一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

海北友松展と三十三間堂


急に思い立って、海北友松展と三十三間堂を見るために京都へ行ってきた。

海北友松展は招待券をもらっていたが、なかなか行く機会がなくて、あわてて。(((^^;)
f0096508_21410545.jpg

平日なのに入館は1時間待ちだった。(-_-;)
f0096508_21411720.jpg

京都でしか見られないということで、列の中には山口県や東京など遠くからわざわざ観に来られた人がいて、びっくりした。

「海北友松」は恥ずかしながらまったく初めて聞く名前で、招待券がもったいないから観に来たという不届き者。

f0096508_21413889.jpg


f0096508_21414813.jpg

「海北友松(1533-1615)」は、狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠だとか。

狩野永徳や長谷川等伯なら、名前と代表作ぐらいは知っているが、彼らと海北友松の画風がどう違うのかなんて、まったくわからない。
彼らより、筆ぶりが力強いような印象を受けたが、水墨画や襖絵などは興味がなくて、よくわからない。(((^^;)


道路を挟んでお向かいの三十三間堂、ここにも立ち寄った。
f0096508_21521333.jpg


f0096508_21522034.jpg

楊枝のお加持と通し矢で有名だが、一度も来たことがなかった。

さすがにここは修学旅行生と外人観光客でにぎわっていた。



[PR]
by dande550213 | 2017-05-16 21:55 | 雑感 | Comments(0)