、明日役員会が終わった後のお楽しみにとってある。(((^^;)

出番を待つ楽屋の独特の艶めかしくしどけない雰囲気は、「ムーラン・ルージュ」や「オペラ座の怪人」を思い出させる。






[PR]
by dande550213 | 2017-03-04 18:09 | 映画・ドラマ | Comments(0)

2009年のモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門の最優秀作品賞、トニー・ガトリフ監督の『Korkoro』がYou Tube動画で観れる。
f0096508_19474572.jpg
*ポスター画像は、https://en.wikipedia.org/wiki/Korkoro#/media/File:Korkoro_(DVD_Cover).jpgから借用。

が、悲しいことに、先日のYouTubeの自動字幕付き動画の機能が使えない。動画をアップした時にそういう設定がされていなかったようだ。

(https://www.youtube.com/watch?v=wlTdGWDnl5U&t=258s)
音声はフランス語で、ロマ人同士の会話はロマ語になっていて、ロマ語の時だけ、フランス語の字幕が表示される。

だから、細かい展開はよくわからなかったが、言葉がわからなくても大筋は理解できる。

1943年のフランス、第2次世界大戦中のヴィシー政権(親ナチ)下のフランスにおけるロマ人の収容所送りが描かれていた。

ナチがフランスに侵攻してきたことは、この場面ですぐにわかった。

窓から外を見ると、見るからにゲルマン人という若者が水浴している。
f0096508_19581049.jpg

フランスのようなラテン人とは明らかに異なる人種であることは、日本人の私にもすぐわかるから、監督はわざわざそういう典型的なドイツ人風貌の俳優をこの場面で起用していると感じた。
f0096508_20003740.jpg

やがて、彼らの話し声が聞こえてくるが、ドイツ語だ。ナチがこの村にも侵攻してきたのだ。
f0096508_20010229.jpg

この知らせをロマ人キャンプに伝えようと線路をひた走るロマの若者。
f0096508_20133565.jpg

やがて、彼らはフランス内の収容所に入れられる。
f0096508_20155692.jpg


f0096508_20215980.jpg

が、彼らに友好的な村人の支援で収容所を出ることができる。支援を通して、反ナチのレジスタンス運動も描かれている。
f0096508_20184800.jpg

f0096508_20194338.jpg


f0096508_20195311.jpg


しかし、彼らを排斥しようとする村人と衝突し、やがて執拗に彼らを追い回す官憲によって、また収容所に送られる、というのが大筋。


やがて、彼らはユダヤ人のホロコーストと同じように絶滅収容所に送られる運命にある。

収容所の有刺鉄線がギター?の音色に併せて振動して、まるで音楽を奏でているようなシーンから映画が始まるのがとても印象的。音楽がロマ人の生命であることを象徴しているようなシーン。
f0096508_20332922.jpg

フランス人孤児が、自由と平等のロマ人の生活に惹かれていく過程を描くことで、自由と平等を標榜するフランスの現実を皮肉っているような気がした。

WEBで、日本語字幕のDVDを探したが、無いようだ。日本では公開されていない映画なのだろうか?



[PR]
by dande550213 | 2017-02-20 20:44 | 映画・ドラマ | Comments(0)

アマゾン・プライムビデオ、観はじめると不思議に次々観たくなる。(((^^;)

お昼休みのひと時に、今日は「鍵泥棒のメソッド 2012年」を観たが、脚本が面白くてぐいぐい引き込まれる。筋に破たんはないし、コメディタッチが快い。
f0096508_16131400.jpg
第36回日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞しているそうだが、監督のオリジナル脚本だという。この監督(内田けんじ)はいつも監督のオリジナル脚本で映画を撮られるそうだ。ぜひ、他の作品「運命じゃない人(2005年、監督・脚本)」や「アフタースクール(2008年、監督・脚本)」も観たいものだ。

堺雅人と香川照之が芸達者なのは知っていたが、 広末涼子がこんなに演技のうまい女優さんだとは恥ずかしながら知らなかった。(((^^;)

一風変わった性格の水嶋香苗を変人ぽくではなく、生真面目な表情やしぐさ、動作の一つ一つにそこはかとない「はにかみ」を感じさせて、それがまた水嶋香苗を愛らしくかわいく感じさせている。

Wikiで調べてみたら、まだ36歳だというのに、いろんな作品で数々の賞を受賞している女優さんなのね。

冒頭の香苗の仕事場の風景。香苗の机の上にあるカップが私のカップと同じで、びっくり。
f0096508_17342035.jpg

私の机の上。(((^^;)
f0096508_17344487.jpg






[PR]
by dande550213 | 2017-02-11 16:40 | 映画・ドラマ | Comments(0)

第59回カンヌ国際映画祭のクロージング作品に選ばれたトニー・ガトリフ監督の映画「トランシルヴァニア 」が何とYou Tube動画スペイン語字幕で観られるとは!
f0096508_21222191.jpg





スペイン語字幕なら、片言程度わかるから助かるが、元の音声は何語なんだろう?




