一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

2017年 02月 27日 ( 2 )



やっぱり、バイオリンを再開すると、次々にお金が要る・・・(-_-;)

微妙なチューニングの最中にペグが堅くなって回らなくなり、結局、D線の弦が切れてしまった。(*_*;
f0096508_13462913.jpg
そりゃ、15年間ほったらかしにしていたバイオリンで、何も手入れしていなかったから、いざ再開なんて意気込んでみても、すぐにOKとはいかないよなあ・・・。

張り替え弦もついていたから、今度は弦の張り替えに挑戦しなければならない。

さしあたって、ペグコンポジション(糸巻き潤滑剤)とやらが1,000円ぐらいであったので、それを購入。

弦の張り替えはギターをやってた夫にお願いしたら、やっぱりアカンやろなあ・・・。

駒が少し糸巻き方法に倒れている。これは購入した時からそうだったから、不思議に思っていた記憶がある。

だから、自分で弦の張り替えをすると、駒を倒して、バイオリンを壊してしまいそうな予感がする。

しかしまあ、頼れる人がいない中、こうやって自分で調べ出すと、やっぱりバイオリンも安物だったんだなあ・・と改めて納得。(((^^;)

安物でも恥ずかしがらないで、お店に持っていって弦の張り替えと駒の調整としてもらうべきか?
その料金はいったいどれくらいかかるのか・・・と考えたら、また仕舞い込みたくなってくる。(-_-;)


[PR]
by dande550213 | 2017-02-27 13:53 | バイオリン | Comments(0)

f0096508_10175688.jpg

安い弓だけれど、届いて、さっそく動画「毛替えしたての弓にはどれくらい松脂を塗ったら良いの?」を見ながら、松脂を塗り、音が出るようになった。


この動画のように、先ず、松脂を塗らない状態で弓を弾いてみたら、本当にすべって全然音が出なかった。

知らなかった。(-_-;)

以前はたぶんこの過程を先生が済ませてから、私にバイオリンを渡してくださっていたのだろう。


次に、動画通りに松脂を塗ろうとしても、全然松脂がつかなくて、どうしたらいいのだろうか?と思っていたら、「松脂が融けたりしてツルツルになっているときは、表面をやすりで軽く削ってあげると、またつくようになります」と動画の中で教えてくださっていたので、本当に助かった。前の弓の方がそりが大きくて、少し重いようだ。

生まれて初めて2つの弓を見比べることができ、前の弓の方が上等だったのだとわかった。(-_-;)

この動画通りに、最初、松脂を10往復させて音を確かめ、次に20往復させて音を確かめ、最後に30往復目を終えて、やっと弓で音が出るようになったときは本当にうれしかった。*\(^o^)/*




しかし、この動画の提供サイトバイオリンは健康にはよくない、いわゆる不健康楽器だと思うという意見を読んで、ちょっと落ち込んでいる。

バイオリンを弾くことは、身体にすごい負担がかかるのだ。(-_-;)


前にバイオリンを習い始めた時は50歳手前だったが、今は62歳。

バイオリン練習を再開して、身体の具合(指・肩・首など)が悪くならないかと少し心配。







[PR]
by dande550213 | 2017-02-27 10:47 | バイオリン | Comments(0)