一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213

29年前の子どもたちの夏休み日記


昨日で、今年度の仕事は終了。

古い資料の整理をしていたら、本箱のファイルの間からこんな物を見つけた。*\(^o^)/*

1991年だから、29年前の子どもたちの夏休み日記。娘が小1、息子が小4の時の。
f0096508_20381666.jpg


これが娘の日記の一部。

f0096508_20425348.jpg

「8/27 わにが、たってにげていたよ。」って、なんのこっちゃ?
「8/28 せっきをほったよ。」って、夫の仕事場について行ったのかな?


こちらは息子の日記の一部。
f0096508_20464781.jpg

8/1(木)しけん
スイミングのしけんがあった。ぼくは三級だから50メートル二しゅもくおよぐ。クロールはみんなおよがなければいけない。あと一しゅもくは平およぎをおよいだけど、けっきょくあがらなかった。あがるどころか、タイムがさがっていたので、「うそ」と思った。

8/7(水)うさぎとび
きょうは、朝、ジョギングのわりに、うさぎとびと、けんけんした。家から、学校までは右・左とつかれたら、足をかえた、けんけんでいった。学校から家へかえるときは、うさぎとびでいった。うさぎとびは、三メートル~五メートルぐらいのきょりを、いったら、五びょう休けいして、また五メートルぐらいとんで家までいった。家のまえまできたら、すごくつかれたようにかんじた。



毎日ではないけれど、夏休みの初めから終わりまで書いてある。読んでいたら、歳をとった現在の方が”幻”のように思えてきた。今にも子どもたちが「おかあさ~ん!」と言って、階段をかけあがってくるような気がする。

この頃の私はSLEの病状が安定していなくて、ほとんど家の中で寝たり起きたりしかできなかった頃だった。習い事(スイミング)の送り迎えもできなかったから、娘も小1の頃から、1人で通っていた。子どもたちには寂しい思いをさせていたと思う。

息子はこの後ずっと水泳を続け、今もマスターズで泳いでいる。



[PR]
by dande550213 | 2017-03-24 21:05 | 雑感 | Comments(0)