[PR]
by dande550213 | 2017-02-03 21:29 | 映画・ドラマ | Comments(0)

今日は久しぶりのベッド生活。

ベッドの中にノートPCを持ち込んで、アマゾンプライムビデオ「ミッドナイト・イン・パリ」と「天使と悪魔(字幕版)2009」を見た。

アマゾンプライムに加入してもうすぐ1年になる。ふだんは忙しくて、映画を通しで観る時間がないが、今日のような一日ベッド生活の時にはゆっくり観れる。
f0096508_21060210.jpg


「天使と悪魔」は原作は第1作目だが、映画化は「ダビンチ・コード」の方が先だったというトム・ハンクス演じるラングドン教授の第2弾。ユアン・マクレガーが教皇の侍従役(カメルレンゴ)で出演していたのが、うれしい驚きだった。
f0096508_21123848.jpg

原作とは大きく異なっているそうだが、個人的には信仰・宗教と科学の位置づけに関する言葉が興味深かった。

例えば、教皇庁の図書室入館を認めるか否かの、カメルレンゴのラングドンに対する質問。

カ)神を信じますか?
ラ)私が信じているのは、宗教が・・・
カ)人が神について語ったことではなく、神を信じますか?
ラ)私は学者です。頭で神を理解することは決してないでしょう。
カ)心では?
ラ)”理解を超えた存在”で、私が未だ授かっていない贈り物です。

この部分は、パスカルがパンセで言っていた言葉を思い出す。
「理性ではなく、心で感じられる神」


また、誰の会話だったか忘れたが、この言葉も面白いと思う。
確かに、はるか昔、教会は科学を弾圧した。ガリレオの時代から、科学の進歩を押し止めようと間違った手を使った。科学は宗教の敵ではない。科学が若すぎて理解の足りない部分があるのです。だから、教会は請う。”ゆっくり!もっとペースを落とせ!” それが”時代の逆行”?

原作を読んでいないから何とも言えないが、犯行に及んだ動機に共感できなかった。

原作の題が「天使と悪魔」でも、この映画のように大幅な変更を加えると「天使と悪魔」では変だと思う。何か、ピタリとこないと感じる。私だったら映画の題は「イルミナティ」にする。

どこまでがロケで、どこがセットなのか?
何がノンフィクションで、何がフィクションなのか?
ぜひ知りたい。

パンテオンを上から撮った映像には思わず声を上げてしまった。
もう一度、ゆっくりローマとバチカンを訪れたいなぁと思いながら、観ていた。






[PR]
by dande550213 | 2016-12-03 21:44 | 映画・ドラマ | Comments(0)

「運動靴と赤い金魚」(1997年のモントリオール世界映画祭でグランプリを含む4部門を受賞、第71回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)や「少女の髪どめ」で有名なイランのマジッド・マジディ監督の「The Color of Paradise」。1999年のモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した作品。邦題は「太陽は、ぼくの瞳」というわけのわからない乙女チックな題になっている。(((^^;) 文部省選定映画だったそうだから、当時、多くの人が日本でも観られたのだろう。
f0096508_13054749.jpg

例によって、You Tube 動画の英語字幕(The Color of Paradise 1999 With ENG sub)で観た。
何語か知らない元ある字幕の上に英語字幕が二重写しのように表示されていて、字幕が読み辛かったが、話の大筋は理解できた。ネットで観られること、本当に感謝だ。


