一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カトリック阿倍野教会へ行った


「第36回演奏会 ルネサンスのア・カペラの響き」というコンサートを聴きにカトリック阿倍野教会へ行ってきた。このコンサートのことは、大阪市の学習センターに置いてあったチラシで知った。

ルネサンス期の音楽が好きなこと・カトリック教会に行ってみたかったこと・息子のマンションに近いこと・当日朝からお出かけで、ちょうど開演の5時ごろにはそこへ行きつけること・・・などの理由で、早くから聴きに行こうと決めていた。

なぜ、カトリック教会へ行ってみたかったのかと言えば、プロテスタント教会とどこがどういう風に違うのか知りたいと思っていたからだ。

もちろん、旅行で長崎の浦上天主堂へは行ったことがあるが、後はテレビで礼拝(ミサ?)風景を見たことしかない。同じキリスト教なのに、カトリックとプロテスタントは最近まで一般信者のレベルではあまり交流がなかったと思う。

私の教会でもカトリックの話はほとんど聞かない。でも、私はカトリックに興味がある。なぜ別れたかという歴史的な経緯は世界史レベルでは知っているから、興味はそこではなくて、現代のカトリックとプロテスタントの関係、特に宗教と現実世界との接し方、いわば虚と実の関係をカトリックではどう捉えているかということに興味がある。

難しい話は止めにして、カトリック阿倍野教会にあって、うちの教会に無いし、有り得ない類の次のポスターにさっそく目がすいつけられた。

『殺してはならない 戦争をする国にしてはならない 憲法9条 宗教者は守ります 「9条の会アピールに賛同します」』 

『2006ひびき 非暴力による平和への道』
[PR]
by dande550213 | 2006-12-16 23:59 | 雑感 | Comments(0)