一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー

民間会社のボーナス格差


昨夜、「さあさあ、夫が出かけて自由な時間を楽しもう~♪」と意気込んでいたら、
チャント代わりに、息子が仕事帰りにやってきた。(笑)

「車が空いていたら3連休に借りたい」とのこと、聞けば、会社で奈良へゴルフに行くのだそうだ。

学生時代は水泳一筋だった彼が、就職するとゴルフをしなければならなくなったようだ。
道具一式は先輩がくれたから大丈夫というが、
1日で1万円もかかるお遊びで、自活している彼にはたいへんな出費だろう。

営業職だから、スーツは仕事着。その高価な作業着が自腹で必要な職業。
ギリギリで生活しているので、前に来たとき、サマースーツ1着分を援助して、
ボーナスが出たら、もう2着ほどサマースーツを作るように、言っておいた。

で、来たとき、「サマースーツを作ったか?」と聞くと、「まだだ」という。
「ええっ?ボーナス、出たやろ?」と聞くと、
「出たけど、業績給やから、ほんの少しやった。」という。

いったいどれくらい貰えたのか、聞かなかったが、
彼の初ボーナスは他の入用で消えてしまったということか・・・
それぐらいわずかの額だったのかと、ショックだった。

民間会社のボーナス格差を初めて体験したといえば、おかしいかもしれないが、
私の父も父方の叔父も母方の伯父もみんな公務員だったし、夫も公務員で
民間会社の給料事情の格差については、よく知らなかった。

弟も、妹の夫も、義妹も大会社に勤めていて、
うちなんかよりずぅ~と羽振りがいいので(苦笑)、
「やっぱり公務員は安月給やなあ・・・でもつぶれないだけマシ」と思っていたのだ。

だから、大会社ではないが、中堅の会社に就職した彼も
少なくても公務員ぐらいはもらえるだろう、これで少しは楽になるだろう、
と、他人事ながらボーナスを期待していたのだ。

就職して、阿倍野にワンルームマンション借りて自立を始めた彼が
経済的にたいへんなことはよくわかる。
自炊、弁当作りなど、彼なりに一生懸命努力している。
実家で暮らしているときには想像もつかなかったような切り詰めた生活だという。
この前来たときも、阿倍野周辺は高いからと、柏原のスーパーで買い物して帰っていった。

今着ているサマースーツを、この暑い夏に、毎日着ているのか・・・
おまけに21日付けで支店長に昇格したというのに、汗臭い着たきりスズメではいくらなんでも・・・
と少し哀れになり、あと2着分を援助した。

息子は要らない、要らないといっていたが、出世払いでいいから・・・と押し付けた。

夫が帰ってきたら、余計なことをしたと怒るかな?(苦笑)

うちは、娘が
「うちの親は子どもにお金を使わないで、そのお金で海外旅行を楽しんでいる」と
冗談めかして言うほど、子どもには今までお金を使わなかった。

塾にも行かなかった。学校も、私立はお金がないからダメと言った。
大学行くなら、授業料と教科書代と国民年金の保険料だけは親が払ってあげるから、
後は自分で何とかしてね~と言った。
大学も、お金がないから下宿はダメ、家から通える大学にしてね~と言った。

息子も娘も、大学は志望校一校だけを受験した。いわゆる滑り止めは受験しなかった。
2人とも家から自転車で30分ぐらいの授業料の安い大学に入ってくれた。

息子は、卒業後嘱託で働いて資金を貯めて、親が突き放すまでもなく、2年で自立した。
でも、それが1年早すぎたようだ。

就職して1年は家から通って、その間にもう少し資金を貯めるべきだったのだ。
そうすれば、スーツ代などの大口の入用が自分のお金で間に合ったのだ。

振り返ってみても、子どもたちは経済的には本当に親孝行だった。親として感謝している。
そのお蔭で、私たち夫婦は裕福ではないけれど、自分の好きな生活を楽しんでいる。

だから、今は子どもが必要と感じている時に、子どもたちを援助してやりたいと思うのだ。

私は子どもにあまり多くを望んでいない。
難病と二人三脚の人生を21年、私が幸いと思うのは「健康な体と健康な心」。

だから、子どもたちには、常々
「健康な体と健康な心、コレさえあれば、人生は何度でもやり直しができるからね!」と言っている。
[PR]
by dande550213 | 2006-07-15 14:40 | 雑感 | Comments(0)