一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

2017年 05月 18日 ( 1 )



大理の周城は古くから藍染(扎染)の産地として知られる村で、工房の見学に行った。
f0096508_08384016.jpg


工房内の作品
f0096508_20434056.jpg


f0096508_20435129.jpg

制作工程は「絞り」と「染め」の二つに分けられる。

先ず、布に模様を点描する。
f0096508_08385533.jpg


f0096508_20484609.jpg

その模様を木綿の糸で縫い上げ、縄や布紐などで縛り上げる。
気の遠くなるような作業だ。
f0096508_20501728.jpg

f0096508_20502819.jpg


次に板蘭根(琉球藍)の葉に少量の生石灰を加えて発酵させて染料を作る。
f0096508_20533728.jpg



f0096508_20535081.jpg

生地を染液にまんべんなく浸し、何度も染め上げる。
f0096508_20554295.jpg
染料が定着したら水洗いし、陰干しにして縛っていた糸を引き抜く。

日本で見かける藍染め商品の多くは、この周城で仕上げられた物が多いそうだ。



ここで、草木染のテーブルクロスを買った。
f0096508_20584803.jpg

今まで家で使っていたのは、2005年に高山祭へ行った際に買ったこのテーブルクロス。10年以上使っているから、縫い上げた糸が切れてきている。これももしかしたら周城の藍染だったのかしら?(((^^;)
f0096508_20595504.jpg


[PR]
by dande550213 | 2017-05-18 21:00 | 旅行 | Comments(0)