一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

身体能力


サッカーW杯を見ていると、
「身体能力に優れている」とか、「身体能力で劣っている」という言葉をよく聞く。

「身体能力」とは、スポーツの場合は「運動能力」のことを言うのだろうと思う。

「筋力」とか「バネ」とか「跳躍力」とか「走力」とか「敏捷性」とか「持久力」とか、
スポーツテストの調査項目の能力を言うのだろう。

人種や民族による運動能力の差は、いったいどこから生じるのだろうと思いながら、
W杯の日本×オーストラリア戦を観ていた。

現在の集団遺伝子学の最新の研究成果によると、人類の歴史は
「今からおよそ10万年前の東アフリカから移動を始めた集団が現生人類の祖先で、
この集団が膨張を重ね、中東、アジアを経て世界へと広がり、現在に至った。」
というのが通説になっている。

地球上の様々な人種や民族は、すべて共通の祖先から枝分かれしたもので、
現在見られる人種間の差異は、そのほとんどが、
生きる気候に対する適応に起因するものだと言われているのだ。

つまり、自然的な環境、社会的な環境、文化的な環境の差が、
人種や民族の間に肉体的な差や身体能力の差を生み出したと考えることができよう。

運動能力を一番必要とする民族は、
「農耕民族」「遊牧民族」よりも、「狩猟民族」ではないかと思う。

日本人がスポーツの国際試合などで、よく「身体能力に劣る」とか言われるのは、
日本人が長らく「農耕民族」だったことに起因しているのではないかと思い至った。

そんなことを考えながら、世紀のスポーツの祭典で、
様々な民族の男たちの躍動する姿を、私はうれしく眺めている(笑)。
[PR]
Commented by わっそ at 2006-06-16 23:43 x
「欧米=狩猟民族」というのは、根拠が全く無い胡散臭い説にもかかわらず、多くの人が信じ込んでいるのが不思議です。

ヨーロッパ人の大半は農耕民族です。
ヨーロッパは、日本よりも古い時代から農業が盛んでしたし、
今でも日本よりも食料の自給率が高いです。
大昔のことを言うのなら、日本も縄文時代は狩猟民族でしたし、
現在でも、アイヌ民族、琉球民族は狩猟民族的要素を残しています。
ヨーロッパで肉食が多いのは、
狩猟によるものではなくて牧畜が盛んだからです。
Commented by dande550213 at 2006-06-17 14:07
わっそ 様、コメントをありがとうございます。
「韓国」は、「アジアの中ではフィジカル面で強いですが・・・」と紹介されていましたね。総じて、アジアの人々がアフリカの人々より身体能力面で劣るように思えるのはなぜかな~?と思ったのが、きっかけでした。
明日はクロアチア戦です。何とか日本も1勝して欲しいですね。
by dande550213 | 2006-06-13 21:50 | 雑感 | Comments(2)