一歩一歩!振り返れば、人生はらせん階段 ippoippo51.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ステロイド剤と2人3脚の全身性エリテマトーデス(SLE)患者の " 猪突猛進、横道うろうろ "人生備忘録:落ちこぼれクリスチャンが心を入れ替えて(- -;)学ぶ日々の「御言葉」と、スペイン語の勉強、SLEの病状などの日々のささやかな記録・・・というのが当初の自己紹介でしたが、今は、単に「日々生きて、夢中になった事ごとの記録」(((^^;)


by dande550213
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

冬支度・・・裁縫週間&フリースの掛け布団カバー


繕いものをするのに久しぶりに裁縫箱を出したから、今週は裁縫週間。
例によって、一つのことしか頭に入らないから、やりだしたらそればかりしばらく続く。

昨日は疲れ果てて、夕食後ダウンして、即就寝。

録画しておいたラグビーW杯のオーストラリアVSアルゼンチンを再生して、今日は朝からレースのカーテンの繕い。

レースのカーテンは大きな碁盤の目の模様のつなぎ目が細いもの。カーテンの開け閉めの際に、その繋ぎ目の細いところからあちこち弱くなった部分が裂けてきた。

前にも修理したのだが、その前後がまた裂けてきたのだ。

もう買い換えようかな・・・とも思ったけれど、裂けるのはなぜかその一枚だけで、揃いの模様が変わるのは残念なので、やはり裂け目を繕う事にした。が、繕い作業なので、テレビ画面に釘付けになるわけにはいかない。だから耳だけラグビーW杯。

ところが、耳で聴いているだけでも、すばらしい試合だったので、録画は削除しないで、今夜の夕飯時にもう一度ゆっくり「目で見て」観戦することにした。(((^^;)


次にウィンドブレーカーの袖口のゴムが伸びて、夜のウォーキング時に寒いので、ゴムの入れ替えをした。

袖口の縫い目を少しほどき、中のゴムを引きだすと、見たことのあるゴム。うちでよく使うゴム。ということは、前にもゴムの入れ替えをしたのだろうかと袖口を調べると、縫い目をほどいて閉じた跡がある。(((^^;)

買った時のゴムを入れ替えて、入れ替えたゴムが伸びて、また入れ替えようとしているなんて、このウィンドブレーカー、いったい何年着ているのだろう? 好きだから、捨てられない。


ゴムの入れ替えついでに、フリースのパジャマの裾にゴムを入れる。

ヒラヒラの大きな裾口では寝ている時に膝までまくれ上がって足が寒い。どうして、こんなデザインにするのだろうと不思議。デザインする人は寝返りなど全く打たないのだろうか?

去年、裾口にゴムを入れたのだが、あるだけのゴムでケチったら、足首にゴムの跡がつくほどきつくて、一晩でゴムを抜いた代物。今年はじゅうぶんゴムがあるから大丈夫。


最近、亡き母の服をよく着るが、母の服は袖丈・着丈が私には短い。サイズは私とだいたい同じだから、母は自分で直して着ていたのだ。ちょっと目には直したとはわからないぐらい丁寧な仕立てだから、私は最初直した物とは気がつかなかった。私も直すことがあるが、たいてい男物。それの袖丈や着丈を直して着るが、直し方が雑だから、見ればすぐわかる。(((^^;)

母も娘も料理が上手で、洋裁も得意。私はどちらも全然ダメ。手早いが雑。「着れれば良い、食べられれば良い」タイプ。どうも父に似たようだ。


歳をとって、夫が寒さに弱くなったようだ。

昨年ぐらいからしもやけがひどくなって、冬になると手の指が張れて、その後赤黒く変わる。元々、若い頃から冬になると血流が悪くなり、足が氷のように冷たくてお酒を飲まないと足が温まらない、という人だったが、最近はそれにしもやけが加わって冬が辛そうだ。

その上、神経質で色々細かいことに拘る人だから、扱いが難しい。

その彼が、綿の布団カバーは肌当たりが寒いと言いだした。

じゃ、薄手の掛け毛布を使ったら・・・というと、そこまで寒くないからイヤだという。ただ単に肌当たりがひんやりして、それが困るだけだから、と。

だから、マイクロファイバーの薄くて軽い毛布を使ったら・・・というが、それではダメなのだそうだ。*繊細では無い私には、どうしてダメなのかわからないが・・・(((^^;)

しかたがないので「今時はフリースの掛け布団カバーを売っているけれど、それを買いましょうか?」と尋ねると「おう、それそれ。それを買ってくれ。」とおっしゃる。*どうせ後1ヶ月もしたら掛け毛布を使う癖に・・・と、私は思ってしまうが。


さらに、椅子に座っていると足が冷たいとおっしゃる。

厚手の靴下を履いたら・・・というと、外出する時、靴がきつくなるし、室内履きもきつくなるからイヤだとおっしゃる。

じゃ、家の中だけ、靴下を2枚履いたら・・・というと、足がきつく締めつけられるからイヤだとおっしゃる。

じゃ、足元ストーブを付けたら・・・とは電気代がもったいないから、まだ言いたくない。

そこで、カタール航空やエミレーツ航空などに搭乗したときにもらう機内グッズの靴下をあげて、これを上に履いたら・・・と勧めると、薄手で足元を締めつけなくてとても具合が良いとおっしゃる。(^^;)

そこで、今までのをあるだけかき集めて、全部プレゼントした。


心の中でグチャグチャ愚痴りながら、冬支度をすすめる。

今年はお正月をパスできないから、早めに準備を始めないと!
[PR]
Commented by あきmama at 2015-10-26 18:03 x
オーストラリア対アルゼンチン戦本当に素晴らしい試合でしたね(#^.^#)
オーストラリアはラグビー王国であることは勿論知ってたけど
アルゼンチンがサッカーだけじゃなかったことにビックリ(;゚Д゚)!
ALL JAPANの活躍でこんなに素晴らしいラグビーをTV観戦出来て日テレさんとNHKBS1に感謝です!
それにしてもイギリスのTVのカメラに何度もアップになる
マラドーナは未だにいろんな意味で
「凄い人!」なんだね(笑)
Commented by dande550213 at 2015-10-26 18:43
本当にワンダフルな試合でしたね!
夜まで待ちきれなくて、お昼ご飯時にまた見ました。(((^^;)

夫が「アルゼンチンはサッカーのユニファームと同じやなあ・・・」と言うので、「アルゼンチンだけやないやん。オーストラリアだって、サッカーのユニファームと同じや。もしかしたら、ナショナルチームは共通のユニファームなんやろか?ナショナルカラーとか、あるんと違う?
そういえば、ラグビー日本のユニファームは赤と白の横縞やったから、日の丸の色や。日本もユニファームを統一したら各スポーツで連帯感が生まれて良いのに!」とか何とか、ひとしきり喋りまくって、もう一度夕飯食べながら見ますわ~♪

両チームとも休みなく走り続けて、ようバテへんかったねえ。
本当に気迫とプライドの籠った試合だった。
アルゼンチンが果敢に攻めていったから、こういう試合経過になったのではないかなあ。
マラドーナも国旗を身体に巻いて応援していたけれど、一番ぐっときたのは、アルゼンチンの監督の涙。
若いイケメン監督がうつむいて、涙を浮かべたシーンにこの4年間の彼の苦労と想いがつまっていた。
by dande550213 | 2015-10-26 13:46 | 雑感 | Comments(2)