一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

カテゴリ:御言葉( 216 )


父を支えてください


イザヤ41:10 恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
          たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
          わたしはあなたを強め、あなたを助け、
          わたしの義の右の手で、あなたを守る。
[PR]
by dande550213 | 2012-11-23 18:26 | 御言葉 | Comments(0)

イエス様は十字架の上で死なれた後、よみがえられた

と、聖書は教える。

よみがえりは事実なのか?
事実だとしたら、なぜよみがえる必要があったのか?

このことが長い間わからなかった。

よみがえりを事実であると認めるか否かは、
それについて触れている資料が聖書以外にはないわけだから、
クリスチャンとしては、聖書を信じるか否かを問われる根本的は問題になってしまう。


「よみがえられた」ことを信じたとき、
なぜイエス様はよみがえられたのか?
否、よみがえらなければならなかったのか?

ということが、よくわからなかった。

それは、結局、イエス様の降誕理解につながる問題だったのだ、と今日思った。

私は、イエス様は「神の御子」であるから、この地上に生まれられたときから、
外形は「人」だが、中身は「神」という先入観にとらわれて、イエス様をみていた。

もちろん、「神様が人の子として生まれてくださった」ということは何度も聞いている。

しかし、この「人の子として生まれる」ということがもう一つよく理解できなかった。

それは、「人間とまったく同じ」とするなら、
イエス様が地上で行われた様々の奇蹟を受け入れることが難しくなるからだった。

この奇蹟を受け入れるなら、私の理解では
イエス様は「人間の姿をとった神」として地上に来られた・・・ということでしか説明できなかった。


私は、イエス様の降誕を「人間の姿をとった神」が地上に来られた、と理解していたように思う。

だから、なぜ、イエス様がよみがえられたのか、よくわからなかったのだと思う。

そんなことでよくクリスチャンだと言えるなあ・・・と憤慨される方もあるだろう。


第Ⅰコリント
15:20 しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。
[PR]
by dande550213 | 2009-03-25 10:48 | 御言葉 | Comments(0)

「運命の人」というのは俗っぽい喩えかもしれないが、最近、私は長年求め続けてきた説教にようやくめぐり合った幸せを感じている。

まるで私のような「知りたい、知りたい、何でも知りたい!」と願い、「人間は何でも知ることができる」と思っているような、神様から見れば、「不遜な人間」をターゲットにしたような説教。

この方は退職された後、あちこちの教会の応援の御用をされている牧師先生なので、毎週説教をお聞きできるわけではない。今年度は月1回ぐらいのペースだった。来年度もそうなるだろうと言われている。だから、少なくとも、後12回ほどはその先生の説教をお聞きすることができると思うのだが、たぶんその後はそういう機会は無くなると思うと、少々焦ってくる。

というのは、この先生の解き明かしをもっともっと引き続きお聞きしたいからだ。

先生御自身もこの問題について創世記から解き明かすと、とてつもなく長くなるとおっしゃった。

私は長くなってもいいから、全部お聞きしたい。この際、私の疑問点を全部解き明かしてほしい。このときを逃したら、私はまた迷路の中をさ迷わなければならなくなるような気がするからだ。

先月の先生の説教の後、「これだ!」と思って、私は録音ルームに駆け込んで、今日の説教テープをダビングしてほしいと申し込んだ。しばらくして、係りの青年が、「dandeさん、ごめん。操作を間違えて、元録音を消してしまったので、ダビングできなかった」と謝りに来た。(おい、おい、怒るで~)

今月の説教の後、「今月のも運命の説教だ!」と録音ルームに駆けつけて、ダビングを頼み込んだ。係りの青年から「幸い、入れるテープが1個見つかったから、ダビングしてあげる。このテープがなかったら、今日はダビングできひんとこやったで~」と言われて、喜んでもらってきた。

家に帰るなり、さっそくテープを再生したら、何と前の録音を消去しないで上に再録音しているので、水野先生との二重奏になっている。(うーん、もう、怒るで~)


今日の説教では、何でも知りたいと願う人間の心は神様の領域にまで踏み込もうとし、定められた境界を越えた結果、神を畏れなくなった。その一番最初の例として、創世記のアダムとエバの話を引き合いに出された。

アダムとエバが神様から隠れた話。普通は、「神様に禁断の木の実を食べたことをとがめられるのが怖くて隠れた」と解釈されているように思う。しかし、先生は今日、こう説明された。

「隠れた」のは、「神様から隠れられると思ったから、隠れたのだ

そもそも、人間は全能の神様から隠れられるような存在ではないはずなのに、隠れられると思ったから隠れたのだ。神様を畏れる気持ちがなくなったからこそした行為だ。・・・と。

こういう角度から解き明かしてくださる先生に、私は未だお会いしたことが無かった。

神様と人間の関係は、双方向の関係ではないのだ。神様からの一方通行の関係なのだ。そのことの意味がよくわからない人間がいる。私がまさにそう。文明の進展とともにそういう人間が増えていく。

私は、幼子のようになれない。幼子のようになれないものに、無理やり「なれ!」と言われるのは辛い。それよりか、なぜ幼子のようになれないのか、それを解き明かしてほしいと願っていた。

だから、もっともっと、先生のすべてをお聞きしたい。後12回ではとても足りない。
[PR]
by dande550213 | 2008-01-27 23:07 | 御言葉 | Comments(2)

1:1 イエス・キリストの黙示。これは、すぐに起こるはずの事をそのしもべたちに示すため、神がキリストにお与えになったものである。そしてキリストは、その御使いを遣わして、これをしもべヨハネにお告げになった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

APOCALIPSIS(アポカリプシス)を「黙示」と訳するのは、中国語訳の聖書から。

すぐに起こるはずの事をそのしもべたちに示すため(1節)

時が近づいているからである。(3節)

死者の中から最初によみがえられた方(5節)

見よ、彼が、雲に乗って来られる。(7節)

神である主、常にいまし、昔いまし、後に来られる方、万物の支配者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」(8節)
YO SOY el Alfa y la Omega: principio y fin, dice el Señor, el que es y que era y que ha de venir, el Todopoderoso.

