一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

あまりにも過酷な運命


・・・息子を訪ねて行った。ドアを開けて出来てきた彼はまるで小学1年生の子どもぐらいの身長になっていた。まるで小人だ。驚いている私の目の前で、スローモーションのように少しずつ大きくなって、ようやく6年生ぐらいの身長になったが、彼の顔色は暗く、つらそうだった。私は気の毒になって、「一度お医者さんで診てもらったら、どう?今なら、治るかもしれへんから・・・」と声をかけたところで、目が覚めて、ホッとした。

夢だった。

最近、また夢をよくみるようになった。毎晩のようにみる。

昨夜みた夢の一番最後の部分が、息子の身長が小学1年生の子どもぐらいの低身長になっている場面だった。

目が覚めて、夢で良かった!と思ったのと同時に、なぜこんな夢をみたのか、すぐにわかった。昨日、現実にそんな男の人を見たからだった。

日本人の平均的身長よりかなり低い人はよくみかけるが、普通の大人の半分ぐらいの身長しかない人を見たのは初めてだった。放出教会で行われた「大阪教区の新年聖会」へ行く途中だったから、天王寺駅の構内ではなかったかと思う。誰かと待ち合わしていらっしゃっるような感じだった。彼の姿を見たとき、何だか見続けては申し訳ないような気がして、すぐに目をそらしてしまったが、ショックで胸がつぶれるような思いだった。

何という運命を、神さまは彼にお与えになったのか!と、悲しかった。
彼に何の責任もないのに、あまりにも理不尽、不公平じゃないですかと、神さまに怒った。

彼は今までどんな思いで生きてきたのだろうか。。。
私が彼の立場だったら、生き続けることができただろうか。。。

ヨハネ9章に次のような御言葉がある。

9:1 さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。
9:2 弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」
9:3 イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである

この3節の言葉は、具体的にはどういうことを言っているのだろうか?

「生まれつき」という意味ではレーナ・マリアさん、「不良の事故や病気などで」という意味では星野富弘さんや故水野源三さんなどが思い浮かぶが、彼も「神さまの栄光を現す器として、神さまが選ばれた人」という意味だろうか?

そんなことを考えつつも、彼のあまりにも過酷な運命に心が痛む。
[PR]
by dande550213 | 2007-01-09 12:44 | 雑感 | Comments(0)