テヘランの全寮制の盲学校に通う盲目の少年・モハンマッドは夏休みに田舎の山奥にある家族の元へ戻って来る。豊かな自然の中で大好きな祖母や姉妹と幸せな日々を送っている彼の父は、再婚したいと願っている。父は幼い頃に自分の父親を亡くし、妻も5年前に死に、自分の将来に不安を覚えるようになっていた。彼は、モハンマッドは学校を辞めさせて盲目の大工さんの元に修行に出し、娘たちは祖母に見てもらうことで再婚の許可を相手方から得る。しかし、それを聞いた祖母が怒り家を出ようとしたことから祖母は病になり、死んでしまう。再婚相手は破談を知らせてくる。再婚できなくなった父はモハンマッドを迎えに行く。その帰り道に事件が起こる。木の橋を渡っていると橋が壊れ、モハンマッドが馬ごと転落する。流れは雨が降り続いた後で激流になっている。父は一瞬、厄介者のモハンマッドを見捨てようという気になったみたいだったが、我に返ってモハンマッドを助けようと激流に飛び込む。2人は水に飲みこまれて死んだものと思っていたら、カスピ海の浜辺に父が打ち上げられている。父は生きていて、辺りを見回して走り出す。モハンマッドも近くに打ち上げられていたのだ。父は息子を抱いて泣き崩れる。その時だ。鳥の鳴き声が聞こえて、それにモハンマッドが返事をするかのように、彼の手が黄金に染まり、彼の指が動き出す。この最後の場面の解釈は観る人に委ねられている。奇跡が起きて、彼は息を吹き返したのか、それとも天国で大好きな鳥たちと語らっているのか。

盲目のムハンマッドは、自然が奏でる様々な音色や感触と会話している。中でも鳥や羽毛が大好きのようだ。一方、父には不吉な鳴き声に聞こえるようで怯える。

預けられた先の大工さんは同じ盲目のモハンマッドの気持ちをよく理解して、丁寧に仕事を教えていた。聡明なモハンマッドは学ぶことが大好きで、寂しいだろうけれども、新しい環境に不満足のようには見えなかった。彼にとっては、ここで仕事を学んで自活できるようになることが幸せに繋がるのではないかと思っていたから、何故、祖母の死後、父がモハンマッドを迎えにいったのか、よくわからならかった。

自分の母親への贖罪の気持ちからだろうか。それとも幼くして修行に出したモハンマッドを哀れに感じたのだろうか。それとも、祖母の死を告げて墓参りなどさせてやりたいと思ったのだろうか。

雄大な自然の懐に抱かれて暮す山奥の人々の暮らしは、不便だが素朴でそれなりに満たされているように感じた。しかし、このような暮らしの中で、モハンマッドを大都市の全寮制の盲学校に入れるにはお金が必要で、父はそのお金を稼ぐためにあちこち仕事に行って苦労している。そんな生活の疲れから、再婚を願うようになったのだろう。

演じているのは、ほとんど素人だというが、父親役が秀逸だったと思う。





[PR]
by dande550213 | 2016-11-23 13:58 | 映画・ドラマ | Comments(0)

アニメ映画「The secret of Kells」のペーパーブック「The Secret of Kells Webb, Mary,Moore, Tomm,Cartoon Saloon」を読み終えた。

動画音声だけではわからなかった「Crom Cruach」や「Chi Ro page」、「The Eye of Colmcille」、「crystal」などのキーワードが理解できて、話の筋もやっとわかった。*\(^o^)/*

長い旅から帰ってきた浜辺の場面で、私は頭巾をかぶった「青年修道士ブレンダン」を最初キリストと思ってしまったが、それはそれでも良かったんだと感じた。

旅に出る前に、修道士エイダンが「この本は壁の後ろに世界から閉じ込められて隠されていたら意味がないんだ。人々に希望を与える物だから、君はそれを持っていて人々に見せてあげなければならないんだよ。ヴァイキングの襲撃に怯える暗い時代にそれで明かりを灯しなさい。」と修道士見習いの少年ブレンデンを勇気づける言葉が本に記されてていたが、これはまさにキリストの「福音」を暗喩している部分だと感じたから。

それにしてもわからないことが一つ。

それは、ブレンデンとエイダンにだけ、耳に何か付箋?のような物がくっついていること。これは何なんだろう?
f0096508_21335323.jpg

f0096508_21332371.jpg
片方の耳に1個、もう一方の耳には2個、ブレンダンとエイダンでは互いに逆側の耳になっているのも不思議だ。

この動画をMP3に変換して、夜の3分間速歩インターバルの時に聴いている。

さあ、今夜もこれからレッツゴー!






[PR]
by dande550213 | 2016-11-18 21:37 | 映画・ドラマ | Comments(0)