一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ヒョンビン( 170 )



J-COM環境のJohn様

たってのお願いです。

来る7月3日(月)の午後11:00から下記の放送を録画して、CPRM対応デジタル放送録画用のDVD(何枚かお渡しします)に焼いてくだされば一生の恩に着ます。<m(__)m>
f0096508_10022688.jpg

どうか、よろしくお願いします。

【追記】エコ生活を心がけていらっしゃるJohn様、
    ご心労をおかけして申し訳ありませんでした。
    J-COMに問い合わせたら、
    衛星劇場を視聴するには月2,000円の契約が追加で必要とのこと。
    将棋中継を無料でネットで観るようなわけにはいかないのね。(-_-;)

それにしても映画「共助」の日本公開はどうなっているの?
まさか、ないの? (ー_ー)!!

[PR]
by dande550213 | 2017-06-27 10:11 | ヒョンビン | Comments(6)

Kstyleに出たニュースによると、日本で行なわれたヒョンビンの最新ファンミーティング「2017 HYUN-BIN Dear My Space ~The Space Japan 10th Anniversary~」が7月に衛星劇場でテレビ初放送されることが決定したそうだ!

大阪に住んでいながら、当日、母の4回忌があって行くことができなかったイベントだ。

■放送情報
「2017 HYUN-BIN Dear My Space ~The Space Japan 10th Anniversary~」
CS衛星劇場にて、7月テレビ初放送
収録日:2017年4月22日(土) グランキューブ大阪 メインホール
■関連サイト
衛星劇場オフィシャルサイト:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1709

日にちはまだ未定だが、娘に録画してくれるように連絡するぞ~♪

[PR]
by dande550213 | 2017-05-23 19:55 | ヒョンビン | Comments(4)

Kstyleに出たニュースによると、ヒョンビンが映画「交渉」(監督:イ・ジョンソク) の出演を確定して、来月中旬からクランクインするそうだ。

共演は、なんとソン・イェジン。

テロリスト(ヒョンビン)と女性交渉専門家(ソン・イェジン)の対決を描くスリラー犯罪映画だという。
f0096508_07553348.jpg
*画像はhttp://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2070228からお借りしました。


昨年来より、立て続けにアクション娯楽映画に出演(共助、クン、猖獗、交渉)を決めているヒョンビン。

どういう心境の変化があったのか知る由もないが、すでに劇場公開されている映画「共助」がなぜ日本でまだ公開されないのか?(-_-;)






[PR]
by dande550213 | 2017-05-19 08:10 | ヒョンビン | Comments(0)

何だなんだ、これは!

ヒョンビンがゾンビ映画に出演決定?

---------------------------------------------------------------------
f0096508_22433217.jpg

アクションブロックバスター映画「猖獗」が俳優ヒョンビンを主人公に確定し、今年の下半期より撮影に突入する。

「猖獗」は、夜にだけ活動する“夜鬼”の流布を防いで、朝鮮を救うためのイ・チョン(ヒョンビン) の死闘を描いたアクションブロックバスター映画だ。780万人を動員した「共助」のキム・ソンフン監督がヒョンビンと再び呼吸を合わせる。

イ・チョンは王イ・ジョの息子で、ギャンブルと女遊びにたけた朝鮮最高の武功の保持者だ。清の国に人質として捕えられた彼は、王位継承を控えた兄である世子イ・ヨンの頼みを受けて十数年ぶりに朝鮮に戻るが、夜にだけ活動する正体不明の“夜鬼”が荒れ狂う国に向き合うことになる。

「共助」でパンチとスピード度感あふれる、別名“トイレットペーパーアクション”と、カーチェイスなどの難易度の高いアクションを披露したヒョンビンは、「猖獗」を通じてより一層アップグレードされた強烈なアクションと、ふてぶてしいながらも魅力的な一面まで披露する予定だ。

キム・ソンフン監督は「『猖獗』は朝鮮時代宮廷を舞台にした新概念のアクションブロックバスターで“夜鬼”はクリーチャーデザインを通じて独創的なビジュアルと新しいスタイルのアクション娯楽映画を披露するだろう」と話した。
元記事配信日時 : 2017年04月11日11時21分 記者 : クァク・ミョンドン

-------------------------------------------------------------------

まだ「共助」も「クン」も見ていないのに、次作がもう公式発表だなんてうれしいけれど、”お預けくったまま”の宙ぶらりん状態を早く何とかして頂戴な!!(((^^;)



[PR]
by dande550213 | 2017-04-11 22:48 | ヒョンビン | Comments(0)

ヒョンビンの新しいCF動画があがっている。

「KT」とは何の会社か知らなかったけど、日本語字幕に設定すれば、何となくわかってくる。(((^^;)

You Tube JS Wonさんの「크트 새광고」を共有させていただきます。
こういう少し少年ぽいヒョンビン、好きです。(^_-)-☆

[PR]
by dande550213 | 2017-04-04 20:12 | ヒョンビン | Comments(0)

ようやく外部にも発表された「ヒョンビン来日ファンミーティング」の詳細。
*写真と公演概要の画像は、http://k-plaza.com/2017/03/hyun-bin-18.htmlから借用させていただきました。
f0096508_10415339.jpg


f0096508_10421882.jpg


待ちに待ったその内容を読むと、開場は何と大阪のグランキューブ!

