一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

昨日で、今年度の仕事は終了。

古い資料の整理をしていたら、本箱のファイルの間からこんな物を見つけた。*\(^o^)/*

1991年だから、29年前の子どもたちの夏休み日記。娘が小1、息子が小4の時の。
f0096508_20381666.jpg


これが娘の日記の一部。

f0096508_20425348.jpg

「8/27 わにが、たってにげていたよ。」って、なんのこっちゃ?
「8/28 せっきをほったよ。」って、夫の仕事場について行ったのかな?


こちらは息子の日記の一部。
f0096508_20464781.jpg

8/1(木)しけん
スイミングのしけんがあった。ぼくは三級だから50メートル二しゅもくおよぐ。クロールはみんなおよがなければいけない。あと一しゅもくは平およぎをおよいだけど、けっきょくあがらなかった。あがるどころか、タイムがさがっていたので、「うそ」と思った。

8/7(水)うさぎとび
きょうは、朝、ジョギングのわりに、うさぎとびと、けんけんした。家から、学校までは右・左とつかれたら、足をかえた、けんけんでいった。学校から家へかえるときは、うさぎとびでいった。うさぎとびは、三メートル~五メートルぐらいのきょりを、いったら、五びょう休けいして、また五メートルぐらいとんで家までいった。家のまえまできたら、すごくつかれたようにかんじた。



毎日ではないけれど、夏休みの初めから終わりまで書いてある。読んでいたら、歳をとった現在の方が”幻”のように思えてきた。今にも子どもたちが「おかあさ~ん!」と言って、階段をかけあがってくるような気がする。

この頃の私はSLEの病状が安定していなくて、ほとんど家の中で寝たり起きたりしかできなかった頃だった。習い事(スイミング)の送り迎えもできなかったから、娘も小1の頃から、1人で通っていた。子どもたちには寂しい思いをさせていたと思う。

息子はこの後ずっと水泳を続け、今もマスターズで泳いでいる。



[PR]
# by dande550213 | 2017-03-24 21:05 | 雑感 | Comments(0)

ようやく外部にも発表された「ヒョンビン来日ファンミーティング」の詳細。
*写真と公演概要の画像は、http://k-plaza.com/2017/03/hyun-bin-18.htmlから借用させていただきました。
f0096508_10415339.jpg


f0096508_10421882.jpg


待ちに待ったその内容を読むと、開場は何と大阪のグランキューブ!

ここは昨年11月22日に訪れたばかりで、家から1時間ぐらい。

わおーと喜び勇んで、開催日を見ると、ぎゃー、4/22(土)!


4回忌や5回忌なんて、わけのわからない法要に首を捻ったが、4/22は母の命日でもあるので墓参りを兼ねてどうしても行かねばならないから、万事休すだ。

何でまた、手が届く距離にヒョンビンが来るのに会いに行けないのか・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

今日は、朝からがっくりきている。

立ち直るまで、時間がかかりそう。(-_-;)



[PR]
# by dande550213 | 2017-03-24 10:46 | ヒョンビン | Comments(0)

歴史に学ぶ


『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。』というのは、ドイツの鉄血宰相ビスマルクが残した名言だという。

元々の彼の言葉の直訳は「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。」で、「他人の経験」が「歴史」をさしているのだという。


私は、人間の本質というものはそう簡単には変わらない、と思っている。

そして人間の本質は、過去の歴史の中に見え隠れしているから、「歴史」を直視して、そこから人間の本質を学んで現実に対処すべきだと思っている。

歴史は「勝者の歴史」に過ぎないが、人間が繰り返す愚かな過ちは古今東西変わりないことを歴史は教えてくれる。歴史の本を読み、記録映像を観ることで、そのことに気がつく。


