一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

2017年 03月 12日 ( 2 )



YahooIDで登録していないメールアドレスに「Yahoo!ダイレクトオファー」が届いた件について、yahooカスタマーに問い合わせし、"Yahoo!ダイレクトオファーカスタマサポート"からの回答を頂いた。

私は2つのYahooIDを持っていて、そのどちらもメーラーで送受信設定をしている。

2つのYahooIDの連絡用メールアドレスは同じだから、その連絡用メールアドレスにだけYahoo!ダイレクトオファーメールが届くはずなのに、Yahooとは全く無関係のメールアドレスにもYahoo!ダイレクトオファーメールが届くので、不審に思って問い合わせをしたのだった。

カスタマーサポートから返ってきた返答は、私の不審を解決してくれるものではなかったが、結果として、Yahooとは全く無関係のメールアドレスにYahoo!ダイレクトオファーメールが届くことは無くなったので、まあそれで良しとしている。

煩わしいYahoo!ダイレクトオファーメールはメーラー送受信に設定している限り回避できない(解除しても、メーラーに設定して送受信を続けるかぎりまた自動的に登録になる)ので、先ず、配信回数の設定を「週1」に変更した。

さらに連絡用メールアドレスを、今まで使っていなかったWEBメールアドレスに変更して、メーラー送受信には入ってこないように”島流し”にした。

週1でそのWEBメールにログインして、Yahooからダイレクトオファーメール以外の連絡が届いていないか確認することにしている。

そのWEBメールアドレスには、今のところ、Yahoo!ダイレクトオファーメールが週1で届いているが、メーラーには入ってこないので、煩わしさからは解消されたと思っている。



[PR]
by dande550213 | 2017-03-12 20:43 | PC・IT | Comments(0)

最近、ロビー・ラカトシュのバイオリンの音色に魅了されて、14、5年ぶりにまたバイオリン練習に舞い戻った。

舞い戻ったといっても、それまで長年バイオリンに親しんできたわけではなく、50歳近くになって突然始めたバイオリン練習で、2年ぐらいであっけなく頓挫して、その後14、5年間、忘れ去っていた代物。(((^^;)

バイオリン練習を再開した理由は、ただ一つ。
「楽器の中でバイオリンの音色が一番好きで、死ぬまでに一度私もバイオリンを弾いてみたい」だった。(((^^;)

習っていた頃は今より仕事量も多くて、趣味の修験道歩きもしていて、とにかくバタバタと時間に追われて練習していたような記憶がある。先生が出された課題をこなすのが精いっぱいで、ゆっくり自分を振り返る間もなかった。

もちろん、その頃にはまだYou Tubeもなかったから、有名なバイオリニストの演奏を居ながらにして間近で見れる機会もなかった。

先月から、以前を思い出しながら、練習を独学で再開したが、自分のペースでゆっくり振り返りながらできるのが楽しい。

特に、You Tubeで往年の名バイオリニストの演奏が聴けて見れるのは、もう最高だ!

クラッシックのバイオリニストの歴史を辿りながら、映像や演奏の残っているバイオリンの小品をYou Tubeで検索しながら聴いてきたが、最高だと思ったのは、やはり「バイオリンの王」と称されたヤッシャ・ハイフェッツの演奏だと思うようになった。演奏姿も一番美しくて気品があり、もうほれぼれ。

名前だけは知っていたが、私が30歳ぐらいの時に亡くなっていて、一度も演奏を見たり聴いたりしたことがなかった。

You Tubeに彼の演奏をスローモーションで見せてくれる動画があったが、その左手・右手の動きの素晴らしさに圧倒されている。

ヴィエニャフスキの「スケルッツォ・タランテラ」を弾くハイフェッツ


彼が弾くサラサーテの「サパテアード」を聴きながら、若き日のハイフェッツの写真も見れる動画。若き日のハイフェッツのノーブルな美しさにもう目がくらくらする。(((^^;)


才能・容姿だけでなく「高知能者」と、彼は神からすべてを授かった人だったのか・・・と改めて知る。

彼はユダヤ人でアスペルガー症候群だったと言われている。


[PR]
by dande550213 | 2017-03-12 19:08 | 音楽・美術 | Comments(0)