ここは昨年11月22日に訪れたばかりで、家から1時間ぐらい。

わおーと喜び勇んで、開催日を見ると、ぎゃー、4/22(土)!


4回忌や5回忌なんて、わけのわからない法要に首を捻ったが、4/22は母の命日でもあるので墓参りを兼ねてどうしても行かねばならないから、万事休すだ。

何でまた、手が届く距離にヒョンビンが来るのに会いに行けないのか・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

今日は、朝からがっくりきている。

立ち直るまで、時間がかかりそう。(-_-;)



[PR]
by dande550213 | 2017-03-24 10:46 | ヒョンビン | Comments(0)


中華圏でも、近々公開予定で香港版の予告編がYou Tubeに上がっていて、題名は「秘密任務」となっている。字幕が漢字で入っているから、私たちにもセリフがおぼろげながらわかるのがうれしい。




で、これがメイン音楽なのかな?



日本での公開の日程が一向に上がってこないのはなぜだろう?

待ちくたびれて、You Tubeでチラ見・パラ見の細切れ映像も、ほとんど同じ場面でつまらない。

[PR]
by dande550213 | 2017-02-15 12:53 | ヒョンビン | Comments(0)

You Tubeで、映画「共助」の中身がチラ見できる動画を探して、慰めている日々。







[PR]
by dande550213 | 2017-02-11 21:11 | ヒョンビン | Comments(0)

日本語で読める(((^^;)韓国エンタメ情報をチェックしていたら、こんな記事が。

------------------------------------------------------------------------
2017年01月30日15時58分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版] comment1 sharemixi

映画『共助』が韓国を越えて海外へ向かう。

旧正月連休ボックスオフィス1位となり観客400万人を突破した映画『共助』(キム・ソンフン監督)は、42カ国に販売されたのに続き、2月のベルリン国際映画祭マーケットを通じて欧州市場に初めてデビューする。

ハリウッドリポートは『共助』(Confidential Assignment)について報道し、「『共助』は現在まで米国・中東・インド・フィリピン・モンゴルなどを含む42カ国に販売され、米国ではCJエンターテインメントが配給する形で27日に公開された」と伝えた。続いて「豪州・ニュージーランドでは2月9日、香港・マカオでは2月16日、ベトナムで3月3日に公開予定」とし「特にインドネシアで劇場チェーンを運営中のCJエンターテインメントは、アジア諸国の上映を管理・運営する計画だ」と明らかにした。

またハリウッドリポートは「俳優ヒョンビンの韓流人気のためアジアおよび中東などで人気を期待している」とし「欧州では2月にベルリン国際映画祭で公式的に紹介される」と伝えた。

一方、今回のベルリン国際映画祭では『共助』だけでなくCJエンターテインメントの別の配給作品『操作された都市』(Fabricated city)も紹介される。
---------------------------------------------------------------------------

ベルリン映画祭って、三大映画祭のあのベルリン国際映画祭?

ヒョンビンは確か、映画「愛してる 愛してない」がノミネートされて、一度ベルリン国際映画祭へ行ってるよね。

「共助」はノミネートじゃなくて、紹介ってこと?

よくわからないけれど、ヒョンビンの映画が大ヒットして、世界中の人々に俳優「ヒョンビン」の魅力を知ってほしい。

[PR]
by dande550213 | 2017-01-30 22:47 | ヒョンビン | Comments(0)

昨日出た「共助」の未公開エンディングに、さっそく日本語字幕をつけてアップしてくださった「☆ヒョンビンシンドローム」様、ありがとうございます。

これで、少しこの映画のヒョンビン(リム・チョリョン)とユナ(ミニョン)の絡みが推測できます。(^o^)丿

わたしたち、またいつ会えます? 
統一になったら・・・
その時までどれくらい待つの?
統一するかどうかもわからないのに・・・


このセリフには、国土を南北に分断されてから70年近くが過ぎ去ろうとしているこの国の市井の人々の悲哀が込められているような気がした。


[PR]
by dande550213 | 2017-01-30 08:56 | ヒョンビン | Comments(0)