You Tube に「黙示録 カラー 第二次世界大戦 」(日本語)という6つの動画がある。

どうも元々はフランスで制作されたドキュメンタリーで、音楽は日本のKenji Kawaiという人が作曲したもののようだ。

このドキュメンタリーは、戦争特派員、兵士、抵抗戦闘機、民間人などが撮影した「実際の戦争映像のみから構成」されていて、カラー映像であるのが特徴だ。

最初はベルギーやスイスのフランス語圏で放送され、その後、フランス・アメリカ・イギリス・カナダ・オランダ・ポーランド・オーストラリア・・・・と、多くの国々で自国語に翻訳して放送されたようだ。だから、日本語版もあるのだと思う。

日本では、いつ、何チャンネルで放送されたのか、私は知らないが、こうして見逃した者もYou Tube で観れるのはありがたいことだ。

最初、日本語版があるのを知らなくて、英語版を「自動翻訳日本語字幕に設定」して観たが(*Part6は、自動翻訳日本語字幕設定ができない動画)、拙い雑な翻訳なのでよくわからないところが多かった。


改めて、日本語版で観ると映像の意味がよくわかる。

黙示録 カラー 第二次世界大戦  「ヒトラーのヨーロッパ侵攻」



黙示録 カラー 第二次世界大戦 「ドイツの電撃戦」


黙示録 カラー 第二次世界大戦 「大量虐殺」


黙示録 カラー 第二次世界大戦 「真珠湾攻撃」



黙示録 カラー 第二次世界大戦 「上陸作戦」


黙示録 カラー 第二次世界大戦 「原爆投下」



これらの動画を観ると、聖書の「伝道者の書」の次の言葉を思い出す。

昔あったものは、これからもあり、
昔起こったことは、これからも起こる。
日の下に新しいものは一つもない。(1章9節)


恥ずかしい話だが、上の動画を観るまで、敗戦直後に、どこで誰が降伏文書に署名したのかすら、知らなかった。
f0096508_10081158.jpg


f0096508_10081751.jpg


そして余談だが、この画面を観て、驚いたのは、日本の全権大使がモーニングコートを着て現れたことだった。(((^^;)

欧米社会ではこれが正装なのかもしれないが、これはアジア人である日本人の当時の正装ではないのではないかと感じたからだ。

吉田首相がサンフランシスコ講和条約に署名している写真は教科書に掲載されていたから記憶にある。確か、彼もモーニングコートだったが、高校生だった当時は別に何とも思わなかった。

降伏文書に署名するというのは国際的な行為だから、欧米社会の伝統に従うのではなく、堂々と日本人の伝統的正装で現れてほしかったと、歳を重ねた今はそう思う。

よくわからないけれど、中東やアフリカ諸国なら、この場でも堂々と民族衣装で登場するだろうと思った。フィリピンやベトナムなどのアジア諸国も。韓国や中国はどうかな?西欧化の度合いによって異なるのだろうか?それとも、アイデンティティの問題?





[PR]
# by dande550213 | 2017-03-23 12:00 | 雑感 | Comments(0)

2017/03/23 :「ハッサン・ファトヒー(エジプトの建築家でUIAゴールドメダルを受賞して中東建築の父と言われる)生誕117周年」
f0096508_09034362.jpg

[PR]
# by dande550213 | 2017-03-23 09:04 | PC・IT | Comments(0)

中国雲南省と少数民族


GWに訪れる予定の大理市・麗江市・シャングリラ市は中国の雲南省に位置する。それぞれ「ペー(白)族」「ナシ(納西)族」、「チベット族」という少数民族が暮らしている土地だという。

北京オリンピックの時に「中国は55の少数民族が仲良く暮している国だ!」と、しきりに宣伝していたが、いったいどんな民族がいるのだろうかと『中国55の少数民族を訪ねて(新装版)市川 捷護 (著), 市橋 雄二 (著)』を注文した。(^_-)-☆
f0096508_17523619.jpg

雲南省は中国でも多くの少数民族が暮らしている地域だそうで、GWに行く予定の旅行でも「ペー(白)族」、「ナシ(納西)族」、「チベット族」の3民族他、運が良ければ「リス族」と「イ族」の人たちにも遭えるかもしれないと楽しみにしている。





[PR]
# by dande550213 | 2017-03-22 18:04 | 旅行 | Comments(0)