アルファ:ギリシア語のアルファベットの最初の文字
オメガ:ギリシア語のアルファベットの最後の文字


「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、 生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。(17、18節)
No temas; YO SOY el primero y el último;
y el que vivo, y he sido muerto; y he aquí que vivo por los siglos de los siglos, Amén. Y tengo las llaves del infierno y de la muerte.

ハデス:死後、未信者の霊が一時的にいる場所
[PR]
by dande550213 | 2007-11-13 22:29 | 御言葉 | Comments(0)

1週間に頂いた御言葉


教会HPに掲載する礼拝メッセージ要旨や音声ファイルを、毎週、メール添付で牧師先生から送ってもらっている。そのメールに、その時々に私に必要な御言葉を書いてくださる。

先週1週間に、メールで頂いた御言葉を整理してみた。

・第1コリント15章:10節――ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対するこの神の恵みは、むだにはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。(PCを使ったご奉仕が増えた時に)

・詩篇51篇:12節―― あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。(久しぶりに、祈祷会に参加した後に)

・第2コリント12章:9節――しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。(難病と共に歩まなければならない人生に対して)


文末に「よく味わってください」と書かれているが、ご奉仕に使っていたPCが故障して、慌てふためいて喚いていた私は、うち過ごしていた。

今日は、心静まって、深くこの御言葉を味わいたい。
[PR]
by dande550213 | 2007-06-14 10:18 | 御言葉 | Comments(2)

ヨハネ 15:7 あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。

使徒 17:11 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。

ヨハネ 14:21 わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。わたしを愛する人はわたしの父に愛され、わたしもその人を愛し、わたし自身を彼に現わします。」

マタイ 4:19 イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」

Ⅰペテロ 5:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

ガラテヤ 5:16-17
私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。 なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。
[PR]
by dande550213 | 2007-03-21 13:02 | 御言葉 | Comments(2)

3:1 見よ、主なる万軍の神は/支えとなり、頼みとなる者を/また、パンによる支え、水による支えをも/エルサレムとユダから取り去られる。

*************************************************************

エルサレムに対して宣告される主のさばき。
なぜ主はこのようなさばきをエルサレムに下されるのか。
それは、指導者たちと彼らにつながる女たちの繁栄が、貧しい者たちの犠牲の上に成り立っていたから。

3:14 主は裁きに臨まれる/民の長老、支配者らに対して。「お前たちはわたしのぶどう畑を食い尽くし/貧しい者から奪って家を満たした。

3:15 何故、お前たちはわたしの民を打ち砕き/貧しい者の顔を臼でひきつぶしたのか」と/主なる万軍の神は言われる。

私たちの今の物質的繁栄が弱者の犠牲の上に成り立っているとしたら、主は一体私たちをどのように取り扱われるか。

                       (鎌野直人師 聖書日課『ベラカ』より)
[PR]
by dande550213 | 2007-01-15 10:58 | 御言葉 | Comments(2)

4:12 あなたは、年が若いということで、だれからも軽んじられてはなりません。むしろ、言葉、行動、愛、信仰、純潔の点で、信じる人々の模範となりなさい

======================================================

Ⅱコリント5:17  だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。

「イエス様を信じて救われた」ということは、「その人は新しく造られた・生まれ変わった」ということだと聞く。しかし、それは「洗礼を受けたから、それでOK!あなたはもう新しく生まれ変わった」というわけではない。信仰の訓練を受けて成長しなければ、造り変えられたとはいえない。

成長させてくださるのはあくまでも神様。造り変えてくださるのも神様。自分の力ではない。
だから、神様がそうしてくださると信じて、信仰の訓練を受けることが大切。

とわかっていても、その時々で「素直にハイと言えない私」がいる。
それ以前に、その時々で「祈り求めない私」がいる。
[PR]
by dande550213 | 2007-01-06 22:10 | 御言葉 | Comments(0)

2:1 そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをすべての人々のためにささげなさい。

======================================================
なぜなら、

2:4 神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。
[PR]
by dande550213 | 2007-01-04 21:58 | 御言葉 | Comments(0)

◆善いサマリア人

10:25 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」

10:26 イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、

10:27 彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」

10:28 イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」

10:29 しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。

10:30 イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

10:31 ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

10:32 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。

10:33 ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、

10:34 近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。

10:35 そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』

10:36 さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」

10:37 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

=====================================================

 クリスマス。それはわたしたちのことを同情して下さるイエス様が隣り人になってくださった日です。
 わたしたちも隣り人になれるのです。「あなたも行って同じようにしなさい」とイエス様はおっしゃいます。しかし、言われたからと言ってできるものではありません。わたしたちは徹底して自己中心です。自分が偉そうに神様の上に立って、自分の経験、知識を基準にして生きています。自分の利益、自分のプライド。何もかも自分のことしか考えていません。
 こんなわたしたちが良い隣り人となるためには、神様による革命がわたしたちの内にどうしても起こらなければなりません。それはイエス様を救い主として心の中に迎え入れるときに起こります。イエス様を信じるとき、自分のことしか考えられないわたしたちが、他人のことも思いやることのできる人に変えられるのです。
                          (薮野潤一牧師 『ベラカ12』より引用)
[PR]
by dande550213 | 2006-12-20 21:24 | 御言葉 | Comments(0)