一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

私たちの仲人をしてくださった恩師が亡くなる


昨日、夕方、私たちの仲人をしてくださった夫の恩師が亡くなられた。87歳だった。

30数年前、私たちは結婚式などしないで、ただ籍を入れるだけの結婚にするつもりだった。

しかし、夫の両親がそれでは世間体が悪いと言いだして、急きょ、式を挙げることになった。
その時の頼まれ仲人に夫の恩師がなってくださった。

急きょ、式を挙げることになったから、私たちには蓄えなどなく、結婚式の費用や新居の家具などは全部親がかりという情けないありさまだった。(((^^;)

かろうじて、新婚旅行の費用は自前で出したが、結婚指輪も何もなかった。

12/10に結婚して、翌年のお正月に仲人さんのお宅に挨拶に行き、その時、お会いしたのが私は最後だった。

写真撮影がご趣味だったので、20数年前に新築祝いに2枚の写真を額に入れてくださった。家を移り変わっても、いつもその写真の内の一枚は、居間の本箱の上に飾ってある。
f0096508_14541289.jpg


昨年、体調を崩されて入院され、夫が話し相手に通うようになった。

最初は毎週、退院されてからは月に一回、車で奈良のご自宅に通っていた。

少し痴呆が出かかっていたが、夫のことはよく覚えておられて話がはずみ、奥様が喜んでおられたそうだ。

先月お伺いした時に、急に弱って寝ついておられたと夫が言っていたが、昨日、眠るように自宅の畳の上で亡くなられたそうだ。

家族葬にされるそうで、取りあえず、夫にだけ連絡があったようだ。

誰もが通る道とは言え、知っている方々や親しくしていた方々が亡くなられる年齢になってしまった。

失っていく人生が待ち受ける寂しさ、悲しさ、わびしさ、つらさに、私もきちんと向き合って生きていかなければならない。
[PR]
by dande550213 | 2016-03-03 15:08 | 雑感 | Comments(0)