一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

うれしいこと・悲しいこと


うれしかったこと・・・今日は仕事先で、今年度の最終授業だった。6年生の子たちとはこれでお別れ、もう会う機会がない。授業中、女の子たちが何か紙切れを回しているな~!と思っていたら、帰り際に、ニコニコしながら、「先生、今までありがとう!」と言って、「似顔絵入りのありがとうメッセージ」をくれた。気まぐれでしてくれたのかもしれないが、初めてだったので、とても嬉しかった。小さな塾でのわずかな出会いだったけれど、あの子たちの心に何かを残すことができたかな?

悲しかったこと・・・図書館司書になりたい娘。図書館司書は採用がなくて、年度末に嘱託の募集があるか、無いかの就職状況。だから、募集があった時の倍率は何千倍とか。ご多分に漏れず、娘は明日が大学の卒業式というのに、図書館司書に拘ったから就職が決まっていない。その娘に母校の図書館司書の面接試験が今日入った。しかし、娘は面接で勤務時間を聞いて、泣く思いで断ってきたと言う。大学二部の図書館勤務だから帰宅するのが夜遅くなる。先日、夫が娘に苦情をいったばかりだった。「夜遅い仕事は迷惑だからやめてくれ!」と。だから、娘はお父さんがそう言っていたから、断ったと。あれだけ望んでいた職なのに、どうして・・・!と、娘の気持ちを思うと、私は悲しくてやり切れない。私も夫が娘にそういった場にいたけれど、あれは「フリーターやるなら、夜遅い仕事はやめてくれ!」の意味で言っているのだとばかり思っていたが、娘は「ちゃんとした職業でもこの家に住んでいる限り、夜遅いのはダメだ」と思ったらしい。「遅い仕事で帰宅すれば、お父さんのイヤそうな冷たい目にさらされるのはわかっている。それは私もイヤだったから・・・」と言う。大切なことをキチンと話し合うことを避けていると思う。こと程左様に、我が家はコミュニケーション不足。こんな家庭にしたのは、私の責任かもしれないと、娘に謝った。
[PR]
Commented by タンクロー at 2007-03-23 20:22 x
「嬉しかった事」貴女の誠実さが通じたのでしょうね。読んでいて嬉しくなりました。
「悲しかった事」真実は分かりませんが、男親としては「年頃の女の子が帰宅が遅い」と言う事は、どれほど気になるものか分かります。「止めてくれ」それは子供に対する愛情だと思います。母親は「娘の願望を絶たれた」と思うでしょうが?。私にはご主人の気持ちが良く分かります。
口下手な愛情たっぷりなご主人です。ご自分を責める話しではないと思います(過去諸々の話しから)。
娘さんも、良く「断った」と思います。みなさんご立派ですよ。ご家族に幸ありますように。m(__)m。
Commented by dande550213 at 2007-03-24 09:27
タンクローさん、いつも見守ってくださってありがとう。そして、私のつぶやきでいろいろ心配かけてすみません。
私が悲しかったのは、夫が「止めてくれ」と言ったことが原因で娘が断ったことではなく、娘が大事な問題を夫とも話し合わないので、心のすれ違いに気がつかないということなのです。
私と娘との間には、長年母娘の相克がありましたが、娘が父親に対しても心を閉ざしていたのか・・・と感じさせられたことがショックだったのです。
ごく普通の親子の問題ですが。
Commented by aiko at 2007-03-26 15:07 x
dandeさんは、子育てちゅうなんですね!うらやましいです!切ない悩みをお母さんとして受け止めておられるのが!私は、子育てが終わり、なんか子供とのかかわりが少なくなっているのでうらやましいです。
Commented by kuntz at 2007-03-27 18:09
うさぎ屋です!お久しぶりです。やっとPC環境が整いました。嬉しいコメントをありがとうございました。dandeさんの嬉しいこと、悲しいこと、心が動きます。そして、こんな風に嬉しいことも、悲しいことも、感じる心があること自体に神さまに感謝です。しばらく心が閉ざされていたのです。
娘さん優しい心を持っていますね。素晴らしい娘さん。私の家族も話し合うことを避けていました。ワンマンな父を中心にお互いの弱いところを隠していました。父が亡くなったとき、それが露呈して、初めて私たち子供と母はお互いを向き合いました。きっと、心が開く時が来ます。神様がご存知です。(^^)祈りますね。
Commented by dande550213 at 2007-03-31 22:31
aikoさん、すっかりご無沙汰でした。
おっしゃるように、私の子育てはまだ終っていないのかもしれませんね。
娘は、後1、2年は家を出たくても出られないようなので、もう一度、彼女と真剣に関わってみようと思っています。
Commented by dande550213 at 2007-03-31 22:51
うさぎ屋さん、コメントをありがとう。
私は結構ズバっと、そしてしつこく言うので、圧迫感があるのだろうと思います。自分で言うのもなんですが、ワンマンだった父に私が一番そっくりです(大笑)。
自分の心のうちを言葉にするのは、言葉によるコミュニケーションを信じているからなのだと思います。つまり「人は、話せばわかりあえる」と・・・(大笑)。私の実家はこのタイプです。
でも、娘や夫は「人は、話してもわかりあえない」と思うタイプみたい。(夫の実家は、何故かみんなこのタイプです。)
この辺のすれ違いが原因ではないかと思うのですが、どうなんだろう。難しいです。
by dande550213 | 2007-03-22 19:13 | 雑感 | Comments(6)